幕が開きました!!

September 18 [Wed], 2019, 23:23
カプセル兵団超外伝
インドの神の物語

遂に幕が開きました!!!


本日は「ヴェーダ聖典の神々」

俺が最高神ビシュヌとして降臨!
 
普段の声優たちと違い 
作演出家として、正しい読み方で
確実に笑いと感動をもぎ取りました!!

さて!
今回は2週間!!!

まだまだどの日もチケットありますよー!
是非!!

そして【緊急告知】
20日(金)と22日(日)の夜の回の終演後に
★劇場内で打ち上げやります!
参加費1500円でどなたでも参加可能!

是非、遊びにいらしてくださいませー。

チケットのご予約は
http://ticket.corich.jp/apply/101849/001/?
から!

お待ちしてまーす!!



今日は俺の勝ちだな!


オーディションやります!

September 03 [Tue], 2019, 23:33
今年の11月に
仮面ライダーグレイブの黒田勇樹くん脚本、主演の舞台を演出します!!

つきましては出演者オーディションがありますので、興味ございましたらドンドンご応募下さいませー!



以下情報です。



三栄町LIVE×黒田勇樹プロデュースvol.7
「この暗闇を超えて、温泉に行こう」公演オーディションのお知らせ

三栄町LIVEでは2019年11月に行われる黒田勇樹プロデュース公演の出演者オーディションを行います。
本公演は脚本・主演に黒田勇樹、演出には吉久直志氏をお招きしての公演となります。
沢山のご応募御待ちしております。

【企画概要】
サンモールスタジオでの特別公演も盛況に終わった三栄町LIVE×黒田プロデュースの第7弾。同企画第1弾作品「この暗闇を超えて、温泉に行こう」を、主演:黒田勇樹、演出:吉久直志のグリーンフェスタ2015大賞受賞作品(カプセル兵団:ゴーストシード It’s wonderful world)主演・演出コンビでリメイク。

【あらすじ】
弟がギャンブルで作った莫大な借金を返すために、兄が計画した銀行強盗計画は見事に失敗に終わった。やることなすこと上手くいかず腐る弟と、励まし続ける兄は銀行の奥深くにある“特別応接室”に追い込まれ立てこもってしまう。そこにいたのは耳しか聞こえず体も動かないという難病を抱えた女性だった。警察に囲まれ身動きが取れない兄弟は、彼女のために、ある計画を立てる。「ブルルンブルルン!車を奪ったぞ!」その計画とは、擬音語を駆使して彼女を架空の温泉旅行に連れて行こうというものだった。女性の祖母や、銀行員たち、果ては刑事やマスコミを巻き込み、前代未聞の「オノマトペ温泉旅行」が始まった!

【配役】
ひかり 女性 目が見えず全身が動かなくなる奇病に侵された少女
アラタ 男性 兄弟の兄。弟思いで真面目だが、頭が悪い
ミツル 男性 兄弟の弟。根本的には良いヤツだが、とても頭が悪い
ミカ 女性 銀行に勤めるOL。高飛車でセクシー
作田 男性 銀行の支店長。横柄だが、実は気が弱い
ゆみ 女性 ひかりの祖母。ひかりの莫大な治療費を稼ぐために仕事に追われる両親に代わりひかりを育てた。身体能力抜群。
アカネ 女性 野心たっぷりの女性アナウンサー
カケル 男性 何をやっても上手くいかない不運な新人AD
星 謎の刑事(男女どちらでも可)

【募集キャスト】
メインキャスト含め男女。 ※数名を除いて基本ダブルキャスト
【出演者】主演:黒田勇樹
【公演日】2019年11月14日(木)〜24日(火)全16ステージ
【公演会場】三栄町LIVE STAGE(四谷三丁目
【稽古】2019年10月16日顔合わせ、10月30日?11月12日。11月13日小屋入り。
【参加資格】年齢 18歳?40歳に見える健全な男性・女性。
稽古期間、公演日に参加できる方。(稽古NGは要相談、事務所に所属の方は許可があれば可)。皆で1つの作品を創る意識のある方(ダブルキャスト時はスタッフ作業もしていだく可能性がございます)

【条件】チケットノルマなし、1枚目からチケットバック制(物販バックも有)。
【オーディション場所】東京都内にて行います
【オーディション日】9月17日(火)午前?15時、18日(水)終日
【応募方法】三栄町LIVEメールにて受付
件名「黒田P11月公演」
@プロフィール(過去の経歴など)
A宣材写真(上半身)1点
Bオーディション希望可能日時

以上を明記の上 三栄町LIVE  ad@3eicholive.com までメールにてお送りくださいますよう宜しくお願い致します。
こちらから詳細等折り返しご返信致します
締め切りは9月15日(日)18:00まで

