イングロリアス・バスターズ

November 30 [Mon], 2009, 19:23

「キル・ビル」のクエンティン・タランティーノ監督の最新作です。
面白くなかったら、返金します!とまで言い切ったタランちゃん。
うん!うん!大丈夫!面白かったですヨ!ワタシ、あなたが大好きです!
タランちゃんらしく、バッサ!バッサ!と、やってくれてます。
でも、いつもよりは、アクは薄まってるんですよね。
そこが物足りないと感じる方もいると思うけど・・・
ワタシは、より多くの人に楽しんでもらえる作品になったので、ヨカッタと思う。

ストーリーは5部編成になってて、ラストでそれぞれのパートが絡み合うといった感じ。
でも、ストーリーの中核は、両親を殺されたユダヤ人のショシャナの復讐劇です。
この”復讐劇”というのが、タランちゃんらしい。

俳優さんたちも超豪華!
ナチス狩りをするバスターズのボスを演じるのが、ブラッド・ピット。
主役のように書かれているけど、群像劇の中の一人といった感じです。
でも、ラストシーンだけを考えたら、主人公かな〜
主人公は死なないからね(笑)

ショシャナを演じたのは、メラニー・ロラン。
フランスでは監督業もこなす女優さんです。

あとは、ユダヤ・ハンター、ランダ大佐を演じたクリストフ・ヴァルツ。
この人、凄いです!ブラッドピットを食っちゃってました。
多分、今年のアカデミー賞の助演賞を取ると思うな・・・

他に印象に残っているのは、ダニエル・ブリュール。
「グッバイ、レーニン!」の青年と言ったらわかるかな〜
ラストの豹変ぶりには、オドロいちゃったな・・・

2時間半の映画でしたが、あっという間でした。
ワタシ的には、大満足しちゃった作品です!
タランちゃんの強い毒気が好みの方には、イマイチかもしれないけど、
ストーリー構成も面白いし、タランちゃんらしいところも健在でした。
フツーの観客も、タランちゃんファンも楽しめるバランスのとれた作品だと思う。

今までは、オススメする人を選んでたけど、今回は考えなくていいから、楽(笑)

★ランキングに参加しているので、ココをクリックしてね
  • URL:https://yaplog.jp/saraeiga/archive/755
Trackback
Trackback URL
9-64.イングロリアス・バスターズ■原題:InglouriousBasterds■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:152分■鑑賞日:12月19日、吉祥寺スカラ座(吉祥寺)■予告編□監督・...
KINTYRE’SDIARY  December 23 [Thu], 2010, 12:14
本作を観てつまらないと感じ、上映開始後1時間以内に退席した観客には鑑賞料金を返却
はらやんの映画徒然草  March 04 [Thu], 2010, 21:50
 「イングロリアス・バスターズ」を銀座のTOHO日劇で見ました。

 この映画は、前作の「デス・プルーフ」が大変面白かったQ.タランテーノ監督の最新作であり、また「ベンジャミン・バトン」で好演したブラッド・ピットが主演しており、さらには雑誌で特集されたり(雑誌『ユリイカ』12月号「特集*タランティーノ 『イングロリアス・バスターズ』 の衝撃」)、洋泉社のムック本『「イングロリアス・バスターズ」映画大作戦!』が刊行されたり、と話題性タップリなところから、ぜひ見たいと思っていました。

 実際に見てみると、この映画はちょっと変わったところがあります。
 主演はブラッド・ピットとされているものの(クレジットで最初に記載されていますし)、途中でどこかへいなくなってしまいます(最後の方で再登場しますが)。他方、ほとんど出ずっぱりなのはナチスSS大佐役のクリストフ・ヴァルツの方です(そうだからこそ、カンヌ国際映画祭男優賞を獲得したのでしょう)。
 また、ナチス物というのであれば、ナチスが悪逆の限りを尽くすのが定番でしょう。ですが、この映画で残忍なのは、ブラピを隊長とする連合国軍側の特殊部隊(バスターズ)の...
映画的・絵画的・音楽的  December 20 [Sun], 2009, 7:54
家族を殺されたショシャナは、逃げ延びたパリで映画館主として、名前もミミューと変えてナチへの復讐の機会をうかがう。そのミミューとは60年代のスター、イベット・ミミューから取ったものという。演じるメラニー・ロランは、どこか「シェルブールの雨傘」の頃のドヌーヴ...
映画と出会う・世界が変わる  December 08 [Tue], 2009, 8:26
西部劇のようなオープニングであるが、西部劇ではない。戦争映画の様相を呈しているが、戦争映画といえるような場面はほとんどない。この映画のほとんどの場面を占めるのは会話である。会話劇というジャンルがあるとすれば、この映画は「会話劇」というべきであろう。何か...
映画と出会う・世界が変わる  December 06 [Sun], 2009, 17:21
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム: 愛猫 レオン
読者になる
 
  

管理人サラ

平日はフツーの会社員やってます
趣味:映画・猫・アート・仕事
好物:抹茶豆乳・ブルーベリー
音楽:  BUMP・1D
動物占い:天然ボケで平和主義
       癒し系のたぬき
血液型: おおらかなO型

90点〜   ホームラン!
80点〜   クリーンヒット!
70点〜   まあまあ
60点〜   サービスデー用
50点〜   う〜ん・・・
50点未満  むむむ・・・・・
最新トラックバック
アイコン画像ダンケルク (2017年10月19日)
アイコン画像散歩する侵略者 (2017年10月19日)
アイコン画像あさひなぐ (2017年10月19日)
アイコン画像ドリーム (2017年10月19日)
アイコン画像亜人 (2017年10月19日)
アイコン画像猿の惑星:聖戦記 (2017年10月18日)
アイコン画像『関ヶ原』 (2017年09月11日)
2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
月別アーカイブ