『造り手の情熱をあなたに‥心の通う商いを心がけています』の想いで、酒類をはじめ、駄菓子・珈琲・美味食品・陶器などを取り扱う、広島の小さな町【〒736-0081 安芸区船越3-5-13 Tel.082-823-2005/Fax.-2099】の酒屋【滑ロ本登勇本店】のオヤジです。時折、うまいもん・おもろいもん情報混ぜ、ブログ楽しんどるけん、見てやってつかぁさい。 【e-mail:sakemaru@pearl.ocn.ne.jp】

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sakemaru
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1959年1月1日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:広島県
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
2010年08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像sakemaru
受けて立つ (2019年02月05日)
アイコン画像ゾウアザラシ
受けて立つ (2019年02月01日)
アイコン画像ゾウアザラシ
わしらのもちつき会、開催断念 (2019年01月24日)
アイコン画像sakemaru
ライブPV角打ち (2018年12月01日)
アイコン画像おーちゃん
ライブPV角打ち (2018年11月30日)
アイコン画像西の原住民
鬼フェス大成功!その時、タヌキは‥ (2018年10月22日)
Yapme!一覧
«2010年08月10日 | Main | 2010年08月06日»
『丹京』にて堪能! / 2010年08月08日(日)
墓そうじの後、涼みながら、約1ヵ月前に祝10周年記事をブログに書きながらずっと気になっとった、隣町:安芸郡海田町南本町2-41・(082)824-5012 で誠シェフが腕を揮うフレンチ・レストラン『丹京』でランチ計画‥を、mikaに提案。
mikaが断るはずも無く、早速、念のため予約の電話をさせといた。
10周年記念企画〈前日まで予約で、ハガキ持参の方には、お料理か飲み物をプレゼント〉は勿論知っとったんじゃけど、久々じゃ言うのに、10周年じゃ言うのに祝いも持たず、お気軽に手ぶらで行こうとしとるわしらじゃけん、気遣わせとうなかった。
店に入ると、ホール担当の奥様・千春マダムは驚き、喜んでくれ、「お電話で言って下されば‥。」と‥いやいや、お気遣い無用でございます。こちらこそ、ご無沙汰しちゃって
じゃけど、予約の電話しとったんは正解じゃった。わしらが食事中も、2組くらい予約なしのお客様が、「申し訳無いんですが‥。」と、美味しい料理にありつけてん無かったけんね。

今回は、ちょっと奮発して2500円のランチを頼んだんじゃけど、いつもながら手間かけ、ひと工夫もふた工夫もされとるお料理は、みな美味しかったぁ〜。
5種の前菜のソースや、鮎のバテ?も、手作りバケット(こいつも美味!)で掬いとり、器を洗わんでもええくらい堪能。
魚と肉のメインメニューは、お刺身にできるくらいのスズキのソテーと、牛フィレ肉。共に彩られとる野菜は、こだわりと地産地消のものも多く、市内で人気があったのに、故郷に帰って来た誠シェフの想いが年月と共に浸透し、多くの人に愛されとるんじゃの〜と、嬉しゅうなりました。
デザートが、これまた手が込んでて楽しめました。‥別腹と言いながら、大きゅうなるんは1つ腹のmikaに限らず、女性の方は特に大喜びでしょうね。
結局、わしらは、コクがあって美味しかったビシソワーズ(じゃがいもの冷スープ)など、ご夫婦のお心遣いもしっかり戴いて、満足満腹なランチタイムを過ごしたのでした。ありがとう!

そうそう、食事中ずっとかかっとったBGM。
途中、千春マダムが、「今流れてる音楽、どうですか?」と、訊いて来ちゃった。
国内外を問わぬお洒落な選曲と、コーラスワークにジャズ・テイストの演奏を絡めた音楽で、ええ感じじゃった。お店の雰囲気ともマッチしとった。
聞けば、誠シェフの従弟さんが所属しとる「jammin’ Zeb(ジャミン・ゼブ)」と言うグル―プなんじゃそうです。
食事中、クリスマスマニアのわしはmikaに、「こんとにコーラスがキレイなんじゃけぇ、クリスマスCDを出したらええのにね。」って話しよったんじゃけど、昨年出しとってみたいじゃ。ゲットしなくては。

まだ暫くはBGMで流しよってらしいんで、行かれる方は、お食事と共にお楽しみください。
※定休日は火曜日なんじゃけど、誠シェフは、時々、美味しそうな鹿を宮島に見に行ったり(笑)しとるんで、ホ−ムページで営業日見て、できれば予約して行かれた方が良いかとも思います。

 
Posted at 21:44 / お店 / この記事のURL
コメント(4)
墓そうじ / 2010年08月08日(日)
「明日、5時半に出て来るけぇ。陽が照る前に済ましてしまおうや。」
昨夜、裏の我が家に帰る前、おふくろに偉そげに伝えたわし。
これまで、仕事の都合もあり、ほとんどおふくろ任せにしとった盆前の墓掃除。今年は、ええ按配に時間が取れたんで、手伝うことにしたんじゃ。ほって、今朝、出て来たんは‥午前6時半じゃった。寝坊。

日頃から、おふくろが時間を見つけてはきれいにしてくれとる墓所じゃけど、雑草の生命力は逞しゅうて、2人で黙々と作業進めるもなかなか完了の域に達せず、やがて陽は上り、腰は悲鳴上げ、だんだん下げ下げのテンションになり、ついには、「雑草も命持っとるんじゃけぇ、殺生はいけんのじゃないんか?!」なんて、ワケワカランことを口走る始末。そうして、約2時間半の修行は終わった。汗だく。やっぱ、1時間の寝坊はいけんかった‥。
以前は遠縁の(手前の)墓も掃除しよったおふくろじゃけど、さすがにくたびれた。
「シャンシャン」と本格的にうるそうなり出したクマゼミの鳴き声‥以前に比べたら少のうはなった‥を浴び、きれいになったお墓に向かい、ご先祖様に手を合わせ、ついでに家族の健康と商売の回復をお願いし、ゴミ袋6つの雑草と共に、帰路についた。
いやぁ、おふくろ、今までご苦労さんじゃったねぇ。

 
Posted at 18:01 / 家族 / この記事のURL
コメント(0)
P R
月別アーカイブ

 
GMO MadiaHoldings, Inc.