鎮痛剤メタカムの副作用の危険性

November 27 [Tue], 2012, 12:03
少しカタいお話になります

今回、スコッチさんの避妊手術で術後の鎮痛剤として処方された
Boehringer Ingelheim社 の Metacam Oral Suspension

アメリカの薬で日本でも販売されてます
ベーリンガー インゲルハイム ベトメティカジャパン メタカム 経口懸濁液

これ、Boehringer IngelheimのMetacam公式ページで、
「Warning: Repeated use of meloxicam in cats has been associated with acute renal failure and death. Do not administer additional injectable or oral meloxicam to cats.」
「警告:メロキシカム(メタカムの有効成分の薬剤名)の猫への反復使用は、急性腎不全および死亡と関連があります。注射液あるいは経口懸濁液の猫への追加投与はしないでください」
と記載されてます

文書は犬用のメタカムについてですが、猫用メタカムも使用されてる薬剤は同じメロキシカムです

その情報が発表されてるページの猫用メタカム資料は、なぜか現在、Not Foundでリンク切れですが
同じページの犬用メタカム資料で、上記の文言が記載されているのを見られます

症例についてはMetacamKills
Metacamの副作用で闘病・死亡した猫の飼い主さんの体験談がまとめられてます

Boehringer Ingelheim社はメタカムの反復使用と急性腎不全および死亡との関連について
2010年9月、アメリカの製品に上記の警告を黒枠で記載
また獣医に対して通知しているようです(Metacamkillsvetletterより)

反復使用しなければ危険性は低い という判断と思われます

日本の農林水産省動物医薬品検査所では
「本剤を通常1日1回、1日目は体重1kg当たりメロキシカムとして0.1mg、2日目以降は同0.05mgを、必要に応じて添付の計量シリンジを用い経口的に投与する。本剤を反復投与する場合は5日間を限度とすること。 」
としています

国によって規定が異なるにしても
MetacamKillsでは、上記の規定から外れた処方を指示されているケースもあり
また、上記の処方に沿っていても投与2日目で急性腎不全を発症していたり…
飼い主さんが注意しなければならない薬なのではないか、と感じます

もし、メタカムの副作用の危険性について事前に知っていて、
副作用の少ない他の鎮痛剤を選択できるなら、そうしたかったと考えます
獣医さんからの説明はありませんでした

投与前に調べなかった自分にも落ち度はあります
どの情報を信じればいいのか、すぐに決めてはいけないとも思います
メタカムの副作用についてもっと情報を集めつつ、
スコッチさんに副作用の兆候が出たりしていないか、じっと観察したいと思います


毛刈り部に毛が生えてきて、薄汚れてるように見える…

そういえばメタカムは猫の好きなハチミツ味らしい
確かに吐き出さずにちゃんと飲んでくれてました

鎮痛剤なしも2日目になると
ごはんはいつも通り食べ、おもちゃで軽く遊んだりも
このまま何事もなく、傷がふさがってくれるといいなあ



にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

避妊手術、鎮痛剤終了

November 26 [Mon], 2012, 13:54
避妊手術後用に獣医さんからいただいていた鎮痛剤は三日分
鎮痛剤なしになった日は、それまでの三日間よりごはん量と運動量が落ちました
遊ぼうとせず、昼寝の時間が多かった
でも部屋の散歩はしてたし、う○ちハイで騒いだりはしてた

痛いには痛い けど 我慢できるくらいなのかな?
食欲不振が続くようなら獣医さんに連絡を考えてみます


下半身の伸びは、手術直後より伸ばせるようになってる
わき腹のげっそりは、七割くらい回復
ジャンプは、飛び上がるときはすでにいつも通り。
ただ降りるときは、いつもより慎重に降りてるかも

ジャンプといえば…
スコッチさん、プリンタの上に乗るときだけは、なぜか許可を求めます
ちょこんと座ってニャーと鳴き、人の反応を待ってる


待っているところ。
NOと言えるわけないです どうぞーどうぞー


プリンタの上から外を眺めるのが好きらしく、
カーテンを前足でつついて「開けてー」と催促
開けないとカーテンの穴が増えます


常夏のため景色は変わりません…

ちなみに↓は2月(生後3ヶ月)の写真
景色は変わらないけどスコッチさんは育ったね!




にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

避妊手術、翌々日の発見

November 24 [Sat], 2012, 17:23
避妊手術の翌々日になると、運動量は少ないものの
声はしっかり、ごはんは通常通り、うん○も快調
音への敏感さも甘えっこモードもおさまってきたかな

傷口は時々なめても毛づくろいの範囲内
周辺が直径4センチくらいの円形に少しだけふくらんでる感じはあるけど
獣医さんにいただいた注意書きによると

・傷口のあたりがふくれたり赤くなったりしますが
1週間たっても腫れがひかない または ひどくなったら連絡を

なので、まだ経過観察でいいのかなと思う
ちなみにスコッチさんの場合、体中で溶ける糸のため抜糸はナシ


さて ほっとしはじめると同時に気になりだすのが
やはり寒そうなおなか…



もちろん手術だから必要な処理だし
スコッチさん自身も気にしてる様子はないけど
(人の靴をひじかけに使うのも気にしてない)



あのフッサフサはしばらくお預け…(´・ω・`)しょぼん
冷えてないかな? と、ベビーピンクの素肌を指でさわってみたら

(´・ω・`)σ

Σ( ‘Д‘ )σ

★゜.:*:.(*゚∀゚*)σ。.:*:.゜★ や わ ふ わ !!

温かくて、羽二重餅か大福みたいに も ち や わ !!
これはまさに隠された楽園
期間限定のステキゾーン!
傷口に気を配りつつ、そーっとさわさわしたいと思います!

いやー 猫って 本当にすばらしい生き物ですね!



にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

避妊手術、翌日

November 23 [Fri], 2012, 13:10
前記事後半とかぶる部分もありますが、記録ということで
避妊手術翌日の様子をまとめておきたいと思います


術後はじめて鳴いたのは、翌朝のごはんを出したとき
その後も「遊んでー」「出てきてー」「わーいゴハン!」など いつものタイミングで鳴いてくれた
ただ、声はパワーに欠ける感じ
発情期中はオペラ歌手も顔負けの声量だったのにね 真夜中もね…

ごはんを驚くくらいしっかり食べてくれました
特に夕方の缶詰タイムを待ち望んでいたらしく

鼻息荒くがっついてました

最近、お気に入り缶が新登場
今まではスコッチさんが鼻で示してるWellness CORE(Grain Free Canned Cat Recipes)でしたが

右側の小さめ缶、
Wellness Cubed, Sliced and Minced Canned Cat Recipesは匂いを嗅ぎつけただけで
三(*´∀`)=3 ぐるにゃっ!(ジャンピングすりすり) ぐるにゃー!
大興奮です
味が5種類あり、小さめ缶なのでローテーションが早く、飽きが来にくいのもポイント


さて 朝ごはんのあとに痛み止めを飲ませます

一回分がシリンダーにセットされた状態で処方されたもの
マズい薬だと (#'Д')、、、かーぺっぺっ とやるのですが
この痛み止めは嫌がりつつも受け入れ範囲内のよう よかったー

猫じゃらしをつついて「遊んでー」とねだっていたけど、激しい運動は禁止です
軽く前足でじゃれたりしてるうちに薬が効いてきたのか、夕方までとっぷりと寝入る
効き目が長いのかな? 夜もごろごろ機嫌よくのどを鳴らしてました

起きてるときの行動は、普段よりおとなしめ。声量と下半身の伸びが控えめ。
でも目に力が戻り、ジャンプも大丈夫、部屋のパトロールや毛づくろいもしてました
ちゃんと食べて、わき腹のげっそりも半減
傷口はなめる気配がなくきれいで、カラーはずっと外したまま。
1日でびっくりするほど元気回復!

