76.3MHz/FM伊東なぎさステーションにて
02年10月から07年3月まで放送された
地魚三昧の愛犬宿Sea&Blueの姉弟仁義音楽番組のブログです。
番組は終了してもブログはしぶとく運営中です。コメント等お気軽にどうぞ!
※コメントを書くには記事下の「コメント」をクリックして下さい

Infomation
セツナブルースターの皆様の取材内容を文字起こししています(前半後半)。

06年1月22日放送分を文字起こししています。02年10月から07年4月までこんな感じでユルリ電波発信されてました。

メールフォームはこちら
御用のお方はご連絡下さい
Profile

Name : サヤコ
Music : 雑食(特にバンド)
other : 蝶銃戯画 / mixi
1983/05/18 (AB/姉)

Name : ジョースケ
Music : 貪欲(特にR&B)
other : 民族音楽と電子音楽の未だかつてない何か / 絵日記
1986/09/16 (A/弟)
お嫁に来て頂きたいのは吹石一恵さん。 彼女になって頂きたいのはリア・ディゾンさん。
Sayako Recommend
ミドリカワ書房『みんなのうた2(初回盤)(全曲PV収録DVD付)』

MO'SOME TONEBENDER『SUPER NICE』

椎名林檎×斎藤ネコ『平成風俗(初回限定盤)』

ART-SCHOOL『Flora(初回限定盤)(DVD付)』
Josuke Recommend
STEP UP 2 THE STREETS SOUNDTRACK

Sarah Brightman / Symphony

DOUBLE / 10 YEARS BEST-We R&B-(DVD付)

倖田來未 / Kingdom(CD+DVD2枚組)

倖田來未 / Kingdom(DVD付)

Christina Aguilera / Back To Basics: Live Down Under

モノノ怪 伍之巻 「化猫」

おおきく振りかぶって Vol.9【最終巻】
Josuke Bookmark
Sayako Bookmark
« お買い物 | Main | 一巻が写ってない »
セツナブルースターインタビュー後半 / 2006年04月23日(日)
お待ちかねセツナさんインタビュー後半です。相変わらず私達のインタビューは下手糞ですが、メンバーの人となりのわかる内容だと思います。後半では少年時代のお話やジョースケさんのお悩み相談に答えて下さっています。

+++

サヤコ(以下サ):音楽ルーツについてお訊きしたいんですが、音楽に目覚める前はどういう少年でしたか?

セツナブルースター:・・・・・・(←全員微妙な笑いを浮かべながら)

ジョースケ(以下ジ):どういうことに打ち込んでいる少年でしたか?

宮下裕報(ドラムス)(以下M):フフフフ・・・・。運動?

島田賢司(ベース):俺は野球です

M:俺も野球です

サ:何処のチームが――

S:僕は長野南シニアリーグ・・・

M:(笑)(島田に向かって)何処のチームが好きかって話でしょ?

一同:あははははははは

S:あ、あれ?そうなんだ(笑)

倉島大輔(ボーカルギター)(以下K):誰もてめえのチームなんて訊いてねーよ(笑)

M:そうだよ(笑)

ジ:でもなかなかレアな情報ですよ

サ:そうだねレアな情報だよね

一同:(笑)

M:でも(島田は)全国大会行ってるんですよ

サ&ジ:えっ、本当ですか、凄いですね!

M:神宮球場で中学生の時に最早プレーしてて。

ジ:へぇー、すごーい

サ:それが音楽の道に・・・

S:そ、まぁ、音楽かドラフトかで悩んだんですけど(笑)

一同:あはははははははは

M:なんだそれ(笑)

K:ドラフト蹴ったんでしょ?

S:え?

K:指名蹴ったんでしょ?

S:蹴った。蹴って、まぁ・・・。

M:高校推薦?(島田は)高校に野球で推薦で行けるはずだったんですよ。

ジ:へぇー!凄いじゃないですかぁー

S:けど、学生服と坊主が嫌で行かなかったんです

一同:はははははははは

K:かっこいい。

M:そこから転落人生が始まるわけだよね(笑)

S:そう(笑)、そうなんです。僕はね。

サ:で、野球は(宮下さんは)どれくらいまで続けてらっしゃったんですか?

