ここんところ。

September 27 [Thu], 2018, 21:25
パソコンが壊れたりいろいろありましたねぇ〜

6年間使ってたパソコン。
専門学校の卒業研究やるために買ったのですっごいいいやつだったんです。
CPUもi7で、HDDも1Tで、SSDが32Gついてました。
当時にしては、よかったんじゃない?起動めちゃくちゃ早かったよ。

それが壊れちゃって。

それとあまり変わらない新しいパソコン買っちゃったんですよ。
ないと困るから。

でも前のパソコン壊れた原因がHDDだったので、
HDD交換できりゃきっと使える!と思って、HDDとOS0も買いました。

決断早すぎる(;^_^A

届いて速攻付け替えて、USB差して起動したらふつう〜に使えました!
HDDが弱ってたのかなぁ。なんか壊れる直前より処理速度も速い気がする。


とまぁ、2台持ちになったので、親に貸しつつサブPCとして動いてます。


もう前みたいにいろいろやってないから2台もいらないんだけど、もったいなくて(-_-;)





それはそうと。


突然疲れやすいようになっちゃって。気持ちも下向きに。
カリカリしやすい・・・・とまではいかなくてもイラ〜っとなったり。
かと思ったら悲観的になったり。感情が落ち着かない。
あとは睡眠浅くなっちゃったりね。

なんかメンタル荒れるときって傾向あるんだよね。

女性なら女性のリズムにあてられるときもあるし、
あとは質のいい睡眠とれなかった数日後とか、
なんだろう、なんでもないことなんだけど、これが欠けると…っていう感じの。

私は朝ごはんを適当にすると気持ち荒れます。
リズム的なものもあると思う。
乱れると神経質になったり、睡眠浅くなったり、視野狭くなったり、
気持ちの余裕がなくなる感じかな。

パートの仕事しながら自分のメンタルも監視して、
乱れたときは数日前なにやってたかとか思い出しながら。

もにゃ〜っと思い出してると「あ、これかな?」っていうのがあるから
次あったときの前後にないか探してみたりね。

面倒だけどね、やっていくとおもしろいんだよね。
あ、これだめだった?みたいな。

あんまり気にしすぎてもね、逆に完ぺき主義みたいになってしんどいから。
ほどほどにね。


あー。
というわけで、実は絶不調です。

まぁ、こんなときもあるさ。

ここ数年のこと。

August 23 [Thu], 2018, 21:39
2013年
専門学校卒業、営業事務で入社。
入社直後から専門学校OB上司の当たりが強いことを気にしてた。
言われてつらかったこととかを日記に書いてた。
飲み会がとにかく辛かった。でも仕事は楽しくて充実してた。

2014年
「誰についてくか考えた方がいいよ」という半ば脅しのようなものがありOB上司の機嫌取ってた。
だからか比較的平和な1年。イエスマンしまくり。周りにもイエスマン。断らない人です。
自己犠牲が始まったのもこの辺。頭の変なスイッチが入ったのもこの辺。(考えすぎのスイッチ)

2015年
忙しくなるとごちゃごちゃ悩まなくなることに気付き、立案、会社のホームページ作成。
閑散期が地獄になり始める。自分の居場所がなくなる感覚。
被害妄想強くなる。

2016年
ある時期から役員に辞めたいとこぼすように。同時に自殺願望も増し増しに。
自分でもいろんな意味で危ないと思ってたけど願望から来る、運転中の危険行為止められず。
仕事中なのに突然泣くことが増えた。自分でもパニックになる。どこかに一人で隠れる時間が増える。
感情が抑えられないので、怒ることも増えた。他の事務所にいる先輩事務員に赤裸々に吐き出す。
人に相談しようと思えなかった、周りの人を信用できなくなってた。
自分がどうなってるのか全く気づいてないが「このままではここにいられない」のはわかってた。
ある日OB上司とぶつかり突然出社拒否に。
本社から役員が飛んできてあらましを説明、日記に書いてた暴言を紙にまとめて提出。
ある意味では「示談」なのか、少しまとまったお金をもらい退職。

