ブログ、引っ越ししました

January 06 [Sat], 2018, 11:05
ブログ、引っ越しました〜

こっちで書いていこうかと思っております〜

https://ameblo.jp/saringrock/

【出演情報】劇団壱劇屋『戰御史-Ikusaonsi-』

October 19 [Thu], 2017, 9:58

出演します…!!!!



『戰御史-Ikusaonsi-』

11月24日(金)-27日(月)
​赤星マサノリ(sunday)×大熊隆太郎(劇団壱劇屋)

作・演出・殺陣・出演:竹村晋太朗

【日時】
11/24(金)15:00/20:00
11/25(土)15:00/20:00
11/26(日)13:00/17:00
11/27(月)13:00/17:00

【cast】
赤星マサノリ(sunday)、大熊隆太郎(劇団壱劇屋)、伊藤駿九郎(KING&HEAVY)、サリngROCK(突劇金魚)、満腹満(THEROBCARLTON)、竹村晋太朗(劇団壱劇屋)、河原岳史(劇団壱劇屋)、岡村圭輔(劇団壱劇屋)、柏木明日香(劇団壱劇屋)、小林嵩平(劇団壱劇屋)、藤島望(劇団壱劇屋)、丸山真輝(劇団壱劇屋)、湯浅春枝(劇団壱劇屋)、上田絢生(テアトルアカデミー)、植松友貴、清水慎太郎(覇王樹座)、新谷佳士(劇団そとばこまち)、丹羽愛美、長谷川桂太、日置翼

【チケット】
一般:3800円
学生:2000円
高校生以下:1000円
※受付にて学生証のご提示をお願いします。
※当日券は+500円となります。

◎遠征割
→近畿二府四県以外からお越しの方が対象!
一般:1900円
学生:1000円
高校生以下:500円
※受付にて学生証のご提示をお願いします。
※当日券は+500円となります。

◎ご予約
こちらから簡単にできます!
http://ticket.corich.jp/apply/84082/314/



【会場】
HEP HALL
大阪市北区角田町5-15 HEPFIVE 8F
【最寄り駅】
​阪急梅田駅・JR大阪駅から徒歩すぐ
※駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用くださいませ。



これは“戰”の物語

ある夜男は嵐に襲われる
駆け込んだ屋敷で男は男に出会う

床には不規則に並べられた数多の刀
微笑みながら男は男を見つめる

男はその光景に見覚えがあった
男は語り始める
男の物語を

これは“戰場”の物語
この記憶の主は、果たして





バリ舞踊

October 04 [Wed], 2017, 0:33
バリにいるため、大好きな劇団どくんごが見れなかった今年ですが、代わりに素晴らしいものに出会いました。

バリ舞踊。

めちゃめちゃ心捕まれました。

踊り手さんによって、全然引き込まれ度合いが違うので全部が全部すごいわけじゃないのですが。

ウルワツ寺院で見たケチャを皮切りに毎日、レゴンダンス、ケチャ、バロンダンスを見てます。

あの指先、目の表情、体の細やかな動きと止め、いつまでも見ていられる、すごい体を使った技術です。

レゴンダンス。

レゴンダンス。

頭のなかが、レゴンダンスでいっぱいです。





++++++++++++++++++++



次回公演『少年はニワトリと夢を見る』ご予約受付中!!!!!



++++++++++++++++++++


突劇金魚http://kinnngyo.com
Twitter@t_kinnngyo
メルマガ登録メールで届くよ!
LINE@登録LINEで届くよ!
突劇金魚過去公演まとめ動画

++++++++++++++++++++

ご報告

September 29 [Fri], 2017, 23:33



サリngROCKです。

ご報告させていただきます。

私は今、バリにいます。

公演間近の今、何をしにバリにいるのかというと、結婚式に来ています。

誰の結婚式かと言うと、私の結婚式です。




結婚しました。





相手は、ここ数年、突劇金魚の制作をしてくれている若旦那家康さんです。


知り合ってから10年以上、
金魚の仕事を一緒にするようになってから4年ほど、
そして付き合うようになってからは1年程度……

の急展開で結婚しました。


珍しいバリ式結婚式を経験しました。


もちろん演劇をやめるわけではありませんが、ご報告させていただきます。

私はこれからも、演劇も金魚も変わらずやってゆきます。

若旦那さんも、コトリ会議も金魚の制作も、イベントの企画や演劇祭の企画などもますますやってゆくと思います。



サリngROCKの新展開……プライベートではありますが!