M:僕は小学校6年で。で、でも、ピッチャーだったんすけど、肘を痛めてしまって、出来なくなっちゃって。で、中学に入ったら入ったでバレーボール部に入ったんですけど、バレーボール部には悪い先輩がすごーい沢山居て。

一同:ははははは

M:誘惑だらけで。

一同:あはははは

M:で、音楽もその悪い先輩から教えてもらって、どんどんどんどん入っていって。

サ:どういうことがキッカケだったんですか?どういうアーティストとか・・・

M:ええっ・・・?どういうアーティスト・・・。それ、はちょっと・・・今は言えないです(笑)。

一同:ははははは

サ:倉島さんはどういう少年でしたか?

K:俺は釣りをしてました。

M:(すかさず→)嘘つけよ(笑)

S:(すかさず→)嘘だろ(笑)

サ:(笑)

M:嘘付けよ不良だろただの(笑)

K:不良です

一同:(笑)

K:不良でしたけど、まぁ、中途半端な不良でした。

サ:で、それが音楽の道に・・・

K:そう、僕らの頃っつうのは不良っていうとロックをやるとかギターをやるとかいうのがアレだったんで

サ:あー、はい。

K:その流れでいち早くギターを手に入れて。

ジ:じゃあ、それがキッカケで――

K:そうすね、ヘヴィメタルから入りましたね。

ジ:どんなバンド好きですか?ヘヴィメタルだったら。KISS(※1)とか・・・

K:いや、僕が入ったのはアイアンメイデン(※2)です。

サ&ジ:ああー。アイアンメイデンっすかぁ。

K:はい、そうです。アイアンメイデンは全部持ってます。

ジ:アイアンメイデンはまだちゃんと聴いたことないんですよ。

K:あー、マジっすか?アイアンメイデン聴かないと始まんないっすよ。

ジ:マジですか?あの、KISSとかメタリカはバリバリ聴いてるんすけどねぇ

サ:(ジョースケは)ヘヴィメタルだけは聴くんですよ、バンドで。

K:あー、そうなんですか。

M:へぇー

ジ:好きなものは好きなんですけど、どっちかっていうとゴリゴリな感じのが好きで。

K:あ、そうなんだ、ふーん。

ジ:あのー、あとは何でしょうねぇ・・・

サ:(笑)あなたの話よくない?

一同:あははははははは

ジ:あ、そうすね、そうですねごめんなさい(笑)。

K:こちら的には楽しいですよ(笑)

サ:で、(セツナの皆様は)高校で一緒になったんですか?

K:そうです。

サ:自然と「一緒にやろうよ」って感じだったんですか?

K:そうすね。まぁ、自然ではなかったすけど。

M:不自然・・・だったよね(笑)

一同:(笑)

ジ:どんな感じで(一緒にやるようになったんですか?)

K:まぁ最初・・・僕とドラムの宮下があのー、あの、何だろう・・・文化祭?学校の学園祭あるじゃないっすか。

サ&ジ:はいはいはい

K:それに「ちょっと出ようよ」ってことになって。俺もギター出来たんで。こいつ(宮下)もドラム出来たんで。「じゃあやろうよ」ってやって。で、なかなかいい感じだったんで。・・・・「ベースが居ないな」って話になって。じゃあ友達だった島田くんに、ベースを買わせようじゃないかと。

一同:あははははは

ジ:「やらせよう」じゃなくて「買わせよう」だったんですか!(笑)

K:「ベース買って来て」ってったら買って来たねぇ賢ちゃん。

S:うん買って来たね

M&S:質屋で(笑)

一同:あははははは

K:それから始まりましたね。

ジ:(買って来てと云われてベースを買ってくるなんて)従順なんですねぇ

S:そう・・・ですかねぇ(笑)

一同:(笑)

S:文化祭の時は違う高校の奴がベース弾いてたんですよ。

サ:へぇー

S:だけどやめて・・・

M:やめてっってゆうかさぁ・・・あれ?出たんだっけオカダ?

