カメラを止めるな!

August 15 [Wed], 2018, 20:51


もう社会現象になりつつあるこの映画!

内容は、一切、説明しません。
言いたいのは、「しんけん面白い!!!」
そして、映画愛に溢れている!
製作費用は、たったの300万円。
そんで、こんだけ面白い映画が作れるなんて・・・
映画ファンは、皆、歓喜していると思う。
実写化ばかりの日本映画界を、ギャフン!と言わせてくれた
この映画に、感謝申し上げたい!        (90点)

★ランキングに参加しているので、ココをクリックしてね

オーシャンズ8

August 15 [Wed], 2018, 15:21


「ハンガー・ゲーム」のゲイリー・ロス監督による、オーシャンズシリーズ最新作。

今回のボスは、前3作のボスだった、ジョージ・クルーニー演じる、ダニー・オーシャンの妹。
サンドラ・ブロックが演じます。そして、メンバーも女性のみ。
要は、女性版として、リニューアルした、オーシャンズでした。

10年以上も前の作品ですが、オーシャンズ・ファンは健在でしょう。
観客までもが、「なるほど・・・」と騙されるストーリーは、見事だった。
今回も、その手法は、引き継がれてます。
だが、パンチが足らない。アクションないし、色仕掛けもない。
それをカバーしてるのが、女性版の華やかさや、美しさでしょうか・・・
昔のシリーズを知らない方が、純粋に楽しめるんじゃないかと思いました。
でも、フツーに面白かったし、これほど豪華な女優さんが集結してる作品はありません。(75点)

★ランキングに参加しているので、ココをクリックしてね

女と男の観覧車

August 13 [Mon], 2018, 21:12


「ミッド・ナイト・パリ」のウディ・アレン監督&脚本の最新作になります。

今回の舞台は、1950年代のアメリカ、ニューヨーク郊外のリゾート地、コニーアイランド。
そこで、ウェイトレスをしている主人公ジニーは、回転木馬を担当している再婚相手の夫と
自分の息子の3人で暮らしてます。
そこに、ギャングに追われている夫の娘が現われ・・・

ウディ爺さんの今度のヒロインは、くたびれた中年女性。
演じるのは、ケイト・ウィンスレット。
ウディ作品には、初参戦です。

自分には、もっと素敵な人生が待っているはず。
私は、ウェイトレスを演じているだけ。
今までのウディ作品の中の妄想とは違います。
女の深い業(ゴウ)と性(サガ)が、ドロドロと描かれてました。
見終わって思ったのは、色恋に走ると、ろくな事がない!

劇中の50年代のファッションやインテリア、詩的でカラフルな色彩、
全てが、ワタシ好みでした。
撮影を担当したのは、ヴィットリオ・ストラーロ。この名前覚えておこうと思う。
そして、本作の邦題のネーミングも、意味深で、上手いと思う。(78点)

★ランキングに参加しているので、ココをクリックしてね

センセイ君主

August 13 [Mon], 2018, 19:45


少女コミックを実写化した学園ラブコメディ。

新しく赴任してきたクールな数学教師に主人公の女子高生が恋をする・・・

女子高生ばかりかと思っていたら、意外と大人女子や、大人カップルが多いのは
竹内涼真さん効果でしょうか。
ワタシも竹内さんが出ているから、前売券を買ってしまいましたが、
ヒロイン演じる浜辺さんが、劇中のキャラクターとイメージが離れすぎてて、
どうしても「無理してます感」を感じました。
ストーリーを楽しむというよりも、竹内涼真さんを愛でる作品でした。(70点)

★ランキングに参加しているので、ココをクリックしてね

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

August 09 [Thu], 2018, 23:11


トム・クルーズ主演の「ミッション:インポッシブル」シリーズ第6弾。
今回のイーサン・ハントも絶体絶命です!

今回は期待値以上!メチャクチャ面白かったです!
またトム君、凄いアクションやるんだろうなぁ〜と、ある程度は、予想してたんだけど
ワタシの中では、それ以上のレベルでした。
見入っていたので、上映時間の2時間半が、2時間くらいしか感じなかったです。
これだけのアクションをやれちゃうトム君に、加齢は来ないのかしらん。
とにかく、ここまで凄さを見せつけられちゃうと、尊敬しかありません。
是非、劇場の大きなスクリーンで見てほしい作品です。     (88点)

★ランキングに参加しているので、ココをクリックしてね

29歳問題

August 07 [Tue], 2018, 23:58


香港で、2017年を代表する1本。
元々は、2005年から13年に渡り、再演され続けている舞台劇で、
その舞台を演出、主演していた女優さんが、初監督した作品になります。

2005年、香港、30歳を目前に控えた主人公、クリスティ。
仕事も恋愛も充実してますが、何か満たされない毎日。
ある日、住み慣れたアパートを追い出され、パリに旅行中の女性宅に仮住まいすることに・・・
そして、その部屋の住人、ティンロは偶然にも彼女と同じ29歳でした・・・

29歳って、まだ若いのか?もう若くないのか?
女性の29歳って、結婚か、キャリアか、転職か、微妙な時期なのかもしれません。
香港映画ですが、日本の都会で働く女性たちには、共感を呼ぶ心情が描かれてます。

ワタシが、劇中で印象に残った台詞が、「人は、30年ごとに、リセットする」
妙に、ワタシの中で、ストンと落ちました。
ワタシのように、タイトルに惹かれたら、鑑賞してみて下さい。(73点)

