私は弱い

May 05 [Sat], 2018, 21:48
私は弱い!

ってセリフ、なんかの漫画で誰かが言ってたような気がする

でもわかる

一難去ってまた一難だよ〜

王子が南極列島隊?に行きたいって言いだした

最近仕事がうまくいってなくて落ち込んでて、営業職に嫌気がさしてたみたいやったから

無理に励ますこともせず見守ってたんやけど、そげなことを言い出したから「逃げ」なんかなと思いながら

気持ち半分で聞いてたら、今日またその話をしてた

そのために必要な資格とかをとらないかんということで、本気でいろいろ調べてた

今まで親が敷いたレールを走ってきた人生やと自分でも言ってた分、そうして自分で決心をすることは素晴らしいと思う

しかも南極列島隊なんて滅多にできひんことやしさ

王子が友達なら心の底から応援してた

けどさ、そこなんよな

そこ

友達じゃないんよな、夫なんよな

もちろん合否があるから目指したとて必ずいけるもんじゃない

スムーズにいったとして5年後

5年後

今年妊活して順調に恵まれたら来年出産くらい

2人はほしいなっておもってるからガッツリ子育て時期に王子は2年間南極、その後1年は全国を転々と。

子供計画やめよっか、って言いたくもなるやろ

言うたけど。


ここ2年くらい、子供が欲しくてたまらん気持ちもだんだん大きくなってると同時に

妊娠出産がリスクだとどうしても思ってしまう部分もある

女性から怒られても仕方がない思想やけど、でもやっぱりそうやねん

わたしはまだ子供を授かったことがないから、そのありがたみを知らんから言えることなんかもしれん

この思想が数年後に、間違ってたって心から思うときがくるってのもわかってる

けどさ、やっぱりなんか思ってしまうねんな

そう思ってるうちは、子供を授かる資格なんてないんやろうな

すみません

仕事をまだまだしたいって気持ちはだんだん整理がついてきた

どっかで自分で区切らんとあかんって思えるようになったし、だんだん周りにもにおわせてる

けどそこにいくまでもいろいろ悩む・・・っていうか、恐怖と不安があって。

恐怖と不安っていうか、知らないことへの不安っていうただただシンプルなものやけど、自分にとっては長くモヤモヤしたものやった

わたしだけが大変って気持ち、間違ってるといえど、やっぱりそう思ってしまうのも現実やった

けどそれでも子供ほしいなあ、生まれたらあんなとこ行ったり、こんなことしたり、こんな会話したり、いろいろしたいなーって思ってる

そこで約2年から3年、子供が一番かわいいであろう時に父親がいないって、これ、どういう気持ちでおったらえんやろ

めっちゃ複雑やわ

「子供計画やめよっか」っていうた時に、王子は「それはいやや」っていうてんけど、は?やんな。

あ、なんか怒りにかわってきた

あのさ、こっちの言い分だけでいうけどさ、男はほんまに種付けするだけやしラクよな

ほんまこれめっちゃ思うわ

男も妊娠できればいいのに

ほんまにそう思う

選べればいいのに

妊娠出産は女性だけに与えられた奇跡なんやと思う

でもさ、わたしの性格上さ、めっちゃ苦労して産んでめっちゃ大変な思いしながら一人で子育てしてさ、

「おかえり!」て言えるかな。

「子供に触んな」って言いそうやん。

わたしそういう性格やん。

複雑な気持ちすぎて母親にラインしたら、「子供は産まんとき」って言った。

親ってわたしが何歳になってもわたしの味方でいてくれるんやな、って本当にありがたく感じた。

やっぱり家族の絆ってすごいよな・・・

本当にありがたい。

本当に。

もうなんかどうすればいいのかわからんくて、無性に泣きたい。

そして思うわけよ。

わたしは弱い。

人間ってそう簡単に一人では生きていけへんもんやね。

全然平気じゃない。

家族や友達や誰か心の支えになる人がいないと。

あー、しんど。

結婚ってなんだろねー。

ほんとにね。

他人と気持ちを分かちあうなんて絶対に無理。

しんど。

すんげー無になりたい。

明日どっかいこっかな。

車ねぇけどな。

現実逃避したくなるの、久々やな。

数年前まではこれ定期的になってたけど。

