『造り手の情熱をあなたに‥心の通う商いを心がけています』の想いで、酒類をはじめ、駄菓子・珈琲・美味食品・陶器などを取り扱う、広島の小さな町【〒736-0081 安芸区船越3-5-13 Tel.082-823-2005/Fax.-2099】の酒屋【滑ロ本登勇本店】のオヤジです。時折、うまいもん・おもろいもん情報混ぜ、ブログ楽しんどるけん、見てやってつかぁさい。 【e-mail:sakemaru@pearl.ocn.ne.jp】

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sakemaru
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1959年1月1日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:広島県
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
2015年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像sakemaru
受けて立つ (2019年02月05日)
アイコン画像ゾウアザラシ
受けて立つ (2019年02月01日)
アイコン画像ゾウアザラシ
わしらのもちつき会、開催断念 (2019年01月24日)
アイコン画像sakemaru
ライブPV角打ち (2018年12月01日)
アイコン画像おーちゃん
ライブPV角打ち (2018年11月30日)
アイコン画像西の原住民
鬼フェス大成功!その時、タヌキは‥ (2018年10月22日)
Yapme!一覧
«2015年03月 | Main | 2015年01月»
されど、プライド。 / 2015年02月28日(土)
一昨日の朝、母屋に出ると、親父が、「おはよう。わしも反省しとるよ。」と言う。
前夜、わしが外出先から帰ると、お袋が疲れた様子じゃった。で、詳しゅう聞くこともせず、寝る支度を手伝うて、我が家に帰った。
自宅で介護をして行く中、親父は年齢なりの認知も多少あり、時々、わしらの言うことを聞いてくれんことがあり、お袋はお袋で、それがもどかしく、感情的になり、2人はぶつかってしまう。
それは、歳を取ったんじゃけぇ仕方ないと、頭では理解しとるつもりでも、人間って、やっぱりそこまでコントロールできんこともある。わしも、やり切れん思いで、ついきつい口調になることはある。

mikaは、早朝から夜までパートに出掛けとるんで、わしが帰る頃は疲れて寝とることが多く、その夜も話はできんかった。
翌朝‥つまりは、一昨日の早朝、出かける支度をしながら、「昨夜、お義父さん、どうじゃった?」と訊くmika。
「あぁ、割とおとなしゅう寝てくれたけど、お袋がしんどげじゃったね。」
「いっぺん家に帰って、後で母屋に出た時、食後の歯磨きのうがいさせよっちゃったんじゃけど、お義父さん、口開けてんのうなっちゃったんよ。」
「ほうじゃったんか。」
「でね、私が代わったんじゃけど、お義母さんが店閉めに行っちゃった時に、「わしも男じゃけぇの、あんとに言われたら腹も立つ。」って、言うちゃったんよ。お義父さんの本音じゃなぁって思うたけど、お義父さんももどかしいでしょうけど、お義母さんも一生懸命じゃけぇ、って言うて、話したんよ。」

男のプライド、夫としてのプライド、父としてのプライド、義父としてのプライド‥いろんな場面で違うプライドが顔を覗かすんじゃけど、やはり、一番長い時間一緒に居るお袋の感情が溢れた時、親父は頑なになり、お袋も親父に感情揺さぶられることが多くなる。
そんな親父も、mikaには、義父としてのプライドがあるんで、耳を傾けてくれたんじゃろう。それが、朝の言葉になった気がする。

「まぁ、そりゃあ、お母さんに言うちゃりんさい。あれが一番(家へ)連れて帰りたかったんじゃし、一番、面倒見よるんじゃけぇ。」
親父は照れ笑うて、「わしも、つまらんようになった。」と言うので、「歳取ったら、今まで出来よったことが出来んようになる。それも多ゆうなる思うけど、それはしょうがないじゃろう。それを補うんが家族じじゃけぇ、あんまり、つまらんようになったって思いんさんな。じゃけど、お母さんには感謝しんさいよ(笑)。」
珍しゅう素直に頷いた親父。実は、朝起きた時、お袋に、「ゆんべ(昨夜)は、済まなんだの。」って言うとったらしい。
それを聞き、お袋にも、mikaが話してくれた、男のプライドを話し、「つまらんプライドじゃ思わんと、汲んでやってぇや。」と、話した。
これにて一件落着!‥と行かぬところが、介護の世界。穏やかな時は長続きせず、今夜も、軽い応酬あり(苦笑)でした。でも、こうして、時間を一緒に過ごせるのも、家族の時間じゃけんね。

