メガザク ロール機構その1

May 19 [Sun], 2019, 0:05
ゴールデンウィーク〜静岡ホビーショーと長いインターバルを経て、お久しぶりのメガザクです。

しか〜し、進捗はまったくよろしくありません(^^;

少しは分かったつもりになってたサーボやモーターなどの可動機構も実際に動かしてみると自分には課題だらけ。
強者のブロ友のみなさんにはなんでもないことだと思うのですが、悩みながら迷走してます。

何をやっとんじゃ?って

以前にご相談させていただいたロール機構を思案中です。
いろいろご意見いただいたものつまみ食いしています。

まずは、本体腹部にモーターとドライバを仕込めるものか? 無駄なものを撤去してみます。

元々キットの腹部パーツはこんな感じですが、腰のロール軸が邪魔です。

保持できる最低限を残して切断し空間を作ってみました。

この腹部ブロックより上下はもう使えるスペースはありません。
ここにベースからの垂直軸に水平ロール軸を仕込んで、さらにモーターとドライバと、、、
仮にあてがってみただけで十分挫折できました。
ククルスドアンのザク並みの変形で腹部を倍ぐらいに伸ばさないと収まりそうにありません(>_<)

それならばベース側に可動機構をしこんでそれっぽく見せる方向の探索へ。
ベースからということは2点以上の支持で、各支持点を上下運動をさせる必要があります。

上下運動ってどうすんの?
とりあえず動かし方をしってるサーボだってんで、まずは思いつく大げさな?方法で回転運動を上下運動に変換。

まぁちゃんと上下しましたが、こんなでっかいもの仕込むのはやだ!ってことで、次々(^^)

真鍮線でリンクを作って上下させました。これも無負荷だときれいに上下するのですが、上に乗っかるのはヘビー級のメガザクにさらに水入りw
試しに乗っけてみましたが、リンクがひっくり返って誤動作したり、そうこうしてるうちにリンクの真鍮線がひん曲がってきたり、なんせ全体的に剛性がたりず、これもボツ。

そもそもサーボホーンが頼りない!
ってんで強化します。

(この間に金属製のサーボホーンを適当に取り寄せてみたけど、サイズが大きくて使えんやん。。。ってなったのは秘密です。ちゃんと確認してから買おうよ、自分。。。)

プラ板で挟み込んで、PPX+エポキシ接着剤でガッチリ固定し、3mmプラ棒で作用点を作りました。

サーボ本体にとり付けるとこんな感じです。

これでリトライ!

下方向にはメガザク本体の重さが働くから上方向にだけ押せればいいよね?っと思って、上下動をするロッド(3mm丸プラ棒)の底面に直角に1mmプラ板を固定し、こんな感じで動かしてみました。

またも敗戦w

ロッド部とその下のプラ板の剛性がたりず、歪みまくって上下動がスムーズにいきません。

扱いが簡単なのでプラ素材をつかってたのですが、こうなったら金属だってんで、ロッドを3mm真鍮パイプに交換。
サーボとの接続部も箱組みに変え、多少のひずみがでても下方向にも強制的に追従するようにしました。ここも金属にした方がいいかもしれませんがまずは暫定措置です。

本体と接触する部分は汎用のボールジョイントパーツを付けてみましたが、これの受け側どうしよっかな?単純にボール軸受けつけると水平方向のずれを吸収できないから、マルチリンク化?←結構遠い目をしてます(-_-)

と言っててもしょうがないので、とりあえずサーボと組み合わせました。

超暫定ですが、なんとか動くようになりました。



まずは1点だけですが、3点支持すべてにこの機構を組み込もうと思ってます。

目指すはVividさんに教えてもらったヘリのスワッシュプレートのなんちゃってバージョンです。

さてさて、うまくいきますやら?

で、こんな中途半端な状態をまた記事にしたってことは、強者の皆様のアドバイスが欲しいのです!
もちょっとこうしたら?とか、またコメいただけると嬉しいです。

いつも頼ってばかりですいません。が、よろしくお願いします。m(_ _)m

ではでは
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

teznoさん>
みつかっちゃった〜w
まるで試行錯誤を横から見てはったような鋭いご指摘です(^_^;)
そうなんですよね〜、パワー不足でマイクロサーボから標準サーボに変えたんですがそれでも力業感ムンムンなんです。
なるほど、自由度は若干減りますが、3点のうちの1点を支点にして、そこで重量を受け止めて残り2点で制御にするとサーボやリンク機構の負担はぐっと減りますね〜
teznoさんも6jiroさんとお知り合いなんですか?私はブログを通して交流させていただいてます。今年はドロオフでリアルにご挨拶できそうで楽しみがさらに増えました。

by なお June 02 [Sun], 2019, 10:18

なるほどねー。なんとなくやりたいことは見えてきました。パワー不足が否めませんね。ギヤーボックスでガシガシ動かしても音が壮絶なんですよね。試行錯誤はよくよくわかります。言うだけは簡単なんですけど、僕から提案させていただけるなら力技でぐーっと強い相手に立ち向かうのでなく柔よく剛を制す!
微妙なバランスの相手に対して体を崩す押しではなく引きで相手を動かすと割と簡単に動かして行けると思います。そうでもないとモーターの負荷に結局は耐えられなくなるでしょう。右にうごかすなら左を引く。後ろに押すなら手前に引け!柔道的な考えはいかがでしょう?老婆心ながら。てか6jiroさんお知り合いとは。驚きです。(笑)

