もくもく装置 延長戦

March 04 [Mon], 2019, 22:00
モクモク装置、前回の記事の内容でだいたい使いこなせそうかなとおもっていたのですが、もう少し試したいことがでてきました。さらには、ヤンチャな新人もやってきて、、、

まずは、試したいこと。
前回の記事で6jiroさんがくださったコメントでハタとひらめきました!
流路に汲水芯を仕込んだらもっとスムーズに水が流れるんじゃなかろうか?

加湿器用のそれは直径7〜8mmあり、パイプの内径は3mmなのでそのままでは使えません。

スルメ上等?縦に細くカットしたものを水供給側のパイプに突っ込みました。

結果は上々、振動子から吸い込んだ空気の圧に押されて(と思います)水の供給が息継ぎするような感じになっていた現象がほぼ(完全ではないけれども)なくなりました。

気をよくしたので、次に先端の振動子と接するシリコン中空部分にもフィルタを切ったものを押し込んでみました。
わかりにくいですが、写真の左がそれ、右がパイプ内だけにいれたものです。

結果は、、、なぜか吐出量が落ちてしまいました。少し振動子に圧がかかり過ぎたのかもしれません。もしかしたら振動子とシリコンを接着するときに流し込んだ瞬着が汲水芯のコマ切れにまで伝わって中でデブリができちゃったのかもしれません。
まぁ、ひとつ前のものがよい感じなので、これに関しては深く追及はしないことにします。

おまけ情報!?
汲水芯、一見するとどれも同じように見えますが種類があるようです。
今回使ったものは、少し硬めでしっかり繊維がまとまっているのですが、
別のものでこんなんもありました。

圧縮した綿の周りをポリエステル?の布でぐるっと葉巻よろしく巻いて作ってありました。
外装にカッターをいれると、中の綿が爆発して使えねぇです。

正しい使い方だとこちらの方が毛細管現象による吸い上げ効率が上なのかもしれませんね。

さて、話がまた変わります。

最初はこんなに使うわけないけど送料も時間もかかるから多めに買っておこう、と購入していた20個の振動子の在庫が払底してきました。
実験失敗分でレスキューできるものはレスキューして再利用とかもしてるのに、どんだけ振動子を潰しとんねん?って自分に突っ込みを入れたくなります(-_-;)

まぁ、そうは言ってもしょうがないので少し前に大陸に追加発注をかけていたものが届きました。
スペックを見る限り同じものと思われるものを購入したのですが、微妙にデザインが違ったりしました。

そうは言っても、と思って試してみたら、
外れ(吐出量が無茶少ない)。前回も最初の1個はそんなだったので、まぁあるよね!と思い別のものを試しましたが外れ、、、次は、、、外れ、、、次は、、、外れ、、、次は、、、、
5個ぐらい試したところで頭が痛くなってきました(。-`ω-)
結局追加分30個試して、まともに使えそうなのは1/4ぐらいでした。
なんちゅう歩留まりじゃ〜ってひとり愚痴ってふて寝。。。

いや、一度冷静になるって大切ですね。
寝てる間に試したいことを思いつきました。
もしかしたら共振周波数がずれてんじゃね? そういえば前回の振動子も113kHzといいながらセンターはもう少し低かったよな〜。

早速翌日に試してみました。
ビンゴでした!

今回の振動子は、共振種端数が前回よりさらに低めにシフトしているようです。
また、安定して共振する範囲も狭くなっています。
で、このピークに合わせて再度30個を試していったのですが、マシにはなったもののまだ歩留まりが冴えません。やっと50%ぐらいって感じです。
もしかしたら個体バラツキも大きくなってるんじゃ?と思って、可変抵抗で発振周波数を変更できるようにして探ってみました。
これもビンゴでした。平気で10kHzは個体差があります。ちゃんと合わせ込んでやるとそれなりで歩留まり9割、残りの1割も多少我慢すれば使えないことはないってレベルでした。

これは、調整機構を仕込んどかないと痛い目を見そうです。模型に組み込んだ後、うっかりスキルを発動して振動子を別の個体に交換なんてシチュエーションはありそうですもんね。
基板上に調整用の可変抵抗をつけとくのがシンプルでよいような気がします。いちいち振動子にあわせてプログラムを書き換えるのはソースコード管理も煩雑になりそうですしね。

ほんと手のかかる子です(笑)
実は私が回り道をしてるだけな気もしないこともないですが、散歩と思って楽しんでます。

こやつ、なんとか使いこなして面白いことしたいですね〜

ではでは。
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

Vividさん>
こんばんは!
駆動はその通りです。
なるほど、確かに共振するとピーク電圧があがりそうですね。さすがVividさん、目の付け所が鋭い!
素子の端子間電圧をHi-Zとみなせるぐらいの抵抗分圧でピークが5V以下になるように取り出してADすれば。。。
少し整理して、また試してみますね。ありがとうございます。

by なお March 05 [Tue], 2019, 23:21

なおさん、こんばんは!
ちょっと考えてみたのですが、このモクモク装置は、PWMでFETなどで駆動されているのでしょうか?
そうであれば、共振を検出するということで(超音波駆動部の端子間電圧をADして)ピークを出せないでしょうか?
共振したら電圧が高くならないかなぁ?と思いました。
素人考えなので、間違っていたらすみません(笑)