三栄町LIVE HP http://3eicholive.com/

■三栄町LIVEコンセプト
三栄町LIVEとは東京・四谷三栄町(三栄町LIVESTAGE)を拠点に、「次につながる現場」+「三栄町から発信するコンテンツの創造」をコンセプトに365日・年間20公演以上行う企画団体です。
お客様や制作スタッフ・演出家、さらに業界関係者等の出会いなどコンタクトの場を大切にし、この現場を通じエンターテイメント業界で活動するための考え方や必要な経験をしてもらい、次の仕事を勝ちとる役者を輩出すること+商業演劇等の普段大規模な興行に携わっている演出家・団体などに、小規模だからこそできる演目・企画などを自由に表現してもらう機会や、金銭的・人的リスクを負えない若手の劇作家・演出家・などをバックアップしチャレンジしてもらうことを目的としている。
役者に対しては従来の小劇場の主流となっているチケットノルマを完全廃止して、活躍した人間には映像作品や関連団体のキャスティング・優先的なオーディション参加権など、積極的にバックアップして「出演者を次の現場へ」とつないでいく。

■プロデュース・脚本:黒田勇樹
1988年、NHK大河ドラマ「武田信玄」(武田信勝役)で俳優デビュー。
1990年、帝国劇場のミュージカル「オリバー!」で主役のオリバーに抜擢、8歳の帝国劇場最年少主役となる。
1998年、山田洋次監督「学校III」(小島富美男役)で、キネマ旬報賞新人男優賞、日本映画批評家大賞新人賞、日本アカデミー賞新人俳優賞、全国映連賞男優賞を受賞。
近年では、映画監督としても活躍しており、「恐怖!セミ男」では、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016に正式出典を果たした。小劇場界にも活躍の場を広げ、脚本、演出を数多く手がけている。

■キャスティング:若宮亮

劇団エムキチビート所属。看板役者。殺陣・纏振り・柔道 ( 初段 ) などの経験がある。
演出家である元吉庸奏と共に劇団エムキチビートを旗揚げし劇団として活動。2015年紀伊国屋サザンシアターへ進出、満員御礼となる。後に元吉と共に舞台プロデュース会社E-Stage Topiaを設立。近年は役者としての活動のほかにキャスティング、舞台プロデュースと多岐に渡って活動。
新宿村LIVE、中野ザ・ポケット、渋谷伝承ホール、スペース・ゼロなどでプロデュースを行う
*** エムキチビート とは ****
HP:http://www.emukichi-beat.com

■プロデューサー:清弘樹
番組制作・大手雑誌媒体のミスコン事務局・アイドルフェスなどを運営する会社で役員を務める傍ら、舞台・映画プロデューサーとして活動する。

■プロデューサー:清弘樹

番組制作・大手雑誌媒体のミスコン事務局・アイドルフェスなどを運営する会社で役員を務める傍ら、舞台・映画プロデューサーとして活動する。
株式会社IPA代表取締役 ipa-agency.com/
株式会社ドリームキャスト執行役員  dc-e.net/
・舞台
劇団チキンハート  www.g-chikenheart.net/
ベースボールファイターズ 2017年7月 @新宿村LIVE  http://dc-e.net/bbf/index.html
大山劇団主宰 http://ooyama-gekidan.com/
・映画
「真夜中の昼下がり」大山晃一郎監督
「宝物の抱き方」 榎本桜監督 第32回高崎映画祭『監督たちの現在?進取果敢な人々?』特別上映 
「いつくしみふかき」 大山晃一郎監督  主演 渡辺いっけい 2019年夏公開予定
★ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019ゆうばりファンタランド大賞(観客賞グランプリ)受賞
※2019年新作映画製作予定
・TV
ミュージックエクスプレス(東京MXTV) 出演:シュネル(SOLIDEMO)
トレンドリサーチャーR(スカパー!Ch.639 ミュージックジャパンTV)
出演:田中れいな ゆってぃ

チケット発売開始!!

August 17 [Sat], 2019, 1:36
いよいよ!
本日よりチケット発売開始です!!


『日本の神の物語 古事記の世界』
『日本の神の物語2 天皇の系譜』

『北欧神話の世界 アスガルドの神々』

『インドの神の物語 ヴェーダ聖典、ブラフーマナの神々』
『ラーマーヤナ叙事詩 インドの神の物語2』

『ギルガメッシュ叙事詩 世界で一番古い神の物語』


と!
今まで積み重ねてきた、アクティブイマジネーション朗読劇の集大成!!!

神話は繋がるほどに面白い!!!
神話を知れば世界と歴史が立体的に繋がって見えてくる!!!

