プリキュアオールスターズ

December 08 [Sat], 2018, 22:24
毎日来年のお仕事の打合せ!!

来年は映像に関わる事も増え
予定が流動的過ぎてスケジュールが立てられない!!!

そんな中、
プリキュアの映画がもうすぐ終わると知り
碧香と寧音をつれて映画館へ!!!

本当は碧音ちゃんも一緒に行きたかったけれど、今日はダンスの公演本番!!

平日は碧香たちは幼稚園。

プリキュアはもう朝イチしかやってない。

次の土日には終わってる。

そして俺は、今日は今月初めての1日オフの日!!!!!


急いで二人を着替えさせて
車で近所の映画館へ。 

たまたま会員デーで1000円でした。
ラッキー!!!

ポップコーンとクレープ買っていざ!!


うち以外は一家族しかいない、田舎ならではの空きよう。

でも、だから気楽なのだけど。


で、観る!!!!

予告から判るように
やはり名作であった!!!!

素晴らしいお話。

子育ての話
思いでの話
人の心の話
相手を思いやる話

そんな
ハグッと抱き締めて解決する
愛に溢れた物語がよかった。

ライダーと違って、敵を倒さずに手をさしのべて解決するのが素晴らしい。

何より感動したのは
二歳の寧音が
ライト振りながら
「プリキュア頑張れ!!」
と応援しながら最後まで席を立たずに観れたこと!!!!!



パパはもーれつに感動しているーー!!

日々成長だねー。


そしてプリキュアのプリクラをやった。
人生三回目くらいのプリクラ?

一回目は失敗して腹が立ったので
二回撮った。




そして、トイザらスでウロウロして
玩具で遊ぶ。

このまま帰ろうかと思ってたけど、
今日は俺は休みなことを思い出して
折角なので動物園へと向かった。

寧音は
動物園へ行くーーー!!

と言ってたのに
動物の檻の前に行くと
「怖いーー!」
と言って、どの動物にも近付けない。



猿だけは
「寧音の大好きなだ!」
と言ってずっと見てた。




広場に滑り台があったので、
遊んでいく。




動物より遊具!!






おさわりコーナー


そしてアスレチック!!
すこぶる寒いが、子供たちはガンガン遊ぶ!!!


この寒いのに二人とも
「アイス食べたい!」
と言い出す。

帰りに寧音は爆睡!!
碧香とコンビニでご飯買って、食べて。
碧香に雪見だいふく買ってあげると。

ひとつだけ食べてしまったから
「二つとも食べていいよ」
と言うと 
「寧音ちゃんの分!」
と残してあげた。

優しさに感動。

そして帰りに碧香が
「今日も楽しい1日だったね」
と言ったので、
行ってよかったな。

と思えた1日でした。


今日も俺の勝ちだな!!!

寧音のキュアエトワール

碧香のキュアアンジュ


























ガンダムNT

December 05 [Wed], 2018, 19:17
朝から横浜で面接予定。
二時間かけて移動し、到着目前で急に電話がかかってきて今日はできなくなったからまた今度に!
との連絡。

そんなことあるのかい?

と、急に予定が空いてしまったので、帰りに新宿へよって公開された

『機動戦士ガンダムNT』

を観てきた。

今回は本当にガンダムの新作が公開なのか??  
と言うほどに話題にもなってないし、宣伝も力を感じない。

何より新作が始まる時のワクワクがない。
こんなのはガンダムAGE以来だ。

俺がもう、ガンダム系の本やら読まなくなったからだろうか?


三日前程に、公開された冒頭の23分を
ネットでみた。
なんか、予想した通りの
ワクワクのない出来にガッカリした。

そして昨夜
テレビで放映された冒頭の23分を見た。

やはり同じ印象で、全くワクワクしない。
何より宇宙世紀の香りが全くしないのだ。

でも、これをみて続きが気になるという人も多いし、みた人の評判も高い様なので、ラストの展開に期待しながら観に行った。


結果!!


うーーーーん!


リアルタイムでガンダムを追いかけてきた
生粋のガンダムマニアの俺には、そんなに楽しめない話だった。

着眼点とメインの三人の話は物語としては普通に楽しめた。
冒頭の23分も、映画館だと音が全然違って、すごく世界に入り込めた。

しかし!!!
戦い方や、監督がこだわったテンポも、ただ早いだけで、富野さんの描く神がかったワンカットごとに様々な世界やキャラの情報が詰め込まれて見てるだけで世界観が広がる物にはなってなかった。

戦いもただ早い!
ただカッコいい!
に見えてしまう。
ドラマがない!!!

そして、それらすべての原因として
この作品には『映画』が無い!!!