短期のアルバイトでフルタイム働く。人と関わらない倉庫作業は気楽でした。

2017年
昨年末から再就職活動開始。書類作成は自信あったが面接が全然ダメ。
応募した5社とも面接してくれたのに、トンデモな返事ばかりで雰囲気最悪に。
自分の気持ちがなにも言えないことに気付く。なにがしたいとかもわからなくなってた。
気にし過ぎていることに気付く。少し外出るだけで疲弊するように。家事もままならないことに気付く。
市のサポートセンターに駆け込み、なぜかここでどうやったら就職できるか相談しに行ったけど、
今の状態での就労はおすすめしない、と就労支援の施設を紹介される。

貯金がなくなりそうで不安だったので就労支援施設ではなく、働くことを希望。
企業がそういう支援をしているとのことで今のスーパーへ。

なんとなくの毎日。

August 23 [Thu], 2018, 21:17
人が怖かったんですが。

レジで大分鍛えられました(*´ω`*)

いやぁ、トンデモなお客さんいるんですよ。
おにぎりもお弁当もカゴに投げるお客さんもいます。
言わなくてもわかれ!って怒るお客さんもいます。
そんなに注文つけるなら自分でやってくれってのもあります。(マイカゴ)
こっちが申し訳なくなるくらい、ペコペコ頭下げるお客さんもいるんです。
読み上げにいつもお返事してくれる律儀な方もいます。そこまでしなくていいのよ…。

いやぁ本当、いい経験できるね、レジって。

だからか前よりも人に話しかけるのが怖くなくなりました。
声かけられても固まらずにいられるようになった。
返事の内容は…うまくできないこともあるけどね。

営業事務やってるとき…前の仕事は決まったお客さんしかいなくて、
事務所にずーっといるだけだったので外の世界とほとんど触れなかったんだよね。
視野がどんどん狭くなってさ「これしかない」「こうするしかない」って
どんどん自分追い詰めてったと思うんだよね。
頼れる先輩も、入社と同時に定年退職させられちゃったし、年下の同期の子とは最初よかったんだけど後々合わなくなっちゃって。私も入社して1年過ぎたくらいからおかしくなってったし。

そういうときって外と触れ合うの大事なんだけど、
もうとにかく人付き合いが億劫で自分から人に連絡取らなくなって。
飲み会も一次会で帰ってた。あまりにも堂々と帰るので「羨ましい」と言われることもあった。
人付き合い億劫になってるのに無理矢理参加するようなものですっごく疲れたから。
食べ物の味もわからん。味のしないガムかなんかをずっと噛んでる感じで気持ち悪い。
もうそうなったときから、少しずつおかしかったんだよね。きっと。
元々外食は得意じゃなくて参加できてたのも不思議だけど、今となっては相当無理してたかもね。

とまぁ、今も自分から連絡できないけど、
相手に変な影響与えたくないとか、なんでもゴチャゴチャ考えちゃうんだよね。
考えるとなんでも意識しちゃうでしょ?そうするとねー、すっごい辛いんだよね。
無意識にやりたいように動くってのができなくなるの。
自分の一挙手一投足、発言の内容から語尾まで全部監視してる感じ。超しんどい。
自然にふるまえるようになって、自分が自然と「快適だ」と思えるような立ち居振る舞いしたいよね。

これが、レジのおかげで少しずつやわらいでるんです。
だから人に話しかけられる。仕事上でも話かけなきゃいけないし。

さて。
前向きなこと考えたいよね。
ごちゃごちゃ余計なこと考えたくないよね。

どうせなら投資信託やつみたてNISAで将来いくらになってるとかウハウハなこと考えようよ。
今のお給料だと毎月微々たるものだけど、いずれ稼ぐようになったら…とか。

というわけで、つみたてNISAで投資信託やってます。
時々余裕があればスポット買い付けで純金積み立てもやってます(´∀`)b
日経平均やらで左右されるので見てておもしろいです(*´ω`*)
損してるとか今は気にしない。

人生の一区切りがついた

August 09 [Thu], 2018, 22:09
あまり詳しくは書けないけど、
人生の一区切りがついた。

3年の重みはすごいなぁ。

心身の回復はまだです。完全復帰まだ先な気がする。満足に遊べもしない。

自分が幼かったとか、至らなかったとか、我慢強くなかったとか、
今でも、いろいろ責めたくなるけど、
結果こうなったのは仕方なかったと、もう終わったことだと。

本当、今までの自分ぶちこわさんといけんのですよ。次行くためには。
しんどいのなんのって。でもこれって人生の転機じゃね?と思ったり。

専門学校から前の会社勤めて、なんかあれこれ必死に頑張って、
上司の嫌味や同僚、先輩の嫌味も耐えて、最後は出社拒否で心身ボロボロになって。
それまで3年。それからやっと満2年。

