新車同様のセブンを試乗

February 20 [Sat], 2010, 17:21
とても程度の良いケーターハムがあると言うので見に行ってきました。


                                          ↑セブンちっちゃぃ(笑)
実際に見てみると本当に新車みたいにピカピカです。
走行距離も少なく、タイヤもほとんど減っていません。
当然値段もかなりのものとなりますが、これは仕方ないでしょうね。(^-^;)汗



これは今は亡き?ローバー製「Kエンジン」のモデルです。
普通に売っているケーターハムの中では一番軽いエンジンですね。
メーカーが無くなって部品供給は大丈夫なのかと言う心配は少しありますが…。

一応車体周りを点検してみますが、当然何の問題もありません。
内装もとても綺麗です。
エンジン始動も、インジェクションなのでなんの儀式も無く一発で始動します。
その吹け上がりも滑らか。  吹かしてみるといたって元気ですが、アイドリングは意外なほど静かでした。



スタッフさんにお願いして、試乗してみました。
クラッチもスムーズでアイドリングのままでも簡単に車は動き出します。
エンジンフィーリングも優等生的で、とても乗りやすい車です。 
ハンドルも全然重くないですから、たぶん女性でも問題無く乗れますね。

そういえば、ドディオンアクスルのセブンに乗るのは初めてでしたが、
小さいギャップの衝撃も良く吸収し、リジットのように跳ねることはありません。
アクセルもスムーズなので大変快適に乗ることができます。
現代のエンジンなので故障も少ないでしょうし、キャブの調整に悩まされることもありません。
これならツーリングも問題無いですね。



ところが、しばらく走っている内に
「あれ?セブンの運転ってもっと楽しくなかったかな?」と感じるようになって来ました。
非常に乗りやすく快適なセブンなのですが、何かが足りない感じがします。
もしかして自分自身がセブンの運転に慣れて来たせいかな?とも考えたのですが、どうもそうでもないようです。
後でよく考えると、この物足りなさはインジェクションのせいではないかと思うようになりました。

以前乗ったケントエンジンのバーキンは、4つのファンネルを持つウエーバーキャブの車で、
「グアッ!グアッ!」と言う吸気音と、アクセルを踏むと間髪いれず
「ゴゴゴゴゴゴゴッ」とうなりを上げて加速する車でした。
エンジンのフィーリングを言葉で言うのは難しいのですが、
まるでエンジン内で爆竹が絶え間なくパチパチ炸裂するような鼓動を感じ、
運転していると知らず知らずの内に満面の笑みを浮かべてしまうような楽しさがありました。

もちろん、今回試乗したインジェクションのセブンも大変元気に加速するのですが、
アクセルペダルとエンジンの間にコンピューターが介在しているようなフィーリングは
たしかにあるように思います。
それはとても小さな違いかもしれませんが、100%趣味車であるセブンにはマイナスポイントとなり、
操縦者がエンジンの鼓動を感じることをスポイルしているように思いました。



今回の試乗で一つハッキリ判ったことは「私はキャブ車が好き!」と言う事ですね。(笑)
今度は快感度ナンバー1と言われ続けている
コスワースBDRエンジン搭載のセブンに試乗してみたいです。(^ω^)
  • URL:https://yaplog.jp/sekiai/archive/400
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
最新コメント
アイコン画像Sekiai
スーパー7を買うと必ず後悔します (2018年01月06日)
アイコン画像komo
スーパー7を買うと必ず後悔します (2018年01月06日)
アイコン画像Sekiai
タイヤチェンジャー買った! (2016年09月06日)
アイコン画像通りすがり
タイヤチェンジャー買った! (2016年09月06日)
アイコン画像通りすがり
タイヤチェンジャー買った! (2016年09月06日)
アイコン画像Sekiai
スーパー7を買うと必ず後悔します (2016年08月10日)