『あくびと風の威力』終了そして、次は

January 20 [Tue], 2015, 0:50
『あくびと風の威力』終わりました。

ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました!!!

何度も言っていますが、大学時代の憧れの人と一緒に創作出来ることがあろうとは。

なにごともタイミング、ありますね。
角さんが劇団を解散する前に出会えなかったことはなんとなく「あ〜あ……」と思っておりましたが、
今、時を経て、きちんと「演出」という仕事を任してもらえるようなチカラがついてきた頃に出会えたということは、良かったような気がします。

もちろん大先輩には変わりないですが、直接の先輩後輩関係はあまりなく、今回は、ある意味「同僚」として、扱ってくださったこと、
それが嬉しかったので、そういう風にできたことは、いいタイミングで、とてもラッキーでした。




他にも、今回は「リーディングとは」ということを考える機会になり、よかったです。
「リーディングとは」と考えることは
「じゃあ、普段「演劇」って言ってるその劇とは」と考えることですし、
その「劇」の魅力、リーディングの魅力、
それぞれの自分の思う魅力と欠点を見つけられました。


今回、『あくびと風の威力』では、途中、本を放して「普段の劇の感じで」「演じて」もらう部分を作りましたが、
私は、その「演じた」部分が終わって、みんなが本に視線を落とし、「読む人」に戻る瞬間がとても好きでした。

物語の中の登場人物が本を飛び出し動き、その人物がまた本の中の登場人物に戻って、もう会えなくなるような、そんな感じがして。
観客として観ていたときに思ったことですが。



キャスティングがいいとさんざん言いましたが、葛西さんの照明も、大西さんの音響も、とてもとても良かったです。


この作品に限らずですが、
ひとつの公演が立ち上がるまでにいろいろな紆余曲折があります。
私に演出の話が来るまでの流れ、
そこから、キャストを呼び寄せるくだり、
スタッフさんを呼び寄せるくだり、
いろいろな偶然が集まって、
座組は出来上がりますが、
その偶然は今回、いろいろとても穏やかな優しい方向に向かって、なんか、キセキのような輝いた時間だったように思います。

この企画の中心が、福島さんと角さんだから、だったろうな、と思います。






金魚でもこのようなキセキになるような呼び寄せが出来たらいいな……



このような機会を与えてくださったKAVCの福島さん、角さん、ありがとうございました!





そして、突劇金魚、今年ももう本公演ひとつ決まりつつあります。

大阪、東京、2都市ツアーです。






春。

久しぶりの新作長編です。

タイトルは『ゆうれいを踏んだ』にしました。

ちゃんと自分と向き合って、自分が好きダーって言えるもんを作りたいです。

どうぞよろしくお願い致します!!!!

情報は、「突劇金魚からのお便り」というメールマガジンで発信しています。
よろしければ、ご登録ください。
今後、お便りだけのお得情報とかなんかの特典とかやっていくと思います。
登録フォーム

すでにご登録されている方は、初回のみ受信トレイに入っていても、
次回は迷惑メールフォルダに入ってしまう可能性があるため、
お手数ですがこちらを参考に「メールを受信トレイに届かせる簡単な設定」をして下さい。


たくさんのお客様と出会えること、楽しみにしています。



      

【脚本・演出】
大大阪舞台博覧会出場
15分の短編

【脚本・演出】
突劇金魚★第17回本公演
『ゆうれいを踏んだ』


【著書・小説】
『しまうまの毛』(株)創英社より刊行・2011年
Amazonサイト



  • URL:https://yaplog.jp/saring/archive/1289
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
サリng
いつもありがとうございます。
あのキャスティングはリーディング公演だからこそ実現したものでして、リーディング公演のひとつの利点はそこですね。演じる劇の稽古と費用は倍以上……だと思いますので、そこのスケジューリングや擦り合わせなどが上手くいきやすかったので、今回実現しました。
なので、リーディングであること前提で楽しんでいただけたら幸いです。
紙本さんも、ヒロトさんも、本多さんも揃うのはなかなかない機会でしたね!!

次回公演のこともご期待ありがとうございます!
もちろん私が絵を描かせていただきます!!
January 23 [Fri], 2015, 12:20
そかし
あのキャスティングです。
やっぱり芝居で観たかった…というのが本音です。
でも半分はもう芝居でしたから。
期待の紙本さんは素敵でした。
(個人的には感情が爆発する瞬間が魅力的で好きなのです)
あと、サカイさんは新鮮だったなあ。
あんな役もイケるんですねー。
役者辞めるとか言わんといて欲しいなあ。
演出的にはKAVCの外を使ったシーン、印象的でした。
あと、西田さんが不思議な感じで、最後まで気になってました。

次回、本公演、いいタイトルです。
楽しみです。
チラシも楽しみ。(もちろんサリngさんが描かれるのでしょう?)
January 21 [Wed], 2015, 18:27
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サリngROCK
読者になる
関西で演劇をやっています。
突劇金魚。劇作家、演出家、俳優。

(株)リコモーション所属
GAG少年楽団 演出協力
大阪アニメーションスクール専門学校 講師
伊丹想流劇塾 師範(師範て!)

     
エンゲキ系の予定

【脚本、演出】
突劇金魚#20
『少年はニワトリと夢を見る』
2017.10/13~24
@突劇金魚アトリエ


【出演】
劇団壱劇屋
『戦御史-Ikusaonsi-』
11月24日(金)-27日(月)
@HEPHALL


【演出、脚本】
大阪アニメーションスクール専門学校 アニメ声優コース2年ABクラス 卒業公演
『地球空洞説探検』
(引用:寺山修司作『地球空洞説』)
2018年2月
@ドーンセンター7F


     
書く・書いたのお知らせ

【小説!!】
「しまうまの毛」出版されました!こちらは出版していただいた(株)創英社のHPです


Amazonサイトでも売っております。


【出版物!!】
「八月のプレイボール」
<編集協力>で関わりました!
小学館クリエイティブから出版!
※著者は、私ではなくMICAさん



     

もし、サリngROCKにお仕事などのご依頼いただける場合はこちらの、突劇金魚の制作部宛てメールアドレスにご連絡ください。m(_ _)m
info@kinnngyo.com
2015年01月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/saring/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる
P R