すぐ現実逃避したくなって、どこいこっかなーってことばっかり考えて結局そんな遠くいってないっていう。

やけに現実的になるんよな。

「あそこ行きたいいうてるけど、めっちゃお金かかるしやめとこ」って。

そこがわたしのおもんないとこ。

あー、つかれた。

なんやねん。

ほんまに。

犬こうてくれ。

なんか映画みよっと。

さいなら。

slipknot IOWA はわたしのヒーロー

April 29 [Sun], 2018, 16:03
さっき衝撃的な事実を確認し、わたしの心臓はここ数年で一番バクバクしたんやけど、

その1時間後にはやけに冷静になってニューヨークにいつ行くかしか考えてない。

まだ疑惑やから確定ではないけど、思い返してみると我ながら女の勘ってまじこえぇ。

ほんとに怖い。我ながらアッパレというか怖いわ。

虫の知らせみたいなんってあるんやな。

わたしにおもいっきり人を殴ることができるやろうか、とか、そしたら指は折れるんやろか、とかとりあえずそういう事も考えたり。

自業自得と因果応報。

あいつはバカだな。その通りやんけ。

こんな書き方したら数年後みたときにすっかり忘れてハテナになってるんやろけど、まぁええが。

slipknotを最大音量にして聞いてると心が休まる・・・こともないか。猟奇的になるな。

幸せはどこにでも転がってる。それと同時に不幸も。

さて今後どうしたもんかって感じでやけに冷静でいれるのは、大人になった証かしらね。

ただまぁ疑惑が確信になったとき、まぁまぁな覚悟がいるなと覚悟してる。

割り切れるか、割り切れないか。

不倫じゃないよ。


脱力するよねー

ほんと。

人生いろいろやね。

めっちゃ落ち込んでるわけではないのは、まだ他人の域やからやろな。

でもどうなんやろ。

わかりんせん。

とりあえず今日はめちゃくちゃ晴れてる。

ほんでslipknotのIOWAは本当に神アルバムやな。

全曲素晴らしいわ。


でもな、もし確信やった場合、ちょっとほっともするかもしれん。

人生って短いな。でも早く死にたいな。

今は心底男に生まれたかったって思うわ。

おもしろいよな。ほんま。

何の喜びもない。笑ける。

女はリスクしかないやろ。

ええことって、レディースデーくらいちゃう?

ざわりんちょ

April 14 [Sat], 2018, 10:12
31歳になりました。

なったけど、胸がざわついて仕方がないのはなんでかわからず。

今年は情緒不安定な一年になりそうな気がする。

ゴールデンカムイは面白いし、キングダムももうすぐ新刊発売されるけど、

わたしの心はどこかざわつくとおもう。

いま、ざわついてるのは、命が燃え尽きようとしてるからかな。

わたしは悲しい感情にめっぽう弱いよなと改めて思った。

苦労してもその際に楽しいややりがいがあるなら耐えられるけど、悲しい感覚にはどうすればいいかわからんし、

むしろ一番悲しいのが自分じゃなかった場合、自分がどうすればいいのかわからへんくなる。

なんて声を掛けたらいいのか、とか。どうすれば少しでも楽になるのか、とか。そういうことが本当にわからへん。

あとね、わたしには時間がありすぎるとよくない。

忙しくて寝るまもないくらいがほんまにいいんやと思う。

ここ最近ちょっとゆっくりできてるからな。

ひまがあればあるほど、持て余す。

時間できたから何かしよってこともなく。

ま、あともうちょいしたら大量のレタッチやってくるから、それに苦しむけど。


別れるってほんまにいややねん。

これは年々強くなってくな。

怖いねんな。

なんだろな。


くびに負担が掛かるほどのストレスが

January 18 [Thu], 2018, 0:59
王子の女と台湾旅行問題

あれ、へっちゃらなフリして自分の中で結構モヤってたみたいで、

仕事への行き帰り耳潰れんちゃうかって音量でKornを聞いていた。

わたしはだいたいイライラしてる時はハードロックを聞く。

わたしも自由にしたい手前、お互い束縛しないが暗黙のルールになってたから

正直言いたかなかったんやけど、

婚活いつする?って言われたから、

台湾いつ行くねん

て聞いたら、

ゴールデンウィークくらいかな?

