さくらん

March 10 [Sat], 2007, 14:03
極彩色に彩られたパンキッシュ花魁の成長物語。遊郭という箱庭で、金魚が泳ぐが如く外の世界を夢見て泳ぎ続ける。

写真家の蜷川実花の初監督作品。関係ないけど「さくらん」のイントネーションはどこに置くのが正しいんでしょうか?
写真の世界のことは無知なので、どっちかっつーと蜷川実花のイメージは「蜷川幸雄の娘」なんですが・・・スミマセン。
原作は安野モヨコのコミック、音楽は椎名林檎えとせとらえとせとらと、女性クリエイターコラボで映画自体も居心地悪くなるくらい記号的女のカタマリ。観客も殆どが女性だったなぁ。

原色赤を中心とした鮮やかな色彩はさすがにインパクト絶大で、作品全体を呑み込んでしまうような引力がある。その力が強すぎて他の要素が薄れちゃうーみたいな。あは。
ひとつひとつの画がホントに瞬間的に切り取った一枚の写真のようにキレイで、金魚や桜といったモチーフが随所に登場するのも上手い。

主人公は反抗的で自分を曲げない少女から、やがて花魁へと成長するきよ葉。
遊郭という限られた空間を舞台にしていることもあって、全体的にどこか紙芝居的なのだよね。奥行きがないというか、ものすごく(良く言えば)テンポ良く話が進んでいくので、ちょっと描き込みが足りないかな〜と思えた部分があるのも否めない。きよ葉に影響を与えたと思われる粧ひや惣次郎との関係とか・・・。
ただ、この物語ではあくまできよ葉ありきなのでそれもまた持ち味なのかと。無国籍無時代って感じもあるし、どこか非現実的(そして箱庭)な世界観が漂うので、きよ葉といういち少女の人生に出たり入ったりする人間たちも、彼女に沿った形でしか見えてこない。

豪華な出演者たちもまた楽しみだったのだけれど、そんなわけで個々の出番が少なかったのはかなり残念ではありますが。
観る前から、土屋アンナが10年に一人と言われる美しい花魁っていうのはどうもピンとこなかったんだけど・・・まぁ、実際その通りでしたが(笑)、はまり役ではあったかな。ていうか、地のまま?だけどたまに棒・・・(以下略)彼女は女優としてはずっとこのスタンスで行くのでしょうか。
最近ますますキレイになった菅野ちゃんは、あまりに出番少なくてびっくり(笑)木村佳乃さんもですが、女優としての佇まいはやっぱりアンナちゃんとは違うなぁ。
月代が微妙な成宮くんは、彼が演じるからにはタダの初心な若者だとは思わなかったけど、ちょっと映画の中では彼の裏の鬼畜ぶりが描かれてなかったので、逆にキャスティングの妙かと。

きよ葉を見守る清次役の安藤政信くんは素敵だったからまぁいっかー。
途中から、やっぱりそう来る?来るの?もう認めなさい!きよ葉のことが好きなんでしょ!(←何)
ていうか、ストー化ーしてない?ナゼそこにいる!?みたいな。
ま、きよ葉に続き出番は多い(爆)、おいしい役でしたね。

「さくらん」とは桜のこと?それとも椎名林檎の曲にもあった「錯乱」?
桜は外の世界への憧れの象徴として登場。
ラストシーンはロケーションの素晴らしさとシナジー効果で、清々しい後味をもたらしてくれます。

これからどういう人生が待っているのかなんて分からない。水槽から飛び出した金魚は生きていけないかもしれない。
一人では、ね。
  • URL:https://yaplog.jp/sally-c/archive/122
☆Message☆
イギリス旅行記、更新中♪
♪Profile♪
name:sally
映画とロックを愛する年中モラトリアム人間のつぶやき。
好きなもの:映画のジャンルは青春もの。UK、NY、旅行、海外ドラマ、演劇、ファッションetc
気まぐれに綴る映画日記&えとせとらです。
2007年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

P R
https://yaplog.jp/sally-c/index1_0.rdf
★えいがにっき(2013)★
☆えいがにっき(2012)☆