恋と愛の測り方

May 27 [Sun], 2012, 0:17
Last Night

ニューヨークに暮らす、結婚3年目の若夫婦に訪れる、別の相手との或る夜の出来事。

夫が同僚の女性と1泊の出張に出た日、妻はかつての恋人と再会する。

ニューヨークのオサレなマンションに暮らすセレブ夫婦。誰もが羨む暮らし・・・のはずが、実は漠然とした不安を慢性的に抱いていた。
・・・まあぶっちゃけ、配偶者以外の気になる人と一晩を過ごし、そして・・・という、当人たち以外にはまったくどうでもいいわ!な話なんですが、それでも映画として成り立たせることはできたはずなのに、このつまらなさとイラっと感はなんだろう。爆
ユーモアとかソフィテスケイティッド感もないし・・・。邦題もイケてないし・・・。まだ原題の方がいいよ〜と思うけどそういえば80年代に『きのうの夜は・・・』って映画あったっけ。(関係ない)

お洒落で、大人な洗練された雰囲気の作品を目指しているのかもしれないけど、まずその世界観にサム・ワージントンが似合ってないというか馴染んでないのが辛い。(ファンの方すみません)
もう普通にアクション映画とか出てればいいよ〜。そんな私は『アバター』しか彼の出演作品は目にしたことがない気がしますが。爆
正直、違う俳優さんだったらだいぶ変わってたのかも・・・とか思ってしまいました。対するキーラの元カレがニヤケフランス男のギヨーム・カネだけに。笑

映画の構成はどことなく舞台劇のよう。
場面転換も少なく、時間の経過も2日間だけ。3日目の朝には終わりを迎える。
とあるパーティーと帰宅後の夫婦、翌朝を迎えて夫マイケルは気になるないすばでぃの彼女・ローラとどきどきの出張へ、そして妻ジョアンナは街中で忘れられない元彼(?)と再会し、その夜の食事の約束をする。
こうして「或る夜の出来事」はスタートし、夫の出張先のフィラデルフィアと、ニューヨークで互いにどのように過ごしているのかが交互に映し出される。

どうでもいいけど、マイケルとローラサイドのプールのシーンは、こんなの今時あるか?ってくらいベタで一瞬目が点になりました。汗
キーラはやっぱり綺麗ですね。アレックス(ギヨーム)にとってはドリームガールなのかしら、というのも納得。彼が保存していた彼女の画像は素敵だったし。
冒頭のパーティーと、次の日の食事の様子を比較して、アレックス側の世界の方が実質ジョアンナが生き生きしているし、たぶん彼女の本質を理解できるのも彼のほうなんだろうけど、でも夫とは違う。
ただ自分たちを特別な存在のようにして現在の相手を斜めから見ている彼らはあんまり好きではないなー。

ということで会話劇の要素も強いんだけど、何だろうな〜・・・互いの相手との探るような距離感が、次第に親密度を濃くしてゆくわけだけれど、その意味合いはまるで違うんだよね。取り戻していく距離と、縮めてゆく距離は違う。そしてその結末がまた対照的になるのは、それが男女の違いだから?
  • URL:https://yaplog.jp/sally-c/archive/507
☆Message☆
イギリス旅行記、更新中♪
♪Profile♪
name:sally
映画とロックを愛する年中モラトリアム人間のつぶやき。
好きなもの:映画のジャンルは青春もの。UK、NY、旅行、海外ドラマ、演劇、ファッションetc
気まぐれに綴る映画日記&えとせとらです。
2012年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

P R
https://yaplog.jp/sally-c/index1_0.rdf
★えいがにっき(2013)★
☆えいがにっき(2012)☆