千葉県南房総市での初日は、まるで祭り!

August 28 [Sat], 2010, 1:58
紋別から千葉県までの大移動でしたが、無事に千葉県南房総市で、舞台の仕込みを終えて、今夜、初日も明けました!

ブログの更新がちょっと止まってましたが、なんやかんやと忙しく元気にしています!
本州、千葉県南房総市はさすがに暑いけど、海が近いせいか心地よい風が吹き、思っていたよりも涼やかな夏です。

ここでは、現の中学時代の友人である飯塚さんが受け入れをしてくださっているのだけども、飯塚さんパワーはほんとに凄い!
初日といえば、だいだい空いている客席なんだけども、今夜は次々とお客さんが来てくださった。ご近所の方も多く、客席はアットホームな雰囲気だったし、夏という季節感もあって、今夜の初日は、まるでお祭みたいだったー。
折り紙み投げ銭もどんどこ飛び、中には差し入れのパンを投げてくれはった方もいらして、面白かったー。
小さな子供たちも何人かいて、途中では舞台のそばまでやってきて珍しげに見てくれた。舞台からちょこっとお愛想をすると、恥ずかしそうに席のほうに帰っていく。その様子がなんとも可愛いらしい〜。

いままで芝居をしてきて、芝居は観る観られるという関係が強かったし、この旅をはじめてからも、客席と舞台の距離感がはっきりあったのだけど、今夜はその垣根がどこかで開いて地続きになったような感じがして、あたしはとっても愉しかった!
今夜の舞台では、芝居をしているというよりも、祭りの演者として芝居をしているようで、これは初めて体験した感覚だった。
でも、そのぶんだけ、逆に、見せ所をどう魅せられるか、という課題にも新たに出会った気がする。それがこれからの頑張りどころやなあ〜。
芝居は奥の深い世界だけども、その中で、あたしたちがこの旅で思い描いていたことに、やっと少しずつ近づいてきたような気がする。
とは言っても、なかなか一足飛びに結果が出るもんじゃないけども。
あたしたちとひと時を一緒に過ごしてくださる皆さんに、もっともっと愉しんでいただきたい!
明日は、そのへんのことを思案しつつ、また新たな気持ちで舞台にあがろうと思う!
ああ、もっともっと、もっともっと、おもろくしたい!!!

ところで。
南房総市では、いまは空家になっている、飯塚さんのご実家の一軒宅にお世話になっている。真夏の浜辺の楽屋テントは、さぞ暑かろうと覚悟していたのだけど、おかげでとっても快適に過ごさせてもらっています!
元は民宿をされていたというこのお家は、使い勝手が良い上に、文化財にするべきちゃうか? と思うほど、古き良き日本の風土が感じられるー。
風とおしが良いので、昼間でも扇風機さえあればクーラー知らずで過ごせる!
台所は昔懐かしき土間で、これがまたすごく良い!
土間になっていることで、また涼しくなるし、土間は台所に最適やー。

冬は冷えるらしいけども、夏にクーラーが必要ないというスバラシさはほんとに凄いことちゃうかーっ、と興奮しながらの毎日!
以前に、お世話になった建築家の方に、昔の日本家屋は、東西南北に大きな窓がきちんと作られていて、風とおしが良いから夏でも涼しく暮らせるんだと教えてもらったことがあったんだけど、ほんとにその通り!

そしてまた、ここは、皆さん窓をあけて眠れるという、とても治安の良いところでもある。昼間には、劇場のある海岸の木陰で、ご近所の方がござを敷いたりして愉しげにお喋りしてはる。なんとも良い光景だあー。

その浜辺で、今日の昼間には、萌と現がくらげに負けず、海水浴を愉しんでいた^^
あたしは、どうも水着姿になるのが気恥ずかしく浜辺の人(^^;)
萌は、新しい水玉の水着を買ってもらい、顔が輝いてた。
芝居ばっかりしてきた我が家だから、萌は初の海水浴。夕食には、二人が拾った貝を味噌汁にして食べた。

今夜の舞台は、すごく暑くて、汗だくだくだったけど、終演後の冷たいアイスコーヒーがムチャクチャ美味しくて幸せ!
本番が終わったらビールでも! と思うのだけど、次の日に本番があると思うとなかなか手が伸びないアルコール。もとから無類のコーヒー好きなので、この頃は終演後のアイスコーヒーがすごい愉しみ〜。

あ、それと! 終演後に飯塚さんが作ってくれはったオムレツがすごく美味しかった!
  • URL:https://yaplog.jp/sanokiri/archive/657
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2010年08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像仙台織姫
» 2018年11月01日のつぶやき (2018年11月02日)
アイコン画像成一
» 熊本公演楽日! (2017年11月01日)
アイコン画像ちーちゃん
» 広島公演3日目! (2017年10月01日)
アイコン画像☆織姫☆
» 高知新聞に楽市楽座の本の記事が掲載された! (2017年09月08日)
アイコン画像キリコ
» 酒田市に着いた! (2017年06月29日)
アイコン画像☆織姫☆
» 酒田市に着いた! (2017年06月29日)
アイコン画像霧子
» 仙台は今夜まで (2017年06月28日)
アイコン画像☆織姫☆
» 仙台は今夜まで (2017年06月28日)
アイコン画像キリコ
» 仙台公演初日!賑わった! (2017年06月26日)
アイコン画像☆織姫☆
» 仙台公演初日!賑わった! (2017年06月26日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:佐野キリコ
  • アイコン画像 誕生日:1967年3月23日
読者になる
野外劇団 楽市楽座 副座長。
2010年より、一家三人、投げ銭の野外劇で全国旅公演を開始。
以来、毎年北は北海道から南は沖縄まで、屋根なし壁なしの野外円形劇場を各地に設置して上演を続けている。

1999年に楽市楽座入団。以降、看板女優として活躍。制作や衣裳も担当。
2005年楽市楽座『肉月』金魚姫役で、飛田演劇賞女優賞を受賞。以降、楽市楽座の定番演目となった『金魚姫と蛇ダンディー』で、金魚姫を演じ続け、パワフルな演技と歌唱力で観客を魅了。
劇団活動のかたわら、個人プロデュースで元惑星ピスタチオの西田シャトナーと組んだり、自作自演で短編芝居の上演等、独自の活動もしてきた。
得意は声楽。飛鳥流にて日本舞踊も修行(約2年)。
旅公演を開始以降、2012年より独学でヴァイオリンを始める。2014年よりアコーディオンも加え、劇中で演奏。
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/sanokiri/index1_0.rdf