劇作・演出、童話の創作活動の傍ら、人材交流に取り組む佐野語郎(さのごろう)の活動紹介

最新コメント
アイコン画像みんなのプロフィール
演劇、ライフワークの秘密 (2007年08月03日)
アイコン画像佐野語郎
あの日から始まった (2007年03月30日)
アイコン画像犬飼淳
あの日から始まった (2007年03月30日)
アイコン画像楠原偕子
演劇研究クラス1年目を終えて (2007年03月05日)
アイコン画像礼奈
京・大阪へ駆け足の旅(後) (2006年11月29日)
アイコン画像荒川瑞穂
デリケート・バランス(下) (2006年08月25日)
最新トラックバック
アイコン画像東京オリンピック (2006年08月16日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sano560
読者になる
« ウチで描く、ソトで創る(一) | Main | デリケート・バランス(中) »
デリケート・バランス(下) / 2006年08月13日(日)
ベルギーの貧しい炭坑町で、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホは宗教者としての自分を見失う。絶望の極限状況において彼は宣教師から画家へと転生する。1景「プチ・ワスムの小屋」の鮮烈なラストを受けて、2景「ハアグの画室」が浮かび上がってくる。ゴッホはモデル女シィヌと同棲し、売れない絵のデッサンに明け暮れている。収入はゼロ、弟のテオの仕送りに頼る極貧生活である。私が衝撃を受けたのは、食料品屋の「ルノウのおかみさん」とのやりとりだった。

ルノウ …で、あんたはその調子、すると女の身で金え稼がなきゃならないとなると、こいで、元手はウヌが身体だけだあね。ひひ。そうじゃありませんかね?そうさせたくなかったら、あんたが奮発して、何か仕事を見つけて稼ぐんだね。
ヴィン 僕にやれるような仕事があるだろうか?
ルノウ そりゃね、今こんな不景気だから、割の良い仕事はなかなか無いけど、やる気になりさえすりゃ、ハトバの仲仕だとか道路掃除の人夫など、無いことは無いねえ。
ヴィン よし、じゃ、それをやって見よう。…だが、すると、絵はいつ描くんです?
ルノウ いつ描くんだって、そりゃあんた、仕事をおえて、帰ってから夜でも描きゃいいでしょう。
ヴィン 駄目だ。夜じゃ色が見えない。色が見えなきゃ、ホントはデッサンも出来ないんだ。色彩とデッサンとは別々のものじゃ無い。僕は早く色を掴まなきゃならない。
(中略)
ヴィン よす?…すると、僕はどうして生きて行けばいいんです?
ルノウ え?…(頭がもつれて)ですからさ、生きて、この、暮らして行くためには、絵を描くのをやめなきゃならないなら、まあ当分がまんしてですよー
ヴィン 絵を描かないで、どうして僕は生きて行けるんです?
ルノウ だからさあ、いつまでも絵ばかり描いていると、あんたもシィヌも死んじまうことになるからー
ヴィン そうです、絵を描かないと、僕は死ぬ。そうなんだ。
ルノウ …(あきれてしまって、口を開けてヴィンセントを見ていたが、不意にゲラゲラと椅子の上でひっくり返りそうに笑い出す)ヒヒ!フフフ、アッハハ、なんてまあ、ヒヒ!アッハハ、ハハ、アッハ。
ヴィン …(びっくりして、おかみを見ている)
[「炎の人ーゴッホ小伝ー」三好十郎(講談社文芸文庫・P61〜63)



この作品はゴッホを通した作者のメッセージであり、劇作家三好十郎の自画像である。「生きること」と「創ること」は一致しているのであって、そこに「食べること」への意識が介入する余地は無い。私の「AとBとのバランス」など、芸術家にとっては「生ぬるい戯言」だと思い知らされた。昭和40年12月12日都市センターホール1階る側6番の座席で、私は幕が下りてもしばらく動けなかった。文化座第39回本公演(演出・佐佐木隆)の舞台を通して、芸術創造に身を投じるということはどういうことかを突きつけられた。
あれから40年…私は今なお「デリケート・バランス」に生きている。忸怩たる思いもあるが、これもまた「自分の人生」だと思えないこともない。しかし、残された人生の時間を全て演劇創造に充てることで、あの21歳だった自分、打ちのめされていた自分に応えて上げたい気持ちもある。
Posted at 15:25 / 随想 / この記事のURL
コメント(2) / トラックバック(1)
この記事のURL
https://yaplog.jp/sano560/archive/26
トラックバック
この記事へのトラックバックURL
https://yaplog.jp/sano560/tb_ping/26
» 管理者の承認待ちです。 from -
※blog管理者の設定により、管理者が承認するまでトラックバックは表示されません。 [Read More]
Tracked on 2013年07月06日(土) 19:32

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

荒川さん、コメント、嬉しく読ませて頂きました。
第5回舞台系発表会『ファミリー』で、あなたは「南十字星(サブ)」を演じましたね。あれから5年…、あなたの視野の広がりと思考の深まりに驚きとともに、同じ時間を共有した者としての誇りを感じます。
芸術の完成度に100%があり得ないからこそ、その世界に関わった者には「生きる意味」が与えられています。その関わり方や24時間の過ごし方(食うことを含めて)には、絶対規準は無いと考えます。ただ、私は「羞恥心」を持っていたいだけなのです。
荒川さん、書いてください。どんな状況においても書き続けてください。かつてあなたの教師だった私の願いです。
Posted by:佐野語郎 at 2006年08月27日(日) 00:18

読んでます。
でも、そんなことない!って言ってみたいですね。
舞台作品に100%はないと佐野先生は仰ってましたが、芸術家だって。いま生きて作品を残すことにかかるあらゆる制限が是認されないとしたら、生存していくことはつらすぎるし、たくさんの芸術家志望の人の生が軽くなってしまう。

22歳のわたしは「食べること」の寺院へ駆け込んで
脅迫から身をひそめようとしています。
ゴッホみたいに生きられたら格好いいのに、でもそうはできないことを知りつつ、これがわたしの人生になっていきます。
(でも、書きますよ!)
Posted by:荒川瑞穂 at 2006年08月25日(金) 01:46

佐野語郎へのお問い合わせ、連絡、著書の感想などはこちらからお送りください。
sano560@gmail.com

   
GMO MadiaHoldings, Inc.