by tezno June 02 [Sun], 2019, 9:04

ばばさん>
初めてのことをいろいろやっているものだからなかなかうまくいきません。
その過程も楽しんでるのでいいんだけど、秋までに完成させられるかがちょっと心配です(^^;;

by なお May 20 [Mon], 2019, 20:51

なんだか凄く苦労しているようね。
アレコレ試して思い通りにいきますように❣

by ばば May 20 [Mon], 2019, 0:43

6jiroさん>
こんばんは!
アシェット零戦、タイムリーにここら辺のギミック組でしたか。動画のご紹介ありがとうございます。そっそくみました。
ホントにリミットスイッチ付きサーボって感じですね。ということはサーボで動かす、ってやり方自体はありだったということでちょっと安心しました(^^)
本題とは関係ないですが、普通だったらAssy供給されそうなパーツが見事に粉々な状態からはじまるのですね。アシェット恐るべしw
6jiroさんもVividさん案推しとなれば、この線が濃厚かな〜。私がちゃんと理解して、強度や精度など出せるかはまだまだ問題ですけども、、、
いろいろご親切にありがとうございます。今回はモーターを他にも何個も使おうと画策してるので、また泣きつくかもですが、あきれずにおつきあいくださいね(^^)/

by なお May 19 [Sun], 2019, 19:53

apuroさん>
宇宙機だとまた考え方が違ってくるのですね。昔は電動なんてなかったから色々工夫されてたのでしょうね。
あがきますよ〜。えぇ、こんな動きするんか〜とか、そっちにしなるか〜、とかもうてんやわんやですからね。しっかり糧にするです!!

by なお May 19 [Sun], 2019, 19:46

Vividさん>
こんばんは。
ご快諾ありがとうございます!
Vividさんブログの最新記事のコメントに記入させてもらいました。
よろしくお願いします。

by なお May 19 [Sun], 2019, 19:30

あっ、なん度もすみません。
書き忘れていました^^;
66号ではギミック部分製作していたみたいです。
ttps://www.youtube.com/watch?v=d-_MfGmw9WU

by 6jiro May 19 [Sun], 2019, 18:57

こんばんは!
Vividさんの言われるようにサーボの交換とボールリンク良さそうですね^^。
ちなみに、アシェットの零戦は67号で昇降用のギアボックス作ってました。
こちらに動画ありました。
ttps://www.youtube.com/watch?v=adN-GiVBi10
通常のモーターを使った大きなサーボといったところでしょうかねw
リミットスイッチを取り付けての可動みたいです。
スペースなどを考えるとVividさん案が良さそうですね^^

by 6jiro May 19 [Sun], 2019, 18:49

上下がピッチ、左右がヨー、軸開店がロール。 宇宙機の場合ヨーは無い、90°ロールしてピッチ上げ下げすればヨーになる。
自重による可変、古来からの木工玩具にあるだろ、底板押すと脚のテンション変化して動くキリンさんやら。
どんどこ足掻いて試してみて泣きましょう。w
輝く明日はきっと来る!。

by apuro May 19 [Sun], 2019, 18:42

なおさんへ

ご依頼の件、承知しました!

by Vivid May 19 [Sun], 2019, 16:53

apurobotさん?>
的確と思われるアドバイスありがとうございます!なんか一人混乱してますので、暗中模索になってます。

ピッチとロールと言いますか、3点とも動かせればいかようにも姿勢をコントロールできるかなぁと思っております。
剛性!すでに必要性を感じ始めてますが、なるほど、今プラで作ってる部分も金属への置き換えなどしとかないとまずそうですね。これほどうまくいかないとは思ってなかったのでひぃひぃ言ってますが、おかげで色々勉強になってます(^^;ゞ
今月いっぱいぐらいはあがいてみよかなと思ってます。暖かく見守ってやってください。

by なお May 19 [Sun], 2019, 16:07

Vividさん>
こんにちは。
すごそうな解決策ありがとうございます。しかし、、、3回読みなおしましたが理解が追い付きません(^^;)
まずサーボがもう少し大きくなるのは問題ないです。そういえばSG-90とかは「マイクロ」サーボってなってますから、このマイクロって冠詞がないものってことですね。
ボールリンクなるものをサーボホーンとメガザク側に取り付け、その間をリンケージロッドなるもので接続、3点支持なので途中のプラのガイドなどなくても位置決めされて安定するってことでしょうか?変なプラ板の構造などなくて済むならそれに越したことはないのでもう少し考えてみます。
ここからは厚かましいお願いですので、遠慮なく却下ください。
もし、VividさんがよろしければE-mailでもう少し写真とか付きで詳細教えていただいたりできませんか?
もしも「いいよ」ということでしたら、Vividさんのブログのコメントに私のメールアドレスを書き込ませてもらいます。Vividさんのブログはコメント承認制なので、そのまま承認せず削除にしていただければメアドが公開されることもないと思いますので。
長々のお返事になりすいません。

by なお May 19 [Sun], 2019, 15:59

ロールとピッチなのか?
サーボロッドから直にじゃなく間にテコかますとか、、。
それとピアノ線やらアクリル板とかアルミアングル等剛性強いのにしないと後々泣くぞー♪。
あと逆にモデルの重さを利用する方法。

