絵画、イラスト、漫画などを描いているお絵描き屋さん「さくら いま」のブログ。コメントお気軽に◎

さくら いま 公式LINE@
最新情報やここだけの秘話をお届けする、さくら いまのLINE@運営中!
友だち登録【@saclaima】で検索するか、QRコードを読み取ってね◎
2009年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ヱェテルノヲト内で検索

精度は謎。

«2009年12月19日 | Main | 2009年12月15日»
オーデュボンの祈り
2009年12月18日(金)
知人2人にすすめられて
井坂幸太郎の「オーデュボンの祈り」を読みました!

現実的なような幻想的なような……
夢の中では 幻想も現実のようになる、そんな感じかなぁ。

でも、ファンタジー!メルヘン!って感じでも無くて、
リアリズムを感じるのです、そこかしこから。


鎖国状態の日本のとある島が舞台。
その島に、ふとした偶然から迷い込む主人公。
島の「当たり前」を徐々に受け入れていく、
錯覚にも似た信心。。。


村上春樹の「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」と、少し似ています。
閉ざされた世界を歩き回り、
受け入れていく主人公、というところが。


井坂幸太郎はこれから読もうと思っていたので、
デビュー作から読み始められてよかたです。

この人の文章 好きですた。


的を狙って矢を放った
絶対当たったと思って見に行くと
見当違いのところに刺さってた

落ち込む主人公に
島の住民の一人はこう言う

「見当違いのところに刺さったら、そこに自分で新しい的を書けばいい」

斬新で前向き!

 
Posted at 20:04 / 映画・本・音楽。 / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)  /  /  このエントリーをはてなブックマークに追加/ このエントリーを含むはてなブックマーク
広告
月別に見る。

 
Global Media Online INC.