The O.C.

May 28 [Sun], 2006, 18:19
The O.C.

このドラマ、楽しみにしていました〜♪
本放送は7月かららしいのですが、今回プレミア放送ということで第1シーズン最初の2エピソードがスーパーチャンネルで放送されました。期待どおり・・・面白い!ここ最近新しい青春ドラマを観ていなかっただけに、こういうのを待っていたのよ〜☆という感じでした。

本国アメリカでは現在第3シーズンを放送中です。何回か視聴しましたが、やっぱりビバヒルと雰囲気は近いものの、さらにずっと上流階級の人たちのお話です。大人(両親たち)パートの比重がかなり大きいのも特徴かも。ライアンを引き取るサンディを演じているのはピーター・ギャラガーですしね。
"The O.C."はカリフォルニア州オレンジ・カウンティのこと。その中でも最高級住宅地のニューポート・ビーチが舞台です。

貧しい家庭の出身で、補導された16歳のライアンを弁護人のサンディ・コーエンがニューポート・ビーチの自宅に連れ帰ってくるのが始まり。ライアンはいわゆる非行少年ですが、根は優しく、頭も良いという王道(?)のパターン。コーエン家ではひとり息子のセスと意気投合し、更に隣家の娘マリッサとも知り合うことになる。

このドラマのキャストでは何といってもマリッサ役のミーシャ・バートンが有名ですが、彼女ホントにキレイになりましたね〜。『シックス・センス』の幽霊少女です。他にも『ノッティングヒルの恋人』のこしゃまくれた子役、『翼をください』では結構成長していましたが更にキレイになりました。すっごく細くて、低めの声がまたいい感じです。今回、吹替で観たのですが、ちょっと合わないかな?と思いました・・・吹替は可愛い感じの声だったので。

私のイチオシキャラはセス(アダム・ブロディ)です♪
いわゆるオタクで、学校ではいじめられっ子、片思いのサマー(マリッサの親友)には存在すら知られていないというトホホさなんですが、お喋りで口が達者で、かわいいんですよ。明らかにお笑い担当ですな。音楽や本の趣味なんかも尖ったものがあって、実は共通点ナシと思われていたマリッサと趣味が同じというのが面白かった。彼らが好きだと言っていたビートニクの作家、ジャック・ケルアックって、アメリカでは高校生も結構読むのかな。渋いな〜とか思ったんだけど。
アダムは、『Mr & Mrs スミス』にもボケ役で出ていました♪見た目もかわいいし、コメディとかにはまりそう。今回観た中でも、パーティで絡まれて「これじゃまるで学園ドラマだ〜」って言ってるところとか爆笑でした。

それとこのドラマ、音楽がイイ!というか私好み?
Dovesの"Caught by the River"が流れてきた時にはまさかカリフォルニアの陽光溢れるドラマでマンチェスターの曇った空が似合う曲がマッチするとは・・・と思いましたよ。Dovesかなり好きなもので。
他にもAll American Reject, Rufus Wainwright, Jeff Buckleyなどがとてもいい感じで使われていて、次回からも何が聴けるか楽しみです☆

あ〜でも、本放送7月からなんだよねー・・・ドラマなんだからプレミアとかいってないで、そのまま放送してくれればいいのに・・・。
  • URL:https://yaplog.jp/sally-c/archive/34
☆Message☆
イギリス旅行記、更新中♪
♪Profile♪
name:sally
映画とロックを愛する年中モラトリアム人間のつぶやき。
好きなもの:映画のジャンルは青春もの。UK、NY、旅行、海外ドラマ、演劇、ファッションetc
気まぐれに綴る映画日記&えとせとらです。
2006年05月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

P R
https://yaplog.jp/sally-c/index1_0.rdf
★えいがにっき(2013)★
☆えいがにっき(2012)☆