 
Posted at 23:58 / 家族 / この記事のURL
コメント(0)
健康講座講師 / 2015年02月27日(金)
また、いつもの友達自慢です。ついでに言うと、いつもの"どかまっちゃん"こと、本通りの赤松薬局の赤松君です。虎の威を借る狐たぁ、わしのことじゃ〜!
もう顔本の方では旧友が早速アップしとるんじゃけど、わしの日記にも残しとかんとね。今日の朝刊に載っとりました。中国新聞文化センターで開講される「ちゅーピーカレッジ」の講師をするらしいんじゃけど、以前は、居酒屋いぶしぎんの小牧教官も「魯山人に学ぶ」で、講師をしよっちゃった。その道のプロには、黙っとっても声がかかるんじゃね。納得。
まぁ、第三火曜日と、わしのスポーツ日は避けられとるんじゃけど、時間が夕方の4時から5時半まで‥。避けたな。(笑) もちろん、冗談です。
ええんじゃ。わしは、いつでも訊きに行きゃあええんじゃけぇ。そうそう、今日もお邪魔して、親父の元気の素を買うたついでに、金欠病を愚痴ったんじゃけど、同病じゃった。大笑い。あっ、言うちゃいけんかった?こ、これも冗談です。

興味があり、お時間が空いてる方、ぜっっったい面白い講座じゃ思うんで、是非、お早めにお申し込み下さい。

 
Posted at 19:28 / 仲間話 / この記事のURL
コメント(0)
電話で済ます / 2015年02月25日(水)
今日は、わしらのソフトボールチームの総会&懇親会。例年になく、多くの出席者で、ソフトボールの話で盛り上がり‥と、書きたいところじゃが、皆、ええ歳のおっちゃんばかりなので、食べ物屋や飲み屋情報、昔話など、男の井戸端会議で今シーズンのスタート切りました。(笑)
でも、監督挨拶の、「やっぱり、区民は勝たんと、試合数も少ないし、シーズンが面白うないんで、がんばりましょう!」の言葉には、一同大きく頷いておりました。
来週から、グランドで練習開始。頑張りましょう!

さて、そんな話で今日のブログを書くつもりじゃったけど、昼間にやな出来事あり、それが尾を引いとります。執念深かろう。(苦笑)
取り引きある某メーカーとの話。
景気の悪さか、単に売り場や自販機が増えたせいか、そのどちらも当たりじゃ思うけど、清涼飲料水の売れ行きが落ち込んどります。当然、わしら個店は、ほとんどのモノが箱単位の仕入れになるんで、賞味期限には気を付けて仕入れる中、その某メーカーでは期限切れ返品可じゃったんで、仕入れた時点で賞味期限短こうても、あんまり気にしとらんかった。

先日、そのメーカーの商品に数本の賞味期限切れが。上記のように、来た時点で期限が短かったやつじゃけど、まぁ、申し訳ないけど、今まで通り、発注した時に返品の数を伝えといた。
数日後、納品に来た子に返品分があると伝えると、今までのように配達時に引き取らなくなって、後日寄りますとのことで、待っとったんじゃけど、2週間経っても来ず、発注日の今日、お袋が返品の件を伝えると、営業の者から電話が。
しばらく話しよったお袋が、「引き取らんって言よってじゃけど‥。」と、困惑顔で受話器を差し出し、電話を代わった。

