『バス男』

November 28 [Mon], 2005, 0:11
 2004年のジャレッド・ヘス監督のインディーズ作品。たった約400万円の製作費で全米40億円以上も稼ぐ話題作になったんだって。映画は製作費の問題じゃないんだねぇ。俺は全然面白く無かったけどね。

 アイダホのオタク少年の学園コメディなんだけど、最近日本で流行った「電車男」にあやかって「バス男」だって。センスあるつもりかな、だせぇ邦題。

 確かにオタク野郎のお話だけど、電車男とは全然違うんじゃないかな?電車男は観てないのでなんとも言えないけど。この作品はオタクの少年を題材にしているけど、作品は結構洒落た感じもあると思うな。オープニングの映像の色使いとか、部屋の感じも70年・80年代の感じで良いよ。

 なんか昔MTVのアニメでやってた「Beavis & Butt-head」を思い出した。それの実写版みたいな映像だよ。だからMTVムービーアワードでも受賞できたんじゃないの。

 作品自体はやっぱり面白くはなかったな。シュール過ぎると言うか、ダルいしつまんない。最後のダンスシーンは唯一良かったところかな、それ以外はダルいだけ、ダンスシーンで強引にハッピーエンドに結び付けたみたいな感じですね。
【2点/10点】
  • URL:https://yaplog.jp/sammykal/archive/77