絵画、イラスト、漫画などを描いているお絵描き屋さん「さくら いま」のブログ。コメントお気軽に◎

さくら いま 公式LINE@
最新情報やここだけの秘話をお届けする、さくら いまのLINE@運営中!
友だち登録【@saclaima】で検索するか、QRコードを読み取ってね◎
2004年11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ヱェテルノヲト内で検索

精度は謎。

«2004年12月 | Main | 2004年10月»
ニコニコ堂その2
2004年11月27日(土)
「古道具屋ニコニコ堂」へ、2回目の取材です。
前回はまったり個人的に話しこんでしまったので、今回はちゃんとメモを用意していきました。
段取りも決めて、要領良く無駄なく必要な事だけ聞いてこうと思って
でも無理でした
作業中だったし、おそばの注文に出かけちゃうし

「今日は石について聞きに来ました!」
「はぁ、石。」
みたいにはじまりましたが、助手の方とでかい服掛けるやつを組みたてつつ
「このハンガー、でっかいハンガーしっかりハンガーと、どっちがいいかなぁ」
なぁんて感じでとにかく取材はシュミレーションの通りポンポンとは進みませんでしたが、まぁ必要な話は聞けたし良しとします。

「本当にこんなんで取材になったの?」
「はい!今日は石の話だけ聞ければ良かったんで〜」
そんな感じ。

ちなみに、「古物を売ってみよう!」って企画もあるので実施。
  
上、鉱物標本です。さくら私物。親が廃校からもらってきたものです。
にこさんは
「これは状態がいいね。昭和30年代のものだね。」とめがねを出して鑑定。
いきなりプロの顔でしたでも、
「値段はニーズで決まるからね。今は石は流行ってないし、値段はつけられないなァ」
とのこと。帰ってヤフオクで調べたら、似たようなのが8000円で売られてました。
でも、買い手は居ないようでした。

次に、ボードレールの感想私録(初版・絶版)を出してみました。するとすぐに
「これは1200円くらいかなー」とのご解答。
さくらはこの本を古書屋さんから1500円で買ったのです。
にこさんさすがプロの目です。

そんなかんじで、チョコクッキーをもらって、さくらは飲み会に行きましたとさ。

 
Posted at 23:50 / おでかけ。 / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)  /  /  このエントリーをはてなブックマークに追加/ このエントリーを含むはてなブックマーク
ボトルデザイン考案中
2004年11月25日(木)
香辛料の課題のため、またてくてく取材。
・・・と言っても、ふらりと雑貨屋に立ち寄っただけ。
香辛料のボトルの参考になるものはあるかなー?
うろうろ、きょろきょろ

むむ、こちらお芋。

こちら アリクイ。
こちら 絵描きの象さん。
いろんなのがありました。
さくらは、おうちに帰ってから寝ないで考えて、
結局アリクイさんがいいんじゃないか、と寝言で言いました。

 
Posted at 23:51 / デザイン・絵。 / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)  /  /  このエントリーをはてなブックマークに追加/ このエントリーを含むはてなブックマーク
お財布げっちゅ!
2004年11月25日(木)
この前 河原で財布を落としてから、
ヤフオクでお財布を探していたんです。

落としたのと同じBATSUのは無くて、
だからヴィヴィアンかアナスイかゴルチエで検索。
譲れない条件は、
1、2つ折りであること
2、がま口付きであること
3、カードが6枚以上入ること

そしたら、キュートなアンティーク調のテディベアのお財布を発見いたしました
ゴルチエってドラゴンとかスカルローズとかのごっついイメージのブランドだと思ってたから意外でした。

マルイのゴルチエコーナー行ってみたら、思ったよりカワい目のもあるし、なにより予想以上に安くてビックリ。
今度、かばんを買うことにしました♪
玉虫色のやつ

なにより無事落札できてよかったですたい
また無くすまで使うつもりー。

 
Posted at 23:50 / おかいもの。 / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)  /  /  このエントリーをはてなブックマークに追加/ このエントリーを含むはてなブックマーク
秋の空
2004年11月24日(水)
うろこ雲でした。
いわし雲とも言いますにゃ。