電話口で申すには、「前任者が伝えてなかったみたいで申し訳ありませんが、引き取りシステムは昨年で終了しました。」と。
前任者も何も、ここ10年近く営業の人間に会うたことがない。まぁ、わしらのような個店回りは、しても利益に繋がらんけぇじゃろうけどね。「回っても来ん人間から変更を聞くこともできる訳ゃないけど、つまりは引き取れん言うことじゃね。」「すみませんが、そう言う事になります。」「わかりました。」
そんなやり取りで受話器を置いた後、無性に腹が立ち、履歴からリダイアル。
「ひとつ言わして貰うわ。こう言う用件を、電話で済まそう言うんはおかしい思うで。いや、もう来てもらわんでもええけど、それだけは言うとくわ。」
負け犬の遠吠えでしょうか。弱い犬ほどよく吠えるんでしょうか。スカッとせん話じゃったね。

 
Posted at 23:54 / もの申す / この記事のURL
コメント(0)
気になる曲CD / 2015年02月24日(火)
ビートルズの扉を開けてくれたんも、ジャニスの叫びを教えてくれたんも姉貴じゃった。
そんな姉貴が、NHKの番組「ファミリーヒストリー」の主題歌、「くるりの"Remember me"を聴くと、いつも涙が出てしまう。」と言うので、日頃の恩に感謝の気持ちで、「CD作ろうか?気になる曲があったら教えて。」って言うとったら、先日、10数曲のメモ書きを持って来た。
中には多くの見知らぬアーティスト名もあり、余り時間は、わしがチョイスした数曲を混ぜたんじゃけど、今回は、興味津々で作成した。

わしが入れたんは、1曲目・ジャニスのカバー曲でCMに流れてたやつ。14曲目・Luluの"To Sir With Love"(いつも心に太陽を)、17曲目・以前CMに使われた曲。いつかのクリスマスCDに入れたなぁ。18曲目・ジョンへの追悼曲として知られる"All Those Years Ago"(過ぎ去りし日々)‥実はリンゴに贈る予定じゃったらしい。訃報を聞き、急遽歌詞を書き換えた。19曲目・今まで何度も入れてる名曲、ハナレグミと清志郎のコラボで"サヨナラCOLOR"。そして、最後、姉貴が泣いてしまう、くるりの"Remember me"。

姉貴の気になる曲は、どれもなかなかイイ曲揃い。退廃的なオトナな曲が多いかな。大いに勉強させて貰いました。
専業主婦じゃし、お義母さんのお世話とかで忙しゅうしとる姉貴。「どうして、こんなええ曲知ったん?」と訊くと、車に乗ることが多いんで、ラジオから流れた曲の時間を書いとって、後で検索するらしい。なるほど。便利な時代じゃね。
わしと姉貴が中高生の頃、ラジオにカセット引っ付けて、声押し殺して録音しよったんとはえらい違いじゃ。(笑)
かく言うわしも、便利なYouTubeに音源求めてます。ゴメンナサイ。
しかし、このCD、手前味噌じゃけど、なかなかええんで、店でも流そうかな。

 
Posted at 21:58 / ミュージック / この記事のURL
コメント(0)
第12回 わしらの餅つき会 / 2015年02月22日(日)
今日は、12回目の"わしらの餅つき会"。かの地の優しい女史たちの、好天願ったテルテル坊主も裸踊りも、残念ながら自然には通じず‥皆さん、ありがとうございました‥餅つき場を倉庫内にするか、いつもの場所の屋外にブルーシート張ってするかの状況。
結局、少雨であったし、今回は若手も居ることじゃし、ブルーシートを張る方を選択。作業も皆の協力で順調に進み、こんな感じになりました。
やれやれと一息ついたところで、大問題発生!
昨年は都合で中止にした為、まつもっちゃん持参の道具をウチの倉庫の石臼の上に置いて帰り、そのままずっと置きっぱにしとったんで。事前に確認せんかったわしが悪いんじゃけど、使う時にはめ込みよった杵の柄が‥ない‥。 ハイ、皆さん、ご唱和下さい。「え〜〜〜〜っ」 十人中十人が発しました。
おーごとじゃんか!まつもっちゃん家も、ウチの倉庫も大探ししたが見つからず‥その時、ある人の大きな顔‥じゃなくて、顔が大きく浮かんできた。
「まこっちゃんとこに借りよう!」正確に言えば、「まこっちゃんに、杵持って下りてって頼もう!(笑)」じゃったけど、そんな失礼な事はできんので、恐縮感いっぱいにお願いし、快く貸してもらった。救世主や〜!

