避妊手術、翌々日の発見

November 24 [Sat], 2012, 17:23
避妊手術の翌々日になると、運動量は少ないものの
声はしっかり、ごはんは通常通り、うん○も快調
音への敏感さも甘えっこモードもおさまってきたかな

傷口は時々なめても毛づくろいの範囲内
周辺が直径4センチくらいの円形に少しだけふくらんでる感じはあるけど
獣医さんにいただいた注意書きによると

・傷口のあたりがふくれたり赤くなったりしますが
1週間たっても腫れがひかない または ひどくなったら連絡を

なので、まだ経過観察でいいのかなと思う
ちなみにスコッチさんの場合、体中で溶ける糸のため抜糸はナシ


さて ほっとしはじめると同時に気になりだすのが
やはり寒そうなおなか…



もちろん手術だから必要な処理だし
スコッチさん自身も気にしてる様子はないけど
(人の靴をひじかけに使うのも気にしてない)



あのフッサフサはしばらくお預け…(´・ω・`)しょぼん
冷えてないかな? と、ベビーピンクの素肌を指でさわってみたら

(´・ω・`)σ

Σ( ‘Д‘ )σ

★゜.:*:.(*゚∀゚*)σ。.:*:.゜★ や わ ふ わ !!

温かくて、羽二重餅か大福みたいに も ち や わ !!
これはまさに隠された楽園
期間限定のステキゾーン!
傷口に気を配りつつ、そーっとさわさわしたいと思います!

いやー 猫って 本当にすばらしい生き物ですね!



にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

  • URL:https://yaplog.jp/scotch/archive/67
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:scotch
読者になる
2011年11月1日生まれのベンガル猫。布を裁断するとき、布の上にどっかり座って押さえててくれます。裁断が終わっても押さえててくれます。毛だらけになります。
2012年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30