チャングムゥ〜(カン・ドック調)

October 27 [Thu], 2005, 16:18
チャングムの誓い(19〜21話)
以下反転


あ…あった………!!
幾日も駆けずり回り、やっと借りれた一品。

全部貸し出し中のこともあれば、
全部ぎっしりあるときも。
謎だ…。

気をとりなおしていこう…。
チェゴサングンの座を競い、試験を
行うことになったハンサングン、チェサングン。
今回もチェ一族は汚い手を使い食材を荒らし、
食材を探しに行ったハンサングンを
拉致・監禁。

ハンサングンは助けられ無事帰って
きましたが試験に間に合わず、代わりに
チャングム(イ・ヨンエ)が料理を出し見事
勝利。
女官がひとりで作った料理が勝ち
嬉しかったです。



チャングムの誓い(22〜24話)
以下反転


号泣です…。
チェゴサングン様(チョンサングンのほう)が
大好きでした。
優しいおばあちゃんのような存在。

本当に残念です。
信念を貫き通すのは本当につらいこと
ばかりで、だから体も壊してしまったので
しょうに…。

こんないい人が無念を残しながら死んでいく、
こんなことがあっていいんでしょうか。

このままでは済まないだろうとは思って
いましたが、また汚い手をつかい他の
サングン達を味方につけ、新チェゴサングンを
認めないチェサングン。

女のいじめって、こうやって群れるから
嫌だ。
ボイコットとか、集団無視とか、いつの
時代も変わらないものだな…。

しかしまた実力で勝ち、これから
少しずつ皆の信頼を得ていく…。

出納の役職をつくったこと、すごいです。

一方、クミョン(ホン・リナ)は孤独に耐え切れず
チェ一族に染まってしまいました。
好きな人に脅迫するなんて、堕ちたものです。
ハンサングンがチェゴサングンになれた
からといって、安心は出来ません。

調理日誌や手紙のことを知られてしまい、
ミョンイの娘ということまで知られてしまい
危機が訪れています。。。

次回はチェゴサングン(ハンサングン)と
チャングムが抱き合うところから
始まると思いますが、この瞬間を楽しみに
観てきたと言っても過言ではありませぬ。

たくさん観たい!

October 25 [Tue], 2005, 20:26
トゥルー・コーリング(19・20話)
以下反転


19話。
泣いちゃいました…。
家族ものって、本当に涙腺がおかしくなる。
しかも秘めた愛ならなおさら…。

ジャックはやはり敵でした。
ものごとには必ず正反対のものが存在する。
ただでさえ重い使命を背負っているのに、
更に邪魔がはいる。
ジャックは早く消えてほしい。

ルークとうまくいくかな。
それとリンジーは結婚してしまうのかな。
恋愛も気になります。


20話。
すごく重要な回だったと思います。


いつか身内が助けを求めるだろう、と
思っていました。
弟君…いつも助ける側なのに、不思議な
気持ちでした。
そしてリンジーの結婚式。

卑怯なやり方でトゥルーの邪魔をする
ジャック。
あんなことになるなんて…。
弟君の代りにルークが死ぬなんて。
辛すぎます。

最後に、あの展開は衝撃でした。
ジャックが、トゥルーの父親に頼まれて
邪魔をしていたこと。

トゥルーの父親が、ジャックと同じ
存在だったこと。
トゥルーの母親と対決し、勝利していた
こと。

悲しすぎます。
問題はどんどん複雑化していきます。
トゥルーの信念は強いもの。
貫いてほしいです。



ロッカーズ
以下反転


声が聞き取れにゃい…(汗)
字幕もなかったので分からないまま
進めていくことに。

美形の男がたくさん出てきて
それが見どころだと思いました。
これって…誰か(谷さん)のために
つくった映画なんですよね?