そんな、幾多の困難乗り越えて(苦笑)始まったんじゃけど、始まれば、いつものように楽しく、酔い子になりました。
ここ数年は、年々子供らの参加が無くなり、まったりと、ゼェゼェと楽しむ会になっとったけど、今回は、バレーの若い家族参加で、昔のようなにぎやかな会となりました。
火の番人・おーちゃん写り込む。
子供と共に。この若いおとーちゃん達のお蔭で15.6キロ、無事に搗き終えることができました。サンキュ!中には、初めての経験をするとーちゃんも。
そして、若‥くはないが、ここが一番重要な、餅丸めの作業場。

酒も進むと、嫁さん達も参戦!声は出るのだが‥こうなると、まさに、子どものケンカ?今だ!まっさん!振り下ろせ!(笑)

そして、いちご大福や、写真は無いが、食紅餅、よもぎ餅、豆餅、写真は無いが、和ばあの鶏汁、汁少なめラーメンなどなど、飲んで、喰って、楽しく1日をお遊びしたのでした。
よう働いて戴きましたが、集合写真の肝心な時に居らんかったのむさんを囲んで。(笑)

こうして、カープ優勝祈願も込めた、まぁ、ただの飲みたいがための、わしらの餅つき会は無事終了したのでした。世話人として、至らぬところ多々ありましたが、来年もできるといいね。

あっ、救世主・まこっちゃんに、無事終了のお礼伝えるん忘れとった。

 
Posted at 23:54 / 仲間話 / この記事のURL
コメント(2)
明日、降らんといて。 / 2015年02月21日(土)
今夜のソフバ練習時、体育館の屋根ですごい雨音が‥。「頼むけん、今、降りあげて、明日は晴れろとは言わんけん、降らにゃええけん。お願いします。」と、もう、哀願口調になっとった。
誰の日頃の行いが悪いんやと問われると、素直に挙手致しますが、先ほどまで、なんやかやと準備に動き、やっと終了。わしなりに頑張ったんで、お遊びの神様の力で、昼に見た80%の降水確率が、ちぃとでも低うなっとらんかの〜とwebを見た。80%は変わっとらんかった。ショック。
今回みたいに、ようけ人が集まってくれる時に降るとは‥。

まぁ、愚痴愚痴言うても始まらん。とりあえず、餅つき場と蒸篭を置くかまどの位置をどこにするかじゃね。
ある人に、コンクリートの倉庫に石臼置いて搗いても、下のコンクリは大丈夫でしょうか?と訊くと、「車が入る倉庫なら、問題ない。」とのことで、ちょびっと安心したけど、そうなると、今度は倉庫内に人が溢れかえる可能性もある。ウロチョロ盛りの子供らも居るし‥。
少々の雨なら、いつもの隣広場にブルーシート張って搗くんがええような気もするんじゃけど、まぁ、なんにしても明日の天気次第じゃね。

と言うことで、準備に関わる参加男子の皆さん、ええ知恵があったら教えてください。ビールでも飲んで、ええ気分で相談しながらやりましょう!おぉ、だんだん、子供の頃の秘密基地を作るような、ワクワク気分になって来た。(笑)
でも、降らんのが一番。

追記 先日、ブログ「迷子バット」で書いた忘れ物のバットですが、無事、持ち主が見つかりました。恐るべしブログの力!と言いたいところじゃけど、実は、駄菓子を買いに来た子に、「このバット、見たことないか?」って訊くと、知り合いのバットで、渡しておきますと持って帰ってくれたんよ。
どんな形にしろ、見つかってよかった。 お騒がせしました。 