今後とも、どうぞどうぞ変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。



バリはカラッとしていて暑いです。
食べ物の一皿が大きいです。


これから、もう少しバリにいて、帰ったら金魚稽古をさらにして、それから新作のニワトリ、いよいよはじまります。


しかし本当に、私自身の演劇には変化なくやっていきますので、
なのでほんとに超プライベートなことで報告というのもお恥ずかしいのですが。
黙っているのもなんだかな、と思ったので、書かせていただきました。


よかったら、祝ってください!


そして、どうぞどうぞ今後とも、変わらぬご愛顧を、なにとぞよろしくお願いいたします……!





++++++++++++++++++++




次回公演『少年はニワトリと夢を見る』ご予約受付中!!!!!





++++++++++++++++++++



突劇金魚http://kinnngyo.com

Twitter@t_kinnngyo

メルマガ登録メールで届くよ!

LINE@登録LINEで届くよ!

突劇金魚過去公演まとめ動画


++++++++++++++++++++

ご報告

September 29 [Fri], 2017, 22:25


サリngROCKです。

ご報告させていただきます。

私は今、バリにいます。

公演間近の今、何をしにバリにいるのかというと、結婚式に来ています。

誰の結婚式かと言うと、私の結婚式です。




結婚しました。





相手は、ここ数年、突劇金魚の制作をしてくれている若旦那家康さんです。


知り合ってから10年以上、
金魚の仕事を一緒にするようになってから4年ほど、
そして付き合うようになってからは1年程度……

の急展開で結婚しました。


珍しいバリ式結婚式を経験しました。


もちろん演劇をやめるわけではありませんが、ご報告させていただきます。

私はこれからも、演劇も金魚も変わらずやってゆきます。

若旦那さんも、コトリ会議も金魚の制作も、イベントの企画や演劇祭の企画などもますますやってゆくと思います。



サリngROCKの新展開……プライベートではありますが!

今後とも、どうぞどうぞ変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。



バリはカラッとしていて暑いです。
食べ物の一皿が大きいです。


これから、もう少しバリにいて、帰ったら金魚稽古をさらにして、それから新作のニワトリ、いよいよはじまります。


しかし本当に、私自身の演劇には変化なくやっていきますので、
なのでほんとに超プライベートなことで報告というのもお恥ずかしいのですが。
黙っているのもなんだかな、と思ったので、書かせていただきました。


よかったら、祝ってください!


そして、どうぞどうぞ今後とも、変わらぬご愛顧を、なにとぞよろしくお願いいたします……!






++++++++++++++++++++




次回公演『少年はニワトリと夢を見る』ご予約受付中!!!!!





++++++++++++++++++++



突劇金魚http://kinnngyo.com

Twitter@t_kinnngyo

メルマガ登録メールで届くよ!

LINE@登録LINEで届くよ!

突劇金魚過去公演まとめ動画


++++++++++++++++++++







「突劇金魚」という名前に属する構成員

September 14 [Thu], 2017, 13:04
おととい。
第7稿にして、『少年はニワトリと夢を見る』決定稿があがりました。
山田くんとの何度も脚本会議を経てようやく…
感性+理論な本になりました。多分。。。
金魚は、今、バクマンのように、二人で脚本を書いているような感じ。
(いやまあ、バクマンよりは、私一人だけれど…)

サークルの同級生とはじめた「突劇金魚」は、初期は「サークル名」だった。
数年経って、
突劇金魚は、主宰で作演の私+そこに集まる役者、という図式に変化し、
「突劇金魚」は私個人の「もう一つの名前」
(突劇金魚=サリngROCK)になり、

そしてまた数年経った今、
「突劇金魚」は、山田くんとのコンビ名みたいになった。



++++++++++++++++++++



次回公演『少年はニワトリと夢を見る』ご予約受付中!!!!!



++++++++++++++++++++


突劇金魚http://kinnngyo.com
Twitter@t_kinnngyo
メルマガ登録メールで届くよ!
LINE@登録LINEで届くよ!
突劇金魚過去公演まとめ動画

++++++++++++++++++++

『少年はニワトリと夢を見る』台本

September 04 [Mon], 2017, 5:19
山田と話し合いつつ書き直し中

自分の下手くそな部分が露呈してゆく

思ってたより全然本が書けないわ……

と、しくしく泣いている
比喩じゃなく

しかしまあ、少しずつ進めるしかないのである……


++++++++++++++++++++

そんな、次回公演

次回公演『少年はニワトリと夢を見る』ご予約受付中!!!!!