まるでテレビスペシャルの二時間アニメだ。
テレビでやる番外編なら良かったかもね。
でも、映画館でやる映画としては、全然ダメに感じた。

富野さんの弟子なのに、初監督だから仕方ないのか。

でもまあ、それらはすべて俺の好みであり、俺のガンダム感覚だから、他の人には満足だったりするのかも。

ユニコーンに満足してない人は同じ辛さを味わうね。

いやー、やりたいことは分かるけど、
ガンダムの出来事をファンタジーとかオカルトとかで分類して分析して答えを出そうとしても駄目だよ。
そんなこと意味が無い。

必要なのはそこで生きる人たちの生活と習慣、そしてそれを破壊する戦争という悪意とエゴ。

きっとそれだけでよい。

でも、SEED以降のガンダムには
生活がないのだよなー。
キャラが生きている世界が。

富野さんの言葉を借りれば

人が死ねばいいんじゃないんだよ!
目がデカけりやいいんじゃないんだよ!!

みたいな。


なんだろう?
ガンダム同士の戦いも
セカンドネオジオングの巨体も、全然迫力を感じなかった。

きっと早さのせいと、カット割りのせいだろう。

この余剰パーツで作られた二機目設定嫌い。

予算の問題で
フェネクスやシナンジュやネオジオングの色違いしか出せなかったのだろうけど。
折角の新作なんだから新型だせ!!

イマイチ売れなかった 
ネオジオングとシナンジュスステイン
を売りたかったのか? 


何で秘密裏の作戦をコロニーで行う必要があったのか、無駄に人を殺して凄い絵を作りたい!
にしか見えないし、
何故失敗作に権力を与えているのか、その辺もキャラクターありきに見えて、ホントーに気に入らない。


キャラクターデザインはもう宇宙世紀ではないし。


なんか、全てがごちゃごちゃで
何を観たら良いのか。

ニューガンダムのサイコフレームテスト用のプロトタイプって設定も大嫌い。

ニューガンダムは
ブライトがなんとか工面してアムロが基礎設計して、どうにか連邦で初めて作ったニュータイプ用ガンダムなんだよ!!

連邦軍はニュータイプ否定派だから
ガンダムは作りたがらないんだよ!!

なのに、ポンポン作るなーーーー!!!!

しかもサイコフレーム実験機ってなんじゃい!!!

サイコフレームは開戦してから
シャアが極秘で横流しした技術で
ニユーガンダムには予定外に取り付けられた技術だろうがい!!!

テスト機なんかあるかーーい!
ニューガンダムがテスト機なんじゃろかい!!!

と、思ってしまう。
  
オタクは嫌だねー。


で、まあ話的には
悪くはなかった。

でも【ガンダム】として
観ても観なくても良い作品だとおもった。

観てもよいけど必要ない!!!

 
そんな内容。

そりゃ師匠の富野監督も怒って三日間来なくなるよ。

新しい事やれよー!
と怒られて

新たに新しい事に挑戦した場所が、
コロニー落としのカメラを地上からだけにした。
とく、
ガンダムのパワーアップを段々小さくなるようにした。

とか、


そうじゃねーーーだろ!!!!!


と思っちゃう!!!

もっと、ドラマを作れよ!!!!!

もう福井さんの作った脚本があったから
変えられる場所がなかったのかもしれないが!!!

 
脚本無視して変えろよ!!!!

くらいの事を富野さんは言ったのだと思う。
富野さんや押井さんはそうしただろう。


今の時代では許されない事かもしれない。
天才ゆえの自由。


まあ、初監督だしね。

沖浦さんの初監督の『人狼』は素晴らしい映画だったね。


まえ、そんなこんなで
とりあえずは映画館で見れてよかった。


感想は
ユニコーンガンダムのおまけのガンダム。

単独映画になるにはユニコーンありきだったのが辛かったね。


「逆襲のシャア」程の完結感も
「F91」程の始まり感も無い
映画をみるワクワクが全く無い
ただ、そんな事件がありました。
と言った感じの作品だった。


二十年待った
「閃光のハサウェイ」
に期待しながら時を待とう。





豪華客船で中国へ!!

November 11 [Sun], 2018, 12:29
様々な仕事と子育てが怒濤のように押し寄せて去って行き、
いつの間にか月日が流れていっている毎日で。

すっかりブログ更新も滞り、申し訳ないです。

その反面
ツイッターやフェイスブックは毎日のように更新しているので、
そんな時代になったのかもとも思います。

今はインスタとかティックトック?とか
もうよくわかりません。

年を取りました。
時代についていけません。


そんな四十を越えた私が、
先日、人生で初めて海外へ!
外国へ行ってきました!!!!

パスポートなるものを修得し。

豪華客船で中国へ行ったら放り出されて
帰りは自前でという恐ろしい仕事ですが。

仲間達とあーだこーだ。
と情報を共有しあい。

なんとか横浜港の大桟橋から出港!!

13時に集合!!

ただ、船がでかすぎてベイブリッジを潜れなくて桟橋につけないから、
コンテナとか荷物をつ見下ろす大黒ふ頭での乗船。


この船です!

近づくとデカイ!!


不安だらけのなか言われるままに通っていたら

1530 に
乗船できました!!!