つーから、

(5,6月に妊活しようと以前話してた)種付けして女と台湾行くんかいと

なったわけよ。

ほんまに行っていいとおもってるん?と。

大学の時に同じメンバーで行ったから30歳で…って新年会でなったらしいけど、

お前の状況いろいろ変わっとるやろがと。

あー、こんなこと言いたかないのにやめてくれよという気になる。

浮気するとは思ってないけど、しないとも思ってない。

別に浮気とかどうでもいいことなんかもしれんけど、悲しいより腹が立つのよわたしは。

侮辱しやがって!っていう最大の憎しみに変わるから、殺してやるってなるわけよ。

まぁでも王子がそれでも行くっつーんなら、妊活は延期でわたしはサクラダファミリアに本気で行ってやろうと思ってたワケ。

夫婦がいつまでも共にいなければいけない時代は終わった。

それぞれの人権とプライバシーと領域を大事にして尊重し合わなければいけない時代になってる。

だから、米を次ぐのは妻ではない。

その話し合いがあってから、あんまりはなさへんし、ベッドにも入ってこんし、

おい、なんでワシが悪モンみたいになっとんねんと。

あー、しんど。

めんどくさいざます。

こーゆー時は仕事仕事!

どこ行ったろかしら

January 17 [Wed], 2018, 0:36
さて、去年からやたらと何か言い訳をつけては
行きたい行きたい海外旅行を決めれずにいたけど、

今日、王子が「元大学のメンバーと台湾旅行いってもいいかな?」って言ってきた。
しかも中には女子も数名。

さすがのわたしも一瞬、は?ってなったものの、弱みというか貸しを作る意味では願ってもないことなので

いいよ、と言いました。

てなわけで、一人旅とはいきませんが、わたしも行ったろかいなとおもっとります。

しかも結構遠くに行きたい。

子供できたら行かれへんし、行くならいまのうち。

しかし死にとうない。

でも旅行先で死んでしまうことがあるならそれは運命として受け入れよう。

日々、あそこ行きたいあれ見たいって言うてるけど、いざ決めるとなるとどこがええのかさっぱり。

できればフリーで行きたいけど、英語圏もギリギリやのにそれ以外となるとほんま死にそう。


でもサクラダファミリアの中を見てみたい。

サクラダファミリアってどこ?



ってかんじでお金貯めなあかんわ。

.

