マツダロードスター

February 21 [Sun], 2010, 20:25
新型ロードスターに試乗しました。
初代のユーノス・ロードスターは車重1トンを少し切る程度の
ライトウェイトスポーツなので好きな車の一つでしたが、
実際に乗ったことはありませんでした。



今回試乗した新型は一回り大きくなり重量も100kg程度重くなったので、
私は「うーん。なんだか魅力が落ちたなー。(^_^;)」なんて思っていましたが、
実際に乗ってみるとなかなか楽しいスポーツカーに仕上がっていましたね。



着座位置は大変低く、アナログメーターもスポーツカーらしさがあり好感が持てます。
シートも、ルノーにはかなわないものの結構ホールド感があり好ましいものです。
ただ、ハンドルはとても大きくてかっこ悪い感じがします。
もちろん、ハンドル操作が重いわけではありませんし、
ロックトゥロックから判るステアリングのギヤ比から考えても
このハンドルは明らかに大きすぎるように思います。
もしかしたらメーターの視認性を考えて採用したサイズなのかもしれません。



電動で簡単にオープンカーになるのはいいですね。
信号待ちでもすぐに開けたり閉めたり出来ます。
スタッフさんにお願いしてオープンにして試乗してみましたが、
やっぱりオープンカーは楽しいです!(^ω^)
これで海岸沿いを走ったら、とても気分が良いでしょうね。

ロードスターの走りは大変スムーズで洗練されたものでした。
特に足回りが良く出来ているなと思いました。
バネ下重量が軽いようで、サスペンションが良く動き
路面の凹凸を綺麗に吸収しつつ滑らかに走ります。
オープンで走ってもボディの剛性感は高く、
不安定な挙動は示しませんし直進安定性も高いです。

エンジンもクオーンと言う音とともに元気に吹け上がり、
そのサウンドもしっかりスポーツカーのフィーリングを持っていました。
ステアリングを左右に振ってみると、
大変好ましい挙動でスムーズにノーズが動くのが判ります。



一言で言って、この車の出来は大変良いです。
これはいきなりここまでの完成度になったのではなく、
初代からモデルチェンジを繰り返して到達したものでしょう。
非常に細かい部分まで気を使って設計しているのが分かりますね。

この車を開発した人は、ライトウェイトスポーツカーは
どうあるべきかと言うことをきちんと分かっていて、
ドライブしていて気持ちの良い車を目指したのが良く分かります。
ソフトトップSの233万円と言う価格も魅力的ですね。

さて新型ロードスターの点数ですが、90点付けちゃいます。
まあ、私の好みであるライトウェイトスポーツと言うことで
無条件で甘めになるわけですが、(笑)
それを差し引いても完成度の高い良い車だと思います。
  • URL:https://yaplog.jp/sekiai/archive/401
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Sekiai
野末さんこんにちは。(^ω^)
たしかにロードスターは初期型のほうが軽くて魅力的に見えますね。
やっぱり3ナンバーサイズにもなるとライトウエイトスポーツとしては大きすぎますし、
100kgの重量増加も運動性をスポイルしているように感じます。

ただ、一般のお客さんは少々重くなってもその操縦性の違いを気にしたりしませんし、
豪華で質感の高い車を望んでいると思いますから、
メーカーの戦略としては正しいと思います。
それに、これほど大きくなっても100kgしか重くならなかったマツダの技術力は
素晴らしいと思います。

私たちのように純粋に走りを楽しみたいという人はそれほど多くないでしょうね。
機会があれば初期型も乗ってみたいです。
初期型のミヤータと呼ばれていたショーモデルが↓個人的には一番かっこいいと思います。
http://www.velocityjournal.com/images/full/2009/415/mz1989miataclubsport41526975.jpg
February 22 [Mon], 2010, 17:49
野末
前の記事で、ドライバーとエンジンの間にコンピュータが、、。
というお話だったですが、僕もそれは感じます。
確かにインジェクションの方が性能出てることはわかりますが、(といってもスペック上で)
フィーリングが違うんですよね。
で、このロードスター、僕も試乗しましたが、個人的には重く感じました。
たった100kgの差でしょうが、約10%増量です。(お買い得かも)
息子が初代のロードスターを乗っていたので、僕も良く運転しましたが、気に入らなかった所は
シートレールが高くて、スポーツカーに乗り込む、という感じがしなかったところです。
新型はその点は改良されて好感がもてました。
それと、ステアリングですが、確かにでかい!
昔の車のように、簡単に好きなパーツに交換できないので、ここは改善したいですね。
こうなると二人乗りの乗用車ですね。
もっと、特化した車があってもいいと思うのですが、メーカーにしてみれば売れなければ仕方ないですよね。
僕達年代は凄く良い時代に生まれたのかもしれませんね。

February 22 [Mon], 2010, 14:45
P R
最新コメント
アイコン画像Sekiai
スーパー7を買うと必ず後悔します (2018年01月06日)
アイコン画像komo
スーパー7を買うと必ず後悔します (2018年01月06日)
アイコン画像Sekiai
タイヤチェンジャー買った! (2016年09月06日)
アイコン画像通りすがり
タイヤチェンジャー買った! (2016年09月06日)
アイコン画像通りすがり
タイヤチェンジャー買った! (2016年09月06日)
アイコン画像Sekiai
スーパー7を買うと必ず後悔します (2016年08月10日)