て、まあ、初日は
色々と船内説明。

出港にまつわる日本語での説明。

避難訓練。


を受けてから船内を散策。
というか、どっちが前で後ろか、どこに何があるのか、迷いまくりながら調べていく!!!



5時半からレストランでディナーが用意されるのだけど、時間が微妙だったのて
ビュッフェの方へ!!!!





ターキーとパンとケーキと果物が旨い!!!

肉は固い!!!



で、夜8時にようやく出港!!!

光る太鼓の演奏隊に送られて出港!!!!


さらば日本よ!!


そして、船の各所に設置してある機械で
クレジットカードを乗客カードに登録!!

このカードで、船内のすべての支払いは済まされる!
船内はユーロ!!!

1ユーロ180円くらいとか。

金持ち達が乗る船なので、船内の物価もやや高め。

船は出港したら中国時間になるので、
一時間戻ります。

つまり、9時なのにまだ8時!!!

これが、なかなかに慣れないし長い!!

初日はそんな環境対応て終わる。


二日目は
あさ7時から開いてるはずのレストランにモーニングを食べに行くと、まだ閉まってる!!

それもそのはず、中国時間ではまだ6時だから。

なので、また朝からビュッフェ。
何でも揃ってる。


半日たったけど、まだ大阪の辺りらしいので、まだスマホもネットにつなげられる。


色々と調べながら、やりながら。

空き時間は異様に長い。

家族で来てたら、きっともっと凄い楽しめただろう。

のんびりなにも考えずにゆったりできて。

でも、時間を潰すしかない俺たちには
何もないこの時間がやや辛い。

室内プールへいってみた。


深かった!!!足がつかない!!!
そして水がしょっぱい!!!

海水か。

久々に延々と泳ぎまくった。
海水だからかどんだけ泳いでも疲れない。
 
船のアチコチあるジャグジーは、温水なので気持ちよい!

船室にはシャワーしかないから、お風呂がわりにちょうどよい。

でも、外人のお爺さんお婆さんが
ずーっと浸かっているので、
なかなかに入るのも大変。






色々な施設があるけど、この船は殆どが有料なので金がないと楽しめない。
普段、豪華客船で旅するのが趣味そうな奥さま達も、やや不満を漏らしていた。

金があれば幾らでも楽しめるのは、何でも同じ。

僕らは豪華客船の中で
謎解きのお芝居をするお仕事なのだけど、
それにしても二日目にして、かなりやれることに限界を感じ始める。

そして、いよいよ日本から離れて
ネットが繋がらなくなる!!


本当に暇!!

金があればカジノで豪遊も出来たかもだけど、金がないので泳ぐか食べるか海を見るかしかない!!

見渡す限り海!!!

ずっとみてられるけど、
まあ10秒で飽きる。


やはり、二日に一回は港に寄りたいね。

次回の宣伝用にインスタ映え写真を撮りまくる!!



でも、皆、外人仕様のアバウトな対応と、大ざっぱな料理に、徐々に疲弊していく。

日本語対応スタッフが、まぁ、いない!!

お客の外人達もガンガン俺たちに質問してくる。
もちろん英語で。

何故これだけの人がいて、英語喋られなそうな俺たちに聞く!!!!

しかし、片言英語でも
話してれば、意外とコミュニケーションは取れるもので。
いつの間にか社交的に英語でコミュニケーションするようになった。
 
この船に1ヶ月いたら英語喋れるようになるかもね!!!
とも思った。


しかし、船のスタッフが豪華客船らしからぬ接客態度なのは外国だから?

しかし、他の船はそうでもないらしい。

下船のときなんて、
間違った情報が錯綜しながら、
間違った下船手続きが部屋に届き、
間違った荷物札が配られるてっていぶりの外国仕様!!!

全部英語で書いてあるから、しっかり読まないと、向こうは
書いてあったでしょ?
とでも言って終わりそうだ。


なので、知らない日本人同士で、状況やシステムを共有しあい、いつの間にか絆が生まれていた。

知らない外国の地で頼れるのは自分だけ!!!

日本のサービスに慣れてると、あっという間に迷子になってすっからかんにされちまうぜ!!!

で、上海についてから
飛行機までの1日、時間があるのと、空港までの行き方が分からないから、
上海ツアーを申し込んでいた。

しかし、日本人が少ないから日本語ツアーは今のところ予定内ですので、英語ツアーでもよいですか?

と言われていたのに。

結果、ツアーのバスのなかは
15人ほどが全て日本人しかいないという状況!!

ガイドさんもビックリで、誰か英語喋れますか?
と聞くも誰も喋れる訳もなく。

必死で英語でガイドを勤めてました。

あなたは悪くないよ!
あなたも被害者だ!!!!

下船準備で七時半にバーに集合したのに、スタッフ達の連絡不足と手際の悪さで客は五階と七階を行ったり来たり。
外人は自分の仕事だけこなすから、他の部署との連携なんて考えないんだろうなぁ。

で、結局降りれたのが9時!!

ガイドさんもビックリ!!
ツアーの時間がなくて博物館は
ノータイム??


