サザナミインコの捻転斜頸について

July 08 [Fri], 2016, 16:16
今日は曇天で、とても蒸し暑い1日です。
今回、さざなみいんこどっとこむ オリジナル巣箱のご案内をする予定でしたが、多忙な日々が続き、準備が出来ていないので、急遽、発生しましたサザナミインコの捻転斜頸について記載させて頂くことと致しました。


発症前の6月28日撮影の雛 右側の仔です。

捻転斜頸(ねんてんしゃけい)と言うのは、ペットの病気ですが原因が特定されていません。
犬・猫・うさぎなどに多く発生して、鳥類にも発生します。
一般的には、内耳の「前庭部」(三半規管と蝸牛の間の部位)が障害された場合において認められる症状のひとつであり、その他に脳幹(間脳・中脳・橋・延髄など)にできた腫瘍などに寄って発生するケースもあります。
鳥の場合は、衝突などに寄って頭をぶつけてしまった場合に発生することも有る様です。
前記の内耳の「前庭部」の障害の場合は治るケースもありますが、腫瘍が原因の場合は悪化して死亡する可能性が高い病気です。

症状としては、首のねじれがひどくなり、体が回転したりうまく歩けなくなることがあり、眼球が不随意に左右(水平)や上下(垂直)、あるいは振り子のように揺れ動く「眼振(眼球振盪)」が現れたり、吐き気が出ることもあります。

今回、当方の雛に現れた症状は正に首がねじれて、全く歩けなくなり、眼振が発生して嘔吐の痕跡がありました。
この仔は、6月22日に巣上げして、他の仔と一緒に5羽で育雛ケースの中で生活しておりましたが、7月1日の夜の挿し餌の時に上記症状で動けなくなっておりました。
直ぐに、育雛ケースを別にして、挿し餌に抗生剤+ビタミン剤を加えて与えましたが、殆ど食べられない状態で1〜2cc程度しかそ嚢に入りませんでした。
次の日の早朝に様子を見ると、状態は殆ど変って居りませんが、何とか3〜4ccの抗生剤+ビタミン剤入りの挿し餌を食べてくれました。
その後も少しづつ挿し餌は食べられる様になり、眼振が収まりました。

今回の突発性の捻転斜頸は全く原因は判りませんが、ベテランの獣医さんに相談したところ、犬猫では比較的多く発生して、ステロイド剤の投与等で治る場合があるとのことでしたが、小鳥の場合はステロイド剤の投与は副作用の方が大きく勧められないとのことで、残念ながら雛鳥では余計 対処方法が無いのでどうすることも出来ないとのことでした。
その時点で、応急処置として行っていた抗生剤+ビタミン剤入りの挿し餌については、改善が見られる様なら続けてみてはどうかと言うアドバイスを頂きました。
その後、挿し餌の量は徐々に増えて行き、捻転状態も当初の180°(真上を向いた状態)から90°くらいに改善して、漸く歩ける様になりました。




捻転状態約90°で歩ける状態になった時の写真です。

現在では、捻転状態が約10°くらいで少し傾いている程度で、挿し餌についても発症前と同じくらいの7〜8ccを食べられる様になりました。
一時は、本当に痛いたしくてとても可愛そうでしたが、薬の効果か? 急速に改善に向かいました。
今は本当に元気いっぱいになりました。
もう少し様子を見てから、薬を中止する予定です。

現在の写真です。
皆さんも、もし小鳥が捻転斜頸になった場合でも諦めずに対処してください。

当方では「安心安全なサザナミインコ雛のご提供」をモットーと致して居ります。
雛の最新情報は、HPのブリードに掲載しておりますので、合わせてご覧下さい。
尚、雛・餌・用品の販売は直販サイトに掲載致しております。

宜しければ、下のバナーをクリックして下さい!

にほんブログ村

ペットの森 - ペットブログランキング



  • URL:https://yaplog.jp/sazanamiinko/archive/290
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
jian
昨日病院で、脳の薬、と言われました。さらに1か月分出ました。
もう、2か月以上服用することになります。今日は一日落ち着いて、首の傾きは最小でした。

このまま治ってほしいです。食欲はあるので。
January 15 [Sun], 2017, 20:29
jian
ご返信ありがとうございます。

薬の成分は聞いていないので、14日に行きましたら聞いてみます。
初めの10日は白い粉薬でしたが、糞にカビが生えているとのことで、現在はそれを防ぐ成分を入れた黄色い粉末の粉薬をもう20日間飲み続けています。薬はあと10日分あります。

今日は大分落ち着いていますが、まだ顔が少し右に傾いています。頑固な病気ですね。見ているほうも平衡感覚がおかしくなります。痛々しくてあまりみないようにしていますが。
January 08 [Sun], 2017, 15:52
Jian 様
こんにちは。
そうですか、お薬は何を飲ませているのでしょうか?
犬や猫の場合は1ヶ月くらい掛かって、少しづつ良くなって完治するケースもある様です。
原因が三半規管ですと治るケースが多いようですが、脳に異常がある場合は治るのが難しい様です。
でも、食欲があって元気ならば、少しづつ治る可能性もあると思います。
January 07 [Sat], 2017, 15:45
jian
初めまして。「捻転斜頸」で検索してこちらにお邪魔させていただきました。

3歳のローラーカナリアの♂なんですが、20日以上も薬を飲んでいますが治りません。見ていて痛々しいです。首が180度まで曲がってしまいます。食欲はあります。

獣医はこれ以上悪くならないようにすることしかできない、と言います。完治しないみたいです。
January 05 [Thu], 2017, 10:20
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さざなみいんこ どっとこむ
読者になる
湘南で、サザナミインコのファームを始めました。
当方のモットーは、安心安全なサザナミインコをご提供することです。 
現在は、140羽以上のサザナミインコ親鳥が居ます。
SLグレイウイングをたくさん集めて、繁殖を初めました。
HPはこちらです。
宜しくお願い致します。
2016年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
https://yaplog.jp/sazanamiinko/index1_0.rdf