近所のスーパーに拾ってもらって、
直属のリーダー、店長は私の事情なんもかんも知ってる上で働かせてくれて。
年下の女の子がリーダーなので相談しづらいことも無きにしも非ずだけど有難い。
とりあえず最初週1の3時間だったのが週3の4時間まで増やせて。
たまに人手足りないときに駆り出されたりすると週4とか週5になるけど、それもいい練習と思って。

まだまだフルタイムまでは遠いけど、順調に増やせてて。

周りが結婚してたり、年相応の生活を満喫してそうな話を聞くと時々羨ましくなることもあるけど、
私は私で、今やるべきことをやるだけだと思って、レジ立ってんだけど。

スーパーのレジって過酷。
私だけ、現金触らなくていいレジなのでそこは楽。大分楽。
でもレジすっごい疲れる。性質の問題もあるかもしれんけど。

とりあえず。私は次のステップ行くためには、きっと自分壊さんといけんのです。

どうしたらいいの…?(苦笑)

読書と腱鞘炎。

May 05 [Sat], 2018, 21:55
他の人より日数も時間も短いのに。

利き腕が、腱鞘炎です。なんでやねん(´;ω;`)

…明後日仕事なんだけどいいのかな。行くしかないけど。
月50時間ちょっとなんだからお給料もそれ相応なのよ!
当たり前だけど、自分の必要な分まかなえるくらいは一応あるんだけど
1,2日減ると結構でっけぇのよ!(必死)
…ちょっと、大人じゃない言葉遣い(笑)

病気だなんだと言われても、大富豪みたいに余裕ある家でもないし、
ずっと両親に世話になり続けるのもなんだかだし、
なにより少しくらいなら出かけられるのに仕事だけしてないって
なんだかすっごい屈辱的だったの。義務果たさずして権利を得てるような。

それが、ガソリン代やら生命保険やらスマホ代から、自分の必要な分を
今はちゃんとまかなえるっていう至って「普通」なことが、
私にとってはそれがギリギリでも、維持できてるのがとても嬉しいことなのよ。

維持できれば少しずつ増やせる。
家にいる時間は短く、まぁ、普通に過ごしてる同年代と肩揃えられるくらいには戻ったことになる。

…それが、ケガにしても病気の悪化にしてもなんにしても、
自分の意志じゃなかったとしても、維持できないってのは…なんだろう。

ものすごく、悲しいことのように思う。
…うまく言えない。

普通が、こんなに難しいことだと思わなかった。
…腱鞘炎とかって慢性化するらしいじゃない。

なんでこんなんなったのかなぁ。

いろんな本読んできたよ。ケアストレスカウンセラーの本まで買ったよ。
自分の不安障害から適応障害からHSPから、幼少期の頃からすべて疑ってかかって、
いろんな本読んだ。両親に申し訳なく思うこともあったけど。
一時、こうして考えてるのも良くないって思って離れた。
すると途端に思考が整理されてくのね。情報過多を押さえられたみたいになって。

最近またちょっと、革命的な本を見つけた。

だから、私がこうなったのも納得いった。

やっぱり、あの3年は、私にとってすべての「原因」にしてよかった。
幼少期も少し関わってたかもしれないけど、
今まで築き上げてきたものを崩すには十分だった。

ヘラヘラ笑ってたけどね、なに言われても。

でもふっと思い出した時に、今でも涙出る。

「なに、それ?仕事してるフリ?」
「わっ、目つき悪っ!」
「えっ、断るっ」
「だってあなた歪んでるもん!だから独断と偏見で処理するんでしょ?」
「なんでこんな人寄越したんだって専門学校の先生に怒らないとね!」
相談した支店長にも
「あいつは言葉がキツいけど、言いづらいことでも言ってくれるからキツく言えないんだよ」
本社に転勤させてよって別の上司が役員さんに冗談めいて言ったときの役員も、
「あいつを本社に?やめてよ、面倒くさいでしょ」