上海での事はまた今度!!
しかし、青かった海が、まっ茶色になって大気がずっと霞んでいる。


恐るべし中国だな。






ポルターガイスト

October 26 [Fri], 2018, 21:57
J:COMで録画してた
ポルターガイスト2と3
を見た。


実は「ポルターガイスト」事態は
子供の頃から何度も観ている名作なのだが、2と3はあまり見た記憶がない。

多分、テレビで一回位しか見てないのだと思う。

何故見てないのか不思議だが、これまで何度か見れるチャンスがあったのに、見たいと思わなかった。
いや、むしろ見るのに結構なパワーが必要だった。

しかし、先日
たまたまつけたテレビで
「ポルターガイスト」
がやってて、なんと無く流し見をしてしまい。
 
なんか興味が湧いたので、
録画してた2を見ることにした。

見た! 
所々、記憶に残ってて、
ああ、これはポルターガイスト2のシーンだったのか!
と納得刷るくらいで、
以外なのは霊媒師のおばあさんが三本ともにメインの役で出てたこと。
全然記憶にない!

2は、まあ、面白くはないね。
決着をつけるために、
霊の正体を明らかにしたのが、なんか、
うーん。って感じ。
そして昔の映画を観ると、やはり
技術レベルが違いすぎて、今の自主映画見たいに見える。 

CGがない時代だから、これ全部体張ってやってたんだなぁ。

と手間隙ばかり見えてくる。
 
どうしてもそう見えてしまうのは
ファンタジーやホラーのしょうがない所だろう。

SFやアクションものは今でも見れたり刷るもんなぁ。
ホラーとかは演出とか表現に流行りが有るのかもね。
まあ、古いから怖くない。 
と言った感想。

でも、当時はこれでも凄い技術だったんだろなぁ。

ついでに3も見た。

2も3もスピルバーグではないから
個性が前面に出てる。

3なんて鏡だらけのビルで
個性だらけの映画だ。
見てるだけで、鏡にカメラやスタッフが映り込まないか大変さばかりが気になる映画。
これは職業病。

でも、やはり古い。
登場人物たちの服装やメイクも古い。

人形が人形にしかみえない。
当時の、映画館でしか見ない一瞬だけの映像だから許された表現なんだろうなあ。

まさか、ビデオやオンデマンドになってテレビで何度でも見られるなんて、作っている人たちは思ってなかった時代だ。

何で家族じゃなくて、親戚に預ける設定にしたのか?
役者が死んだのか、出演を拒否したのか?

ポルターガイストシリーズは呪われた映画として有名で、
撮影中にスタッフに照明が落ちてきて死んだり、
1のお姉さん役の女優が恋人に刺されて死んだり、2ではお姉さんが出てこず、いなくなったことに触れること無く話が進むのに、何か違和感を感じたけど。
大ボスのケイン神父役の人も交通事故で死んで、3の撮影後にヒロインのキャロルアン役の女の子が原因不明の高熱を出して公開前に死んでしまった。

故に3の副題は
「少女の霊にささぐ」
なのだ。

その他、多くの関係者が死んだ映画で有名なポルターガイストシリーズ。

完結してよかったね。

でも、2と3はもう見なくてもよいかな。
と思った。

そういや、最近やったリメイク版を見てたとき。 
霊界の入り口となった光るクローゼットを見ながら、寧音が
「神様ーー!!」
と神棚を指差したなぁ。
寧音には神棚がああ見えていたのかなぁ?

リメイクは今思うと、昔のより面白かったのかも知れない。
でも、リメイクの宿命で、オリジナルを越えることは難しい。  
話もオチも有名な作品をネタバレ有りきで、今風に変えて、話を引っ張らねばならないのだから。
全く別物に作り直した方が早いくらいだ。


そんな、感想だった。

ホラーは難しいね。


そして、昼から打ち合わせ。

来年から始まるテレビシリーズのドラマに関わらせていただけることになった。

映像の仕事はまだまだ経験値が足りないが、死ぬ気で勉強していち早く一人前になろう!!  

頑張るぞー!!

今日も俺の勝ちだな!
 
今日の名言
「覚えておいて、愛が最大の武器なのよ」byタンジーナ
『ポルターガイスト3』より

ダンサーになる日!

October 25 [Thu], 2018, 14:59
とあるミュージカル映画の撮影で、ダンサーを大量に募集していた。

碧音ちゃんから、 
習い始めでもいいらしいから出れば?