August 18 [Fri], 2017, 19:08
30歳になりました。

30歳と4か月くらい。

髪もバッサリきりました。

と、思ったけど5月にブログ書いてたな。

来月家が建つよ。

すごいね。

家を建てた王子をすごいと思う。

彼は今までパッとしない人生歩んできたって言ってたけど、夢やったマイホームを建てたんやから立派に夢を叶えた。

すごいよね。

素晴らしいこと。

わたしも負けちゃいられんね。

2017年になってから、2月には今年は忍耐と変化の1年になるやろうと気付いた。

かっこよく言えばそうやけど、ざっと言うと仕事が減ったってこと。

今まで営業せずに仕事を頂けてたことが奇跡やったし、こういう風に仕事が減ることもいつかあるだろうと覚悟はしてただけに別にへこみはせんかった。

自分で動かないとって自然と思えたのも、わかってたことやったからかもしれん。

やりたくない仕事、やりたい仕事、求められるもの、求めたいもの、それらが見事にバラバラで。

それが一番の苦悩やったかもしれん。

でもそんなことも想定内やった。いつかそんな苦悩がくるんだろうと。

こういう職業してたらあるあるやしな。

ローンも始まったし、稼がなならん。

でもフリーランスになろうと決めた時の夢は捨てずにいたい。

この3年間、たったの3年やけど、わたしには実のある3年で、一応自分の立場からいろんなものを見たつもりではある。

それで無理やと感じたこと、いけると思ったこと、更にできた目標、現実との相違。

まぁそんなもんです。

こんなこと考えておきながら難しく考えたら終わり。

わたしは人一倍努力するタイプじゃないし、でも、チャンスと継続はやめません。

わたしより年下の子が、「歳をとると可能が狭くなってくから急がないと」って言った。

それは違うと、その子より年上のわたしが思う。

本当に違う。

年齢は関係ない。強い意志を持つ限り。

でも確かに、最初の一歩は早い方がいい。

何故なら、歳をとる度に最初の一歩が怖くなるから。

それを怖がらなければいつ始めたっていい。

赤ちゃんの目は澄んでてすごくきれいなのは、生まれたてやから。

生きてれば老化もあるし、自我も芽生えるし価値観をそれぞれ持つ。

でもそれはそれでいいこと。

今日、16歳の子と話した時に「自分にはプロフィールに書けるような取柄がない」って言った。

16歳の自分に取柄があったとすれば、「前向き」「音楽が好き」くらいやったと思う。

やから、「取柄がこれから見つかるよ。今は絞り出して書けばいい。これからいろんなこと経験して見つかる」と伝えました。

いろんな場所にいろんな人がいていろんな考えを持って生きていて、すごい。

それでいいんです。

生きてるだけで、充分です。

人を傷つけたりしなければ。


夏になったら流星を見に行くことについてきてくれる友達、

仕事を応援してくれる王子と友達、

いつも変わらない家族、

信頼してくれる仕事仲間、

ありがとうございます。




何が言いたかったんかわからんけど、写真が好きで仕方がなく、

そしてフォトグラファーをやってる中で更に見つけた目標に心が躍ったので思うままに書いてみました。おわり。

すぐ現実逃避したくなる癖

May 31 [Wed], 2017, 12:15
とても贅沢なことにわたしは普通の生活をおくれているのに

現実逃避したくなるのなんでだろ〜

世界は素晴らしい!キラキラしている!!生きるって神秘!!!!

って思うときもあれば、すさんでるときもあるし。

でも世界は素晴らしいってのはいつも思ってる。

むしろ荒んだときはここじゃない世界へ飛び出したい欲がすごくてだな。

でも非現実的な飛び出したいはただの現実逃避ってわかってんねん。

自分のことも含め、人って自分のことしか考えてないよなー。

ってかでもな、ほんまな、わたしわかってん。

わたしイラちやけどストレスって正直あんまり感じひんねんけど、拘束とか制御されるとめちゃくちゃストレスを感じるねんな。

誰かと暮らすの向いてないなーってほんまに思う。

でもそれはそれ、これはこれ。そんなんわかってるねん。

別にこれは人生の妥協とかじゃないねん。自分で決めたことやから。

言い聞かしてるわけでもないねん。

でも心の現実逃避は自由やろ?

わたしの嫌いなタイプはどこにいっても何をしても満足しない人。

それは向上心があるとかじゃなくて何をしても不満しか言わん人。

そのくせ変わろうとしない人。

やのに、もしかしてそれわたしじゃないかと感じてる。

いやー、あかんなぁ。

っつーか狭苦しいのにストレスはマジで感じるよなぁ。

やから実家から引っ越すとき、正直まじで覚悟したもん。

引っ越しまでのカウントダウンしてたもんな。家出たくないって意味でな。

一人の時間ってほんとに大事。

頭をリセットするねん。すごい大事な時間よ。

今の若い人ってさ、一人でいることすごく嫌うらしいやん?