ふわふわな、翼のようです。
魚というよりは、大きな大きな、不死鳥のようです。

うろこ雲を見たら、次の日はだいたい雨なんだって。
ふうわり ふうわり

どこまで行くのかね〜

 
Posted at 23:50 / にちじょう。 / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)  /  /  このエントリーをはてなブックマークに追加/ このエントリーを含むはてなブックマーク
「川のそば」な映画
2004年11月23日(火)

雑誌制作の授業で記事に書くため、
「無能の人」と「ポンヌフの恋人」を見た。
無能の人に至ってはもう3回目だ。
借りすぎ。
でもまぁ、何度見ても苦じゃない内容。
TSUTAYAの人に
「あ、無能の人の人だ!」
みたいに言われてたらヤだなぁ。
そんなキャラで常連になりたくは無いぞ。

さて、2作とも川の映画。
無能の人は多摩川。
ポンヌフの恋人はセーヌ川。
どっちも暗い。暗いけど、真っ暗では無いのです。
灰色の生ぬるさ。
そして、絶望ではなく、未来を信じてむしろ明るい。
いい意味で「バカ」です。

無能の人のあらすじは前描きました。
「ポンヌフ」は、一言で言うと
盲目が近い画学生と不眠症のホームレスの恋』です。
これだけ聴くと、救いよう無いほど暗いけどねー。うんうん。。。

なんだかワガママなジコチューな恋の話だった。
フランス映画にしては画面配色が暗めだった。
そして、なにより記憶に残ってるのは、
酔っ払いの演技上手すぎ!
ホントに酔ってるみたいだった。

あと、この映画に出てくるセーヌ川、なんと「セット」なんです!!!
大掛かり!
つまりはポンヌフ橋もセット。
遠くに見える町並みもセット。
すごーい。

川繋がりだけど、制作費が比べ物にならない2作でしたとさ。

 
Posted at 23:50 / 映画・本・音楽。 / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)  /  /  このエントリーをはてなブックマークに追加/ このエントリーを含むはてなブックマーク
豪邸訪問
2004年11月19日(金)

今日はナント
バイト先のコンビニのオーナー宅へお呼ばれです
予定が合うバイトさんが集まり、鍋を囲んでお話し合いです。
オーナーのおうちは、地元で一番でかい(さくら談)超豪邸です。
歩いても歩いても、オーナー宅の塀が続いています。

3年間で初めて、この豪華な屋敷に足を踏み入れました。
だって、敷地内にアパートあり、蔵あり、庭あり、池あり、もうすごいったらありません。

案内されたお部屋は「客間」だそうで、天井がとても高く、洋館の一室のようでした。
奥さん手製の鍋とから揚げと生春巻き等、とっても美味しかったです。
奥の部屋にちらりと屏風が見えました!!

帰りにそのままコンビニ(もちろん敷地内)に寄り、
解禁になったばかりのボージョレを試飲しました。
なんて飲みやすいワイン!
ぶどうジュースのようでした。

 
Posted at 23:51 / にちじょう。 / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)  /  /  このエントリーをはてなブックマークに追加/ このエントリーを含むはてなブックマーク
香辛料めぐり
2004年11月19日(金)
新たなる香辛料を求めて・・・byなおたろー。
デザインの授業で課題が出ているのです。
テーマは「香辛料」。
ボトルの形態からラベルデザイン、広告までを製作するって感じです。
七味唐辛子」「ブラックペッパー」「シナモン」の3つを作るのです。
・・・なんとも変な組み合わせです
この3つが選ばれた理由は『先生のおうちにあったから』・・・
砂糖・塩・コショーならセットにしやすかったのになぁ。皆いっとります。
とりあえずは売り場を見て、現存する香辛料をチェックです。
取材取材


