いよいよ!芝居屋さんプロデュース『ヴィオルヌの恋人』

December 21 [Thu], 2006, 23:02
田口哲さんの稽古場におじゃましてきました。
音太小屋演劇祭の第2回目の公演、芝居屋さんプロデュース『ヴィオルヌの恋人』の稽古場。
今週末、23〜25日まで。
構成・演出/田口哲。
京ララさん(強力集団ララパルーザ)と風太郎さん(兵庫県立ピッコロ劇団)の二人芝居。

通し稽古を途中からでしたが、見せていただきました。
がっつり二人芝居。
とても面白い本です!
殺人を犯した女がとつとつと自分の人生を話し、それを聞く男。
あんまり感想を書くとあれなんだけど・・・。
う〜む・・・かといって簡単に書くのもとても難しいんだけども、なんというか・・・この人は生きたいんだな、話しながらやっと生きている実感を味わったんだなと思ったのでした。
ラスト近くの二人の会話が絶妙な味わい。
ちょっと、ドストエスフキーの「罪と罰」を思い出しました。

田口さんは地味な作り方をされている。
そういう作品の伝え方もあるな〜と思う。
田口さんのスタイルは変わらない。
これもまた力のある作り方だと思う。
とても静かな芝居ですが、得るものあると思います。
週末はぜひ音太小屋へ!

稽古終わり。娘が田口さんを撮影。
いつもの役者の相とは一味ちがう顔が写った感じ。
わが子は写真撮るのがうまいな〜とちょっと感心したりして。


そしてこちらが役者のお二人。
先週末に別の本番を終えたところとか。
大変な中の芝居づくり、がんばって!
それにしても、ララさん・・・ほんとはすごい美人なのですが、いつもこんな顔する(笑)。そこがまたステキなんです。難しい女の役を細やかに演じてはりますよ!プーちゃんとも久しぶりに会った。相変わらずいい男&役者です!


最近はなかなかこういう機会はないのだけど。
稽古場を見せていただくというのは、とてもありがたいこと。
勉強になります!
今日は得ることがいっぱいありました!

『ヴィオルヌの恋人』は800頁にも及ぶ原作があるそう。
ぜひ原作を読んでみたい。
この女の役もとても興味深い。
演じると面白い役に違いない。
  • URL:https://yaplog.jp/sanokiri/archive/55
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2006年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像仙台織姫
» 2018年11月01日のつぶやき (2018年11月02日)
アイコン画像成一
» 熊本公演楽日! (2017年11月01日)
アイコン画像ちーちゃん
» 広島公演3日目! (2017年10月01日)
アイコン画像☆織姫☆
» 高知新聞に楽市楽座の本の記事が掲載された! (2017年09月08日)
アイコン画像キリコ
» 酒田市に着いた! (2017年06月29日)
アイコン画像☆織姫☆
» 酒田市に着いた! (2017年06月29日)
アイコン画像霧子
» 仙台は今夜まで (2017年06月28日)
アイコン画像☆織姫☆
» 仙台は今夜まで (2017年06月28日)
アイコン画像キリコ
» 仙台公演初日!賑わった! (2017年06月26日)
アイコン画像☆織姫☆
» 仙台公演初日!賑わった! (2017年06月26日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:佐野キリコ
  • アイコン画像 誕生日:1967年3月23日
読者になる
野外劇団 楽市楽座 副座長。
2010年より、一家三人、投げ銭の野外劇で全国旅公演を開始。
以来、毎年北は北海道から南は沖縄まで、屋根なし壁なしの野外円形劇場を各地に設置して上演を続けている。

1999年に楽市楽座入団。以降、看板女優として活躍。制作や衣裳も担当。
2005年楽市楽座『肉月』金魚姫役で、飛田演劇賞女優賞を受賞。以降、楽市楽座の定番演目となった『金魚姫と蛇ダンディー』で、金魚姫を演じ続け、パワフルな演技と歌唱力で観客を魅了。
劇団活動のかたわら、個人プロデュースで元惑星ピスタチオの西田シャトナーと組んだり、自作自演で短編芝居の上演等、独自の活動もしてきた。
得意は声楽。飛鳥流にて日本舞踊も修行(約2年)。
旅公演を開始以降、2012年より独学でヴァイオリンを始める。2014年よりアコーディオンも加え、劇中で演奏。
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/sanokiri/index1_0.rdf