ことばについて

2005年02月27日(日) 3時47分
 みなさんは日本語という言葉について考えたことはありますか??英語を話す時に私はまだまだ頭の中で日本語で文章が浮かんできてそれを英語に変えています。早くこのプロセスを脱したいところなんですが。その時に気づくことなんですが、日本語って本当にあいまいだなって思います。今回はそんな言葉の違いについて考えたことを書いてみます。
 英語で一番驚くことはほとんど自分が主語ということです(他のものを主語にした言い回しもあるのかもしれませんが)。日本語というのはほとんど相手を主体にして話を進めていく言葉です。私が一番言いたくていえなかった言葉は「もったいな〜い」です。そもそも“もったいない”ってどういう意味なんだろう・・誰が主語になるんだろう・・物に対してかわいそうって感じているの?それとも婉曲的にあやまっているの?と結局結論は出ませんでした。
 日本人は万物に心があるー例えば山や川、机や鉛筆にまでーと感じていると思います。そういったようなさまざまな要素と長い歴史が絡み合って日本語というものを作っているんだと思います。それなのでまったく文化的な背景が違う英語とは似ても似つかない分法の構造になっているんだと思います。そもそも言葉というのはその人のキャラクター発想力というものの影響を強く受けるものだと思います。そう考えると、違う文化の中で育ってきたことは発想力に大きな差を生み、言葉というものにオリジナリティーを与えているのかもしれません。言葉というものが文化を本当に表しているものなんだ、言葉が無形文化と呼ばれる理由をちょっと垣間見た気がしました
  • URL:https://yaplog.jp/sabuchan/archive/4
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2005年02月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sabuchan
読者になる
Yapme!一覧
読者になる