うーん、色々ありました。

帰って家の調味料の棚を見たら、ほぼ全会社のボトルが並んでいました。
家見れば、お店まで出向かなくても調査になるほど色々ありました。
びっくり!
ターメリック、カイエン、ガラムマサラ・・・
どーりでうちのカレーは風味豊かな訳です

 
Posted at 23:50 / デザイン・絵。 / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)  /  /  このエントリーをはてなブックマークに追加/ このエントリーを含むはてなブックマーク
古道具屋ニコニコ堂へ
2004年11月15日(月)
取材で古道具屋ニコニコ堂へ行ってきました。
国分寺市(国立駅)にある、不思議な素敵なお店です。
アドマチック天国でも紹介されたそうです。

開店は、ご主人「にこさん」の気分次第
なので行くのは電話で確認が必要です。
学校から電話すると、道順やバスの事まで教えてくれました。

今日は開店はしてるけど、姉妹店への移行の品の荷造りなどをしている為、店内がゴチャゴチャしているけれどそれでよければ、ということでした

にこさんの言った通りにバスに乗り、無事お店にたどり着きました。
確かにゴチャゴチャしてます
骨董屋さん(しろねこ屋という方です)も商品を並べていて、にこさんと2人で作業中でしたので、さくらは邪魔にならないようにお店を見学

かわいいコーナー発見!

骨董、人形、カメラ、時計、チェロ、帽子・・・
なんでもかんでも、古いものがいーっぱい!!!
と、にこさんがコンビニへおやつを買いに行き、休憩時間
さくらもコーヒーとお菓子をいただきつつ、取材開始。
ウワサの「ピースの銀紙を集めまくって玉にした代物」を見せてもらいました。

左がそれ。重かった!ズシッとしてる。右はアルミ泊バージョン。
昔の銀紙は本当に銀が混ざっていたため、重いのです。
下のほうにちっちゃく見えるのが、1箱分の銀紙です。

で、雑談もしつつ、休憩時間終了。
なりゆきで残りの仕事を手伝う事になりました。
外に出ているものを店の中にしまって、大きな蓄音機を車に運んで。
蓄音機は姉妹店に運ぶのです。すっごく重いです。
荷台から降ろす時、針がバラバラと落ちてしまいました。
暗い中キラキラを拾い集めて店内へ。
にこさんはまたコーヒーをいれてくれて、さらに蓄音機でレコードを聴かせてくれました。
はじめて聴く蓄音機の音色・・・素敵でした

そんなこんなで、取材だという事を忘れて楽しんでしまいました。
寒がっていたら革のコートをくれました。すごい革の匂い。
ぼろぼろで、いかにも古道具屋っぽかった(笑)

 
Posted at 23:50 / おでかけ。 / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)  /  /  このエントリーをはてなブックマークに追加/ このエントリーを含むはてなブックマーク
旅館⇒大湧谷⇒芦ノ湖
2004年11月14日(日)
昨夜は人生ゲーム(持参!)やら色んなゲームをしつつ飲み
この日までにボジョレー解禁だったら良かったのになぁ

プリングルスとQooちゃんの恋愛物語をMOVIEで制作。爆笑
そんなこんなで盛り上がるもさくらは途中で持病が出まして先に退室

次の朝、食事の後に噂の「貸し切り露天風呂」へ行くことに。
普通の2階建ての建物の階段を上がっていくと…そこに露天はありました(笑)
わらの垣根みたいなので囲まれていて、かなりの開放感が味わえます……うん、ちょっと恥ずかしいこっちからは外がよーく見えるし、背の高いビルからはこっちが見下ろせちゃう。絶対覗ける仕組み、みたいな(笑)でも、紅葉見ながらまったり3人で温泉に入れて、とても癒されました。

