ディパーテッド

February 08 [Thu], 2007, 23:23
The Departed

リメイク元の香港映画『インファナル・アフェア』を未見という、映画好きの風上にもおけない状態。不安と共にあまりやる気なく(?)観賞。

マーティン・スコセッシが舞台をボストンに置き換えて(NYじゃないのかー)描く、結構普通のギャング映画。
スコセッシはもうディカプリオとしか映画撮らないのーと何だか寂しくなるこの頃。
これを観るのが不安だったのは、今までの彼らの作品『ギャング・オブ・ニューヨーク』と『アビエイター』があまり好きじゃない・・・というかぶっちゃけ苦手なので、今回もどうだろうなぁ・・・という心配がありまして。
力入りすぎなのよね。その割りに心に迫ってこないというか・・・。

とか何とか言う前に、あー・・・まずこの手のジャンルが苦手なんだわ。(爆)
お話は改めていうまでもなく、マフィアと警察にそれぞれ潜入したスパイ同士の攻防戦。『インファナル〜』は未見ですが、イメージとしてはノワール?という先入観があったのだけど・・・。

このリメイク版ではあんまりそういうところが感じられないのはナゼ??
暗黒世界の中にある哀愁と苦悩というか・・・(意味がわかりません。)
テンポ良く案外ストレートにマフィア映画として押し切ったから?
暴力シーンが多いのは勿論だし、会話にもあんまり知性が感じられないし、うーん・・・コレがオスカーにノミネートされるっていうのも、良く分からない。
元々好きなタイプの映画じゃないから、観るべきかどうか迷ったけど、観なくても別に良かった・・・とまで思ってしまった・・・

とは言っても、やはり豪華な出演陣は観る価値アリ。
私はあのディカプリオの独特の潰れた様な(?)喋り方が苦手なのだけど、この役は合ってたんでしょうか?トニー・レオンの役よね?トニーだったらもう哀愁出まくりですごい似合ってたと思うんですが・・・。
マット・デイモンはこういう役どころがはまりますね。
頭脳明晰なんだけど貧困層出身はお手のもの(?)。小賢しくて、表で良い顔しながら裏で悪を働くという。でももっともっと自身の中の悪への葛藤を見せて欲しかった気もする。
ジャック・ニコルソンはキレた役をやるために生まれてきたようですね・・・そういう意味では、新味のある演技ではなかったけど。
そのジャックを差し置いてオスカー助演男優賞にノミネートされたマーク・ウォルバークが中々印象的な演技を見せてくれています。めっちゃ口が悪くて(笑)憎憎しいんだけど、頭が切れて実は情もある。おいしい役ではあったかな。

そうそう、マット演じるコリンの相棒役がどこかで見たことある〜、とずっと気になっていたんだけど、終盤でようやく思い出したわ。『24』シーズンVでジャックの相棒だったチェイスでした。

興味深かったのが音楽の使い方。
BGMのようにシーンに沿って鳴り響くクラシック・ロック。ジョン・レノンについての会話をしているシーンで実際にジョンの曲が流れていたりするのも面白かった。
スコセッシって、そんなにストーンズが好きだったの?(笑)
  • URL:https://yaplog.jp/sally-c/archive/112
☆Message☆
イギリス旅行記、更新中♪
♪Profile♪
name:sally
映画とロックを愛する年中モラトリアム人間のつぶやき。
好きなもの:映画のジャンルは青春もの。UK、NY、旅行、海外ドラマ、演劇、ファッションetc
気まぐれに綴る映画日記&えとせとらです。
2007年02月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

P R
https://yaplog.jp/sally-c/index1_0.rdf
★えいがにっき(2013)★
☆えいがにっき(2012)☆