絶望したね。トップまでそんなこと言うなんて。

上司や同僚のいざこざは、異動でもしないと解決しないんです。
でも小さな会社。異動は転勤することと同義だけど、他支店の事務員は満席。
辞めるしかないんだけど、誰も、最後まで、私が悲鳴を上げるまで取り合ってくれなかった。

ちゃんと伝えてたわけじゃないから、気づいてない人も多かったと思うけど。

最後は出社拒否ですよ。そのまま退職です。役員の前で情けなく号泣して。
1ヶ月猶予つけて賞与もらって。給与も1か月分もらって。
退職金ももらって。積み立ててた分も全部返してもらって。

一時まとまったお金が手元にきたとき、
最後の手続きであった新しい支店長には「旅行でも行くんでしょ?」って言われた。

A4用紙4枚。日記に書きなぐってたことをまとめて役員に提出して。
それがあったから、出社拒否から1ヶ月、在籍してたことにしてくれたのかな。
親もまた、法務局かなんかの人権相談とかに行くって言ってたし。
それをこぼしたのもあったのかな。親が黙ってないわ、みたいな。
今となっては、役員の考えはわからないけど。

パワハラだって気づいたのは、正直、だいぶ後だった。
感情のままに、なにかに書きなぐれるくらいはまだいいのかも。
私、勤めてた後半はなにも書かなくなってた。
我慢し続けてると、気づかなくなる。自分の感情に。


だめだ。悲しくなってきた。

辛いこともある

April 30 [Mon], 2018, 20:41
体調のいい時悪い時。
特徴やきっかけとなったことをできるだけ覚えておく。

最近は、ドーパミンだのセロトニンだのをいろいろ勉強してる。
波を読めるようになれば、備えることもできると思って。
今は、症状が出始めてもパニックにならないように落ち着けるようにしたり、
少し気持ちを抑え込むようなことができるようになってるけど。

前もって予兆がわかるようになれば、対策もできそうな気がして。


まぁー、無駄かもしれんけどねぇ。


…この間、先輩が職場に来たーと思ったら、
その数日後はちょっとお世話になった上司を見かけた。

昔のこと、いろいろ思い出してしまう。

ずっと過去引きずってるなぁと思う。
思い出すこともそうだし、前のようになりたくないって昔あったことを掘り返したり。
だから、考えるのも対策するのもやらない方がいいんじゃないかって思うときがある。

…どうしたらいいんだろう。

このままでいいのか。

…もっと言うとね、やっぱりレジやってるのって辛いんだ。
これも引きずっててね。
会社員としてやってきたのに、結婚したわけでもないのにパートだからさ。

これでいい。というか、今はこれしかできないんだって認めなきゃいけないのに。

ここ数日はモヤモヤしてる。しばらく落ち着いてたのに。


昔の自分とは違う、今の自分を認めたいんだけど。


…うーん、眠くなってきた。今日は考えるのやめよう。

再会。

April 24 [Tue], 2018, 20:23
もう上がりの時間だってころに、
前の会社の他の支店に勤めてた人が買い物に来た。

…身内に不幸があったみたいで地元戻ってきてて。
私は、今日はたまたま別の人の代わりで勤務してて。

なんだか、なるべくしてなったのか、ちょっと怖くなったけど。

普通に接することはできただろうか。

前の会社の近く通るだけでも具合悪くなるし、
いつも、もし誰か来たらちゃんと最後まで作業こなせるだろうかとか、
不安で不安で仕方なかったくらいなんだけど。

普通に、めちゃくちゃニコニコしてた気がする。
実際、心では「嬉しいな。久しぶりだな。元気そうだな。」とか思ってた。

嫌な気持ちはなかったかも。体は別だったけど。

領収書書くことになったんだけど、手が震えて文字が書けない。
書こうとするとぶるぶる震える。離すと少し落ち着く。
先輩も見かねて「お客さん来てないから。頼む、落ち着け。落ち着け。」って言ってくれたけど。

思わず「久しぶりに会って緊張して震え止まらないです(;´∀`)」って流した。

会社辞めるとき本当に突然で、なんも挨拶もしなくて、
「人事発令」を見て急に知った人ばかりだったと思う。
そしてその日から私は自宅療養になったけど。

私になにがあったとかはほとんど漏れてないこともわかった。

それでいい。

日々勉強。日々修行。日々治療。

久しぶりの3連勤最終日です。お店もいいように使ってくれるぜ(´∀`)