さて、リラックスしたところでいしゐ旅館に別れを告げ、本日のメイン、大湧谷へ。

江戸時代は「大地獄」と呼ばれていただけあってまさに地獄のような感じ。木々もヤバイ感じ。真っ黒なカラスが見張りをしていて、地獄の熱湯で釜茹でにされそうな勢い。こんなクサい釜茹で嫌だ。
真っ黒と言えば、大湧谷名物、黒たまご。
  
温泉の成分で殻が真っ黒になるんだってさ。むくとつるつる、普通のたまご。
6個入り500円で売ってる。小屋のまわりで、みんな卵を食べてます。
残骸が怖い。卵さん(鳥さん)に申し訳無くなってくる。

食べると、さすが茹でたてなだけあって、黄身が完熟なのにホクホクしてて美味しい
そう、例えるならば焼き芋のような・・・ホクホク感。
冷めてしまったらフツーの卵になりそうで、夢が壊れてしまうので、お土産は黒たまごにクリソツなお饅頭を買いました。

お土産やさんには黒たまごキティなるご当地キティが
他にも大湧谷観光に来てクサがってるキティのかわゆいタオルもありました。

帰りは何故か再び芦ノ湖に寄り昼食。
やっぱり寒くて、スワンボート大会は無理でした。残念!

でもでもとっても楽しい箱根〜湯けむりに紅葉編〜でした!


 
Posted at 23:50 / おでかけ。 / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)  /  /  このエントリーをはてなブックマークに追加/ このエントリーを含むはてなブックマーク
芦ノ湖⇒いしゐ旅館
2004年11月13日(土)
総勢8人で箱根に行きました。「紅葉と温泉」が目的。
レンタルしたワゴンは、8人ぴったり乗り。男の子3人はちょっと狭そう?
女だと3人は普通に乗れました。運転手さんに感謝感謝

11時頃、新百合ヶ丘を出発。
途中、道間違えたり渋滞してたり(トンネルの中で1時間!)山から素晴らしい天使のはしごを見たりご飯食べたりコンビニ寄ったりで、芦ノ湖に着いたのは16時頃。
    
海賊船と言う名の遊覧船が行き来しておりました。
船に向かって!?無謀に遠投大会。
もう遅い時間だったので、スワンボート大会は中止になりました。
営業終了のスワン達が列をなして消えてゆきました。

芦ノ湖には釣り人が多いのでしょうかトイレに奇妙な貼紙。
こんなところで魚をさばくのは本当にやめてください

旅館に向かう道もなかなかの込み具合。しかも旅館街は細い道が入り組んでいて、間違えやすい上に引き返すのが難しい何度も行ったり来たりして、やっと到着。「いしゐ旅館」
    
昔ながらのおうちって感じ。お部屋は綺麗。宿の人たちは微妙(^_^;)
ご飯は小鉢に色んな料理がいーっぱい!ビックリするほど
さくらは日ごろのストレスからご飯をおかわりまでして食べまくる・・・
また太るなぁ。

☆追記☆
「いしゐ旅館」で検索してくる方が多いので参考までに。
えと、感想としては、「安いだけあるなー」って感じです。
お部屋は綺麗です。(ただ、セキュリティーは甘いです)
お風呂は旅館内に2つ(男と女)あるけど、フツーのお風呂です。
シャンプーとかはあんまよくないので持参しましょう。
露天は、14日の日記を見てのとおり、屋上です。女3人が限度の広さ。
展望はよくありません。山が色づいていればそれが見ものになりますが。。。
食事は種類が多く健康的です。味は普通です。
以上です。旅館の人は変わり者の気がします(笑)
何か質問あったらコメント欄にどーぞ!すぐ返信します。

 
Posted at 23:50 / おでかけ。 / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)  /  /  このエントリーをはてなブックマークに追加/ このエントリーを含むはてなブックマーク
広告
月別に見る。

| 前へ
 
Global Media Online INC.