ヤング≒アダルト

April 15 [Sun], 2012, 22:59
Young Adult

何もかもうまくいかない?人生に行き詰まった女性が、かつでの恋人を取り戻すために故郷に戻る。

アダルトになりきれないアラフォー女子のあがきをコミカルかつ毒気たっぷりに描く、ドタバタ≒切ない帰郷日記。
16歳のドライな少女の妊娠を描いた『JUNO』のジェイソン・ライトマン監督&ティアブロ・コディ脚本の再コンビ作である本作の主人公は、子供っぽさを残したダメ大人。しかし、自分にものすごく似ている部分がある気がする私は見ながらかなり急所を突かれたような気分になりました。爆
といっても、主人公は誰もが羨む美女のシャーリーズ・セロンだし、今までの人生にピークを感じたこともないので(映画中では栄光の高校時代)全く状況は異なりますが。爆爆
つまりは、いい大人の年齢だけど精神的には全く大人になりきれない・・・という部分がたぶん誰にもあると思うんだけど、通常は大人になっていくはずなのに、主人公メイビスはその部分をいつまでも残しているんだよね。
そんな(本来は)誰もがもつけど表面には出てこない「捨てきれない子供の部分」のイタさを存分に描きながらも、「大人」な人々との対比を絶妙に浮かび上がらせる。

まあ、イタい女にはシャーリーズ・セロンは美人過ぎるんだけど、未だに元カレを取り戻せると(マジに)信じているあたり彼女じゃなかったら成立しない話ではあるかな。笑
ティーン向けの小説「ヤング・アダルト」は皮肉にも彼女自身を表している言葉。
そうそう、結婚に失敗し仕事も行き詰まるメイビスみたいな女性にとって「子供が生まれました〜」なんてほのぼの幸せは自分にはいちばんほど遠い、対極にあるもの。
・・・のはずが、何故か高校時代の栄光=元カレのバディとよりを戻そうという思考にたどり着く、というのがまず普通ではないところ。
一応、コメディ風味ではあるんだけどメイビス自身が至って本気なので、ちょっと怖いぞ、という。

シチュエーションに応じて変わる、メイビスのメイクやファッションも観ていて楽しい。
でもそれもまた穏やかな田舎町では浮きまくり。そんな中で彼女の良き話し相手となるのが、高校時代には遠い存在だった同級生のマット。過去と現在、同じ場所で、違う時間軸で似た疎外感を抱いている。傷ついたメイビスがもしや彼と・・・?という予測を抱かせるのも束の間。この辺りは現実も見据えて、単純にハッピーエンド♪とならない『ジュノ』と通じるものがあるかも。

メイビスが必死になるのは自分自身を肯定するため。
だったはずなのに、最後に明らかになるむしろ自分が憐れまれていた・・・という残酷さ。アイタタタ。
それでも、隣の芝生は青く見える、のもまた真実。マットの妹が彼女に与えるヒントも、同じものを違う側面から見た真実である。田舎町を出て、ぼろぼろの車で再び故郷を旅立つ、それもまた人生だから。
  • URL:https://yaplog.jp/sally-c/archive/499
☆Message☆
イギリス旅行記、更新中♪
♪Profile♪
name:sally
映画とロックを愛する年中モラトリアム人間のつぶやき。
好きなもの:映画のジャンルは青春もの。UK、NY、旅行、海外ドラマ、演劇、ファッションetc
気まぐれに綴る映画日記&えとせとらです。
2012年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

P R
https://yaplog.jp/sally-c/index1_0.rdf
★えいがにっき(2013)★
☆えいがにっき(2012)☆