ヘーゲルが主張する弁証法

April 07 [Sun], 2019, 18:11
本日は、ヘーゲルが主張する弁証法についてお話しました。


弁証法とは?

「ある主張と、それに矛盾する主張を合わせて、どちらの主張も切り捨てずに、より高いレベルの結論に導くこと」


【A】ナチュラルな演技と

【B】オーバーな演技

「どっちが正しいの?」と議論するのではなく、

両方の演技をミックスして「より高いレベルを目指そうよ」ということです。

これは「メソッド演技はいいか悪いか」の議論も同じですね。


弁証法の仕組み

【A】という「意見」がある。
【B】という「反対意見」がある。

そこで【A】と【B】を合わせて【C】という「新しい結論」をだす。

哲学の用語だと

【A】の「意見」のことを「テーゼ」
【B】の「反対意見」のことを「アンチテーゼ」
【C】の「新しい結論」のことを「ジンテーゼ」

そして、【A】と【B】を合わせることを「アウフヘーベン」と言います。

「残酷な天使のテーゼ」(天使の意見)とは、少年よ神話になりなさいと天使はいいました、という意味だったのか・・・。

ちなみに、「弁証法」という考えには終わりがありません。

例えば、このような考えがあったとします。

【A】マンガが読みたい。

【B】勉強しなさい。

【C】マンガで分かる算数・理科・社会などの学習本が誕生。

すると


【C】マンガで分かる算数・理科・社会。

【D】マンガなんて子供が読むものだ。

【E】マンガで分かる経済の仕組みなど、大人向けのハウツー本が誕生。

このように、「否定の否定」によって、新たな次元が次々と生まれる思考が「弁証法」なのですね。

ヘーゲルの弁証法と演技に関連したページ【無料です】
現実とフィクションとアフレコの関連性
http://www1.odn.ne.jp/seiyukenkyujo/plot.htm
ウタ・ハーゲン メソッド演技
http://www1.odn.ne.jp/seiyukenkyujo/utahagen.htm
演技のテクニック
http://www1.odn.ne.jp/seiyukenkyujo/technique.htm

こちらのサイトを参考にさせていただきました。
<他のサイトに移動します>
弁証法とは?例を使い簡単にわかりやすく解説
https://kokugoryokuup.com/bensyouhou/



そのほか、「オンディーヌ」「三びきのやぎのがらがらどん」赤ずきんちゃんの原型として知られるフランスの民話「おばあさんのお話」(ポール・ドラリュー)それに「雪おんな」のレッスンも行いました。

「ゆきおんな」を語ってくれた女生徒が、すっごくよかったです。あっぱれ!文句なし。

それでは、また来週。



【新入生募集中!】

18歳以上
年齢制限・入所試験なし。

無料体験入学 & レッスン見学受付中!
Voice actor laboratory 声優演技研究所







  • URL:https://yaplog.jp/seiyuyoseijo/archive/780