ちなみに我はロボットです・

by apuro May 19 [Sun], 2019, 15:46

なおさん、こんにちは!
週末は暑いくらいの日々ですが、それ以上に「熱い」工作進んでいますね!
サーボのギミックですが、私なりに考えてみました。ご参考になれば幸いですが。
1、ベースの大きさにもよりますが、サーボをもう少し大きめにできませんか?アマゾンや秋月さんにある、いわゆる標準型サーボです。これだと、トルクは、4−5Kg/cmは出ます。これが三個あれば、ザクはおろか、鉄人28号も余裕です。
2、リンケージですが、お近くに「RC空もの」扱いの模型店があれば(大阪なら、FUNFUNやRCチャンプ、スーパーRC店など)ヒロボー・シャトル用の、ボールリンクとリンケージロッドがいろいろそろっていますので、その中から、20Cmくらいのロッド(両端にねじが切ってあり、そこにボールリンクを取り付けられます)を入手されるとよいかと。ボールリンクは、支点が自由に動きますので、余分なプラ板などが不要です。
写真が投稿できればお示しできるのですが、、、

ご検討を祈ります!!

by Vivid May 19 [Sun], 2019, 14:38

6jiroさん>
おはようございます。
さすが、ギミックエキスパートの6jiroさん、素敵なアイデア目白押し、ほんとありがとうございます。
サーボホーン、円形にするとプラ板との接着部分が反対側まで拡張できてねじれに強くなるんですね、なるほど。余裕があるに越したことはないので、本番用はその方向で検討してみます。
透明アクリル棒、これもなるほど〜です。目立たないために黒塗装(黒子化)だと決めつけてました。どしよっかな〜。まずは金属で今の試作版を3点とも動かして、そのあと再検討します。
上下の速度差、確かにありそうですね。全くそんなこと考えてませんでしたが、そこはきちんと考慮しないときれいなロールになりませんね。左右のバランスが結構難しいかも(^^;;
プログラムの最終調整でなんとかしよってことでこれは先送りかな←最後で悩みそうな予感(笑)
アシェットの零戦、ググってみました。透明アクリル棒の3点支持ですね。どうなってるのか中をのぞいてみたいですが、参考に購入はちと無理だな〜。も少しいろいろ悩んでみます。
ありがとうございました。

by なお May 19 [Sun], 2019, 11:39

おはようございます!
なるほど〜このような機構にされるのですね。
これはアシェットの現在発売中の零戦と同じ感じのギミックですね。
ちゃんと動いているので良さそうな気もします^^。

無理やり改善点考えてみますと、
サーボホーンは円形のホーンと歪んだ円形のプラ板に変えてみるのはどうでしょうか?
その方が強度は出しやすいかもです。ただ、今のままでも十分な気もしますw
あの支えの棒は透明アクリル棒とかでは厳しそうですか?
支え棒を後で塗装するとギミックのスムーズさが損なわれることがありますからね。
ただ可動範囲が大きいとどうしても歪みが出ますから厳しいかもですね・・・・。
太くして透明にするか、細い金属でいくか・・・・悩みどころですね^^;

あと、サーボってプログラム上で同じ速度で動かしていてもやはりマイナス負荷がかかっている方向には早く動きます(私のギミックの作りが悪いだけかもしれませんがw)この場合下方向への動きですね。その辺のテストもされておいた方が安心かと思います。

by 6jiro May 19 [Sun], 2019, 8:49
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:なお
  • 性別:男性
  • 血液型:A型
  • 趣味:
    ・アート-(ガンダム)プラモデル
    ・スポーツ-ウインドサーフィン
    ・自動車-レガシーツーリングワゴン
読者になる
よくあるパターンですが、いまどきのガンプラにうん十年ぶりに触れて、またプラモを作るようになりました
近頃、電飾にはまり、目下修行中?です。
全塗装できないヘタレなおっさんモデラーですが、よければ読んでやってください。
2019年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
なお
» メガザク ロール機構その3 (2019年06月25日)
腹ペコ
» メガザク ロール機構その3 (2019年06月25日)
なお
» メガザク ロール機構その3 (2019年06月21日)
Vivid
» メガザク ロール機構その3 (2019年06月20日)
なお
» メガザク ロール機構その3 (2019年06月20日)
Vivid
» メガザク ロール機構その3 (2019年06月20日)
なお
» メガザク ロール機構その3 (2019年06月19日)
Vivid
» メガザク ロール機構その3 (2019年06月19日)
なお
» メガザク ロール機構その3 (2019年06月19日)
なお
» メガザク ロール機構その3 (2019年06月19日)
https://yaplog.jp/samesame2007/index1_0.rdf