S:出たよ。出た出た。

M:あっそうかその後か・・・。

S:でなんか2人(倉島と宮下)でやるなんつってて、で、見てて楽しそうだったからやろうかなぁって。

サ:(笑)

S:で、俺も野球やめてたし。やることねーし。それで・・・

M:そのままいってたら不良だったね。

一同:(笑)

サ:さっきも言いましたけど、この人(ジョースケ)が聴くのがバンドだと殆ど無いんですね。無いに等しいんですけど。R&BとかJ-POPが凄い好きなんですよ、基本的には。

ジ:はい、基本的には。凄いそういうのが好きで。まぁ、ジャンル問わず気に入ったら色々何でも聴いちゃうんですけど。あのー、それで、凄くバンドをリスペクトしているかたと話をしたんですね。で、そのかたが、「どんな音楽のジャンルが好き?」みたいなことを訊いてこられて、それで俺は「R&Bが凄い好きです」って言ったら「フッ、R&Bって」みたいな感じで、すごいコケおろされてしまったんですよ。

一同:(笑)

ジ:悪い言い方なんですけど、まぁ。

K:そうなんですか?(笑)

サ:ええ、こけおろしてた・・・ね(笑)

ジ:そうなんですよ、すっごいめちゃくちゃ笑われたんですよぉ。で、凄くそれがトラウマになってしまって。

M:へぇ〜

ジ:バンド好きのかたとも音楽の話をするのも全然出来ないし、凄く、あのー、リスペクトしてるかただと、会うだけでも凄く自分の中に劣等感を抱いてしまって。

一同:(笑)

ジ:それでですね、R&BとかJ-POPのようなジャンルの違う音楽に対して皆さんはどう思いますか・・・?

サ:というね、ざっくばらんな質問ですけども(笑)

ジ:はい、ざっくばらんで答え難いかもしれないんですけど・・・。

M:いやぁ、でもねぇ、表現の仕方としては全然、いいんじゃないかなあって。

K:やっぱ好みだから。

M:うん、好みだし、やっぱり。

K:ただ・・・自分・・・俺は唯一HIPHOP聴かないすけど。その、何て言うんだろう、誹謗中傷とかではなく全く、ただ聴かないだけ。何故かというと好きではないから。それだけです。

サ:・・・それならいいんだけどね。

ジ:そうなんですよ。

K:馬鹿にする・・・こと・・・ではないですよね(笑)。そんなの。

ジ:そうですよねぇ、人好き好きだからいいんじゃないかなぁって。

M:多分逆にロックを聴かないって人も沢山居ると思うんですよ。

ジ:そうですよね。

K:うん、そうだね。

M:今の世代なんて特にそうだと思うんですよ。だから・・・何だろう・・・ね。別にそれはでも・・・。俺も別にR&Bは普通に聴くし。全然普通に。

ジ:あ、そうなんですか。どんなかた聴かれます?(←めちゃくちゃくいついてる)

サ:(めちゃくちゃくいついてるジョースケさんに笑う)

M:なんかね(笑)、知り合いに、長野にR&Bで歌ってた人が居て。凄いマニアックなんすけど(笑)、傳田真央(※3)って人が居て。その人がちょっと間接的にっていうか、知り合いで。で、なんか聴いたりはしますけどね。・・・R&Bって他何が居るんだ?

K:賢司のほうが詳しい。

M:賢司のほうが詳しいと思うきっと。ツアー中よくかかってるから。

ジ:あ、本当ですか?

S:うん、昔の人の方が多いっすけどね。

M:ローリン・ヒル(※4)とか聴いてるよね。

S:ローリン・ヒルとかディー・ディー・ブリッジウォーター(※5)とか・・・。

ジ:はい、知ってます知ってます(←めちゃくちゃ食いついてる)

S:ああいう昔の、RB・・・。あの、最近の何だろうねぇ。倖田來未とか、ああいうのは聴かないすけど僕は。

M:(笑)

ジ:倖田來未さんはどちらかというとJ-POPですよね。

S:そう、最近のその・・・ランキングトップ10とかに入ってるような・・・のは別に聴かないすけど僕は。けど別に聴く人をとやかくいうことはないし。売れてるんだから、少なくとも今の俺らよりは上に居るわけだから(笑)。