 
Posted at 23:59 / 雑記 / この記事のURL
コメント(2)
明後日、晴れろ! / 2015年02月20日(金)
天気予報で見る限り、日曜日の天気はまずい感じ。日曜日は、「変わり餅つき」なる名で、地域の親父の会で2003年から始め、2010年からは、親父の会解散に伴い、「わしらの餅つき会」なる名で、スポーツ仲間などにも声掛けし、続いて来とる、飲みの口実の餅つき会、昨年は親父の具合悪く、流れたので、数えて12回目になる開催日なんよね。今回は、硬いバレーの若いママさん家族の参加もあり、大人約20人、子ども7人と、近年にない大人数の参加予定者なんで、好天とまでは言わんけど、なんとか持ちこたえて欲しいものです。

今日は、鶏汁や、イチゴ大福用の材料や、おーちゃんとこが用意してくれた‥いつも、ありがとう!‥10キロのもち米に追加(5.6キロ)のもち米や、その他諸々の買い物を済ませたんで、天気が気になるんよね。
ちなみに、ブログに残っとる過去の餅つき会の記事見てみたら、いつも晴天じゃった。と、言うことは、ママさんバレーメンバーの中に雨女が居るんじゃろうか??
いやいや、そんな無粋な邪推はやめて、ひたすら好転することを祈りましょう。
そして、皆で楽しみましょう!


 
Posted at 23:14 / 仲間話 / この記事のURL
コメント(0)
救われた新井 / 2015年02月19日(木)
新井クン、頑張ってますね。わしは、昨年、新井復帰が決まった時のブログで、不思議に受け入れられた話を書いたんじゃけど、先日来の黒田フィーバーの中で、おっ!って思うた話があって、それは、今日のタイトル。
黒田、新井両氏には大変失礼な話じゃと思う。じゃけど、ファン目線‥いや、わし目線から言うたら、黒田投手が、「新井も帰って来ました。同じFAで出て行き、彼自身も悩みながら決めた決断でしたけど、その中で僕が出て行ったことで、多少なりとも気持ちの部分で揺れ動いたと思うので責任を感じています。今シーズン一緒にプレーできるのはよかったと思います。」と、話を向けられる前に、黒田投手の口から新井クンの名前が出たことで、モヤモヤが消えたファンも多いんじゃないかと感じたんよ。
わし、自分では結構執念深いと思うとるし、許せん事はどうしてもダメ!って事柄が今でもあったりする。
でも、2人が共にFAで出た時の評価は真逆じゃったのに、まっ、いっかぁって気になったんは、新井クンがええ奴じゃと方々から聞いとったし、今日もお客さんと新井クンの話しよったら、お客さんが、「彼の練習姿見たら、彼、必死でしょ。すごいって思いましたよ。」なんて言葉が出たりで、つまりは、ええ奴じゃ言う事が、受け入れられたんじゃなぁと思うた。
いや、わしが許す許さんの次元の話じゃ無い事は重々承知の上でのアホブログですよ。突っ込まないで下さいね。

そんな新井クンの記事を、今日のデイリースポーツで見つけた。トラ番記者が書いてる『松とら屋本舗』。ちょっと読みにくいけど、どこかで読んでみて下さい。

さぁ、今年のカープ、できれば全選手が活躍して欲しいくらいに、それぞれのドラマがある。そこには。厳しいプロの競争があるけん、不可能な話なんじゃけど、1年通じて、皆、どこかで頑張って欲しいなぁ。

 
Posted at 22:51 / スポーツ / この記事のURL
コメント(0)
迷子のバット / 2015年02月17日(火)
もう1週間になるじゃろうか。ウチに駄菓子を買いに来た子が、バットを忘れて帰ってたらしい。5〜60センチくらいの木製バットです。心当たりのある方は、ご協力お願いします。
バットと言う事は、西古谷公園で遊びよる子らの持ち物じゃと思うけど、わしが配達中の出来事じゃったんで、子どもの顔を見とらん。とりあえず、店横のネットに立て掛けとるんじゃけど、まだ名乗り出て来る子は居らん。