しかも、エンタメ映画を観るような楽しさと気軽さで。


そして今回は
『インドの神の物語 ヴェーダ聖典の神々』
『インドの神の物語2 ラーマーヤナ』
『インドの神の物語3 マハーバーラタ』
の三本だて!!!

一本でも楽しいのに、三本揃うともう最強です!!
ビジュアル化不可能な、言葉だから表現できる神の世界を体験しに来て下さい。


吉久扱いでのご予約は
http://ticket.corich.jp/apply/101849/001/?
こちらの予約フォームからご予約を!!!

お待ちいたしております!!!








インドの神の物語 三部作連続上演!

August 16 [Fri], 2019, 1:28
カプセル兵団超外伝
《アクティブイマジネーション朗読劇》








『インドの神の物語 三部作連続上演!』

「インドの神の物語 ヴェーダ聖典の神々」
「インドの神の物語2 ラーマーヤナ」
「インドの神の物語3 マハーバーラタ」

作・演出:吉久直志


《出演》
伊藤栄次(「夏目友人帳」藤原滋)
中澤まさとも(「ギヴン」中山春樹)
肥後マコト(「おおきく振りかぶって」和田誠)
植村喜八郎(「ONE PIECE」アラバスタのチャカ)
北出浩二(「るろうに剣心」彦次郎)
こぶしのぶゆき(「SIROBAKO 」葛城P)
羽野だい豆(「ジェシカ・ジョーンズ」コスタ)
高木裕平(「七つの大罪」ゴウセル)
首藤健祐(「集英社文庫」ナレーション)
パティ・ライアン(「デスティニーチャイルド」ヘクトル)
吉野光成(「マンディ地獄のロード・ウォリアー」ブラザー・クロペック)
吉久直志(カプセル兵団)

永澤菜教(「ちびまる子ちゃん」ブー太郎)
伊藤美紀(「ドラゴンボール超」人造人間18号)
井上カオリ(ドラマ「12モンキーズ」ジェニファー・ゴインズ)
北原知奈(「弱虫ペダル」宮原委員長)
津久井裕子(「ことばのパーティ」キップ)
田畑寧々(「ときめきサイエンス」ヒリー)
伊藤未帆(「セブンナイツ」クロエ)


・出演スケジュール・

《ヴェーダ聖典》
伊藤栄次
北出浩二
肥後マコト
田畑寧々
高木裕平

(Wキャスト)
★植村喜八郎【18、20、22、23日】
★secret【21日】

◆こぶしのぶゆき【18、20】
◆パティ・ライアン【21、22、23日昼】

△吉久直志【18日】
△首藤健祐【22、23日】
△中澤まさとも【20、21日】

?井上カオリ【18、20、22日】
?北原知奈【21日】
?伊藤美紀【23日】

□永澤菜教【18、20、21日】
□津久井裕子【22、23日】



《ラーマーヤナ》
伊藤栄次
肥後マコト
北出浩二
田畑寧々


(Wキャスト)
◆吉久直志【21、22日】
◆こぶしのぶゆき【19、23日夜】

△吉久直志【19日】
△中澤まさとも【21日】
△首藤健祐【22、23日】

▼植村喜八郎【19、22、23日】
▼secret【21日】

◎吉野光成【19日】
◎高木裕平【21、22、23日】

□永澤菜教【19、21日】
□津久井裕子【22、23日】

?井上カオリ【19、22日】
?北原知奈【21日】
?伊藤美紀【23日】



《マハーバーラタ》
伊藤栄次
肥後マコト
北出浩二
こぶしのぶゆき
植村喜八郎
吉野光成
伊藤未帆

(Wキャスト)
△羽野だい豆【25、26、27日】
△首藤健祐【28日】
△中澤まさとも【29日】

●北原知奈【25、26、27、28夜、29夜】
●田畑寧々【28昼、29昼】

□永澤菜教【25、26、27、29日】
□津久井裕子【28日】


《公演期間》 
9月18日(水)~29日(日)

《上演スケジュール》
18日(水)19:30「ヴェーダ聖典」
19日(木)19:30「ラーマーヤナ」
20日(金)19:30「ヴェーダ聖典」
21日(土)12:00「ヴェーダ聖典」/17:00「ラーマーヤナ」
22日(日)12:00「ラーマーヤナ」/17:00「ヴェーダ聖典」
23日(月祝)12:00「ヴェーダ聖典」/17:00「ラーマーヤナ」
24日(火)《休演日》
25日(水)19:30「マハーバーラタ」
26日(木)19:30「マハーバーラタ」
27日(金)19:30「マハーバーラタ」
28日(土)12:00「マハーバーラタ」/17:00「マハーバーラタ」
29日(日)12:00「マハーバーラタ」/16:00「マハーバーラタ」
 
