有限会社珈琲館(パスタガーデン珈琲館)【No59いい会社視察2012/10/21】

May 21 [Tue], 2019, 6:00
今回は2012年10月に坂本先生の授業の一環としてご訪問した『パスタガーデン珈琲館』さんをご紹介致します。

脱サラをして珈琲店を開業した紫村公文オーナー。コーヒー店廃業の危機から立ち直り、パスタをメインとした人気のブッフェレストランに事業を転換。当日は朝礼に参加させていただき、ランチの後に紫村オーナーからお話を伺いました。(同日に別なレストランである『星の空』の施設見学とお話を伺いましたが今回は記述していません)


●概要 
社名 有限会社珈琲館
本社所在地 宮崎県都城市乙房町2900
代表者 代表取締役社長 紫村 公文(シムラ ヒロフミ)
従業員数 20名
事業内容 パスタガーデン珈琲館 運営、イタリア料理店 星の空 運営


●お父様に助けられた開業への道
紫村オーナーは元サラリーマン。組織の中の自分に悩み続けたと言います。あるとき、原因は外部ではなく自分自身の内部にあると考えて、お店を持ちたいと思い行動に移します。
5年間、建築会社のアルバイトやタクシー運転手をし、昼夜を問わずにほぼ働き続けて資金を貯めます。開業には数百万足りなかったため信用金庫に融資のお願いに行きました。たまたま融資の担当者がお父様を知っていて、“映画の仕事をしていたお父様は良い人だった”というご縁で400万円融資してくれました。お父様は仕事において集金をしなかったと言います。“支払いに来ないのはお金がないから来ることができない”と考えたからでした。“お金ができれば払いに来る”と考え、敢えて集金には行かなかったのです。原因は支払いをしない・できない本人にあるわけですが、集金をすることで、ともすればその人を追い詰めたり生活への悪影響が発生しうることを考えると、お父様は世の中の経済ルールや自利ではなく信頼を大切にしていたという事が伝わってきます。お父様は仕事には厳しくも、社員は解雇しなかったそうです。そのお父様は紫村オーナーが高校1年生の時に亡くなっています。

●開業の頃
約40年前、地元の宮崎県都城市で珈琲館を開店しました。
開店当時はかなり繁盛しましたが、その後接客サービスが低下します。オーナー自身もお店をアルバイトに任せるなど、現場を離れがちになっていきました。お店の売上が2000円しかない日もあったそうです。お母様の隠れた補助があったから存続できていたようです。

●忘れられない出来事
約20年前、顧客クレームがあった時、“アルバイトなので”と言い訳をしたところ、そのお客様から“オーナーであるあなたに責任がある”、と指摘されました。その通りであり、紫村オーナーはお店を友人に譲ろうとまで考えましたが、自分自身が変わることだと考え、気持ちを入れ替えたと言います。弟や回りの人に対して敬語を使うようにし、相手を尊重して、笑顔を心がけるようにしました。
ほどなく珈琲店からパスタ料理店に転換します。その際、地元のテレビで紹介されたことも重なってお店は繁盛していきました。評判だったドレッシングの商品化を目指し、食べ歩きを重ね手づくりにこだわった生ドレッシング事業を始めます。地元のスーパーで売れ始め、2年後には苦労の末に鹿児島の老舗デパートとの取引が叶います。ご訪問当時では同社のドレッシングは某ネット通販で常に上位となっていました。

●理念
お店のテーマは『感動を与える』。オーナーが笑顔になることでスタッフに良い影響が出始めます。そしてスタッフの笑顔の接客が定着していきます。
『やればできる朝礼』が理念共有の場です。

今回の訪問では朝礼に参加させていただきました。全員で円になり元気よく行います。今日一日のはじめに全員の気持ちが繋がっていく感覚を覚えました。全員が相互に元気を与えあう朝礼です。朝礼の最後に全員でハイタッチを行います。アドレナリンがでてくるような、体の細胞が活性化するような感覚になります。
理念の共有や浸透が日々レストランのスタッフ全員で自然と行われていました。

●最後に
紫村オーナーは、ある書店で坂本光司先生の『日本でいちばん大切にしたい会社』を手にとり、車で帰宅中にもかかわらず早く読みたい気持ちから、道ばたに車を止めて一気に読んだと打ち明けてくれました。先生が示す“5人の幸せ”や“損得ではなく善悪”について紫村オーナーの考えとぴったりだったことから、感動のあまり巻末に記載されている坂本先生のご自宅にすぐさまお電話をされています。電話に出られた女性(先生のお母さま)から“明日朝6時30分ならいます”という言葉を聞き、翌朝お電話したところ坂本先生がすぐ出られたとのことでした。
このお話を伺った時、“本の力”を感じたと同時に、ある種の物事は必然のようにつながっていく力を持っていることを実感しました。そして紫村さんのような行動に移す人が多くいてほしいと思いました。


***補足***
この投稿では2012/4〜2018/3までの6年間法政大学大学院 政策創造研究科 坂本研究室で経験した【いい会社視察】・【プロジェクト】・【授業で学んだこと】を中心に、毎週火曜日にお届けしております。個人的な認識をもとにした投稿になりますので、間違いや誤解をまねく表現等あった場合はご容赦いただければ幸いです。(人を大切にする経営学会会員;桝谷光洋)
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Trackback
2019年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
向瀧 平田裕一
» そこまでする! 東邦銀行 (2017年08月16日)
白柳はクズ
» (株)エイト (2017年08月03日)
増田 殊大
» 番組紹介「ワイルドライフ」 (2017年07月18日)
坂本光司教授
» 福島市のクラロンさん 生かされている! (2017年04月15日)
匿名
» 福島市のクラロンさん 生かされている! (2017年04月11日)
坂本光司教授
» 坂本教授の本日の予定 (2017年04月09日)
北大阪商工協同組合 事務局 一村洋子
» 坂本教授の本日の予定 (2016年12月27日)
服部 巨
» 坂本教授の本日の日程! (2016年12月14日)
人を大切する経営学会
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:人を大切にする経営学会
読者になる
坂本光司
人を大切にする経営学会会長 人を大切にする経営大学院塾長

元法政大学大学院政策創造研究科教授。 NPO法人オールしずおかベストコミュニティ理事長。 日本でいちばん大切にしたい会大賞」審査委員長。 他に国・県・市町・産業支援機関の公職多数。 専門は、小企業経営論・地域経済論・福祉産業論

カテゴリアーカイブ