イタリアで陶芸教室

April 03 [Fri], 2015, 21:05

2月から人生初の陶芸教室に通っています(笑)




2か月経ってやっと、最初の作品が完成!

焼いたり塗ったりまた焼いたりで
結構時間がかかるんですね。



フィレンツェやトスカーナ州の教会建築ではところどころで目にする
Robbia(ロッビア)の作品

Luca della Robbia(ルッカ・デッラ・ロッビア)といって
ルネサンス時代に
釉(うわぐすり)を用いたテラコッタ技法を開発した人らしいのですが


こんな風に


※フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ教会の中


※ピストイアのドゥオモの入り口上部分


あちらこちらで目にすることができます。

ここピストイアには、中でも有名なロッビアの作品があるのですが…

修繕中で見れへーん。
足場と幌に囲われてる工事現場。
ってだけなので写真も割愛。

ここへ来てからずっと工事中なので
うちもまだ見たことない…。


そんなロッビアの流れを組む文化協会が
お手頃価格で体験教室を開いているとのことで
見学に行くという人について行ったのが始まり

粘土遊びみたいなことから始まって



遊びのようやけど
いい感じな形にするのは結構難しい!


少し乾いたら模様を付けて


一回竈(かまど)で焼かれたあとに色を塗って
(絵の具も粘土みたいなものでできてる!)


うわぐすりを塗って、もう一度かまどへ!
そしてやっと完成!

形がめっちゃイビツ…

2回目は若干マシになったかな




乾かしたりかまどへ持っていったりする間

合間合間に違う作品を作り出します


ピノッキオ

生まれたのはここトスカーナ
近場にピノッキオ公園みたいなテーマパークもあるらしい。

ほんまの話はディズニーのそれとは違うようなので、
近いうちに本読んでみたいなぁと思ったり。


われらのマエストロ(先生・師匠的な)ネヴィオ



の10年以上前に友達作家に作ってもらったという
似顔絵彫刻

当時これを2時間弱で仕上げられたらしいですが

私みたいな平たい顔族やったら
1時間くらいでできるわ!とのこと(笑)

桜の花びらを描いてたら

「日本にも桜ある?」
と聞いて来て、うちが答える前に
周りのみんなから「何言ってんの!!」と総攻撃を受けたり(笑)

とりあえずしゃべりまくってるから
最初は何が言いたいのかよく分からんかったおじいちゃんですが

腕は確かで
親切で気さくなネヴィオ。



彼のお店です。

娘さんもプロ。

この中で粘土遊びしています。

自宅から徒歩5分




今はこのフルーツ盛りの色塗りに着手

フルーツの名前が良く分からんだけでなく
(みんなが身振り手振りいろんな表現で教えてくれるけど基本分からんw)
日本にないフルーツはよく想像もできひんけど、
古代ローマからあったようなフルーツばっかりを模しているそうです。

陶芸の基本やルーツを知れて

ついでにピストイアのことをいろいろ教えてもらったりして

楽しいので

あともう少し続けてみようかと思います

Fin.
  • URL:https://yaplog.jp/saketecaolu/archive/33
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。