【舞台】いのうえ歌舞伎・壊『蜻蛉峠』

April 19 [Sun], 2009, 23:00
新感線、だいすき♪
劇団☆新感線の新作公演、今回はクドカン脚本ということでも楽しみにしていたのに色々忙しい時期でなかなかチケットが手に入らず、諦めかけていたところを何とか前楽で滑り込み観劇できました♪
今度から新感線のチケットは真面目に取ろう。(←いつも思ってる)

ということで毎度毎度期待を裏切らない新感線、今回もやってくれました。
「壊」はPUNK。何がPUNKなのか何だかだけど、今あるものをぶち壊すような間違った勢いとキラキラなのか禍々しいのかよく分からない煌びやかさがすごく好きなのです。自分が舞台に求めているものがここにはある気がするのだ。
「蜻蛉峠で待つ」という言葉の記憶だけを残して峠に住み着く闇太郎は、相棒の銀之助と共に峠を飛び出し、やがてヤクザが取り仕切る「浪漫街」に辿り着く。
そこで巻き込まれる立派と天晴の縄張り争い、そして街の暗い歴史と共に少しずつ闇太郎の過去が紐解かれてゆく・・・。という、ある意味無難にまとまった印象。
謎に包まれた闇太郎の真実、クドカン作詞による独自の(?)ナンバー、そしてエンターテイメント性溢れるツッコミの数々が一体になった舞台はやっぱり最高♪です。
さらにまた役者さんたちがみんなはまり役すぎるんだよなあ。ほんとに劇団員だとか客演だとかなしに(笑)、キャスティング絶妙です。

古田新太さん@闇太郎
カッコいい寄りの古田さんは久々な気がする。笑
堤さんを差し置いての二枚目路線もあるんですよーーー。重めの声量と台詞回しも素敵だし、ダイナミックでありながらも変わらずコミカルで、そして心に深い闇を抱え・・・って、何ておいしい役なんだ。笑
自由自在な感じがさすがですね。

堤真一さん@天晴
ぎゃーーー堤さんかっこええーーー!!!
敵役のピカレスクな妖しさを漂わせて、また長髪に着物姿がまあ絵になること・・・で素敵過ぎて!!!
銀之助@勝地くんが天晴を一目見て「めっちゃかっこいいじゃん」って言った時は全力で肯定させて頂きましたけど。笑

高岡早紀さん@おるい
運命に翻弄される、れっきとしたヒロインキャラなんだけど、いまいち印象が薄く。まあ前回の舞台よりは全然好印象でした。
でもいつものイメージとは違う可愛げのある話し振りが若干イラっと・・・ではなく、なかなか新鮮でした。

勝地涼くん@銀之助
今回はまたエグい仕掛けのある役どころですね。笑
でも心は純粋(?)でおばかさんで、能天気な明るさを無条件にふりまく銀之助。犬顔といいメリケンサックといい、勝地くんみたいにこの世界にはまる若手俳優はそういないよね。もう完全に溶け込んでる感じ。
「ある体」「ない体」のあたりはもう笑わせてもらいましたー。

木村了くん@サルキジ
Wリョウの若手ふたりはある意味この濃い舞台では清涼剤なんだけど、やっぱ設定が濃いっていうかエグいです。笑
サルキジは木村くんの持ち味ならではの仕掛けのある役でしたね(?)。何気におるいの少女時代まで演ってるし。舞台でも聞き取りやすい声で安定してました。

橋本じゅんさん@立派の親分&高田聖子さん@お寸
なんかこの夫婦もう鉄板過ぎ。ほんとに夫婦なんじゃないのか?(をい)
じゅんさんの気弱な小悪党は『五右衛門ロック』の時とキャラ被りまくりやんけ。「親分の器」なんて唄まであるし。笑
そして劇団員3人パフュームさいこーっす。じゅんさんやっぱいいわー。

てことで今回も楽しかった!でも最後は哀愁な幕切れ。
そしてやっぱ新感線のカーテンコールは舞台全体で座長を称えてるようなところがすごく好きなんです☆と改めて思ったのでした。4回くらいあったかな?

@赤坂ACTシアター
4月11日 ソワレ(東京公演前楽)

♪劇団☆新感線の過去公演♪
『五右衛門ロック』
『IZO』
『犬顔家の一族の陰謀』
『朧の森に棲む鬼』
  • URL:https://yaplog.jp/sally-c/archive/301
☆Message☆
イギリス旅行記、更新中♪
♪Profile♪
name:sally
映画とロックを愛する年中モラトリアム人間のつぶやき。
好きなもの:映画のジャンルは青春もの。UK、NY、旅行、海外ドラマ、演劇、ファッションetc
気まぐれに綴る映画日記&えとせとらです。
2009年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

P R
https://yaplog.jp/sally-c/index1_0.rdf
★えいがにっき(2013)★
☆えいがにっき(2012)☆