だからラストはあんな感じなんスか
ね?!
個人的には最後に死ぬのは
好みではないです。。。

冷え込むねー

October 24 [Mon], 2005, 19:01
フォーチュン・クッキー
以下反転


母と子の入れ替わりもの。
こういうテーマはたくさん
あるけれど、とっても楽しめました。

一番大変だったのは、母親が娘を
演じることじゃないかな。
しぐさ、話し方、ファッション、
考え…全部が正反対。
この女優さんはすごい!と
感心してしまいました。

映画自体はコメディタッチで思わず
ふきだしてしまうような場面ばかり。
ディズニー最高〜!



トゥルー・コーリング(17・18話)
以下反転


17話。
女優が安置所の見学に。
しかしそれは女優にある秘密があったから
だった…。

女優は自分の娘を守りたかった…。
トゥルーの母親も娘を守りたいがために、
自分の能力のことをトゥルーに話さなかった
かもしれない。というまとめ。
(まだまとめるには早いから!!)

ジャックがとてつもなく憎たらしいです。
リンジーとハリソンの仲をぶちこわして
しまいました。
それで壊れるならそれまでの仲、という
考えもありますが。

一日やり直せるからといって、うまく行く
わけではないということですね…。

18話。

本当の犯人が分かったときは
はっとしました。
そして本当の悪人がいることに落胆
しました。

一日しかない、一分一秒が大事な時に
どこまでも邪魔をするジャック。
かなりイライラ!!

最後にジャックの能力が分かりました。
早く目的を知りたいです。
予想では、自分の能力に絶望しているとか、
人を救えない自分にいらだっているとか、
うーん、まだ分かりません。
どういったときに一日をやりなおすのか、
ということも。
続けて観マース。

日本の純愛映画

October 19 [Wed], 2005, 13:52
パッチギ!
以下反転


今話題の若手さんが大勢出ていました。
前半はだるだる〜。
誰が主人公なの?(こだわってしまう)

なぜ人は傷つけあい、争いあうのか。
誰が戦争を始めるのか。
なぜ仲良くできないのか。
なぜ人間対人間として、向き合えないのか。

反戦の意味をこめた映画だと思います。

「イムジン川」という曲が要所要所に
使われていました。
最初は何気なく聞いていましたが、
こんなにも深い意味があり、深く心に
響くなんて思っていませんでした。

なんていい映画なんだろう。
せつなかった〜〜〜!



いま、会いにゆきます
以下反転


ドラマの最終回を観ながら映画も
観ました。
泣いてしまいました。。。

中村しどう(巧)の役が好き。
竹内結子(澪)も美人なので好き。

最初はどうして雨の時期に?とか
どうやって出会ったふたりなの?とか
疑問もたくさんありました。

梅雨が終わって、お別れしてこれで
終わりか、と思っていましたが、
(この時点で号泣)
これからが本当のラストでした。

いろんなことにつじつまが合い
真実を知ったとき、愛ってなんて
強いものなんだろうと思いました。
邦画もいいものがたくさんあると
気付かせてくれました。

パリ、最終回

October 18 [Tue], 2005, 16:49
パリの恋人(17〜18話)
以下反転


更にスヒョク(イ・ドンゴン)が
気持ち悪くなってきました。
新車のデザイン流出…実力でなく、
卑怯なやり方で。
自信があると豪語したからには、
正々堂々とやればいいじゃないか。