《劇場》
ワーサルシアター八幡山
※八幡山駅前徒歩0分

《チケット》
【前売】 
一般  4000円
学生  3000円
中学生以下 無料(要チケット予約)

【当日券】
一般  4500円
学生  3500円
中学生以下無料

【セット券】
3作品セット券 11000円
3作品セット券(学生) 8000円

2作品セット券 7500円
2作品セット券(学生) 5500円

※セット券は前売りのみのお取り扱い。
※セット券は違う作品同士の組み合わのみで、同じ作品複数回には適用されません。

※半券持参で200円引き(セット券と併用は出来ません)

●全席自由、飲食自由●  


※受付開始は開演の45分前、開場は30分前です。
※ご予約頂いた順に整理番号を発券し、番号順にご入場頂きます。
※お振込済みのお客様から優先にご入場頂きます。
※当日精算のお客様は、開演の5分前迄にご来場頂けない場合はキャンセル扱いになる場合がございますので、予めご了承下さい。


★チケット8/17(土)発売開始!!


《あらすじ》

『ヴェーダ聖典』
遥か昔、最高神ブラフマー、ビシュヌ、シヴァの天地創造からインドラやガネーシャ等の有名なデーヴァ神族とアスラ神族との戦い、羅刹ラーヴァナによる神々の敗北までを時系列で描く豪快な神様達の爆笑神話!

『ラーマーヤナ』
神では倒せない羅刹ラーヴァナを倒すため、神々が人間や猿へと転生しラーヴァナに拐われたシータ王女を助けに向かうラーマ王子の冒険物語。

『マハーバーラタ』
神々の息子であるパーンダヴァ5兄弟とカウラヴァ100兄弟の王家相続を巡る果てしない戦争と人としての大切な心を教える、宇宙の真理と愛を描いた人間達の物語。


世界最大の叙事詩であり荒唐無稽でビジュアル化不可能な神話を《言葉のプロである声優》たちが言葉の力と想像力で作り出す。《アドリブ可能》なライブ感溢れるギャグ満載の痛快朗読劇!
よくある台詞の読み回しや、朗読劇なのに動き回る舞台に疑問を持った吉久が、本当に正しい『朗読劇だからできる』『朗読劇でしかできない』『朗読劇である意味』を追求してたどり着いた「朗読」であり「劇」である【本当に正しい朗読劇のスタイル】で贈る、大人気の爆笑神話シリーズ最新作!!


《公演ホームページ》
https://gmk-2zzznf-91vv2gw.wixsite.com/kapselheidan-gaiden

●お問い合わせ
カプセル兵団
yoshihisa-kapsel_heidan@yahoo.ne.jp



津久井教生 降板のお知らせ

August 15 [Thu], 2019, 9:25
【お知らせ】 
この度、出演予定をしておりました
《津久井教生》ですが、諸事情により治療に専念する為に本公演を降板する事となりました。
誠に申し訳ございません。

つきましては、新たに

『ヴェーダ聖典の神々』に
パディ・ライアン(「ディスティニーチャイルド」ヘクトル役)【21日、22日、23日昼】

『ラーマーヤナ』に
吉久直志【21日、22日】

『マハーバーラタ』に
羽野だい豆(「ジェシカ・ジョーンズ」コスタ役)【25日、26日、27日】
の出演が決まりました。

出演者一同、楽しんで頂ける作品を全力でご用意してお待ちしておりますので、変わらぬ応援をよろしくお願い申し上げます。








《インドの神の物語 三部作連続上演》 最新情報!

August 02 [Fri], 2019, 17:28
カプセル兵団超外伝
《アクティブイマジネーション朗読劇》

『インドの神の物語 三部作連続上演!』

「インドの神の物語 ヴェーダ聖典の神々」
「インドの神の物語2 ラーマーヤナ」
「インドの神の物語3 マハーバーラタ」

作・演出:吉久直志


《出演》
伊藤栄次(「夏目友人張」藤原滋)
津久井教生(「ニャンちゅー!宇宙!放送ちゅー!」ニャンちゅー)
中澤まさとも(「ギヴン」中山春樹)
肥後マコト(「地球防衛企業ダイ・ガード」田口友朗)
植村喜八郎(「ONE PIECE」アラバスタのチャカ)
北出浩二(「るろうに剣心」彦次郎)
こぶしのぶゆき(「銀の匙」別府太郎)
高木裕平(「七つの大罪」ゴウゼル)
首藤健祐(「集英社文庫」ナレーション)
吉野光成(「マンディ地獄のロード・ウォーリアー」ブラザー・クロペック)
吉久直志(カプセル兵団)

