「暗闘」

October 01 [Sat], 2005, 8:44
さーて、本日最終回の「馬の骨」。
前回のラスト、「孫之丞を呼べ」の浅沼様の台詞に期待大。
いざ、孫之丞見参!のはずが…タクちゃん、残念。カットされちゃったみたい。

いやー、小出帯刀と赤松は怪しすぎる。
原作と違って杉江さんは、すごくよい役どころになってます。
旦那様の意向をしっかりくみ取り、家を守る女。少し見習わなくては(自己反省中)。
銀次郎が闘った矢野同上の男達は、総出で銀次郎と多喜の警護に入っています。
立会いの中で生まれた友情なのかなぁ。

お!孫之丞登場。
杉江さんのところにいたのではないのだね。
てっきり、襲撃してきた敵をばしゅーっと切り捨てるのだと思っていました。
と思ったら、あっさりと孫之丞の出番終了。残念。

ついに現れた、馬の骨の使い手と赤松の対決。
一気にセットがコントっぽくなっているのは、狙いなのだろうか。わはは。
ひゃー、赤松が真っ二つに(笑)。
北斗の拳かと思った!これは笑える。

使い手の覆面が剥ぎ取られ、いよいよ真相が明らかに!じゃーん。

秘太刀馬の骨「最後の一人」

September 24 [Sat], 2005, 19:02
いよいよ、「馬の骨」も後2回。
物語は佳境にはいってまいりました。

6人の高弟の最後の一人が北爪平九郎。
相変わらず、銀次郎さんってば、弱みを握って立会いに望むのだけど、
今回の殺陣は正統派で格好良かったよ。
いや…決して孫之丞さんの回がダメだったわけではなかったんだけど、
彼はイレギュラー自由演技の殺陣だったからね。ふふ。

原作よりも近藤正臣さん演じる小出帯刀はいやーな悪党っぷりで、さすがです。
知りすぎた銀次郎を、帯刀は亡き者としようと謀り、それを知った多喜は子供を連れて、
銀次郎さんと逃げる決心をします。
そこで刺客登場!負傷する銀次郎ピンチ!
危ういところを、味方に助けられた銀次郎は、浅沼さんのところへ逃げ込みます。
奥方の杉江さんがとっても魅力的。
この杉江さんは、原作よりずーっと素敵です。南果歩さん、いいね。

北爪平九郎の元へ逃げ込もうとする銀次郎。
負傷する彼を浅沼さんは、守り送り届けようとします。
友情だ。男気だ!浅沼さん。
多喜を自分の元で守ることにした浅沼さんは
「孫之上を呼べ」
と言います。浅沼さんは孫之上の上司なのです。
おっ!孫之丞さん、再び登場です。やったー。
アタヤンでも言っていたけど、カットされなければ結構活躍する予定ですよ。

銀次郎さんは馬の骨の使い手が、なんとなく検討がついたみたい。
それも明らかになるのか?
いやー、来週が楽しみだね。

甦る対決

September 16 [Fri], 2005, 23:43
はい!本日は飯塚孫之丞さんのメインの「馬の骨」ですよ。ぱちぱち。

夜まで仕事だったので、「馬の骨」はリアルタイムでは見れないのです…。
しかし、大丈夫!HDに予約はばっちりさ。
午後の休憩の時にもばきゅーをチェックしたら、ダイアリーにタクちゃんの書き込みがありました。

わはは…。

ちなみに見たら、笑いが止まらないでしょう!!
何故こうなったの??と疑問が湧くこと必至です。
(引用)

さーて、どきどきしながら見ましたよ。
奇声、上げてましたねぇ。あはは…。
しかし、いいっ!タクちゃんいいではないかっ!
確かに、不思議な殺陣でした。
銀次郎との対決は、ちょっとビックリだったけど(笑)。
内野さんのフェイント具合なんかも、斬新(と言っていいのか)だよ。
しかし、その前後、孫之丞さんの素直で裏表のない表情にめろり。
そして井森敬之進との対決シーン。
すごく格好いいですよ!お薦め。
息が上がっていて、興奮冷めやらぬ孫之丞さん、右の腕にぎゅっと力が入っていて
腕の筋が…いい。
そして、日常では傍若無人な銀次郎が見せた、きりりとした表情。
ただ者ではないなー、奴は。

今回は孫之丞たっぷりで、満足でした。
タクちゃん、よかったね。

「武士にあるまじき者」

September 07 [Wed], 2005, 6:06
はっ!気がつけばどんどん時間は過ぎていく。
HDに録画した「秘太刀 馬の骨」第2回目を見ずに金曜日は迎えられない。
ということで、PC見ながらのながら見(テンションさがってる?)。

…タクちゃん映ってた?
うーん、ちょっと確認できなかったです。

木刀での殺陣のシーンは迫力満点。
だけどあの馬が「ヒヒーン」となるCGにはまだ慣れないなぁ。
「ヒヒーン」って書くと、「COMPOSER」でのナポレオンごっこの洋ちゃんを
思い出してなごみますねぇ。

密命

August 28 [Sun], 2005, 9:00
PCで録画した「猫の恩返し」のCMカットしてDVDに焼き作業。
さらに、HDの「どうでしょうR」のCMをカットしながら、
「合衆国横断〜北米大陸3750マイル」の第4・5夜を見ました。

そして、「馬の骨」。
段田さんと内野さんはNHKの朝の連続ドラマの「ふたりっこ」チームだわ。
次男坊らしい感じがよく出ていました。まる。
そしてそして、今回ぐっときたのは小市慢太郎さん(何故か太字)。
この間観たM.O.P.の「最初の嘘 最後の秘密」の時も渋くて格好良いなと思ったのですが、
今回の矢野藤蔵役もえらくよいなぁ。
破天荒で思い込んだら即行動の内野さんとは、対照的な小市さんでした。にじゅうまる。
殺陣のCGはねぇ…賛否両論だと思いますが、これから慣れるかなぁ。
タクちゃんはワンシーン登場でした。キリリとした表情、目力があったね。

原作では秘太刀を捜し求める銀次郎の話と、
もう1点浅沼半十郎と奥方との流れがあるのだけど、
両方盛り込んでしまうと、どちらも描ききれないんだろうな。
その辺りは微妙に設定が変わっていました。
本当はこちらの流れも含めて読むと、さらによいお話なので、原作に興味のある方はぜひぜいお奨めです。

「秘太刀 馬の骨」

June 28 [Tue], 2005, 19:51
本日読了。

時代物は宮部みゆきとか、池波正太郎とかを読んでいたのですが、
藤沢周平は初めて。

謎の秘剣「馬の骨」の伝承者を探して、江戸から北国へ来た
剣客石橋銀次郎が、六人の剣客と死を賭して戦う物語。
「馬の骨」の真実の裏に浮かび上がる派閥争いの真実。


馬の骨の伝承者はいったい誰なんだという謎解きと
探索の陰に見え隠れする陰謀など、読みどころ満載。
そして、琢ちゃんの役どころは?

個人的には孫之丞がいいなー。
なかなか背景が渋い人物で、琢ちゃんにぴったり。
私の中ではもう孫之丞は琢ちゃんイメージで読み進めちゃいましたよ。

奇しくも本日のモバキューにはNHK撮影中の琢ちゃんが写真をアップ。
うー、早くヅラのお姿を見せてくれー。
あー、8月が楽しみさ。
2005年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
◆浅黄(アサギ)

愛知県在住
目と目の間は2.9センチの小魚
能天気に毎日を過ごしつつ
時折鼻歌が止まりません
布に弱い、布収集家



記事に関係のないコメントや、TBは削除させていただいております。
最新コメント