by Vivid March 05 [Tue], 2019, 22:18

6jiroさん>
こんばんは!
前回の記事での6jiroさんがくださったコメントでこのアイデアを思いついたんですよ、感謝してます!
大陸の製品はほんと玉石混交(石炭が多いような、、、、(笑))ですよね。今回はその中でも一番外れを引いたような気がします。
そろそろ模型への応用も考えます。でないとここが模型のブログだということを忘れる方が出てきそうです(^_^;)

by なお March 05 [Tue], 2019, 22:04

apuroさん>
う〜む、、、違うと思うんだけどな〜。市販の1000円ぐらいの安物USB加湿器開けると水没してないこれとそっくりの素子が出てきますよ〜。
まぁ、それはそれで楽しそうなので、ダメもとで今度一度端子部を防水して水没させてみましょう。報告お待ちくださいませ(^^♪

by なお March 05 [Tue], 2019, 21:59

Vividさん>
こんばんは
Vividさんのこだわりには遠く及びませんが、「私、気になります!」って声が頭の中で響くと気が付かなかったことにできないんですよね(^^;;
「自動調整」やりたいとこですね〜。吐出量の検出ができれば、ソフト的にフィードバック制御を使ってなんとかなりそうですが、どやって検出すんねん?で思考停止(´;ω;`)

by なお March 05 [Tue], 2019, 21:53

こんばんは!
なおさんやはり超超超理系人間w
前回の物でもう十分良さそうなのに思いついたらどうしても実験してみないと気が済まないとか、さらに振動子の周波数と噴出高さをグラフにして比較とか・・・・もう探求心が止まりませんねw
いやはやその探求心と実行力見習わないといけません。
それにしても振動子を30個追加で購入とかw何個買っているんですか!と思いましたがあちこちらの製品はホントそのくらい購入しないと安心できませんね^^;皆さん言われるように規格外品の安売りなのかもしれませんね。
この振動子を使って何ができるのか非常に楽しみです^^

by 6jiro March 05 [Tue], 2019, 18:34

良くワカランが中古品をチェックしてる身の感想だが、、
あの素子は水没状態で稼働(水密性の難点わかる)し、かつ素子上部(周囲)のリングのテーパーにて収束させてるんじゃないか、と。 同時に大型素子単体における水煙は逞しいが同時に水を跳ね上げる。
リング部にスケール付いちゃうと著しく性能劣化するみたい。
やはり水没させて誘導環境整えて見るのはどうだろう。

by apuro March 05 [Tue], 2019, 17:38

おはようございます
なおさんの探求心、「物理屋」の私としては、本当によく理解できます!
不思議な事項があるとなぜか、「あれ?なんで?」と目的を忘れて探求方向へ向いてしまうのですよね!
それにしてもこのパーツは、やはりスペックアウト品の大安売りかもしれませんね。
VRを取り付けて、手動での周波数調整がよさそうですね。
欲を言えば、「自動調整」なんか、なおさんならできそうな気がします。

by Vivid March 05 [Tue], 2019, 9:21

ばばさん>
今日は記事にまとめただけ。実際は細々とやってたことのまとめみたいな感じです。
なんとか使いこなしたいですね〜(^^)

by なお March 05 [Tue], 2019, 0:12

gyoさん>
やっぱりそう思われました?実は私も選別で落ちたものかロットアウトしたロットの製品なんじゃないかなと思ってます。個別調整すれば使えそうなのでなんとかセーフなのですが、なんせポチってから手元に届くまで平気で1〜2か月かかるのでダメとなるとダメージデカいです。今回のものが全滅してたらと思うと恐ろしや〜でした(-_-;)
潰した数が多いのは単にどんくさいだけだと思います(笑)

by なお March 05 [Tue], 2019, 0:11

まあ!今日も扱っているのね。
アレコレ試して最適なものができるといいわね。
がんばれ❣

by ばば March 04 [Mon], 2019, 23:54

このばらつきっぷりは、製造時の検査で不適合品になったのものを集めて販売しているのでは???
とても製品には組み込めないバラツキですもんねコレ。

しかし、20個買って払底して追加注文で実験してって、もはや手段が目的化しているというかなんというか。
すさまじい探求心です。
一言で言うならば、ド変態です。

by gyo March 04 [Mon], 2019, 23:13
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:なお
  • 性別:男性
  • 血液型:A型
  • 趣味:
    ・アート-(ガンダム)プラモデル
    ・スポーツ-ウインドサーフィン
    ・自動車-レガシーツーリングワゴン
読者になる
よくあるパターンですが、いまどきのガンプラにうん十年ぶりに触れて、またプラモを作るようになりました
近頃、電飾にはまり、目下修行中?です。
全塗装できないヘタレなおっさんモデラーですが、よければ読んでやってください。
2019年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
なお
» メガザク ロール機構その1 (2019年05月20日)
ばば
» メガザク ロール機構その1 (2019年05月20日)
なお
» メガザク ロール機構その1 (2019年05月19日)
なお
» メガザク ロール機構その1 (2019年05月19日)
なお
» メガザク ロール機構その1 (2019年05月19日)
6jiro
» メガザク ロール機構その1 (2019年05月19日)
6jiro
» メガザク ロール機構その1 (2019年05月19日)
apuro
» メガザク ロール機構その1 (2019年05月19日)
Vivid
» メガザク ロール機構その1 (2019年05月19日)
なお
» メガザク ロール機構その1 (2019年05月19日)
https://yaplog.jp/samesame2007/index1_0.rdf