鹿児島初日と田中一村

October 30 [Sat], 2010, 12:00
昨夜、鹿児島での初日が明けた。
お客さんはすごーくすごーく少なかった!
開演直前になんとお一人のみだったんだけど、一人でも来てくださったので、いつもどおり本番。やっているうちに少し増えて、最終は6人に増えた。
各地ともに初日は少ないが、昨日は京都の雨公演以来の一桁だった。
でも、途中から観てくれはった女性が、「こんなのやってるんだったら友達に言うわ!」 
と言ってくれはったり、最初から観てくれはった男性が、「あなたの歌が聞きたかった。良かったですよ」と言ってくれはったりで、やっぱりどんなにお客さんが少なくても、観てくださるということはありがたいものだなあ〜と思った!
なにせ初めてやってきた地で、誰もなんにも知らないんだもん〜。
ほんまに、この舞台は一期一会ですわ^^

終演後は、協力の船倉さんがおでんをたくさん差し入れしてくれはった!
あったか〜いホクホクのはんぺんがめちゃ美味!
萌が、美味しい美味しいと、パクパク食べていた^^
初日明けた爽快感もあったし、船倉さんとお喋りするのも愉しくて、いい夜だった〜^^

鹿児島ではあと2日間、公演がある。どのくらいお客さんが来てくれるかはわからないけど、来てくださった方に愉しんでいただけるように頑張るぞ!

ところで。
昨日の午前中は、田中一村の展覧会「新たなる全貌」を観るべく鹿児島市立美術館に行ってきた。
晩年、奄美大島で描き倒れた無名の画家、田中一村。
奄美の画が見れるのを愉しみに行ったんだけど、なんと、幼少の頃からの作品から、集められるだけのものを集めて展示されていてびっくり! これらはすべて初公表されたものだそうだ。
ものすごく力の入った展示で、ひとつひとつの画にも丁寧な解説がついてたし、詳細に時代も分けて展示されていた。
画壇で認められることなく世を去った一村だけど、生前には、100年後に認められる画家として支援者がたくさんいてはったらしく、その人たちが大切に画やスケッチを保存してくれていたおかげで、今回の展示が可能になっている。

しかしなんとまあ! 一村の画は7歳にして完璧であった!
まさに天才というべき才能! 美術学校は2ヶ月で退学したらしい。家庭の事情という解釈もあるようだけど、一村ほど描ける人ならば、絵なんか習うもんじゃないと思ってやめていてもおかしくない。
子供の頃に実父に手ほどきを受けて絵を描くようになったらしいが、その後はすべて独学で画の描きようを探求し続けたのだそうだ。

お姉さんが一村の才能を信じて力強く応援してくれたそうだが、その姉が亡くなり、奄美に移ったそうだ。
画壇への夢を捨て、奄美に移り住み、奄美の自然を歩き発見し、デッサンを重ね画面構成を詳細に検討し、長い時間と労力をつぎこんで描かれた奄美の画。
それは、画壇への夢から自由になった一村の存在そのものが映し出されていて、圧倒されるほどに美しい!

買ってきた図譜の解説を読むと、奄美の作品には、奄美の四季や宗教がとりこみ曼荼羅として描かれているというのがあり、なるほどと思った!
一村は、奄美での作品は、一切どこにも出品しなかったということだが、枯れた感じなんか一切ない。むしろ、光輝くほどの信念と燃えるような情熱で美しき奄美からこの世への愛を描ききっている。

そして、この展覧会には、一村を支援する人たちの地道な努力と、一村の画を世界へ届けたいという夢がこもっていた。
そんな手作りのぬくもりも同時に感じられたこの展示会には、全国からファンが押し寄せているそうだが、皆さんきっと大満足で帰られることだろう。
ほんと、これは必見です!
お近くの方はぜひ行くべき!
鹿児島市立美術館で、11月7日まで開催されています〜!
http://kagoshima.digital-museum.jp/artmuseum/
  • URL:https://yaplog.jp/sanokiri/archive/689
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2010年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像仙台織姫
» 2018年11月01日のつぶやき (2018年11月02日)
アイコン画像成一
» 熊本公演楽日! (2017年11月01日)
アイコン画像ちーちゃん
» 広島公演3日目! (2017年10月01日)
アイコン画像☆織姫☆
» 高知新聞に楽市楽座の本の記事が掲載された! (2017年09月08日)
アイコン画像キリコ
» 酒田市に着いた! (2017年06月29日)
アイコン画像☆織姫☆
» 酒田市に着いた! (2017年06月29日)
アイコン画像霧子
» 仙台は今夜まで (2017年06月28日)
アイコン画像☆織姫☆
» 仙台は今夜まで (2017年06月28日)
アイコン画像キリコ
» 仙台公演初日!賑わった! (2017年06月26日)
アイコン画像☆織姫☆
» 仙台公演初日!賑わった! (2017年06月26日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:佐野キリコ
  • アイコン画像 誕生日:1967年3月23日
読者になる
野外劇団 楽市楽座 副座長。
2010年より、一家三人、投げ銭の野外劇で全国旅公演を開始。
以来、毎年北は北海道から南は沖縄まで、屋根なし壁なしの野外円形劇場を各地に設置して上演を続けている。

1999年に楽市楽座入団。以降、看板女優として活躍。制作や衣裳も担当。
2005年楽市楽座『肉月』金魚姫役で、飛田演劇賞女優賞を受賞。以降、楽市楽座の定番演目となった『金魚姫と蛇ダンディー』で、金魚姫を演じ続け、パワフルな演技と歌唱力で観客を魅了。
劇団活動のかたわら、個人プロデュースで元惑星ピスタチオの西田シャトナーと組んだり、自作自演で短編芝居の上演等、独自の活動もしてきた。
得意は声楽。飛鳥流にて日本舞踊も修行(約2年)。
旅公演を開始以降、2012年より独学でヴァイオリンを始める。2014年よりアコーディオンも加え、劇中で演奏。
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/sanokiri/index1_0.rdf