永澤菜教(「ちびまる子ちゃん」ブー太郎)
伊藤美紀(「ドラゴンボール超」人造人間18号)
井上カオリ(ドラマ「12モンキーズ」ジェニファー・ゴインズ)
北原知奈(「弱虫ペダル」宮原委員長)
津久井裕子(「ことばのパーティ」キップ)
田畑寧々(「ときめきサイエンス」ヒリー)
伊藤未帆(「セブンナイツ」クロエ)


《出演スケジュール》
●ヴェーダ聖典●
伊藤栄次
北出浩二
肥後マコト
田畑寧々

植村喜八郎【18日、20日、22日、23日昼】
吉久直志【21日】

高木裕平【18日、20日、21日、22日、23日】
吉野光成【19日】

こぶしのぶゆき【18日、20日、23日】
津久井教生【21日、22日】

吉久直志【18日】
首藤健祐【22日、23日】
中澤まさとも【20日、21日】

井上カオリ【18日、20日、22日】
伊藤美紀【23日】

永澤菜教【18日、20日、21日】
津久井裕子【22日、23日】


●ラーマーヤナ●
伊藤栄次
肥後マコト
北出浩二
田畑寧々

津久井教生【21日、22日】
こぶしのぶゆき【19日、23日】

吉久直志【19日】
中澤まさとも【21日】
首藤健祐【22日、23日】

植村喜八郎【19日、22日、23日】
吉久直志【21日】

吉野光成【19日】
高木裕平【21日、22日、23日】

永澤菜教【20日、21日】
津久井裕子【22日、23日】

井上カオリ【19日、22日】
伊藤美紀【23日】


●マハーバーラタ●
伊藤栄次
肥後マコト
北出浩二
こぶしのぶゆき
植村喜八郎
吉野光成
伊藤未帆

津久井教生【※調整中】
首藤健祐【28日】
中澤まさとも【29日】

北原知奈【25日、26日、27日、28日夜、29日夜】
田畑寧々【28日昼、29日昼出演】

永澤菜教【25日、26日、27日、29日】
津久井裕子【28日】


《公演期間》 
9月18日(水)~29日(日)

《上演スケジュール》
18日(水)19:30「ヴェーダ聖典」
19日(木)19:30「ラーマーヤナ」
20日(金)19:30「ヴェーダ聖典」
21日(土)12:00「ヴェーダ聖典」/17:00「ラーマーヤナ」
22日(日)12:00「ラーマーヤナ」/17:00「ヴェーダ聖典」
23日(月祝)12:00「ヴェーダ聖典」/17:00「ラーマーヤナ」
24日(火)《休演日》
25日(水)19:30「マハーバーラタ」
26日(木)19:30「マハーバーラタ」
27日(金)19:30「マハーバーラタ」
28日(土)12:00「マハーバーラタ」/17:00「マハーバーラタ」
29日(日)12:00「マハーバーラタ」/16:00「マハーバーラタ」
 
《劇場》
ワーサルシアター八幡山
※八幡山駅前徒歩0分

《チケット》
【前売】 
一般  4000円
学生  3000円
中学生以下 無料(要チケット予約)

【当日券】
一般  4500円
学生  3500円
中学生以下無料

【セット券】
3作品セット券 11000円
3作品セット券(学生) 8000円

2作品セット券 7500円
2作品セット券(学生) 5500円

※セット券は前売りのみのお取り扱い。
※セット券は違う作品同士の組み合わのみで、同じ作品複数回には適用されません。

※半券持参で200円引き(セット券と併用は出来ません)

●全席自由、飲食自由●  


※受付開始は開演の45分前、開場は30分前です。
※ご予約頂いた順に整理番号を発券し、番号順にご入場頂きます。
※お振込済みのお客様から優先にご入場頂きます。
※当日精算のお客様は、開演の5分前迄にご来場頂けない場合はキャンセル扱いになる場合がございますので、予めご了承下さい。


★チケット8/17(土)発売開始!!


《あらすじ》

『ヴェーダ聖典』
遥か昔、最高神ブラフマー、ビシュヌ、シヴァの天地創造からインドラやガネーシャ等の有名なデーヴァ神族とアスラ神族との戦い、羅刹ラーヴァナによる神々の敗北までを時系列で描く豪快な神様達の爆笑神話!