わしらの子どもの頃で言うたら、こんな年季の入ったバットでも宝物。失くしたり、忘れたりしたら、月光仮面走りで探し回ったもんじゃけど、豊かな?時代なんじゃろうね。
子どもが、わしのブログを見とる訳は無いんで、あんまり効果は無いかと思うたけど、載せました。宜しくお願いします。

 
Posted at 23:58 / ろーかる / この記事のURL
コメント(0)
これしかない / 2015年02月16日(月)
今日は、これしか書く事無いじゃろ〜(笑)‥って言うか、日記にちゃんと残しておこうと、記者会見全文戴きました。
浪花節、武士道、いろいろ表現されとりますが、この想いを100%表現できる文才が無い事を、残念に思います。
昨年の電撃復帰ニュースを、間抜けな事に時差アリで知った償い(苦笑)で、今日はテレビの前に正座して観ました。
広島のローカル4局中3局が生中継。あぁ、自営業で良かったと思いきや、途中で配達のため中座する(泣)。

一番印象に残ったんは、彼の口からは、常にファン、ファンの想い、ファンに応えたい、ファンの有り難さ‥と、ファンを大切にする気持ち。そして、期待に応えるために全力を尽くす。それが自分を高めて行く。
そんな、ファンありきの姿勢を口で言うのは容易いけれど、行動で示すってのは、なかなかできることじゃないって感じた。

誰もが生きて行く上で、いろんな選択肢の中から1つの道を選ぶことしかできんけど、悔いのない選択と思えるには、そこで努力することが大事なんじゃと、改めて感じました。


8年ぶり日本球界復帰の広島・黒田博樹【入団会見全文】
ベースボールキング 2月16日(月)14時24分配信


 広島の黒田博樹が16日、広島市内で入団会見を行った。

 黒田は96年ドラフト2位で専修大から広島に入団。01年に自身初の二桁勝利をマークすると、05年に最多勝、06年に最優秀防御率を獲得するなど広島のエースとして11年間で通算103勝を挙げ、07年オフにFA権を行使し、メジャーリーグに挑戦。メジャーでも昨季まで、日本人最多となる5年連続二桁勝利をマーク。オフに、メジャーから高額のオファーを受けるも古巣・広島に復帰することを決意。日本球界のみならず、メジャー関係者も“漢・黒田”の復帰に驚いた。

◆黒田博樹入団会見全文
-- 8年ぶりのカープ復帰。ファンにメッセージをお願いします
「8年ぶりに広島に帰ってきて、ファンの熱気、広島に帰ってきて一段に強いなというのを一番始めに感じました」

-- ファンが空港に詰めかけた光景を見てどう思いましたか
「帰ってきたなという感じでした」

-- 古巣カープで再び入団会見を迎えました。今の気持ちは
「報道陣の多さに驚いています。今までカープにいて、そしてドジャース、ヤンキースを経験した中でで一番メディアが多いので戸惑っています」

-- 緊張していますか
「緊張しています」

-- 気持ちの変化は
「実際、広島に来る日まで、色々もやもやした気持ちもありました。自分の決断は正しかったのかと考えることもありました。広島に来てファンの人、色んな声を聞いてこれでよかったかなとそういう気持ちです」

-- 鈴木球団社長に復帰の電話した際も迷っているとのことでしたが。現在は
「後は沖縄に行ってユニフォームを着て、そこで気持ちがしっかりするのではないかなと思います」

-- 今朝松田オーナーの元に訪れたときは
「オーナー自身も優勝するぞとそういう気持ちを強くもっておられたと思いますし、最後挨拶終わって帰るときも握手をして優勝しようと言われました。自分自身すごくそれを聞いて胸が熱くなりました」

-- 復帰の理由は
「色々考えないといけないことはたくさんありましたけど、最後はファンの人たちというか、球団の熱意もありましたけど、2006年ですかね最初にFA権を取得したときに ファンの人たにち心を動かしてもらったので、今度は自分がファンの人たちの気持ちを動かせればという気持ちが一番大きかったです」

-- 2006年旧広島市民球場のライトスタンドの光景は覚えていますか
「なかなか経験させてもらえることでもないですし、野球人としてすばらしいゲームだったと思います」