鬼忙しかった。

April 20 [Fri], 2018, 21:19
鬼忙しかった。4時間だけなのに。過去最高記録した。(いろいろと)
途中記憶なくなった。世界がふわ〜っとした。自分がなにしてたのかわかんなくなった。

レジって大変。

普通の動作もそうだけどお客さんは平等にしないといけないのに
聞き忘れちゃったり、億劫になって聞き損ねたり。

…あーぁ(-_-;)

接客は初めてです。
全く初めてではないけど初めてみたいなもんです。もう忘れとるがな。

決まったお客さんや取引先とだけ話してりゃよかった事務員時代と全然違う。
もう完璧にこなすのは無理。この仕事で完璧目指したら本当にもたない。
70%とかでキープしておかないといけない。

だから、聞き損ねたくらいでうだうだしてても仕方ないのです。結論でたね。
なにかいるんだったら聞かれるし。うんうん。

このレジ、すごく忙しい種類のレジだけど、
現金を直接触らなくていいので、ここだけは気が楽。
慣れた人にはやりづらく思うらしいんだけど、私はこれがいい。

…明日も仕事。明日も忙しいのかな。早めに休みましょう。

衝撃的、でもないか…。

April 19 [Thu], 2018, 21:10
2年近くしてきた、自分の「診断名」の勉強。
あと、2年くらい前に会った十勝のお医者さんとの記憶。

今までつらつら書いてきたことの集大成みたいなものがつい最近できた。

…実は今すっごく眠たいからうまく書けないかもしれないんだけど…。
普通の時に書こうよ!って言われそう。自分でもそう思う。

精神系の病名とかでは扱われてなくて、実は先生の間でも知ってる人は少ないらしい、というものがあって。
それが「HSP」と言われるやつ。
十勝に今これですごく有名な先生がいる。道新にも載ったね。勝毎にも何度も載ってる。
2年くらい前にこの先生に直接診てもらえた。
GW直後で、遠いとこから来てなかなか来れないからって、ものすごい長時間診てくれた。

そのときに高確率で「HSP」だと思う、と聞かされた。

その受診したときと今の体の調子は違うから「ん?」って思うこともあるけど、
あのときは「おかしくなってた時期」だと自分も家族もそう思ってるので
今が元にもどりつつある自分だと思う。
とりあえず、あのとき、様々な角度から総合的にいろいろ診てくれた結果がこうだった。
通知表全部見せたり。先生の「所見」とある教科の「評定」が必要だったみたい。
ペーパーテストをいくつも受けたり。
小さいころからの周りの証言をまとめたものを見てもらったり。

そんなこんなで、HSPの本がたくさん出てる中の「19の処方箋」をつい最近読んでみて。

5人に1人だから生きづらいとか、なんかいろいろ苦労するとか、
でもちっとも周りに気付いてもらえないとか、
けどウダウダ言うのも周りにとっては嫌だろうしなとか、
気付いたらめちゃくちゃ頑張っててぐったりすることが多いとか、
…眠いからうまく言えないんだけど、納得することが多くて。

自分にとっての環境を整えること。
「疲れ」をしっかり感じること。(疲れ果てても動いてしまう)
1人になれる空間を見つけること。
理解者を見つけること。

あれやこれやと自分を責めない事。

自分責めないでってのも難しいときあるけど。
相応のことを、ここ数年で私はかなりしてしまいましたよ。
なにもかも嫌になっていた時期ではあるけど
そんなの相手にゃ関係ないからね。
された方の気持ちになると責めることしかできません。

…それは今少し置いといて。

不安障害、適応障害、HSP、表裏になるところもあれば、
病的な部分もあったりして、専門家でないと難しいところはあるけど。

「感受性の強さ(HSP)」ってのは、本当に。本当に。

理解しないままだったら本当につらかったと思う。これからもずっと。
わけもわからないまま、周りに合わせたりして。
もしかしたら別物かもしれない、って思っちゃうことはあるけど、
それでも気づいただけいい。こういうものがあるんだと。

今はまだ月に50〜60時間くらいしか働いてないから、この間にどうするかだよね。
「19の処方箋」にあるように、仕事中できることがあれば。
プライベートでもできることがあれば実践していきたいなと。