一人でいるとこ見られるのもいやって。

大人になったらきっとわかるよ。

siaいいなー。

今日はsiaを聞きながら仕事してる。


仕事終わって今ひる。

これからどこかいこうか。どうしようか。

最近までカフェ巡りしてたけど、カフェつったって人多いし、いったってスマホ触ってるだけやし、なんか行く意味ねーなーと思っていってない。

ニューヨークいきたい。

若かりしマドンナが、「世界で一番華やかな場所に連れてって」って言ったタイムズスクエアに行きたい。

荒んだ心を今日はゆっくり落ち着かせて明日からまた頑張りましょう。

愚痴ばっかゆったってなー。でも愚痴は大事やけどな。

自分も直すとこ死ぬほどあるしな。

何かわからんけど。

わたし根暗やと思ってたけど、この仕事し始めて根明やったんやって気づいてんけど、最近、やっぱり根暗やわって思った。

そーゆーこと。

三十路超えて

May 12 [Fri], 2017, 21:12

自分の仕事で何がいいって、いろんな人に出逢えることやと思ってる。

ほんまに天職やと思うよ。稼いでないけど。

お金は生きていく上で必要不可欠やけど、それ以上の価値がわたしの仕事にはある。

誇りに思う。稼いでないけど。


この4月から週に一回先生業をすることになって、19、20の子たちと触れ合うんやけど、まー、ええ子たち。

イマドキの子っちゃイマドキの子やけど、その子たちと接するにあたっていろいろ教えてもらう気がする。

専門学校やから、少なからず目標があってそれを専攻してるから意欲はあるにしろ、すごく一生懸命。

だるいだの眠いだのはよく言うけど、でも純粋に夢を追ってる。

それってすごく大事なことで。

10歳くらいの差が多いのかどうかはわからんけども、あの子たちと話してるとすごく楽しい。

吸収力もすごいし、でもうまいこと言うてあげへんと乗ってこうへんし。

妹や弟がほしかったわたしとしてはすごく楽しいかな。

かわいいなーと思う。

夢はいつまでも持っていてほしい。

現実突きつけられて挫折するときは必ずくるけども、強い目標や夢を持っていれば大丈夫ということをこの1年で伝えられたらいいな。

って言いながら自分はめちゃくちゃ弱いけど。

だからこそあの子たちから教わるのかもしれん。


別件で出会った人たちも、業界初の試みをしようとしていて、でもそれにはいろんなリスクがあって。

それでもやりたいって気持ちが伝わったから、どうにか少しでも力になれへんかなって思う。

そういう人たちを見てると突き動かされる。

チャレンジすること、頑張ること、失敗すること、もう一回頑張ること。

頑張ってれば報われるって思いながら頑張ってきたけど、この間ふとそれは合ってるような間違ってるって思った。

報われるために頑張る様なもんでは限界が見えてる気がする。

誰に報われたいのか。

誰かのために頑張ってんじゃないし、誰かに認めてもらうために頑張ってんじゃないな、と。

自分がなりたい自分のために頑張ってんやったら、報われるもなにも後悔せんところまでやり続けるだけやな、と。

いろいろ思うことはまだまだあるし、不安もだいぶあるけど、でもなんかすんごい楽しいなぁと思う。

今なら空飛べるな。そんくらいワクワクしてる。

March 31 [Fri], 2017, 20:28
年明けからたるみ続けたこの根性を4月を迎えるにあたってようやく持ち直さなと気付いた。

昔から目標だのなんだのを紙に書いて部屋に貼って実行せんのがわたしやったけど、

もうあの時とは年齢も違うしな、責任もちゃうからやるしかない精神でいくしかないな。

悲観的になってたってしょうーがないしな。

明るい音楽でも聞いて楽観的に考えるのもいいかなと。

考えたら暗くなるだけやし、心配ごとも増えるし、何よりチキンやし。考えたっていいことない。

子供できるまでの1年ないしは2年?たるんだ根性叩き直して30歳貪欲に頑張る。

初めてのことは全部怖い。当たり前やんな。

むちゃくちゃ稼いだるから今に見とけよ。

大人になってまた大人になる

February 22 [Wed], 2017, 22:00


わたしは一人でいるのがすごく好きです。

が、一人でいるのが好きなのは一人じゃないからなのを心のどっかでわかってるからやと思います。

やからすごく贅沢なことをしてるんやとも思う。

本当に一人やったらわたしやって孤独で孤独で仕方がないんやと思う。

わたしも昔は孤独感でつぶされそうになった時もあったから。

でも、そん時は結局一人ではなかったし、今と何が違うかってたぶんなにも違わん。

けど、そん時の自分はそうやった。

人間の感覚や記憶程曖昧なものってないと思ってるから、過去の自分も信じてないけど、でも否定もしてない。

なんつーか、そういうことなんやけど、なんかなー。

悩み事やと思えば悩み事やし、こんなことって思えばこんなこと。

細かいことウダウダ言いがちやけど考えてたらそのうちどうでもいっかってなるから結局そのウダウダってどうでもいいことなんやろな。

ただほんとにありがたいと思わなあかんよな。

でもほんとそれってわたし小出しにできひんくてさ。

なんやろな。

あ、っていうか尽せなくて。

ほんとごめんね旦那さん。

わたしいい嘘もつけなければ尽すこともできず。

あー、うー。

でもほんとこれだけは信じて欲しい。

わたし、このまんまやねんと。

ごめん。

あかんなー自分ことばっか考えて。

わたしはいつもこうやな。

ひとに優しくない。

あー。

時間かけて夫婦になっていこう。

ほんとにこれからやな。

めんどくさくないけど、めんどくさい。



あー、すっきりした。

ありがとうこの場所。

youtube聞きながら仕事してるこの時間が最高に好きだよ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:さわら
読者になる
P R