-- カープ復帰を決断したのはいつ頃
「鈴木さんに電話したときなので、日本時間の26日。気持ちを決めたと思ってても、1秒1秒自分の考え方も変わっていましたし、後は電話かけるしかないかなという感じだったです」

-- そこではどういった話を
「僕自身あまり言葉にならず、自分自身何を言っているかわからなかったというのが正直なところです」

-- カープの粘り強い交渉。鈴木さんの想いが実ったということでしょうか
「毎年毎年、オフになると声をかけていただいて、食事を一緒にさせてもらって、今年断ってしまうと二度と口を聞いてくれないと思いましたし、根気強くずっと声をかけてくれたのが一番大きかった」

-- 黒田投手から電話入ったときはどんな気持ち
鈴木球団本部長「帰りますという言葉で、空白になってどこへだろうという気持ちでした。カープという言葉を聞いたときに『え〜』と声を出してロッカーに帰ったのを覚えています」

-- まさかという感じでしたか?
鈴木球団本部長「可能性としてはいつも少ないと思いながら、彼がいつも真剣に話を聞いてもらっていましたので、本当にビックリしました」

-- 入団会見で話している様子を見て、今どういう気持ち
鈴木球団本部長「存在感の大きさに驚いています」

-- 2008年からメジャー7年間を振り返って
黒田「一言で言うと苦しかったです」

-- 苦しいというのは具体的には
「野球をやる以上は日本でやろうが、アメリカでやろうがマウンドに上がるということは大変な事です。言葉も分からない中で、シーズン162試合戦い抜く中で、体力的にも含めて、挑戦した以上はそれなりの結果を残さなければいけないと、勝手にプレッシャーをかけて、7年間プレーしたつもりです。そういう意味では楽しいというよりは、苦しい方が多かったと思います」

-- 一番印象に残っている出来事は
「去年のヤンキースタジアムの最終戦。それがメジャーでの最後の登板になったんですけど、ジーターのヤンキースタジアム最終戦でしたし、自分の中でも何か来年どうなるか分からない中での最終登板でしたので、印象に残っています」

-- 成長した点は
「成長した部分は、色々な経験をさせてもらいました。日本で経験できない経験ができましたけど、何と言われると難しいかもしれないです」

-- 技術的な部分は
「技術的な部分はアジャストしながら、少しずつ自分のスタイルを築いていけたと思います。アジャストする力は7年間で身に付いたところだと思います。メンタル面だとヤンキース、ドジャース大きいチームの中で、ローテーションで投げ続けることができたことは、苦しみながらもある程度やれたという気持ちはあります」

-- メジャーでは日本人初の30球団勝利が迫っていたが、日本に戻ってきたことに悔いはないか
「記録に関してはプロとして大事かもしれないですけど、年齢を含めて色んな部分を考えると、カープに帰るのは今年が最後なんじゃないかなと判断して、帰るなら今年しかないかなということだったと思います」

-- 今年しかないと結論を下したのは
「それを判断するのはなかなか難しいんですけど、年齢的な部分もそうですし、毎年メジャーではローテーションを投げていた中で、そこを大事にしたいなという部分があった。果たして40歳になってメジャーのハードなスケジュールの中で、チームの期待に応えられるかなとか、色々考えました」

-- 黒田投手にとってカープとは
「最初にメジャー挑戦したときから。もしくは日本に帰ることがあれば、カープに帰ってきたいと思っていました。そういうことを口には言っていましたけど、気持ちがぶれないためにもメジャーで結果を出し続けたい。それが、今考えると自分の中でのモチベーションになっていたと思います。それくらいの気持ちにさせてくれるチームだと思いますし、今回僕と一緒に出て行った新井がカープに帰ってくる。球団としての懐の大きさというか、度量の大きさをまた改めて感じました。多少なりともカープに復帰する1つの要因になった」

-- 新井選手との縁を感じるか
「彼自身も僕と同じFAで出て行きました。彼自身も悩みながら決めた決断でしたけど、その中で僕が出て行ったことで、多少なりとも気持ちの部分で揺れ動いたと思うので責任を感じています。今シーズン一緒にプレーできるのはよかったと思います」