ただ、う○ちが出てません
手術日と翌日の昼間は便通がなく、真夜中にしてました
(手術前日夕方以来なので2日半ぶり)

思ったより元気だけど、油断せず観察しますっ



にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

避妊手術、術後のようす

November 22 [Thu], 2012, 12:46
避妊手術直後、麻酔でまだボーッとしてるスコッチさん
ニャーとも言いません

手術直後の注意として
・タオルを敷くなどして身体を温める ( ゚Д゚)ハイ先生
・食事は少なめに ( ゚Д゚)ハイ先生
・傷口が大きく腫れたり、体液が出るようならすぐ病院へ ( ゚Д゚)ハイ先生
・傷がふさがるまで2週間ほどは激しい運動・シャンプー禁止 ( ゚Д゚)ハイ先生

獣医さんは注意点を口頭で説明したうえで、印刷したものもくれました
受け取りながら気が引き締まります
しっかり観察して、きっちりケアしなければっ! (; ゚Д゚)だって動物はしゃべれない 責任重大

注意点確認のあと、いつものゴハンが減ってきたので買いたい旨を伝えます
すると獣医さんはハイと手際よくPCで手続き
軽快なクリック音が診察室に響き渡る (* ゚Д゚)先生かっこいい
このあと獣医さんが在庫を確認して、あれば、その場で持ち帰るという流れです
手続きをつつがなく終えた獣医さんは、すばやい身のこなしでドアへ向かう
「では、在庫があるかスコッチ…ストックを確認してきます」
( ゚Д゚)ハイ先…生…
( ゚Д゚)
(*ノε`*)ノシ 先生ったら
ナチュラルに緊張をほぐしていってくださいました
なんと万全なアフターケア!


さて家に戻ったスコッチさんですが エリザベス・カラーが気に入らない
ずるずるとバックしてカラーを外そうとします
安静にしてて欲しいのに 麻酔も覚めきっていないし…
お水を飲もうとしてカラーが器にぶつかり、あきらめる
トイレに入ろうとしてカラーがトレーにぶつかり、あきらめる
何度もバック
ぐったり横たわってしまったので、温かいところへ平行移動
そんなことをしようものなら、いつもは「寝場所は自分で選ぶ!」とばかりに立ち去ってしまうのに

うるんだ瞳でおとなしく横たわったまま
これはいけない…

獣医さんからの注意点を読み返すと
・傷口周辺をなめてしまうようならカラーを使ってください
なめてしまうようならすぐ再装着しようと決めて、カラーを外す
それまで緊張してたスコッチさん、明らかにほっとした様子
水をピチピチなめて トイレでたっぷり水分放出
お気に入りの場所でコテンと横になりました

でも、すぐには寝てくれず。
音に敏感になっていて、ちょっとの声や生活音も気になるようで
なでてあげても、しっぽをぱたん、ぱたんと動かすだけ
幸い、傷口をなめる気配はなかったので、暗くしてそっとしておきました

日付も変わろうかという頃、
麻酔が完全に切れたのか、少しだけどウトウトして気分が良くなったのか、
やっとごろごろとのどを鳴らして起きてきた
少なめに用意しておいたドライを食べる まる1日ぶりの食事
わき腹は一目でハッキリ分かるほどくぼんで、げっそりしちゃってます

迷ったけど、夜中もカラーは外したままに
おかげでよく眠れたのか、翌朝はジャンプもできるほど回復!
朝ごはんを出すと、ピャーと鳴いた(術後初めて)
まだ腹に力が入らないような細い声だけど。
傷口は変化ナシでした

痛み止めは水薬をシリンダーで飲ませます
痛み止めという性質上、飲みやすくできてるのでしょうか
以前の違う水薬みたいに吐き出したりせず、全部飲み込みました


目の輝きも復活


爪とぎされてボロボロになったサンダル、新しく買い直しました
やっぱり爪とぎにされてます

まだ食欲は完全に戻ってないみたいだし、
後ろ足をびーんと伸ばす伸びができないようだけど
思ったより回復が早くてひと安心です


失礼して お腹激写
…エプロン?

このフカフカに戻るのはいつかなー




にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:scotch
読者になる
2011年11月1日生まれのベンガル猫。布を裁断するとき、布の上にどっかり座って押さえててくれます。裁断が終わっても押さえててくれます。毛だらけになります。
2012年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30