『ラーマーヤナ』
神では倒せない羅刹ラーヴァナを倒すため、神々が人間や猿へと転生しラーヴァナに拐われたシータ王女を助けに向かうラーマ王子の冒険物語。

『マハーバーラタ』
神々の息子であるパーンダヴァ5兄弟とカウラヴァ100兄弟の王家相続を巡る果てしない戦争と人としての大切な心を教える、宇宙の真理と愛を描いた人間達の物語。


世界最大の叙事詩であるインドの神話を《言葉のプロである声優》たちが贈る、言葉でしか表現出来ない《アドリブ可能》なライブ感溢れるギャグ満載の朗読劇!
よくある台詞の読み回しや、朗読劇なのに動き回る舞台に疑問を持った吉久が、本当に正しい『朗読劇だからできる』『朗読劇でしかできない』『朗読劇である意味』を追求してたどり着いた「朗読」であり「劇」である【本当に正しい朗読劇のスタイル】で贈る、大人気の爆笑神話シリーズ最新作!!


《公演ホームページ》
https://gmk-2zzznf-91vv2gw.wixsite.com/kapselheidan-gaiden

●お問い合わせ
カプセル兵団
yoshihisa-kapsel_heidan@yahoo.ne.jp

ヒーロー映画

August 01 [Thu], 2019, 23:40
映画の日なので、久々に映画を観に行った。
 
池袋の新しい劇場
グランドサンシャインシネマ!!

いいねー、内装やら映画館の雰囲気が最高すぎる劇場でした。


アイアンスパイダーいました



時間が合ったのが
『仮面ライダージオウ』
『騎士竜戦隊リュウソウジャー』 


リュウソウジャーは全く見てないが、
劇場版らしく、少し豪華な画作りをしている。

しかし、まーーー。
詰まらない。
テーマも分かりやすいのだけど、役者の演技のせいか、物語のせいか
全く心に響かない。
こんな響かないヒーロー映画あるのかね?

と言えるくらい。

結果、ロケ場所の福井の恐竜博物館に行きたくなった。

そんな映画だった。


そして、映画『仮面ライダージオウ』
テレビがかなり盛り上がってきたし、
時の番人が出てくるから、
少し期待していたのだけど、

信長から始まる物語はやはりぬるく。
テレビがシリアスになってきてから真逆のお気軽ギャグなお祭り映画を作ったのだろうか?

テーマはわかるけど、
まーーーーーー、つまらなかった。

なんだこの映画。

平成最後の映画がこれなのか?

てな出来だ。

平成ジェネレーションズで予算を使いまくったせいか、規模もショボいし。

夏の映画こそ
ライダー俳優全員集めろよ!!!

所詮着ぐるみ映画で、
子供番組の限界を見た感じだった。


クォーツァーの計画がずさん。
何故空に穴を開けて吸い込むのか不明。

相変わらず内容のない見た目だけの演出。

平成ジェネレーションズフォーエバー
も、オタク達が喜んでるだけで、
映画としては全く大したことのない
何とも普通ななんなら少しテンポと構成の悪い映画だったしな。

子供番組の映画に
普通以上の映画を求めるのが間違いなのだろうか。


そして、その後に
『スパイダーマン ファー フロム ホーム』


もう、ネットでネタバレを読みまくっていたので、ほぼ話も分かっているのだけど、
やっぱり、安定の面白さたし、ビジュアルたし伏線だし、見事な物語になっている。

日米のヒーロー対決は圧倒的な差をつけられて日本の大敗だ。


かつて、日本は素晴らしいアイデアで新しいヒーロー達を生み出してきた文化だったが、今じゃもう昔のヒーローの焼き直しや惰性でオモチャを売る為の作品ばかり。


日本のお家芸だったヒーローも特撮もアニメももう、アメリカに勝てないのかもなー。


そう感じる映画でしたとさ。


でも、やっぱり
エンドゲームで俺の中のマーベルは終わったから、スパイダーマン観てももワクワクしないし、宇宙最強の敵を倒した後だと、どんな事件も小さく感じてしまうよねーー。

うむ!

次の盛り上がりは五年後かな。


ターミネーターの終わりの始まりが、
11月。

スターウォーズの終わりが12月。

楽しみだね。


スターウォーズもやはり他人の借り物感が拭えないのが残念だけど。


まあ、良い最後を迎えてほしい。


タイラントいました。

気が付けは一本公演終わってました。

July 31 [Wed], 2019, 21:43
ブログを書かなくなって本当に全然書かなくなった。

自分でも不思議。

きっと劇団の活動を休止したから。
定期的なお客様への報告をする必要がなくなり、仕事だけをするようになったから。

でも、SNSは活用してるけど、
やはり集客力は格段に落ちたと判る。

別にブログのせいとは思わないけど、ブログもその一つだと思う。

様々な状態や状況を言葉で綴るのはそれなりの力と心が必要で、その力が俺の活動を支えるエネルギーになっていたのだろうと今なら判る。


アルケミストが終わって、2週間ほどしてから
元劇団員の中山ヤスカ主宰の公演に客演してきた。

何をして欲しいのか分からんが、とにかく、役者として作品のクオリティを上げるための努力と成果は発揮して帰る。

一応、お客様からの反応で印象には残ったようだ。

まあ、実は俺の感性的に
ここでわざとパワーマイムを入れることで、芝居のテンポとお客様の脳の回転を早めて集中力を上げ、笑いで心をほぐすことが必要だなあ。
と感じたから入れたのだけど。