-- カープで投げる1球の重みについては
「ヤンキースに移籍してから毎年1年ずつ契約させてもらっていました。年齢的に考えても先は長くないと自分で思っています。いつ最後の1球、最後の登板になっていいという気持ちで、今までやってきました。日本で、カープのユニフォームを着て投げる方が、最後の1球になっても後悔は少ないと思って判断しました」

-- 野球人生のなかでどういった決断になる
「今まで毎年毎年、1年契約で悩みながら進路を決めてきましたけど、今回ほどたくさん悩んだことはなかった。実際、自分自身もどうしていいか分からなくなっていた部分があったので、僕自身これが最後の決断だと思って、決断しました」

-- カープで野球人生を終えるという視野ですか
「もう40歳ですし、皆さんが期待するほどのピッチングができるかどうかは、現時点ではそこまで自信は全くありません。その中で、もがき苦しみながらも、最後はカープのユニフォームを着て投げたいかなというのが一番です」

-- 現在の体の状態は
「歳相応より少し若いくらいです」

-- どのあたりを重点的に練習してきましたか
「練習に関してはメジャーに行く前の練習と変わらず、体力作りと肩作り毎年同じようなペースでやってきました」

-- 明日からチームに合流するが、期待と不安どちらが大きい
「不安しかない」

-- 今のカープの印象は
「若い選手が主力となって戦っているチームだと思います。その中で、僕がどういう役割で、どういう立ち位置でどれだけ貢献できるか検討はつかないんですけど、それはチームの中に入ってみて、今後自分の役割を作っていければいいかなと思っています」

-- 前田健太投手にどういう声をかけますか
「彼とも、そこまで話した事が無いです。すばらしいピッチャーと誰もが認めているところです。今年1年チームメートと一緒に戦っていくので、僕なりに手助けできればいいかなと思います。彼に限らず若い選手が沢山いるので、そういう選手たちの力になれればいいかなと思います」

-- 8年前に一緒にプレーした緒方選手が、現在監督となりました
「8年間日本の野球から離れていたので、バッターに関しても全然データのないバッターもいると思います。オープン戦を含めて自分の中で色々と研究してやっていかないといけないと思います」

-- 緒方監督は黒田投手の復帰登板はマツダスタジアムと言っていますが、マウンドに立つイメージは
「全然イメージは沸かないです」

-- どういったピッチングをファンに見せたい
「一番はこういう決断をして、ファンの人たちが多少なりとも喜んでくれたら嬉しいです。そういう人たちがカープファンで良かったと思えたのなら、自分の中では嬉しい事だと思います」

-- 200勝への想いは
「正直な気持ちは、そこにこだわりはないです。その場になってみないと全然分からないことですし、現時点ではそこまで意識はしていないです」

-- 今後変化がある
「どういう気持ちになるか全然分からないです。もしかすると199勝で引退するかもしれないですし、今現時点でそういう気持ちです」

-- 今シーズンに懸ける意気込みを
「野球人生長くないと思うので、毎試合最後だと思って、その1球が最後だと思って、メジャーにいたときから変わらず、そういう気持ちでマウンドに上がっていきたいと思います」

-- カープファンに向けてメッセージを
「8年ぶりに広島に帰ってきてどこまでできるか本当に現時点では分からないですけど、マウンドに上がる気持ちは何歳になっても変わらないと思います。勝ちたいという気持ちも変わらないです。そういう気持ちを常にマウンドで出していければいいと思います。たくさんの人に見てもらえたらいいです」

◆黒田博樹プロフィール
NPB通算:試271 103勝89敗0S 防3.69
MLB通算:試212 79勝79敗0S 防3.45
生年月日:1975年2月10日
投/打:右/右
身長/体重:185センチ/93キロ
.
BASEBALL KING

 
Posted at 19:21 / スポーツ / この記事のURL
コメント(2)
P R
月別アーカイブ

| 前へ
 
GMO MadiaHoldings, Inc.