と進められる。

習い始めもなにも、俺は習ってすらいない。

でもまあ、色々なシーンで募集してるなか、
100人のオタクたちのダンスシーンがあって、これならば一人くらい下手でも紛れるだろうと。
数会わせ的に参加。 

振り付けの日は、
台風の次の日で、電車が大幅遅延続出で
一時間半の遅刻。

半分くらいは遅刻だけど、振り付けが始まっていて、前半の振り付けが分からないまま、後ろにならび、見よう見まねで覚えていく。

オタクのオタ芸やるのかと思いきや、
ガッツリダンス。

そして、振り付けが終わってから
少し練習と、ライブシーンの掛け声の練習。

そして帰った。


まあ、なんとかなるかと思った
二回目の稽古前に、新たな振り付け動画が送られてくる。

取り敢えず覚えた方が良いのだろうが、
前回の振り付けのどこにこれが入るのか、全くわからない。

さらに画像では、素人には何やっているのか早くて分からない。

前日夜に碧音ちゃんに練習付き合ってもらう。

しかし、動画見て簡単と思ったダンスのプロは、いきなり専門用語つかいながら何やら始める。

何が始まったのか分からないので、見てたら「何でやらないの?」
と怒りだした。

えっ!一緒にやるの? 
何を?まだ動画しか見てないよ。

碧音ちゃんは何も説明無くすぐさま再開する。
こちらは全く何の準備も出来ていない。

以下、俺の思考
右手を伸ばして、手先は・・伸びてて・・次の左手伸ばすときには・・・・右手は伸ばさない・・と同時にシャンプ?

等と動きを分析しながら考えてる間に
碧音ちゃんのカウントはすでに8くらいまで進んで居る。

多分、ダンサーからすると
取り敢えず流しながらやっているレベルなのだろうが、素人からすると早すぎて追い付けない。

ステップが大事!

と嫁が言う。

しかし、ステップとはなんぞや?
の俺。

右足あげたら、次の足の動かしかたが分からない!ステップどころかからだ全体が動かない!!

ほとんどがステップだからステップの練習から!
と言われるが、今、どこの振りをやろうとして居るのか、何をいっているのか何もつかめない。
 
日本語を喋る嫁が何を言っているのか全然わからない。

久々の感覚。
俺の出来の悪さに嫁が鬼嫁に変わっていく。

いや、そんな早さでマスターできないよ!!

足だけとかドンだけ難しいのか!?
足だけだと、どこの振りか俺の頭脳では理解できないので、ヤンチャってタンスでいいから上半身もつける。

そして、頭からゆっくり、一個一個の振りを確認する。

しかし、基礎のない俺には
ダンスには当たり前の繋がりや重心移動も出来ないので、一つめの振りが終わると、次の振りが思い出せない。
なので、一つ一ついちいち思い出して、なんちゃってでなぞるしかないのだ。
なぞらないと頭でイメージを掴めない!

前回の振り付けの時もそうだったけど、
こうやります!
と言われた動きはわかっても、それが何処にはいるのか、何の続きなのか、分割されると全くイメージが掴めないのだ。


特にカウントでやると、何も頭に入ってこない。

と言うことが判った。

嘘でも下手でも間違っててもいいから、
音楽流しながら、この音の時にこの流れ!!
を体に入れないと理解できないのだ。

そして、ほぼ考えずになんちゃってな動きが出来るようになってから、キチンとした足運びとか、指先とか意識できる余裕が生まれてくるんだね!

しかーし!!

嫁はステップの足運びが違うとすぐさま指摘してくる!!

解ってるよ!解ってるけど、そこ意識したら音楽に置いていかれるんだよ!!!
意識しながら足を置くだけでカウントが四つは先に進んじゃうんだよ!!!!

ダンサーたちあるあるなのか、きっとそれが普通なんだろうけど、踊ってて、間違えたらその振りのカウントから始めようとするが、そんなに器用ではないので、イメージを掴むために、頭から振りをなぞらないと、自分が何やっているのか見えて来ないのです。

そして、全然出来てないけど、なんと無くの流れを頭で理解したら、もうひとつ送られてきた、新しい振りの動きを練習。

何回かやったら碧音ちゃんは、簡単だからもうできるよ。

と、寝てしまう。

何が簡単なのか分からないけど。

取り敢えず、練習。
しかし!
この振りが何処に入る振りなのか分からないから、絵が繋がらない!!

碧音ちゃんの反応見てても、
きっとこれだけ覚えとけばどこかに入ってもそれやればいいでしょ。
的な感じなのだろうが。

さっきも言ったように、頭から絵が繋がらないと、振りなんて思い出せないし、曲のどこなのかも分からないから、俺にはもう、理論的な感覚が掴めなくて何も頭に入ってこない!
そんな感じ。

そして、付け焼き刃の特訓をして
2度目の稽古日。

前回より広い稽古場。

歌詞と歌が入った本番用の曲が出来てきたので頭からゆっくり返していきながら、結局、頭から全部振りが変わっていくと言う衝撃の展開に!!

ええーー!何も残らないの? 
前回の稽古は何?

立ち位置もならび順も全部変わった!!!

昨晩稽古したパートだけは、使用された。

稽古が無駄にならなくて良かったけど、結局昨日と同じ展開に!!!

次々と振りを変えていくので、
その場では似た動きはできても、
今、どこの動きをやっていて、どの振りがどの振りの次なのか、全然分からない!!!

