京都木津川、初日のいろいろ

June 11 [Fri], 2010, 23:57
楽市のサイトには夕方アップしたのですが。
その後、京都木津川市の初日は中止になりました。

昨夜、水なしで上演することを決め、今日はいったん組んだ舞台を半分ばらして組みなおしていたら、玉台寺のご住職さんが、なんとか池から水をくみ上げられるようにと知恵を絞ってくださり、知り合いの業者の方に相談してくださったところ、水圧の高いポンプを用意してくださり、15時すぎに30メートルほど下の池から水が汲みあがった!

しかし、残念ながら、その時点では、すでに水なし舞台がほぼ完成していた。せっかく組みなおしたのだけど、水のない舞台はやはりどこかおかしく、池に浮いているはずの月が、池に沈んでいるようにしか見えない。

初日の上演時間が迫ってくるなか、これからどうすべきか相談しながらさんざん悩んだところ。
大変申し訳ないことだけれど、座長としては、水なし舞台で4日間上演するよりも、思い切って初日は中止して、舞台を組みなおし、明日から本来の舞台で公演するほうが良いという結論が出た。

それならばと、来られる予定にされていた方に連絡をとったり、中止の旨を伝えたり、サイトに中止情報をアップしたりして、仕切りなおしのための休息をとり、舞台をばらしはじめようと動きだそうとしていたら、積み下ろしと荷運びを手伝ってくださった三宅さんが事情を知って来てくださり、舞台を手伝ってくださることになった!

感謝しつつ、まずは舞台の助けを三宅さんにお願いして、あたしは急いで中止の貼紙を持って山を降りた。

ポイントに貼紙を終えて、サブテントに帰ってくると、後方から車がやってきて、あたしたちに手を降っている。
いったい誰れが? と思ってじ〜と見ていたら、なんと、滋賀公演でお世話になった今井さんと西さん!!!
まるで夢を見ているみたいな再会で、思わず涙がでそうになった!
今井さんは、もちろん芝居を観に来てくださったんだけど、いち早く中止の貼紙を見つけられ、すぐに行こうと現地に向かってくださったのだそうです(涙)

サブテントから、今井さんと西さんとともに、劇場を設営している境内まであがっていくと、疲れきっていた現も満面の笑み。
今井さん、西さん、三宅さんは近江舞子仕込みの時にいらした面々で、まるで近江舞子に戻ったような錯覚におちいり、ほんとうに夢見てるみたいな、奇跡の瞬間に、ただただ感謝するばかり!
今夜遅くまでかかると思っていた作業も、それからいっきにはかどり、あっという間に舞台に水をいれるところまでたどり着くことができました!

また、予定の上演時間の1時間前には、昨夕、新聞に折り込みチラシを入れる段取りをしてくださったおじさんが、バイクでやってこられ、冷たい飲み物を差し入れてくださった。
中止の旨をお話して、事情を説明すると、わかった。連絡した知り合いに言うといたる、とまた山道を降りていかれた。その後姿が、なんともありがたく、心に染みた。

本当に、旅をしていると、素敵な方々とばかり出会ってしまう。
福井でお世話になった松村さんが飲んだときに、人はもっと世界を信じていい、といわれていたけれども、本当にそのとおりだと思う。
神は自然や神と呼ばれるものだけでなく、人そのものも、神なのだわ。

一方、こちらの至らなさが身にしみながらも、皆さんの暖かさに触れて、真から心があたたまる。

明日には、また改めて、初日があく。
心から、いい芝居にしたいと思う。
京都はいろいろ大変なこと続きだけれど、きっと、ここで体験したことすべてが、またあたしたちを鍛えてくれるはず!
しっかりと味わいつつ、皆さんに愉しんでいただけるように、頑張りたいと思います!!!
  • URL:https://yaplog.jp/sanokiri/archive/615
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2010年06月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像仙台織姫
» 2018年11月01日のつぶやき (2018年11月02日)
アイコン画像成一
» 熊本公演楽日! (2017年11月01日)
アイコン画像ちーちゃん
» 広島公演3日目! (2017年10月01日)
アイコン画像☆織姫☆
» 高知新聞に楽市楽座の本の記事が掲載された! (2017年09月08日)
アイコン画像キリコ
» 酒田市に着いた! (2017年06月29日)
アイコン画像☆織姫☆
» 酒田市に着いた! (2017年06月29日)
アイコン画像霧子
» 仙台は今夜まで (2017年06月28日)
アイコン画像☆織姫☆
» 仙台は今夜まで (2017年06月28日)
アイコン画像キリコ
» 仙台公演初日!賑わった! (2017年06月26日)
アイコン画像☆織姫☆
» 仙台公演初日!賑わった! (2017年06月26日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:佐野キリコ
  • アイコン画像 誕生日:1967年3月23日
読者になる
野外劇団 楽市楽座 副座長。
2010年より、一家三人、投げ銭の野外劇で全国旅公演を開始。
以来、毎年北は北海道から南は沖縄まで、屋根なし壁なしの野外円形劇場を各地に設置して上演を続けている。

1999年に楽市楽座入団。以降、看板女優として活躍。制作や衣裳も担当。
2005年楽市楽座『肉月』金魚姫役で、飛田演劇賞女優賞を受賞。以降、楽市楽座の定番演目となった『金魚姫と蛇ダンディー』で、金魚姫を演じ続け、パワフルな演技と歌唱力で観客を魅了。
劇団活動のかたわら、個人プロデュースで元惑星ピスタチオの西田シャトナーと組んだり、自作自演で短編芝居の上演等、独自の活動もしてきた。
得意は声楽。飛鳥流にて日本舞踊も修行(約2年)。
旅公演を開始以降、2012年より独学でヴァイオリンを始める。2014年よりアコーディオンも加え、劇中で演奏。
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/sanokiri/index1_0.rdf