★ランキングに参加しているので、ココをクリックしてね

劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命

August 05 [Sun], 2018, 16:02


誕生から10年、ファンから愛され続けた人気テレビシリーズの劇場版になります。

10年という歳月は長いですね。
劇中のキャラクターも成長するし、それを見てきたファンにも、10年の人生があります。
本作は、ファンの為に作られた作品でした。
走馬灯のように懐かしいシーンが流れ、そして今回の劇場版が始まります。

ストーリーは、いろんなエピソードがテンコ盛り。
詰めすぎじゃないかってくらいあります。
それは、それぞれのキャラクターにスポットを当てて、次のコード・ブルーチームに
バトンタッチするためでしょう。
テンコ盛りすぎて、映画的には、ギリギリ状態でしたが、正直、よく振り落とさないで
ゴール出来たなって思う(笑)
ファン感謝祭的な映画なので、ファンの皆様、楽しんで下さい。  (73点)

★ランキングに参加しているので、ココをクリックしてね

未来のミライ

August 01 [Wed], 2018, 22:54


「バケモノの子」から3年、細田守監督、待望の最新作になります。

主人公は、4歳の男の子、くんちゃん。
妹の未来ちゃんが生まれてからは、お父さんもお母さんも忙しくて、構ってくれません。

正直、予告編を見て、イメージしていたストーリーとは違っていました。
ワタシは、未来ちゃんと2人で、冒険の旅に出ていくと思っていたから・・・
くんちゃんは、時空を越えて、遠い過去に行ったり、未来に行ったり・・・
今の命は、過去からリレーされて、今に至っているんだと思いました。

細田作品は、好きで、過去の4作品「時をかける少女」「サマーウォーズ」
「おおかみこどもの雨と雪」「バケモノの子」と、全て見てます。
今回の「未来のミライ」も入れると、5作品になりますが、本作が、ワタシの中では最下位です。
もっと、くんちゃんに優しくしてほしかった。
両親の愛が欲しくて叫んでいるのに、気が付いてくれない。
特に、お母さんには、ガッカリ。自分の子供時代を忘れた?
そして、高校生になったくんちゃんは、幼い自分の事を、ガキって言っている。
もっと、くんちゃんに優しくしようよ!
だから、ワタシの満足度はイマイチ。ついでに、上白石さんの声もイマイチ。(73点)

★ランキングに参加しているので、ココをクリックしてね

ジュラシック・ワールド/炎の王国

July 30 [Mon], 2018, 23:48


新シリーズ3部作の第2章になります。
相変わらず、CGのリアルさは、凄かったですね。

テーマパーク「ジュラシック・ワールド」の大惨事から3年。
島は、恐竜たちの野生の島へと変貌してます。
ところが、火山の大噴火が迫り、恐竜たちの命の危険が迫って・・・

1作目は面白かったのに、なんで2作目で、こうなっちゃうの?
これが、正直な気持ちです。
恐竜ビジネスに群がる人間たちの醜さが際立ってました。
可愛そうな気分になったり、嫌な気分になったり、気分が滅入る2作目です。
このストーリー展開のオチを、どうするつもりなのかしらん。
ラストシーンなんて、これでいいの?って思った。
島から出ちゃダメでしょ!ブルーは、どうなる?
映像は楽しめたけど、ストーリーが嫌だったから、3作目は、見らないかも・・
                                (70点)
★ランキングに参加しているので、ココをクリックしてね


レディ・バード

July 29 [Sun], 2018, 22:38


本年度ゴールデン・グローブ賞で、作品賞を受賞、そして数々の映画賞にノミネートされた話題作。

主人公は、カリフォルニア州の田舎町に暮らす高校生のクリスティン。
自分の名前を「レディ・バード」と呼び、ニューヨークの大学への進学を夢見てます。
彼女の最後の高校生活の1年間が始まり・・・

もう子供じゃないけど、まだ大人にはなれない宙ぶらりん状態。
こういう時期ってあったよね。
親に頼らないと出来ないことが多くて、悔しかった。
クリスティンの場合、大きな壁は母親。
頑固な似た者同士だから、共鳴もするけど、反発もする。
でも、本当は大好きなのに・・・
このストーリーは、母と娘のストーリーでもあると思う。

ニューヨークの街中で、クリスティンが故郷を感じるシーンがあって
大学進学で、上京した時のことを思い出しました。
親の事を、客観的に見れるようになった時に、気付くことが沢山あった。

「君の名前で僕を読んで」のティモシー・シャラメが出てて、心躍ります。
やっぱ、美しくて、絵になるね。大人っぽい男友達の役です。  (80点)

★ランキングに参加しているので、ココをクリックしてね
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム: 愛猫 レオン
読者になる
 
  

管理人サラ

平日はフツーの会社員やってます
趣味:映画・猫・アート・仕事
好物:抹茶豆乳・ブルーベリー
音楽:  BUMP・1D
動物占い:天然ボケで平和主義
       癒し系のたぬき
血液型: おおらかなO型

90点〜   ホームラン!
80点〜   クリーンヒット!
70点〜   まあまあ
60点〜   サービスデー用
50点〜   う〜ん・・・
50点未満  むむむ・・・・・
最新トラックバック
アイコン画像ダンケルク (2017年10月19日)
アイコン画像散歩する侵略者 (2017年10月19日)
アイコン画像あさひなぐ (2017年10月19日)
アイコン画像ドリーム (2017年10月19日)
アイコン画像亜人 (2017年10月19日)
アイコン画像猿の惑星:聖戦記 (2017年10月18日)
アイコン画像『関ヶ原』 (2017年09月11日)
2018年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