もはや、ナンチャッテで誤魔化すことも出来ないくらい、前の人見てワンテンポ遅れながら踊るフリをする俺。

何も身に付かぬまま稽古は終了!!


で、次の日の夜
家の前でひたすら練習!!!
 
どうしても曲の速度が俺の思考速度を追い越していく。

しかし、何度も聞いているうちに、曲が頭に入ってきた。

曲が頭に入ると、次の流れが音でイメージ出来るので、振り付けも予測しやすい。
でも、どうしても思いだせない場所はあるが、絞られてくる。
あとは繰り返しながら思い出す為に、少し前の振りの時に(次の為に)こう考える!
と条件反射を植え付ける。

俺はダンスの基礎がないので、ステップも振りも名前すら知らないから、覚えるのに数倍のめんどくさい努力を必要とするようだ。

で、遂に撮影日!!!

朝早くから移動!!!

曲も振りも頭に入っている今の俺に恐れるものなど何もない!!!!
あとは小さく纏まらず!
振りをなぞらず!
ノリノリで楽しく弾けるのみだ!!!

朝からいきなり立ち位置がどんどん変わる。

振り付けもどんどん変わる!!!

しかし大丈夫!!!

曲が頭に入っているから!

一番後ろだったので、壁に背中擦り付けながらダンス!!!
しかし、カメラが後ろに回ったときには、
俺の背中が一番前!!!ヤバい!!!

でもまあ、どうにか楽しく終えることはできた!

本番までにモノに出来ればよいのだよ!!!!


そして、夕方からはライブシーンの撮影。

こっちはこっちで疲れたねーー。


久々に出演する側で参加した。

ずーっと動き続けてるスタッフさんは本当に大変だね。


そして、昨日!!
碧音ちゃんの撮影日!!!

オタクたちのシーンにも出てて、そこにも出てたダンサー達や、キャスティングの方が、芸名、森澤碧音だけど本名が吉久美緒なので、色々と聞いてきたそうな。

そして、夫婦と知ると。

キャスティングの方は他のダンサーはあんまり覚えてないけど、吉久さんだけは凄い印象が残ってる。
と話してきたとか。

ダンサー達も
吉久さんと夫婦なんだ!あーそーゆーこと。
と言ってきたそうな。


ちょっと待て!!!
キャスティングの方はまだしも、何故ダンサー達まで俺の名を知っている!!!

誰も知り合いいなくて、誰にも名乗ってないぞ!!!
3日間、ずっと一人で孤独にしてたぞ!!!

何故みんな俺を知っているんだ!!!!

皆、印象的だった。

と言ったそうな。

嘘でしょ!!めっちゃ気配消してたよ!!!

くそー、そんなに下手だったのか。
はたまた、オーラがかもし出てしまっていたのか。

困った物だ!!

まあ、無事にすんで何より。
今日はギリギリ俺のかちだな!!!




デッドプール

October 17 [Wed], 2018, 18:13
来年放送開始予定の
川越のご当地ヒーロー
月兎
の脚本を書かせてもらえる事になった。

「忍者烈風」がリアルヒーロー
「Jヒーローズ」が王道ヒーロー
だから、
コメディかダークヒーロー
がよいのかなー?
と、漠然と考えている。

東映系とは全く違う
楽しいコメディ要素の強い明るいヒーローモノにしたいとは思っているが、
それは役者の技量も、撮影技術や演出もかなり必要となるので、どうするか分からないが、そんなものはできてからの話なので、取り敢えずは面白い話を書くだけ!!

そして、ダークヒーローのイメージ掴むために
「デッドプール」を見た。

いや!!久々にスゲー面白い映画だった!!!

いやホントに【映画】だった!!

マーベルヒーローなのに、
マーベルシネマでなく
Xメンやスパイダーマンと同じ
20世紀FOXだから、アベンジャーズには入れない悲しさ。

でも、Xメンとは同じ世界。

Xメンに誘われるけど、仲間にならないミュータント。
悪人なのに正義の味方。

スゲー!!!

綺麗事て無く、正論を言いながら虐殺していく大人のヒーローだった。

ユーモアも面白い。

Xメンを王道ヒーローとして共演させることで、より際立つリアルな心理。
素晴らしかった!!!

でも、スゲー参考になったけど。
やっぱり月兎はダークヒーローではないな。

優しいコミカルなでも大人でカッコいいヒーローにしよう。


そして、数日後
「デッドプール2」を見る!!
冒頭からまさかの展開!!!
いきなり!?
スゲー思い切り!!

一作目もそうだけど、
いわゆる「第四の壁」を越えて
観客に話しかけてくるキャラクター。

これは来年に予定している別のお仕事に
こんなキャラが居るんだよなー。

使い方が難しいね。


これはこれでまたスゲー面白い。
途中で帰宅して興味なく見てた嫁が夢中になって大笑いするほどに面白い!!

物語はバリバリの王道!

