「ハウルの動く城」を観た

November 22 [Tue], 2005, 11:20
Amazonから届いてからも、なかなか観れなかった「ハウルの動く城」。
ジブリっ子で、いつも映画館で観ていたのに、転職して平日に休みが取れなくなって
これだけは、映画館で観れなかった作品なのですよ。

だから、NACSさん達が声で出演していなくても、絶対に買っていたと思う。
でも、それはそれで、少しでも声が聞こえれば、嬉しいなーと思うのがFAN心理なのですよねぇ。

コマ切れでいろんな媒体で観ていたものの、実際に一つの作品として通してみると
やはりジブリの世界は好きだ!という所に落ち着いちゃう。
もうこれは、私の中のDNAが、反応しているに違いない。
今回は、母心と恋心を足して2で割って、ハッピーといった感じ。
前向きな女子の話は元気がでます。

かかしのカブは洋ちゃんがやっているかと思うと、いい役もらったねーといった気分になりますよ。
だって、ここぞというときにやってきて、ゾフィーを助けるカブ。
いいよー。あれは洋ちゃんが演じているんじゃないんだけど、洋ちゃんが中に入っている感じでした。

顕ちゃんは相変わらずセクシーで魅力的だし、琢ちゃんはよく通る声でした。まる。
ごめん、シゲはズームイン!でどこだか教えてもらった記憶があるけど、
忘れてしまったですよ。後ほど引っ張り出して、確認してみます。
モリは…どこだっけ(薄情)。

「ガマ王子VSザリガニ魔神」

November 22 [Tue], 2005, 10:34
後藤ひろひと作、G2演出の「ガマ王子とザリガニ魔神」のDVDを観ました。
先日「ダブリン〜」を一緒に観た、観劇仲間に貸して頂いたのですよ、感謝。

パッケージより、あらすじを引用。

それは、とある総合病院。入院患者は、ひとくせもふたくせもある人ばかり。
金持ちの偏屈老人の心を開いたのは、「ガマ王子とザリガニ魔神」の絵本を抱えた少女パコ。
小さな池を舞台に、奇妙なキャラクターが活躍するその絵本が起こした奇跡の物語。


こんなに素敵なお話に出会えた事を感謝。
そして、2004年の私に言いたい。
「なんで観に行かなかったのよーーーー」
去年、ちょっと気になっていたのに、何故だか行かなかったのですよ。とほほ。

では、感想へ、しゅたっ!内容に少しだけ触れていますよ。

なるほど!ザ・ワールドスペシャル出演

November 22 [Tue], 2005, 5:24
この記事はムンクサンノボヤキ様大泉洋「なるほど!ザ・ワールド」出演」の記事にTBしております。

「なるほど!ザ・ワールド 年末の祭典!スペシャル!!(仮)」にレポーターとして洋ちゃんが出演されるそうです。

「中国の天才少年少女に挑戦!」ということで、この間の中国行きの正体は、これだったのですね。納得。
番組サイトの写真では、少年少女とではなく、何故かパンダの横に、
いやーんな感じで笹を持つ洋ちゃんが載ってますよ。

懐かしい…なるほど!ザ・ワールド。昔は毎週見ていたなぁ。
どうでしょうの「ユーコン川」を思い出したけど、あれはミステリーハンターだった。
しかし、近いものはあるよね。
「さて、ここで問題です」という洋ちゃんが観れますよー(たぶん)。

放送日は2005年12月28日(水) 18:30〜21:00 フジTV系列にて。
ずいぶん先のことなので、忘れないようにしなくては。

2005年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
プロフィール
◆浅黄(アサギ)

愛知県在住
目と目の間は2.9センチの小魚
能天気に毎日を過ごしつつ
時折鼻歌が止まりません
布に弱い、布収集家



記事に関係のないコメントや、TBは削除させていただいております。
最新コメント