ルノーに乗ってみる

February 14 [Sun], 2010, 17:09
今日は、mamuさんお勧めのルーテシアRS(ルノー スポール)に試乗してきましたが、
大変良い車でしたよっ!(^ω^)



デーラーに到着すると、綺麗なブルーのルーテシアRSがそこにありました。
実物は写真で見るよりもずっとかっこいいですね。
見た目で抵抗感を持っていた黒いバンパーも、実際に見ると不自然さはまったく無いです。



大きく張り出したオーバーフェンダーはボディと一体化され
車全体の力強さを演出していますし、リヤにあるデフューザーや、
ホイールから見えるbremboのキャリパーなどが走りの良さを予感させます。

運転席に座るとポジションは良い感じです。
特に大変質の良いシートに好感が持てますね。
腰の辺りをしっかりホールドするシートです。
クッションも硬すぎず柔らかすぎず、絶妙の味付けですね。
このシートなら長時間乗っても疲れは少ないでしょう。

アクセルをあおってみますが、電子式のアクセルなので
空ぶかしでは補正がかかるらしくダイレクト感はあまりありません。
しかし、走り出せばきちんとアクセルペダルに追従するようになります。



インパネやメーター周りにはあまり高級感がありませんが、
私はこう言うシンプルな感じは嫌いではないです。

ハンドルはとても太いです。
正面から見ると普通なんですが、奥行が長い楕円形なので
握ってみると「え…」って思うほど太いですが、(笑)
まあ、これも悪くはないです。

走り出してみると、とても運転しやすい事に気づきます。
着座位置が少し高めで、傾斜したボンネットのせいで前方が良く見えますね。
通常とは逆の位置にあるウインカーを出しつつ幹線道路に出ました。

そして20m走っただけで私は思わず「すげー!」とつぶやいたのです。(゜▽゜)
それからは同乗したスタッフさんに「凄いですね!凄いですね!」を
連発しながら試乗を終えました。(笑)

この車は、4つのタイヤがどこにあって走行中どういう状態なのかハッキリ伝えてくれますし、
スポーツタイプとして固められたサスペンションは、絶妙に角が取れたセッティングによりギャップで跳ねることはありません。
急激な進路変更でもロールをほとんど感じさせず、コーナーリングもオンザレール感覚でクリアーします。
まるで自分が上手くなったように感じました。

回転が上がると聞こえてくるエンジン音も、
「クオーン」と言う非常に力強く良い音にチューニングされていて、
パワーや低速トルクも素晴らしく、小さな車体をぐいぐい加速させますね。
もちろんbrembo製のブレーキも容量に余裕があり、その効きも素晴らしいものです。
これはワインディングでも相当速い車ですね。



一言で言って、この車はとても完成度が高いです。
それはスペックがどうのこうのなどと言う事ではなく、
車全体に人間の感性に訴えるような
なんともいえない絶妙な味付けがしてあります。

例えるならば、とても耳の良い技術者がチューニングした
オーディオセットのような感じでしょうか?

良い車を運転中には、その車を作った技術者の顔が浮かび、
まるでその人と対話しているかのような感覚があるものです。

そして今回のルノーの試乗で、
ヨーロッパと日本の車作りの違いが少し分かったような気がしました。
コストをかける所が全然違うんですね。
ヨーロッパでは車の本質の部分にコストを十分にかけているように感じました。
でも、300万円の車ですから内装の質感はもうちょっと欲しいですね。

とても素晴らしい完成度のルーテシアRSの点数ですが、88点とさせていただきます。
「なんだ、スイフトスポーツとあんまり変らんではないか?」と言うお叱りはごもっともです。 (^_^;)
だって、同じ値段であんなに楽しいスイフトスポーツが2台買えるんだもん!(笑)
  • URL:https://yaplog.jp/sekiai/archive/399
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Sekiai
そうですね。 スイフトスポーツもあのコストで精一杯の努力をした車だと思います。
若い技術者が集まってワイワイ作った車という感じがしました。
たしかに荒削りでバタバタ感はありますが、とても元気で楽しい車だと思います。

ルノーには、卓越した感性を持つマイスターのようなチーフがいて
開発の総指揮を行っているような気がしますね。
彼は芸術や音楽にも造詣が深い紳士のような感じがします。
そのせいで、ルノーの運転はとても気持ちの良いものでしたし、
走ったルートは素敵な思い出の場所になりました。

そして残念ながら、シビックタイプRの場合はコンピューターが作った車という感じがします。
もの凄い性能なんですが、作った人の顔が浮かばなかったです。
それはまるでテレビゲームを操作しているように味気無く、
ギャップで跳ねまくることもあり、正直言って早く運転をやめたかったです。(^_^;)
February 15 [Mon], 2010, 9:21
mamu
楽しんで頂けたようで何よりです。
クルマを買う買わないではなく、こういうのもあるんだな〜と思っていただければ嬉しいです。私もいままでルノーっていうのはノーマークだったのですが、試乗してみて作り手が自分で走らせて見て楽しい車を作っているんだなってのが、よーくわかりました。細かいところをいえばイマイチなところは多々ありますが、ソレはコストとの兼ね合いで何処を取るかという問題なので、ある程度は割り切れますし納得できます。ある意味スイフトもそういう潔さがあるんではないですか?
February 14 [Sun], 2010, 23:44
P R
最新コメント
アイコン画像Sekiai
スーパー7を買うと必ず後悔します (2018年01月06日)
アイコン画像komo
スーパー7を買うと必ず後悔します (2018年01月06日)
アイコン画像Sekiai
タイヤチェンジャー買った! (2016年09月06日)
アイコン画像通りすがり
タイヤチェンジャー買った! (2016年09月06日)
アイコン画像通りすがり
タイヤチェンジャー買った! (2016年09月06日)
アイコン画像Sekiai
スーパー7を買うと必ず後悔します (2016年08月10日)