一同:(笑)

S:俺らがそこに入ればいいだけだから。そうなるように、今頑張るんだよね。

サ:(ジョースケに向かって)だからまぁ、「ああいう人の言ってる事は気にしないで下さい」ってことだよ。

一同:あははははは

K:どういう人なんですか(笑)

ジ:説明すればキリがないっすねぇ(笑)。でもお陰で、結構トラウマがはがれました。

一同:(笑)

サ:(笑)払拭されました?良かったですね。

M:でもまぁ、何であっても音楽って心を動かすものだから。なんで、まぁその、HIPHOPとかR&Bに心を動かされる人も居るだろうし、ロックに心を動かされる人も居るだろうし。それはもう人それぞれだと思うんで。全然、僕らはもう、誹謗とか中傷とかそういうのもなく(笑)。

ジ:ありがとうございます(笑)

一同:(笑)

ジ:でも、俺の友達にも凄くバンド好きな子とかいっぱいいますよ。

M:あー。ね、だって俺たちがクラブ行くようなもんじゃんか、それって。

S:うん。

M:でも全然平気で行くじゃんか。

S:うん。行く。

一同:(笑)

M:うん、そういう感じだと思うんで・・・。

サ:(ジョースケに向かって)良かったね。

ジ:はい、有り難う御座います(笑)

一同:(笑)

サ:で、長野県出身のセツナブルースターの皆様から見た・・・まぁ、私たちはFMなぎさステーションという小さいFMなんですけども、そちらでパーソナリティーをやらせて頂いてるんですけれども。そんな他県のかたから見た伊豆のイメージとかってありますか?伊豆に行った事とか・・・。

K:あります。

ジ:あ、本当ですか。

K:はい。伊豆・・・伊豆かな?あれ。伊豆だと思うんすけど。熱海から、もうちょっと伊豆のほうに・・・伊東?あっちのほうまで。

ジ:あ、めちゃめちゃ伊豆じゃないですか。

K:バイク好きなんで、ツーリングに行った事があります。

サ:そうですか、じゃあついでに(なぎさステーションに)来て下さい。

一同:(笑)

K:箱根スカイラインってありますよね。

サ&ジ:ありますあります。

K:あそことか通りました。

サ:あぁー。どうですか、伊豆は。どんなとこでしょうか。

K:や、海(笑)。あと海の幸、を食べたくて行ったんですよ。やっぱ美味しいっすね。

ジ:もううち(=地魚料理の宿Sea&Blue)ドンピシャですよ。

一同:(笑)

K:あ、マジすか。あとあったかいんですよね。東京よりも。

サ:あったかいですね。

ジ:どっちかっていうと温暖な気候で。

K:ですよね。

M:長野県は海が無いんで・・・。

K:海には凄い憧れがあるんですよ。

サ:サーフィンとかは・・・。

M:あーしないす(笑)。・・・明らかにしそうじゃない(笑)。

一同:(笑)

サ:で、まぁ、ツアーが5月の25日まで、続くんですよね。その間大変だと思いますが、体に気をつけて頑張って下さい。

ジ:頑張って下さい。

セツナブルースター:有り難う御座います。

サ:それでは最後にリスナーとファンの方々にメッセージをお願い致します。

K:・・・・メッセージ。・・・・メッセージ。・・・・メッセージ。

一同:(笑)

K:そうですねぇ、では、取り敢えずツアー、えー・・・「イツカ・トワ・セツナ」結構・・・なんだろう

M:ツアー「イツカ・トワ・セツナ」(笑)

K:違うわ(笑)、『イツカ・トワ・セツナ』リリースツアー「星春的道標」、で、いろんな箇所に廻るんで、あのー、是非、近くに僕らが行く事があったら、遊びに来て欲しいっすね是非。本当に、いい演奏をして、旨いモン食って、ほんとに、セツナブルースターのいい思い出にしたいなと(笑)

一同:(笑)

K:何か歴史に残るような、ものにしたいんで。是非皆さん参加して下さい、お願いします。・・・・(他のメンバーに向かって)何かないすか?

