特大フィナンシェ

December 06 [Thu], 2018, 19:57


得意料理のなめらかプリンを作るたびに悩まされる、余った卵白問題に終止符を打つべく、フィナンシェかフリアンを焼こうと思い立ちました。
でも、あれってちまちま1個ずつ型に入れるのが面倒なんだよな・・・と思っていたところ、某料理漫画で、パウンド型でフィナンシェを焼いてるのを見て、目から鱗でした。

早速作ってみたらいい感じです。
もともと、バターたっぷり、アーモンドプードルたっぷりの贅沢なお菓子ですが、1日経つとしっとりしてより美味しくなります。
バターたっぷり生地なので、型にバターを塗ったりする必要もありません。

[材料(中型パウンド型1本分)
A{卵白・・・3個分
塩・・・小さじ1/4}
B{砂糖・・・120g
ハチミツ・・・大さじ1
バニラオイル・・・少々}
無塩バター・・・110g
C{薄力粉・・・70g
アーモンドプードル・・・80g
ベーキングパウダー・・・小さじ1/4}

[作り方]
@ノワゼットバター(焦がしバター)を作る。小鍋にバターを入れて薄い茶色になるまで弱火で加熱する。焦がすと細かいチリチリが出てくるけど大丈夫。うまく焦げなくて、ただの溶かしバターになっても大丈夫です。
AボウルにAを入れて泡だて器で卵白のコシを切るように混ぜる。
BAにBも加え、更によく混ぜる。白っぽく4もったりするまで混ぜる。オーブン180℃の余熱を始める。
CCはふるってBに加える。泡だて器で粉っぽさがなくなるまでしっかり混ぜる。
DCに@を少しずつ加え、その都度しっかり混ぜる。焦げたチリチリも入れる。溶かしバターは混ざりにくいけど、そこは力技で強引に混ぜる。
Eパウンド型にDを流し込み、とんとんと何回か落として中の空気を抜く。180℃のオーブンで30~40分焼く。
竹串を刺してみて何も付かなければ出来上がり。

  • URL:https://yaplog.jp/sarara555/archive/3052
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sarara555
読者になる
2018年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像sarara555
» レンジチキンチャップ (2018年10月29日)
アイコン画像優紀
» レンジチキンチャップ (2018年10月29日)
アイコン画像sarara555
» ブロッコリーと鶏肉のトースター焼き (2018年09月10日)
アイコン画像
» ブロッコリーと鶏肉のトースター焼き (2018年09月08日)
アイコン画像sarara555
» おでん (2018年01月06日)
アイコン画像
» おでん (2018年01月03日)
アイコン画像sarara555
» レンコンのマスタードビネガー漬け (2017年12月04日)
アイコン画像sarara555
» キュウリとツナのしょうゆ和え (2017年12月04日)
アイコン画像
» キュウリとツナのしょうゆ和え (2017年12月02日)
アイコン画像
» レンコンのマスタードビネガー漬け (2017年11月30日)
Yapme!一覧
読者になる