入れる必要ご無いところでは入れないよ。
しんどいから。

でも入れるからには物語と有機的に絡むストーリーを作らねばならないから、勝手に俺の脳内スピンオフを作ったのだけど。


まあ、そんなこんなで
やはり役者だけやるのは本当に楽で
役者だけで食っていける人は幸せだなぁ
と思う。

でも、俺は食えるだけの運と実力が無かったので、必死で頑張り続けないと、この世界で生きていく資格を失うのだけどね。

とにもかくにもいつの間にか一本舞台を終えてました!!

応援してくださった皆様ありがとうございます!!!


また何かしらやります。
 
次は
8/3に笹浦くん演出の
高校生ミュージカルに日替わりゲストで出演いたします。

初のミュージカルに挑戦です!

歌います!!

でも、僕はミュージカル俳優ではないので、僕の歌にはなんの価値も無いので、価値あるなにかをやります。

見に来てください!!!
 
ご予約はこちらから!

Mpink
溝ノ口劇場にて!!

お待ちしております!!!


『アルケミスト』 終演

June 23 [Sun], 2019, 23:09
アルケミスト
終演しました。

心配してた動員もいつの間にか満員になってました。


Twitterやらリピーターやらによる効果で、評判がリアルタイムで拡散され、それを知ることが出来るいい時代になったなぁ。
といつも感じます。
行けるか分からない人の、行こうの決心に繋がるのだと。
でも、逆に評判見てから決めようとしてる方も増えたのか、前売りが中々売れない時代にもなりつつある気もします。

でも、そんなこと関係ないくらい
絶対に面白いから観ないと損!
と思わせる作品を作らねばならないのでしょうねぇ。

普通に面白いではなく、そこでしか味わえない圧巻の体験!

「自由を我らに」を終えて
2週間の稽古でつくりあげたこの作品。



俺のやり方を知らない初めて会う役者たち。
初めは意識も感覚もバラバラで纏まり無い集団でしたが、20代前半の若者たちは
真面目で、一生懸命で、全力で
俺の言う一言をに素直に実践するおかげで、目に見えて成長しました。



そりゃあ演技学校に一年通うよりも大幅なレベルアップです。
公演はまるで精神と時の部屋みたい。

若者たちに無限の可能性を秘めた未来が見えた。

今の劇団員たちにはもう無いものだ。
(一緒に出演させた岡田や青木は、もう自分の演技方や自己理論が出来てしまっているから、成長は無かった、経験値での演技をやるだけで)

この可能性をどう活かせるのかも、また、それぞれの生き方や選択なのだろう。

年を取った。
 
しかし、その素直で実直な若さは俺に作品を創る楽しさを思い出させてくれた。


言ったことをやる。と言う当たり前が出来る人達。
言われた以上を求める人達。
この当たり前は本当に大事。

言われた事をやらないから怒って強制しなければならず、それでもやらないから上手くならない。
そんな悪循環が年を取った劇団にはある。
人は30歳を越えるとある程度な経験でこなすことができる。
だが、そつとなくこなすだけでは圧巻には届かないと言うことすら理解できないし、圧巻にならなければならないとすら思っていない。

難しいね。

とにかく、演劇の神様が集めてくれた
素敵なメンバーでした。
これも中川みこちゃんの持てるパワーかもね。


この作品のおかげで、また新たなお仕事に繋がりそうです。
結局は作品を作って評価され続けないと、次の仕事も生まれない。だから、止まったり休んだりする時間なんて無いんだなぁ。

と思いました。   



そして、日替わりゲストで出てくれた
『鎧勇騎月兎』の池田航さん!
『バクステ外神田一丁目』の寿春歌ちゃんと弘松菜摘ちゃん!
『ダイレンジャー』の羽村英さん!
『忍者烈風』の柳川公輔さん!

ありがとーー!!



この「アルケミスト」という台本を書いたのが
22年前くらい。
今回の出演者達がまだ2、3歳の時の作品です。

この本を書いたときに、
今の碧香と寧音くらいの子供達と一緒にやるなんて想像もしなかったし、今も実感がない。

世の中本当に面白いなぁ。

幸せな人生に感謝です。


そして!
本日は娘の碧香の5歳の誕生日でした!


