私が坂本ゼミに入学した理由

May 19 [Thu], 2016, 22:45
みなさん、はじめまして。

坂本ゼミM1の伊丹雅治(いたみ まさはる)です。

「人と人とのつながりを財産に市民のイタミがわかる政治家」
を目指している地方議員です。

どうぞ、よろしくお願いいたします。


〜私が坂本ゼミに入学した理由〜

私は政治家にとって大切な力は「政策力」と「人間力」だと考えている。

政策力を磨くために色々と模索していたところ、本大学院政策創造研究科に辿り着いた。
すぐに飛び込みたかったが、私は問題を抱えていた。

勝手な使命感で会社を辞め、政治の世界に飛び込んだまではいいが、お金がなかったのだ。二人の子供と、健康状態が悪く入退院を繰り返す父の存在がブレーキをかけた。

諦めるつもりだった…しかし、議員活動をすればするほど、政策力の必要性を更に強く感じるようになっていった。「自分のためではなく、政治家として、まちのために政策研究をしてみたい。私を信じ、私に託してくださった方々の期待に応えなければならない。」そのような思いが日増しに強くなっていった。

葛藤している私に、妻が「政策研究が生まれた故郷のためになるという確信があるなら、やりなさいよ。お金はなんとかするから。子どもたちもパパと遊ぶ時間は減ってしまうけど、きっと背中は見てくれるわ。」と有難いことに私の背中を押してくれた。

東日本大震災で、自分の故郷が焼け野原になった妻の言葉には重みがあった。

他の同僚議員は、副業をしながら政治活動をしていることが多いが、私は学業をしながら政治活動をすることになった。違う意味での副業議員となる決意をした。

家族の理解を得た私は、早速、興味のあった「某ゼミ」を肌で感じるべく、ゼミ見学会に参加した。目当のゼミの教室へ向かう前に、折角の機会だから「坂本光司先生」にお会いしてからにしようと考えた。なぜ寄り道をしたのかというと、ある男が影響している。

そのある男は、金融機関の融資担当をしていた。自分にも他人にも厳しかったが、成績は抜群だった。しかし、ある日突然、会社に将来を約束されていた彼が「今まで融資する相手を間違えていたよ」と辞表を出した。理由を聞くと、「日本でいちばん大切にしたい会社」という本を読んだからだという。
(次週へ つづく…)


Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

伊丹さん

来週を楽しみにしています。
教授の本を読んで退職をした方、多そうです。

知野 進一郎

by 坂本光司教授 May 22 [Sun], 2016, 14:17
Trackback
2016年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
向瀧 平田裕一
» そこまでする! 東邦銀行 (2017年08月16日)
白柳はクズ
» (株)エイト (2017年08月03日)
増田 殊大
» 番組紹介「ワイルドライフ」 (2017年07月18日)
坂本光司教授
» 福島市のクラロンさん 生かされている! (2017年04月15日)
匿名
» 福島市のクラロンさん 生かされている! (2017年04月11日)
坂本光司教授
» 坂本教授の本日の予定 (2017年04月09日)
北大阪商工協同組合 事務局 一村洋子
» 坂本教授の本日の予定 (2016年12月27日)
服部 巨
» 坂本教授の本日の日程! (2016年12月14日)
人を大切する経営学会
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:人を大切にする経営学会
読者になる
坂本光司
人を大切にする経営学会会長 人を大切にする経営大学院塾長

元法政大学大学院政策創造研究科教授。 NPO法人オールしずおかベストコミュニティ理事長。 日本でいちばん大切にしたい会大賞」審査委員長。 他に国・県・市町・産業支援機関の公職多数。 専門は、小企業経営論・地域経済論・福祉産業論

カテゴリアーカイブ