++++++++++++++++++++


突劇金魚http://kinnngyo.com
Twitter@t_kinnngyo
メルマガ登録メールで届くよ!
LINE@登録LINEで届くよ!
突劇金魚過去公演まとめ動画

++++++++++++++++++++

高石市でやった演劇ワークショップ

August 11 [Fri], 2017, 17:00
8/10
高石市でワークショップ。
高校生が用意してきた1シーン(実際は1シーンなんてものじゃなく、短編一編まるごと用意してくれていた。しかも2本も)に対して演出をつける、という内容のもの。

とても楽しい経験だった……
多分演出を受けてくれた子もいい経験だったはず……

彼ら演劇部の顧問の先生が「サリngさんは生徒たちに脚本の解釈をじっくり聞き取りしてくれた」と言ってくれたし、実際そうしたのだけど、「別にいつもそうしているわけじゃないからっっっ」と改めて言いたい。
実はそれを言いたいためだけにblog書きはじめた。


いつも聞き取りからはじめて演出つけてるわけちゃうからっ


昨日の私のミッションは、[用意してくれたシーンに演出をつける]だったので、台本は彼らが選んだもの。
だから脚本を読み込んでいるのは彼らの方で。
だから、私が演出家としてひとつの方針を考えて挑むんじゃなくて、彼らの意図を聞いてそれに沿った演出をするほうが筋だと思ったからなのであって、いつもは、別に聞き取りなんかほぼせずに、考えてきた方針に向かって粛々と稽古を進めるのみやねん。

いつもは……



でも多分、脚本のことをよく知ってからじゃないと演出もなにもないやろーという本質の部分はいつもと同じ、ってことだったのかもしれない……と、ここまで書いて思った。
この脚本が何について書かれているのか知ってから、そこからじゃないとなんも出来ない。
それが、「自分で読みとく」よりも「読み込んであるひとつの解釈をしてるはずの生徒から聞き出す」が早そうだと思っただけで。

それが私のやりかたなんやな。



でも、何度思い返しても、二つ目の話に関して、「もっとやりようがあったやろ」と私自身に言いたくなる……。

もっと見栄えがよくなる方法もできたやろう。

もっと、別の角度からおもしろくできたような気もする。

「これ、どんな話なの?」って質問し始めてしまったけど、「これ、どこが魅力なの?」って聞けばもっと良かった気がする。


だけどまあ、昨日やったことも、私の演出のやりかたのひとつやな。
あの道も通って、もし次の日に稽古があれば、次の日にはまた別のやり方を試して……って、やっていくんだろう。
それの途中を見せたね。


そんなことをぐるぐる思い返している。


私の演出受ける体験ワークショップの前には、金魚の制作でお世話になってる若旦那家康さんの「制作の相談聞きます」ってワークショップ(?)があった。

高校生、「制作」て何してる人かピンとくるんかな?
相談とか、あるんかな?

て思っていたけど、実際、高校生たちはそんなに制作って仕事に興味がありそうには見えなかったけど、「制作の人はこんなことやってるんだよ」というのをやたら楽しそうに喋る若旦那さんを、みんな、じっくり見てた。
自分の仕事をあんな楽しそうに喋ってくれたら、これをきっかけに興味持ち始める子がいるかもしれないな、と思った。

制作さんて、なんかみんな大変そうで、あれをやりたいってどういう気持ちなんやろかと、私も思っていたけど……なんか、若旦那さんの制作話は、良かった。

仕事=つらい

の図式なんて全然なくて、

やりたいことをやり続けていたら、仕事になった。
やりたいことをなんとかお金になるように考えていたら、仕事になった。


のが実感できる時間。




このワークショップは、4日間あって、私がやった演出体験ワークショップの演出家も4日とも違うし、スタッフさんへの相談会も、音響さん、照明さん、美術さん、と日によって内容が違ってて、すごくいい充実している企画だと思いましたよ。

しかもこれが、参加無料……


来年もあるらしいので、良かったら是非ご参加くださいまし。

いや、ほんとよ、これ。



++++++++++++++++++++


突劇金魚http://kinnngyo.com
Twitter@t_kinnngyo
メルマガ登録メールで届くよ!
LINE@登録LINEで届くよ!
突劇金魚過去公演まとめ動画

++++++++++++++++++++

髪をピンクに染めることを許可する

August 07 [Mon], 2017, 15:56

http://grapee.jp/370551

↑FBでまわってきた、「髪の毛をピンクに染めたい」と言った子供にそれを許可する話。


ピンクの髪の毛!
素敵である!
ピンクの髪の毛が素敵なのもあるけど、その髪の毛にして嬉しそうにしているその笑顔が素敵である!!
グッと来る笑顔である!!

だけど!
子供がやりたいと言うことを親が許可してあげる理由は、「いつ死ぬかわからないから」、じゃない!

子供がやりたいと言ってるその気持ちを分かりたいから、分かりたい気持ちで話して、了解したから、であってほしい!

親は、説得されきらなくてもいいから、気持ちを分かろうとして話してほしい!

「周りに変な目で見られるかもしれないから」
とか、周りの事情を優先しないでほしいのである!

