日記♪

2007年03月21日(水) 2時59分
ガジュマルの木♪
(聖なる木)

キジムナー(赤い妖精)の住家とされている♪

キジムナーはよく島中に目撃されてます。。。私も見た事があります♪

その時々に姿をかえ人間と友達になるかいたずらをする可愛い妖精です。。。でもフレンドリーな妖精ですが、人懐こしさがあんまりにもどがすぎるとちょっぴり怖い存在でもある。。。でも悪気が無く。。。ただの淋しがりやの妖精みたい♪

キジムナーの弱みを教えます(笑うが。。。)それは人間のへーです! キジムナーはへーが大嫌いです♪キジムナーの大好物は魚の目です♪

キジムナーは人によって歳や性別も様々だが赤いのでわかりやすい♪

もしガジュマルの木の下に行く事があれば。。。キジムナーにあうかもしらないですね。。。優しげに対応して下さいね。。。もし怖いと思えばへーをしたら大丈夫よ♪

キジムナー様おやすみなさい♪

沖縄の昔ばなし♪ カジマヤー

2006年08月09日(水) 12時46分
昔々ある所に、二人の神様がおりました。天の神様と地の神様。ある日、天の神様がある
大きいなガジュマルの木を降って地に着いた。大変良い土を発見し、土で人形作りを開
始。三体の男と三体の女の人形ができ、命を吹き込む前に浮かんだ(そうか、もう夜だか
ら朝に命を吹き込む方が長生きする!朝まで待とう!)と天に帰り、朝になったらまたガ
ジュマルを降って着地!だが地が突然揺れ動き、六体の人形が壊れてしまった。天の神様
が地の神様に(おい!お前のせいで人形が壊れたではないか!)と怒鳴った。それを見た
地の神様が怒り(なんで!わしの土で作ったんじゃ!一言聞くのんが筋だろうが?!)そ
の怒りを見た天の神様が困り果て、こう答えた、(確かに、ごめん、わんの勝手で人形を
作ってしまったが、しばらく百年間この土を貸してくれないか?)と相談を持ち掛けた。
地の神様は天の神様の相談を親身に聞きいれ、(よし、今日から百年なら、貸して上げよ
う!だが百年たったら土は返してもらう、いーな?)天の神様は喜びどんどんと人間作り
と言う趣味に励んでた。そして暫くたってから、その最初に作った六体の人間が結婚をし
子宝に恵まれ、更に同じ現象が他の人間に広まり幸せが広まった。天の神様は喜んだ(わんながら、天才やいびん!)

だが、97年後が訪れたある日、地の神様が現れ、困りながら(土を返えしてくれな
いかな?)と尋ねました。天の神様は驚き、こう答えた、(なんして!ぬえが?まだ百年
たっていないじゃないか?今日で97年だろうが!ちなみにまだ百年間も生きていない人間
や生まれたばっかりの赤ん坊もいるど!)と言い放った!地の神様は三年分のうるう年
(太陰暦一年に13ヶ月の年)を説明したが心に幸せな人間家族を見て悩み、こう答えた、
(実は相談だか、わしには、なんもできんのじゃ、わしらの親の、ど偉い神様には百年間
お前に土を貸すと伝えてもーた、わしらの親が怒ると怖いよ!)天の神様も偉い神様が怖
いから相談開始、(こうしよう、人間が97歳になればカジマヤー(風車)を渡し子供の真
似をさせよう!)地の神様も(そうか、97歳以上の人間がいないように見せ掛ければいい
のか!さすが天の神様!相談してよかった!にふぇでーびる!)こうして沖縄では97歳に
なるとカジマヤーを祝う風習が出来たとさ。更に世界的に長寿の島と有名になっ
たとさ!

沖縄の昔ばなし♪ 木の誕生

2006年08月09日(水) 12時39分
昔々ある所に、ど偉い神様が島々を作ってたら、木がなく殺風景で岩だらけだった。神様
はこう思った(ふーむどうしよう、あっ、木を植えたら緑が広がる!木達よ、直ぐに集合
せい♪!)

急ぎながら最初はフクギ、松、桑、竹、クバ、アダンの順番で集まったものの
住む所の取り合いでとうとう喧嘩し始めてしまった。それを見てた神様は大変怒り(静ま
れ!わんが決める、命令に従え!フクギは丈夫で葉っぱも大きくかたいから、人間の家を
台風や火事から守れ!)フクギは大変喜び根を沈めた。神様は笑顔で(松は美しく病気や
悪い霊から村を守れ!)松も大変喜んで根を沈めた。神様はさらに笑顔で(桑は葉っぱが
弱いが実をいっぱい実り、畑に住み、人間と小鳥達に実りを上げなさい!)桑も大変喜ん
で根を沈めた。神様は更に(竹は雨を大地に降ろし、根で大地を地震や土砂崩れや地割れ
を防ぎ、更に薪やかごになるが、だからこそ子孫を増やす役目!)竹は大変自分の役目に
誇りを持ち根を沈めた。神様は続けた(クバは葉っぱが大きく、うちわになり、人間に尽
くしなさい!そしてアダンは島の海岸を海から削られないよう、守りなさい!)クバとア
ダンは大変喜び根を沈めた。神様はちょっぴり疲れながらもふっと見たら、向こうから遅れたソテツが(すみません!私はどこに住めばよろしいのでしょうか?)神様は答えた(はぁ〜岩だらけの土地し
か残ってないが、飢饉で食べられるが、そなたの役目は人間に身を捧げ守りなさい!)ソ
テツはがっかりしてたがしっかり役目を受け取り根を深く沈めた。神様は(さ〜帰ろう!
と思ったら向こうからかなり遅れたアクウとガジュマルがやってきた。(遅れてしまっ
て、すみません!私達はどこに住めばいいのでしょうか?)と神様奥深い意味でこう言っ
た、(石しか残ってないが、おまえらはこの石を抱きながらとにかく生きろ!)と言いお
帰りになった。だから今でもアコウとガジュマルは石を根で一生懸命に力いっぱいギュッ
と抱えながら今日も島々のあらゆる所に頑張って生きているとさ!
P R
2007年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ぴくちゃー
ryu
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りゅう Ryu
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:5月4日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 趣味:
    ・お酒
    ・音楽-琉球舞踊、三線、あらゆるジャンル  
    ・読書-ベーカリー(パイやスーイツづくり)
読者になる
好む食 もずく、パパイヤ、アボカド、豚のすべて、ゴーヤ 男性タイプ?。。。そうね。。。 1。このままの私を心に受けいれる人 将来の夢:普通の平凡な主婦で家族を持つ事。。。ベビーを作り国に貢献(爆笑) 将来の夢が現実になれば:仕事やめて、のんびり自分の子供のみの語学研究に携わる。。。バイリンガリズム教育で沖縄語(方言)を教えるつもり。。。笑
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
ブログ占い師ツール
?
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

https://yaplog.jp/ryunoshippo/index1_0.rdf