卵が先か、鶏が先か

December 01 [Wed], 2010, 13:15
そんな状態。

片方だけみてやっていると、見ないようにしている部分から毒が出て・・・
何もしたくなくなる。統一感がなくなる。

卵も鶏も、同時に造ること。

重い重〜い歯車が動き出したら、スピードが出るはず。

全部同時に見て、全部同時にこなすこと。
そのために時間があるのだ。

問題から目をそらした瞬間に時間があまり、時間がないと感じ、地に足がつかなくなる。

人間は機械じゃない。
なにか一つできてもだめなのだ。
自分で歯車を動かす能力、問題解決能力、欲求昇華能力、大切。
そりゃあ、システム、プログラムに乗せてがむしゃらにやれば専門的には高次元に行けるかもしれない。
でも、そのシステムはプログラムは自分で造ったものか?自分のやりたいことか?
自分がやりたいこと成したいことは自分にしか分からないし、そのためのプログラムは自分で造らなければならない。
自分で造ったプログラムに自分を乗せる。それしかない。
先人の知恵は大切だけど、神のお告げじゃない。

自分の問題を解決できるのは自分しかいない。
常に問題に直視しなければ・・・

透明であること

September 29 [Wed], 2010, 21:43
涙が溢れたり、誰かに電話してしまったり。感情が混沌としていて発狂しそうだったり。9月の後半はそんな感じでした。
「何時間吹かなきゃ」という呪文。そのうち何時間も吹けなくなっていって。。

もうこれはおかしい・・・。ということで一昨日から今日まで3日間休みました。
まだまだ本調子ではないと思うのですが大分良くなってきた気がします。。
それ以前も肉体的には休んでいたはずだったんですが精神は毒だらけだったようです・・・。

芸術が何か分からなくなってしまったり、誰も信じられなくなってしまったり。自分を責めたり。今思いだすと自分がかなり怖いです。
とにかく「吹かなきゃ・・・」という気持ちから解放し、たくさん寝たり漫画を読んだり好きな音楽を聴いたり文房具を買いに行ったり。


一番癒されたのは宗次郎さんのオカリナのCD。
中学生の時に買ったベストアルバム。
オカリナの音色は温かいし突き抜けるような真っすぐさがあると思う。
フルートみたいにバリバリテクニカルなことはできないんだけど、だからこそ音に全て出てくる気がする。。
オカリナって、音そのものが綺麗。でも宗次郎さんの音はその音色で終わらないでその先があると思った。
絶対この人は優しくて温かい人だ。世界がある。。
自分の「正解」があるんだろうなって。

私も、自分の「正解」を求めてる。それがある。
でも他人の、「私に対する正解」に惑わされてた。

元気になったら、しっかりする。

output

July 02 [Fri], 2010, 22:20
inputできないことが最近の悩みの一つでした。
このままじゃいかん!と、音楽のボキャブラリーを増やそうと、色々な音階・旋法をやったほうがいいのかなぁ・・・と思いつつ脳が取りこむモードにならない・・・。
音楽を聴くのもそうだし、本を読むことにも集中できない!
私どうしちゃったの!?脳細胞死んでいってる!?とか心配になる。

でも書くことは苦じゃないことに気がついた。
ブログもそうだし、日記(というか雑記ノート)はガンガン書けるし。ペンで書いていくことがめんどくさいくらい頭の中には色んなものがつまっている。

つまり・・・
入れようにも入らない状態なのかもしれない。飽和状態。
そんな気がしてきた。
出し切っていないから新しいものが入らない。
さっきまでは「表現したいものはたくさんあるのに、表現できる方法がない。勉強しなきゃ。」と思っていたのだけど、今の状態で出し切らないと新しいアイテム取り入れられないし使いこなせないことに気付いた。

私は出し切りたかったのね。
出そう出そうというエネルギーに外から取り込もうとしても反発するよね。
まだまだ私はoutput不足なのね。焦っていた。
常に、今の私の限界近くで表現していこう。不自由だとか言ってられない。
不自由なのは限界突破しようとしないからだ。
危ないからといって天井の少し下までしか飛ばないような。それなのに天井を高くしようとしているような。
そんなんじゃせっかく天井を高くしても同じ位置でしか飛ばない気がする。

常に限界突破すべし。。

目標設定

July 02 [Fri], 2010, 10:42
とある本を読んでいて衝撃だったのは、
「目標を達成しそうになると、達成を避ける行動をする。」ということ。
えーーーー!!??

潜在意識と意識があるけど、目標達成というのは潜在意識の死。
燃え尽き状態になってしまうのね。
だから潜在意識が達成を避けるような行動をさせる、らしい。
だから目標達成しそうになったらより高い目標に変えてあげるのがいいんだとか。

納得。
私も目標達成しそうになると思考停止してしまいがち。。
それを振り切って達成させたら一カ月以上燃え尽きた経験がある。何をしたらいいか分からないし何もしたくない、というか。
あれは本当にしんどい。

より高い目標を掲げて必死になるほうが向いているのかもしれない。
ただ設定するときの覚悟が半端ない(笑)
毎回「あああああどうしようどうしようとんでもないことを決めてしまった!!やらなきゃ〜〜〜〜」ってなる。
でもその方が健康なのかもしれない。。。

既成

July 02 [Fri], 2010, 10:18
私は既成の音楽を演奏している。
だけど私は私の内面や中身を表現したい。表現、というより・・・「よりリアルに私でありたい」というか。
岡本太郎風に言うと「爆発」。爆発したい!全精神をかけて!

しかし他者(作曲家)の書いた曲で自分自身になれるのか。
共感度の高い曲はある。だけどやっぱり他人なんだよね。
自分が吹いている曲と自分との間に距離があって、それがとても空しく感じてしまうことがある。
どこまで呑み込んでいいのか(もしかしたら呑み込まれているのだろうか)。

やっぱり自分で即興・作曲するしかないのだろうか。
やるべきなんだろうな。どんなに稚拙でも。たくさんやっていくうちに閃いたりするんだろうか。
即興に対してコンプレックスや憧れや嫌悪感がある。
頭が真っ白になるようなぶっ飛んだ即興が大好きだけど、爆発もないような自慰的即興に嫌悪感がある。
音だけ並べたような即興はいやだ。でもそうなる可能性はあるんだよね。
本当に真剣に生きなくては、そういう音色が出てきてしまうのか。


・・・なんてぐるぐるしてしまって、自分が笛を吹く楽しみが分からなくなってしまっていた。
吹いても欲求不満、というか。
だけど昨日youtubeを見ていてぶっ飛んだ笛吹きを見たら元気が出た(笑)
今月の本番は既成の曲だけど、ぶっ飛んで行こう。
コンクールが終わったら即興をさらってみようかな。逃げていてはだめだな。。
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:air
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
芸術/人間/音楽/美術/本/哲学/エロティシズム/脳/肉体/精神/宇宙/鉱物/書くこと・・・
2010年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
https://yaplog.jp/scarlet1112/index1_0.rdf
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

P R