とにもかくにも
人生の、なにかしらの転換期だったとか、今はなんかそういう時期なのかな。


……思ったことをちゃんと書けてる気がしない。眠い。


明日仕事でした。早めに寝ます。

つらつら。

April 05 [Thu], 2018, 20:26
昔に書いた記事を整理しました。
たくさん書いてた。すっごい懐かしかった(笑)
こんなの好きだったな〜、こんなことあったなぁ、辛そうだなぁ、楽しそうだわぁって振り返りながら。

文章の書き方もたぶんそんなに変わらない。
ふざけてるとこは、年相応になったと思いたいけど(;´∀`)


いきなりだけどこの1年くらいの振り返り。
私の症状の致命的なところは、人目につくのが苦手だというところ。
…少し、人も怖いかな。

文章書くのも怖いときがある。見て欲しくて書いてたはずなんだけど消しちゃう。
周りの反応が怖くなって。
LINEも一応ある。なくても困らない位だけどね。
タイムラインにいろいろ書いてきたけど、あとで怖くなって消しちゃう。

これで一番つらかったのは、面接のとき。

練習だったり一人でいるときは持論を持ってるのに
本番になると一切なにもしゃべれなくなること。怖くて。

質問されても、えっと…あの…って真っ白になる。

作った履歴書や職務経歴書は、送った会社全部が認めてくれた。
書類選考通って何度も面接まで行った。たぶん、期待してくれてた面接官もいたと思う。

それが本番ではほとんどなにもしゃべれない。

前職のこととか、持ってる資格についていろいろ聞かれる。
「なんで取ったの?」って聞かれても「勉強したら取れた」ってしか答えられなかった。
そうじゃないのに。自分でもわかってるのに、言葉が全然出てこない。
愛想笑いするしかなかった。部屋の空気は「何しに来たの?」って感じに変わってった。

何度か面接を重ねていったころ、そろそろ貯金がなくなることに気付いて、
パートでも行った方がいいって思って応募しようとした。

ある程度、なんでもできるだろうって妙な自信だけはあったんだけど。

求人サイトの「応募する」ボタンが押せない。
手が動かない。怖くてたまらない。汗が止まらない。震えだす手。
またあんな風になったら。

「なんにもできなくなってる」ってそのとき初めて気づいた。

それでもなにもしないでいるってことはできなくて、
別の場所のハローワークへ行ったとき、市の支援があるのを知って駆け込んだ。

福祉協議会が市の委託で設けてる窓口なんだけど、
年齢不詳のお兄さんに話をいろいろ聞いてもらって、しばらくしたころ、
今のスーパーを紹介してもらった。

直接人事の偉い人と会ってから、そのあと勤務地の店長と3人で面接して。

一番行きたくなかった。スーパーのレジなんて(;´∀`)
人に見られるでしょ、話しかけなきゃいけないでしょ、もう怖くてたまらなかった。

でも久しぶりに「仕事」ってなって、どこか嬉しく感じてた。

自分ひとりで仕事かかえこまなくていい、周りを頼っていい(頼らないといけない)
失敗しても大丈夫、できなくてもいい。

こんな「仕事」があるのかって、こんな「職場」があるのかって
以前の記事にもあるように「カルチャーショック」だらけだった。

ここまで来れたけど、まだまだ時間かかる。
治るものだと聞いてるけど、年月かかるらしいので。

一人暮らしとか自立するのは先になるだろうけど、
結婚願望も特にないので(笑)
自分が必要な分だけでも稼いで親に迷惑かけないようにできたら
とりあえずは、よしとしようと思います。


本当はいつも、いろいろ納得して進まなきゃいけないって思うんだけど、
なかなか、うまく行かない。
何度も何度もあちこちに吐き出して、時間かかってやっと、落ち着いてくる。

同じこと、あちこちに書くんだよ。

とりあえず今は吐き出したいと思うんだから、素直に書こうかなぁと。
タイムラインは怖いから、ここに。
ヤプログ!PR
2018年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウントダウン☆






ウチがよく行くブログ«リンク集»
殆ど無断リンクなので、外して欲しい方はコメント欄にお願いします。
Other


RSS feed meter for http://yaplog.jp/sapphire_star/

ブログパーツ