事業承継@

April 19 [Fri], 2019, 7:00
事業承継@

多くの中小企業が承継者がいないために事業を廃止するような
事態が大きな社会問題となっています。
 ところで、皆さん、種類株式につきましては、色々ご承知のことと思います。
はやりの「黄金株」(拒否権付き株式)などというのもありますが、
今回ご紹介するのは、「株式の属人的な定め」です。

▼たとえば、社長である父親が700株、
社員その他の取引先で300株の会社で、
長男が事業承継をすることになりましたが、長男は株式をもっていません。
 しかし700株を譲り受ける資産がなく、
このままでは、事業を承継できない可能性があります。
 こんな時に、株式譲渡制限をしている会社であれば、
「株式の属人的な定め」により例えば創業家(直系血族)のみ
1株の議決権を多くする、例えば20議決権とするような定めをします。
 すると父親は700株ですが、14000議決権となります。
 長男は100株を取得し、残り600株は
社員や取引先に購入してもらいます。
 すると、長男は100株ですが議決権は2000議決権、
社員や取引先は合わせて900株で900議決権となります。

▼議決権だけを変更するため、税務上はあくまで評価は100株であり、
配当等も100株としての配当しかもらえませんが、
経営自体はこれで安定的に可能となります。
定款変更のみで可能であり、そのために4分の3の賛成が必要となり、
また実際に行う場合には、通常全株主に同意してもらうこととなりますが、
種類株式のように登記簿謄本に載ることはありません。
もっとも少数株主権は残ったりしますので、この方法を選択するかどうかは、
様々な状況を分析した上で実施されることになると思います。
 会社法は色んなバリエーションを可能としてくれます!

(学会法務研究部会 常務理事 弁護士山田勝彦)


Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Trackback
2019年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
向瀧 平田裕一
» そこまでする! 東邦銀行 (2017年08月16日)
白柳はクズ
» (株)エイト (2017年08月03日)
増田 殊大
» 番組紹介「ワイルドライフ」 (2017年07月18日)
坂本光司教授
» 福島市のクラロンさん 生かされている! (2017年04月15日)
匿名
» 福島市のクラロンさん 生かされている! (2017年04月11日)
坂本光司教授
» 坂本教授の本日の予定 (2017年04月09日)
北大阪商工協同組合 事務局 一村洋子
» 坂本教授の本日の予定 (2016年12月27日)
服部 巨
» 坂本教授の本日の日程! (2016年12月14日)
人を大切する経営学会
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:人を大切にする経営学会
読者になる
坂本光司
人を大切にする経営学会会長 人を大切にする経営大学院塾長

元法政大学大学院政策創造研究科教授。 NPO法人オールしずおかベストコミュニティ理事長。 日本でいちばん大切にしたい会大賞」審査委員長。 他に国・県・市町・産業支援機関の公職多数。 専門は、小企業経営論・地域経済論・福祉産業論

カテゴリアーカイブ