「子供の髪を傷めそう」とか、そんなもっともらしそうなことで決めないでほしいのである!
一回染めたからって、ほんまに傷むかい?!!!!
そして、傷んだとてなんなの!?
髪の毛を傷めないことと、今このときにピンクにしたいっていう気持ちと、どっちが大事なのであるか??


「不良にからまれそう」とか、ただの自分の不安を押しつけないでほしいのである!
ほんまにからまれるやろか?!!!
可能性は少しだけ増すかもしれないが、黒い髪でも絡まれるときは絡まれるやろ?!


とにかく、子供の頃は特に、やりたいことをやりたいと話しかけられる相手は、少ないのである。
その少ない相手に否定をされる絶望は果てしないのである。


「きっとこれも、これも駄目だと言われるのだろうな…」となり、自分で希望を出すことをやめる、自分で決めることをやめるところまでいくこともあると思うのである。


どうか、どんな思いでそれをやりたいと言っているか、ピュアにそれだけを聞いて欲しいのである。
他の大人が考える要素をチラつかせずに。


++++++++++++++++++++


突劇金魚http://kinnngyo.com
Twitter@t_kinnngyo
メルマガ登録メールで届くよ!
LINE@登録LINEで届くよ!
突劇金魚過去公演まとめ動画

++++++++++++++++++++

戯曲を書く

July 11 [Tue], 2017, 18:19
尼崎市の戯曲賞「近松賞」が候補を募集してる。


http://scenarionavi.blog81.fc2.com/blog-entry-60.html

応募規定を見ると、募集する作品内容が

「近松作品が発揮した演劇の力強さ、深さ、それを生んだ人間把握の新鮮さとの現代的連関を感じさせる作品。」

て書いてある。

想流劇塾で戯曲の添削をしていると、本人がいいならもうこれでいいじゃん、とよく思ってしまうのだけど、より戯曲らしくする欲望を持つことも尊いし、そしてその基準は近松賞のおっしゃる通り「演劇の力強さ、深さ、それを生んだ人間把握の新鮮さとの現代的関連」なのかもしれないと思いました。

演劇の力強さや深さは、書く人にどうにか出来るものなような気があまりしないので、「人間把握の新鮮さ」はすごくすごくずっと意識したい。

それやんね、やっぱ。

上手く書けたかどうかも大切だけど、こんな人間、あんま見ないけどめっちゃ人間ぽい!ってなる劇のほうがおもしろいよね。

それがあればあとはなんとかなる感あるし!!

それは全然ある。

おもろい人物を見つけること。

それやで。




私自身も戯曲を今書いていまして、しかし、めちゃめちゃすり減る、戯曲書くって。

ほんまにこの言葉でいいのか検証し、考え悩みながらやから、全然進まんし、進んでないことでまた自分がさぼってる気持ちになって落ち込むし焦るし焦ったとて書けるわけじゃなし。だがゆったりしてたら書けるもんじゃなし。

とにかく、一文字一文字、積んでいくことだ。

それしかないと、思うわけで。

人間把握の新鮮さ

を頼りに。

書きます。

++++++++++++++++++++


突劇金魚http://kinnngyo.com
Twitter@t_kinnngyo
メルマガ登録メールで届くよ!
LINE@登録LINEで届くよ!
突劇金魚過去公演まとめ動画

++++++++++++++++++++
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サリngROCK
読者になる
関西で演劇をやっています。
突劇金魚。劇作家、演出家、俳優。

(株)リコモーション所属
GAG少年楽団 演出協力
大阪アニメーションスクール専門学校 講師
伊丹想流劇塾 師範(師範て!)

     
エンゲキ系の予定

【脚本、演出】
突劇金魚#20
『少年はニワトリと夢を見る』
2017.10/13~24
@突劇金魚アトリエ


【出演】
劇団壱劇屋
『戦御史-Ikusaonsi-』
11月24日(金)-27日(月)
@HEPHALL


【演出、脚本】
大阪アニメーションスクール専門学校 アニメ声優コース2年ABクラス 卒業公演
『地球空洞説探検』
(引用:寺山修司作『地球空洞説』)
2018年2月
@ドーンセンター7F


     
書く・書いたのお知らせ

【小説!!】
「しまうまの毛」出版されました!こちらは出版していただいた(株)創英社のHPです


Amazonサイトでも売っております。


【出版物!!】
「八月のプレイボール」
<編集協力>で関わりました!
小学館クリエイティブから出版!
※著者は、私ではなくMICAさん



     

もし、サリngROCKにお仕事などのご依頼いただける場合はこちらの、突劇金魚の制作部宛てメールアドレスにご連絡ください。m(_ _)m
info@kinnngyo.com
2018年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
https://yaplog.jp/saring/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる
P R