なのに、展開と見せ方だけで、ここまでやれるのか!?
と感心しっぱなし。

意図的にターミネーターのパロディと言うか、アングルやら色々とターミネーター。

この監督が来年のターミネーターの監督なので、とても楽しみ。

ジェームズキャメロンがプロデューサー兼脚本で
ターミネーター2の正式な続編を作る!!

三部作なのが気に入らないが、まあ観てやるさ!

ジェニシスの続編を小説でもいいから出せーーー!!!

久々に面白い映画を見た。

でも、吹き替えだったから、より楽しめたような気がする。
声優さんは本当に凄い。


俺も面白い作品を作るとしよう!!!


今日はデッドプールの勝ちだな。

今日の名言
「ねえ、ここで君を殴ったら俺はフェミニストじゃない?それとも殴らない方がフェミニストじゃない?どっち?男女平等ってなに?もうわかんねえよ!!」byデッドプール
『デッドプール』より

MEG ザ モンスター

October 11 [Thu], 2018, 21:55
今日は朝から
新たに紹介されたしごとへと行ってみた。

しかし、何やかやで
結局、仕事が無くなってしまい
朝から暇になった俺。

せっかくだから
またも映画を観る!!

時間的に観たかった映画
『MEG ザ モンスター』
がぴったりやっていたので観た!!!

ポイントがいつの間にか溜まっていたので今回も無料!!!

ただはイイねぇ。


で見た!!

最新のサメ映画。

しかもサメはサメでも
200万年前に絶滅した
クジラより大きなサメ
メガロドン!

そして迎え撃つは
地上最強の男
ジェイソン・ステイサム!!!

なんて
バカみたいに楽しい設定!!!

これは見なければ嘘でしょ!!!



世界最深の海溝のそばに作られた最新鋭の海洋研究所。

それは莫大な資金を投資して
開口の底は、水温の違うより深い海がある。
と言う説を証明するために作られた。

で、最新鋭の潜水艦で開口の底へダイブしたら、そこには遥か昔に滅んだ生き物が溢れていた。


そこで謎の巨大生物に襲われて潜水艇が帰還不可能に!
で、救助のプロ
ジェイソン・ステイサムへと依頼が来る!!

てな話。

単純明快!
これであとは、メガサイズのサメとジェイソン・ステイサムが戦うだけだ!!


しかし、相手は水中。
さすがのジェイソン・ステイサムも得意のマーシャルアーツは使えない!

ナイフ一本で潜って戦うとか、
殴り倒して倒すのか!?

そんな事しか思わない。

しかーし!!


【ここからネタバレ】
小型潜水艇を巧みに操り
メガロドンをかわしながら
無事に救出をするステイサム!

しかし、潜水艇が抜けた穴から
海流が上にまで漏れて、そこからメガロドンが海上へと浮上してしまう!!

なんてわかりやすくて
誰もが求めている展開!

そして研究所へ戻り
色々な人間ドラマ!
ヒロインのリー・ビンビンが超かわいい。
ロザムンド・クァン以来の美しさ!!

で、ディープブルーのように
研究所が襲われて崩壊していくのかと思いきや、ジョーズのようなやや小さめの小舟でサメ退治!!

しかし意外と上手く行き、
誰も死なない新しいタイプのサメ映画か!?

と思ったら、ナント!!

釣り上げたメガロドンを更に巨大なメガロドンが食い千切る!!!
と言う怒涛の展開!!!


2匹いた!!!

ここからはもうサメ映画の定番!!
食べられる!!!

逃げたジェイソン・ステイサム達が
今度は、巨大なタンカーで追いかける!!!

規模がバカバカしくてもう楽しい以外無い。

そしてメガロドンは中国の
海岸へ!!

ディープブルーかと思いきや
ここに来てジョーズへと早変わり!!
サメ映画の定番を全て詰め込んでいる。

海岸には沢山の人間が泳ぎまくり。

水着のねえちゃんがはしゃぎまくり。

そしてジョーズをオマージュした様々なシーン。
これぞサメ映画の定番でありお約束であり定跡でありおキマリ!!


やがて、報道ヘリの墜落により
炎上するタンカー!
海へ投げ出されるステイサム達。

そして繰り広げられる巨大なサメとステイサムとの戦い!!

超小型潜水艇の壊れたパーツを使い
まさかのサメの横腹切り裂くステイサム!!

やるねぇ!!

そしてモリを持って飛び出すステイサムが
サメのヒレに捕まり荒波に揉まれながら
ヤツの目に付き刺す!!
惜しむらくはそのまま蹴りでモリを奥深くまで突き入れたかった所だが、まあ良い!!

予定通りの肉弾戦での勝利!!

これぞジェイソン・ステイサム映画!!

とサメがビーチへ行ってから終わるまでのラストバトルはもうサメ映画の王道を描きながらもジェイソン・ステイサム映画でもあった見事な作品でしたとさ。


いやー、久々の良い映画を見たね。


内容は本当に何もないけど。


今日はジェイソン・ステイサムの勝ちだな!

