折れたブレーキレバー 交換ミスが原因 JR西(産経新聞)

May 21 [Fri], 2010, 9:45
 滋賀県近江八幡市のJR篠原駅で快速電車のブレーキレバーが折れたトラブルで、JR西日本が以前、同じトラブルを受けて約200車両のレバーを交換したのに、この快速電車だけ交換していなかったことが20日、JR西の調査でわかった。JR西は「ご迷惑をおかけし申し訳ない。原因を調査する」としている。

 JR西によると、平成13年10月、JR守山駅を出発した新快速電車で、運転士がブレーキレバーを操作した際にレバーが折れた。運転士はレバーをつなぐ土台のネジを操作し、電車を緊急停止させた。

 このトラブルを受け、13年度中に、同型のレバーを搭載していた全約200車両のレバーを、材質を強化した新しいレバーに交換した。しかし、今回の快速電車のレバーは旧タイプだったことが判明。旧タイプを使用した車両はほかに確認されなかったという。

【関連記事】
ブレーキレバー折れ運転取りやめ JR西日本 
報告書漏洩問題で溝深まる JR福知山線脱線事故で遺族アンケート
無法「撮り鉄」撮られてた!大阪府警、人物特定へ JR関西線侵入
地下鉄トラブルで安全対策見直す 大阪市交通局
SLの連結器外れ、急停止 ファンに人気の静岡・大井川鉄道

「三宅議員転倒」瞬間の真実は? ユーチューブで再生100万回超(J-CASTニュース)
壊れたファミコン、今も修理できる?(産経新聞)
政権交代に祝意伝える=キャメロン氏と電話会談−鳩山首相(時事通信)
非弁活動で元裁判所職員を取り調べ 大阪地検特捜部(産経新聞)
HP解禁、結論持ち越し=衆院比例候補の扱いで対立―各党協議(時事通信)