毎年、碧香も寧音も誕生日は家でお祝いしてきたのに、今年は舞台で家にもいられない。
と悲しんでいたら、美緒ちゃんが劇場まで碧香と寧音と来てくれました!!!

素敵なお嫁さんでしょ?

碧香を抱っこして
『お誕生日おめでとう』
と言ってあげられました。

婆ちゃんから貰った入浴剤を作る玩具で作った入浴剤を、パパのお友達に上げるんだ!
とのことなので、

碧香の作った入浴剤を主宰の中川みこちやんに!

寧音の作った入浴剤は声優の田畑寧々ちゃんに!


みこ→みこ
ねね→ねね
 
にプレゼントでした!!!


大きくなったらこんな感じなのかな?


ママがお芝居見てる間、
碧香も寧音もロビーで大人しく二時間待っててくれました。
いい子だねーーー。

そして、出会って2週間の稽古。
1週間の本番をへて、
わずか3週間の座組は、とても濃いー、仲良しな座組でした。

良き事かな。


そして、打ち上げ。


明日からはまた、それぞれの道を別々に進んでいきます。

その道がまた未来で交差する日を楽しみに。


さて、俺も生きるために仕事しないとなぁ。

次は7月18-21日
ワーサルシアターにて
元劇団員の中山ヤスカ プロデュース
頭上注意
『匣の中』

元、集団~as if の作演出家 藤丸亮くん。
「家族百景」以来。
今回は初演出。そして、彼の得意なダークな世界。
こちらに役者として出演します。

是非観に来て下さい!!!

吉久扱いでのご予約はこちらから!
チケット予約


そして、8月3日に
人生で初めてミュージカルに出ます!!!
日替わりゲストです。

溝の口劇場
いつも舞台監督の笹浦くん演出です。

こちらも是非!!



そして9月頭には演出部として舞台に一本絡ませてもらい。

9/18-29日まで
アクティブイマジネーション朗読劇
「インドの神の物語 ブラフーマナの世界」
「ラーマーヤナ叙事詩 インドの神の物語2」
「マハーバーラタ インドの神の物語3」
を上演おたします!!!


お楽しみに!!!

いよいよ来週!!

June 14 [Fri], 2019, 23:29
さあ!
毎日怒濤の稽古をしている
『アルケミスト』

若者達の飲み込みの早さと対応力に
久々に驚いてます。


まあ、言われたことに素直なので
目に見えて良くなっていくのですよ。



これは劇団員とやってて、
ある程度から成長を止め、なんなら技術も精神も下降しはじめる役者たちに辟易していた身としては、
当たり前だけど、前向きな気分になれる。

やはり人の成長は25迄に決まる。
と何度も実感する。

25歳までに、何と出会い、何を考え、何をしてきたかで、残りの人生の在り方ももう決まって来るのたろう。

30近くなった人間が、肉体的にも精神的にも変化させるのは至難の技だ。
血反吐吐く思いで限界を越えることをしてこなかった30代に、今から血反吐吐くほどの訓練をやらせて着いてくるかと言えば俺でも嫌だ。
もう肉体が全力疾走を拒絶する年だし。

まあ、そんなこんなで
熟練の達人達としか最近絡んでなかったのもあり、若者との作業は新鮮である。

そして、全体的には流れているけど、
作品としてはまだまだ足りない。
でも、シーン、シーンで、心に響くところが増えてきた。

あと少し。

久々のビジュアルイマジネーション演出

この二年は、上手い役者の
自由な演技を作ってきたけど、
久々に俺のイメージ通りの、完璧に計算された世界を作る。

空間が狭いので、更にアイデアを出すが、
でも、狭さを感じない無限の空間を生み出すことは出来たと思う。
皆、みている間は
こんな狭い所だったっけ?
と思うだろう。

さあ!!
皆さん、この楽しくて美しくて切ない世界を体験しに、絶対に来てください!!!



遅咲会×カプセル兵団
『アルケミスト』
6/19-23
アトリエファンファーレ東池袋

チケットは
https://www.quartet-online.net/ticket/alchemist-sai?m=0mdcdeg
から!!

お待ちしてます!!!!





2019年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:吉久直志
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1月20日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-絶対映画館で観る
    ・落書き-主にガンダム、仮面ライダー
    ・必殺技作り-舞台で使える実用的かつ派手な技
読者になる
カプセル兵団の座長をやっている男の日常を、個人的主観で書きなぐったブログだ!!
人生の役には立たんが、まあ軽く覗いてやってくれ。
基本、毎日更新しているはず。
ツイッターは@kapsel_yosihisaです!
【公演情報】 11/24〜27 カラーチャイルド 『ウェディングベルが鳴るまえに』出演!
Yapme!一覧
読者になる
P R