One Night, One Love

February 24 [Sun], 2013, 3:26
One Night, One Love

イギリスのロックフェスを背景に、手錠で繋がれた男女のちょっと不思議な、異空間の恋の芽生え。

ドキュメンタリー風の躍動感あふれる語り口が新鮮な、掘り出し物のラヴ・ストーリー。

このところ、というかだいぶこういった場からは離れているけれど、やっぱりロックフェスっていいなぁ。
なーんて感傷的な(?)気分に浸れる、音楽好きには心惹かれるシチュエーション・ラヴストーリー。何となくこの設定だけでだいぶ甘めな評価になっちゃってるのは否めない。
地味〜に公開されてましたけど、フェス設定だけで興味を惹かれて、観に行きましたから。
○年前に憧れた、UKロックシーンの本場でのフェスの高揚した空気感。誰もがひとつ、みたいな感覚がある空間では、こんなロマンティックなお話も成り立つのかも。なんて思っちゃったりして。
映画の雰囲気としては、アマチュア学生映画風ではあるけれど、その荒削りさ(あくまで風)が味にもなってます。

アメリカで既に成功を収めているポップ・デュオのヴォーカリストと、売出し中のガールズ・バンド。
少々立場の違う二人が、ひょんなことから手錠で繋がれてしまい、口論を繰り返しながら行動をともにするハメに。お互い恋人も同行しているのだけれど、喧嘩を繰り返すうちに・・・という展開はまあ王道ではあるんだけど、状況が特殊なので通常はもっとじっくり時間をかけて語られるところを、フェス開催中の1泊2日に凝縮してみせた短縮バージョン。
それでも何でも、背景となるフェスの一コマ一コマが、雑多な中でのきらきらした瞬間を散りばめているようで、何とも魅力的に思えてくるから不思議。

口を開けば喧嘩ばかりだったのに、何故か真夜中を超えるとお互いにシンパシーを感じ出し、あっという間にそれぞれのパートナーと強引に破局。
は?ですけど、「アーティスト同士は分かり合える」云々で(まあ、それはわかりますけどね)いきなり意気投合しだす二人が、強引なんだけどなんかかわいいなオイ。
泥だらけになってシャワールームとか、冷静に考えると突っ込みどころ満載のこっぱずかしいシチュエーションだけどあの甘〜い雰囲気ったら、当初可愛くない(すみません)・・・とか思ってたヒロインが何となく可愛くしおらしく見えてきてしまう、これがフェス・マジック。(?)

手錠につながれた片割れが演奏に参加する、なんてシーンも音楽好きとしては楽しい。
ドキュメンタリータッチを装いながら、リアルとは違う次元での恋愛のロマンティックさを、群衆の熱気が支配するライブシーンに昇華させてみせる。ロックフェスの場って、やっぱりいつもの日常とは違う、異空間なんだな。
  • URL:https://yaplog.jp/sally-c/archive/525
☆Message☆
イギリス旅行記、更新中♪
♪Profile♪
name:sally
映画とロックを愛する年中モラトリアム人間のつぶやき。
好きなもの:映画のジャンルは青春もの。UK、NY、旅行、海外ドラマ、演劇、ファッションetc
気まぐれに綴る映画日記&えとせとらです。
2013年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

P R
https://yaplog.jp/sally-c/index1_0.rdf
★えいがにっき(2013)★
☆えいがにっき(2012)☆