今日の名言
「分かったわ、泳いでいいわよ。でも沖に行っちゃ駄目よ」by浜辺のおばさん
『MEG ザ モンスター』より





マックロクロスケの家

October 09 [Tue], 2018, 23:00
今日は碧香の幼稚園が土曜に運動会だったので振替休日。

結果4連休?
世のママたちは大変だ。

なので、ダラダラして
昼から家族で近所にある
マックロクロスケの家へ。

前回行ったときは
碧音ちゃんが居なかったから。
今回は家族全員で!!

火曜と土曜しか開いてないのです。

またも暑い日差しなので
蚊が沢山いて、碧香が噛まれまくって痒がってた。
薬は持ってきてたけど。

碧香達も大はしゃぎ。
二回目なので、前ほどではないが。
2階に何度も登りたがる。

そして、目の前にあるお茶屋さんで
お茶!
狭山茶。碧香達はアイス。俺はケーキ。碧音ちゃんは大福。 
有無!バラバラ!!


写真を撮りたいけど、スマホが壊れてカメラが使えない。
写真も表示されない。 
使っていると、時々、ブラックアウトする。

やばいな。
そろそろ換えないとデータが。
でも、パソコンにつないでもスマホを認識してくれないからデータが移せない。

ヤバイな!!

なので、画像が一個も上げられない!!

悲しい。


帰ってからご飯食べたら
碧音ちゃんが昼寝!!

色々と予定を変更して
夕方からコストコへ!!

コストコはいいね!
段々と使い方が分かってきた。

帰りに寿司屋にでも行こうかと思ったけど、同じ値段で牛肉がたくさん買えるから、
それを買って家で巨大なステーキ!!!


うむ!旨い!!
安いけどスーパーのやすい肉とは違って
本当に美味しい肉だ!!!

すごいねコストコ!!!


今日も俺の勝ちだな。

今日の名言
「マックロクロスケ出ておいでー!出ないと目玉をほじくるぞー!!!」byさつき、めい
『となりのトトロ』より

ダイヤモンドプリンセス

October 08 [Mon], 2018, 23:46
今日も朝から横浜へ移動!!

豪華客船ダイヤモンドプリンセス号の中で

円盤ライダー
「爆弾紳士からの挑戦状!」
のお芝居!!

謎解きを融合したお芝居。
もしくは
お芝居を絡めた謎解き。

二回目なので、大体の流れと
船の中が迷わなくて解るので、スムーズに案内できる。

まあ、ほとんどの方はお芝居より謎解きに来ているので、そこまでシビアではない。

そして、初めて入る豪華客船に感動しっぱなしの中、まるで僕らが営業マンのように船の案内や紹介をしたりする。
しかし!その中にもヒントが隠されてたりするのさ!!!


で、今回も無事に終了!!!

昼過ぎには終わってから帰宅。

家の前で碧香と寧音が上の階に住んてる男の子と遊んでいたから
夜までずーっと遊んであげる。


ライダーの好きな男の子。
少しずつ戦い方を教えてあげようかなぁ。

取り敢えずカードは覚えた。


でもそれは誰かを傷つける力でなく。
大切な人を守るための力なのだよ。

と教えながら。


来月には豪華客船に乗って上海へ。
初の海外。
怖いよーー!!!

携帯も使えないとか。

何したらいいんだろ?

不安しかない。


今日も俺の勝ちだな!

今日の名言
「勝っちゃいました・・・」by青島
『踊る大捜査線!The movie2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』より

テレビドラマ

October 08 [Mon], 2018, 23:05
来年に向けての大きなお仕事が入ってきた。


取り敢えずまだ未定だが
社内コンペに出すために
第一話の脚本を描く!!

朝からずーっと描く!!

いつも15分ばかりだから、
30分は長いなぁ。

でもキャラクターやら世界観やらを理解しながら
一話に収めなければならない情報を
どうにか収めて書き上げられた。


1日でかけた!

まあ、プロットが存在するからだけど。

これが上手く行けば
来年に一年間放映予定の特撮ドラマの脚本を任せていただけるかも!!!

駄目なら立消えだけど。

でもまあ、ドラマ自体はやる事は決定しているので、何かしらやれると良いねえ。


今やれることを全力で頑張る!!!

それが未来を作る道になるから!!


お仕事常に募集中です!!!!



今日も俺の勝ちだな!!

今日の名言
「俺が面白いと思うのはこれだっ!!!」by炎尾燃
『吼えろペン!』より
2018年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:吉久直志
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1月20日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-絶対映画館で観る
    ・落書き-主にガンダム、仮面ライダー
    ・必殺技作り-舞台で使える実用的かつ派手な技
読者になる
カプセル兵団の座長をやっている男の日常を、個人的主観で書きなぐったブログだ!!
人生の役には立たんが、まあ軽く覗いてやってくれ。
基本、毎日更新しているはず。
ツイッターは@kapsel_yosihisaです!
【公演情報】 11/24〜27 カラーチャイルド 『ウェディングベルが鳴るまえに』出演!
Yapme!一覧
読者になる
P R