一同:(笑)

K:何か気の利いた(笑)

S:・・・・・・えー(笑)。

一同:(笑)

S:あんまり俺は気が利かないんだけど(笑)。

一同:(笑)

S:なので、静岡にも今回行かないんですけど(笑)

一同:あははははははは

M:気ィ利かないね!(笑)

S:ですけどもまぁ・・・CDも今回は基本あのー、ライヴハウス限定と言う気の利かない(一同笑)、感じで、静岡県のCD屋さん、どこに売ってるかちょっと今把握してないんですけど(※6)。あのー、ま、静岡と東京、そんな離れてないんで(一同笑)、是非ツアーファイナル遊び来て下さい。

K:是非。

M:宜しくお願いします。

K:お願いします。

サ:はい、どうも有り難う御座いました!

セツナブルースター::有り難う御座います


(注釈です↓)

(※1)KISS・・・言わずと知れた大御所ロックバンド。実は結構曲がキャッチーというギャップに驚いた人も多いのでは?

(※2)アイアンメイデン・・・IRON MAIDEN。英国ヘヴィメタルバンド。イギリスのヘヴィメタルを確立させたのはこのバンドだと云っても過言ではない。次々と新しいスタイルを作り出す。個人的にはブルース・ディッキンソンが戻ってきてくれて良かったなぁと思っている。

(※3)傳田真央・・・長野出身のR&Bシンガー。00年デビュー。

(※4)ローリンヒル・・・Lauryn Hill。米国出身のR&Bシンガー。99年が全盛期。最近はお騒がせネタも多い。

(※5)ディー・ディー・ブリッジウォーター・・・Dee Dee Bridgewater。ジャズボーカリスト。あたしは詳しく知らないので調べてみましたら「ハスキーかつブリリアントな声質/エモーショナルで豊かな表現力/技巧的なスキャットを操ったカッチョいいインプロヴィゼーション」なのだそうです。

(※6)静岡県のCD屋さん、何処に売ってるか〜・・・『イツカ・トワ・セツナ』は多分静岡県のCD屋さんじゃ買えないので、Sea&Blueのプレゼントに応募して頂くか、公式サイトの通販でのお買い求めを!



+++

以上、セツナブルースターの皆様は本番前に貴重なお時間を割いて私達の取材に答えて下さいました。本当にメンバーの皆様には感謝感謝で御座います!

セツナの皆様とお話したのは少しだけですが、取材をしてのメンバーさんの印象を・・・。昔からベースの島田さんは天然だと云われていましたが、やっぱり天然なんでしょうか(笑)。でも、島田さんは裏表の無いかただなという印象を持ちました。年下の私が言うのも何ですが、素直なかただなと。宮下さんはしっかり者でムードメイカー、そしてメンバーのまとめ役。いろんな人と上手にお話が出来て、顔が広い。年齢問わずどんな人とも楽しいお話が出来るんじゃないでしょうか。凄く丁寧に色々して下さって、本当に有り難う御座います。倉島さんは、お撮りになる写真から受けていたお人柄とピッタリのような気がしました。ご本人は前半のインタビューで自分のことを優しくないと仰ってましたが、そんなことはないんじゃないかなーと。まっすぐ目を見てお話してくれます。ちょっと天邪鬼?なんでしょうかね?

インタビュー外でイルカの話題になって、島田さんが「イルカ乗りたい」と仰っている横で倉島さんが「イルカ食いたい」と仰って、宮下さんがお2人それぞれにツッコミを入れていて、それが凄く微笑ましくて、凄くバランスの良いお三方だなぁと思いました。それぞれがそれぞれを信頼しているのですよね。

本当に本当にセツナブルースターの皆様、貴重な時間を割いて下さって有り難う御座いました!!

サイン入り『イツカ・トワ・セツナ』の応募は5月中旬くらいまで受け付けます(多分私が中旬くらいにならないと時間が取れないと思うので・・・)。名盤です、どしどしご応募下さいませ!
Posted at 16:59 / 番組内容 / この記事のURL
この記事のURL
https://yaplog.jp/seaandblue/archive/920
P R
2006年04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
QR CORD
Blog Pet "si:"
Global Media Online INC.