元がいい人だっただけに、どうして
こうなってしまったんだろう、という
主人公テヨン(キム・ジョンウン)と
同じ気持ちでいっぱいです。

出生の秘密を流さないために、
ギジュ(パク・シニャン)に別れを
告げたテヨン。
まだ愛してるのに…せつない。



パリの恋人(19〜20話)
以下反転


スヒョク(イ・ドンゴン)がまた
やらかしてくれました。
しかし死ななくて良かったです。
死んで物語のごちゃごちゃをスッキリ、
というのが好きではないので。

新車を発売し、スヒョクと話せて
やっとテヨンを探しに行く、という
ストーリーは韓国らしいですね。

このふたりのカップルはほんとうに
お似合い。好き。

韓国のドラマって長いですね。
それだけ愛着が沸いてきます。

まったり〜〜〜

October 16 [Sun], 2005, 10:33
トゥルー・コーリング(15〜16話)
以下反転


15話。
新聞記者とジャックが気に障る。
こういう意地悪で攻撃することばかり
考えている奴、いるよなぁ…。

今回のヘルプミーは新聞記者でした。
助けてもらっても、そのことは知る由も
ないので信じませんでした。

このふたりは今後あまり絡んで
ほしくありません。

16話。
今回の事件はやり切れませんでした。
ジャックが悪いという感じを匂わせて
いました。
うむむ、探りを入れたり本当に
曲者だなぁ。

デイビス(医者)が妻を亡くし、
その時にトゥルーの母親に救われたという
話で、やっと真実が分かりました。
だからトゥルーに協力してくれているん
ですね。
予告を観つつ、次を楽しみに。



恋歌(3・4話)
以下反転


ジュンソブの束縛ぶりが激しい。
ミンヒョン(パク・ヨンハ)は感情を
コントロールできてないし。
みんなちょっとずつ歪んでます。
まだこのドラマでお気に入りはなしです…。

少しだけどろどろの片鱗が見えてきたかな。
ダブルデートなどしてみたり。

親分のことや、両親の過去なんかも
今後更に深く掘り下げていくようです。
このドラマはゆっくり観よう、うん。

アジアが熱い

October 15 [Sat], 2005, 6:26
チャングムの誓い(16〜18話)
以下反転


確固たる信念、正義感を育てていく
チャングム(イ・ヨンエ)に対し、チェ一族としての
生き方を選んだクミョン(ホン・リナ)。

悲しみがそうさせたのかもしれません。
しかしチャングムと同じように信念を
持った人だったのに残念です。
人間、這い上がるときは大変なのに、
堕ちていくときは一気やなぁ。

疫病が流行り始め、チェゴサングンは
病でもないのに宮中から離れる。
チェサングンはこの隙にハンサングンと
チャングムを明の使者をもてなす役目に
就かせる…。

今回も信念をとおそうとするチャングム。
正義であれ悪であれ、ひとつひとつが
命をかけた戦いです。
女官は王の女だというのはこういうことだ、
と感じました。



カンフーハッスル
以下反転


この話は、最後まで観なければ良さが
分からない映画だと思いました。

実際、前半はどちらを応援すれば
いいのか、と迷いましたし、
むごい死に方をする善人がいましたし、
途中でやめようと思ったほどです。

ありえない場面が支えでした。
ありえないと言いながら爆笑でした。

最後のしめくくりや恋愛面も良かった
と思います。
そういう部分に注目すると
楽しめる作品だと思います。

がんばる女性

October 14 [Fri], 2005, 6:18
ブリジット・ジョーンズの日記
〜きれそうなわたしの12ヶ月〜
以下反転


おもしろかったです!
前作も好きだし。
主人公の役者さんのイメージはすでに
ブリジットです。
しかしみんなに言われまくりでしょうけど…
体重を増やした役者魂はすごい。

他の俳優陣も体当たり演技でした。
出てくる人は皆、皮肉が多くて、
嫌なところがたくさんあって、
かっこ悪くて、でもなぜか憎めない。
なぜなんでしょう。

ヒューがまた出てくるとは!
前作に続いて浮気…(浮気は直らないね〜)
格好悪い喧嘩もして…。
しかしこれでこそ
ブリジット・ジョーンズの日記!

ラストもロマンチックでした。
約2時間、テレビの前でずっとニタニタ
していたような気がします。



トゥルー・コーリング(13〜14話)
以下反転


13話。
トゥルーがミスコンヘ出場!!
うつくし〜(感嘆)

今回の犯人も分からなかった…!
やっと分かったときには納得。

新聞記者がしつこく訪ねてきました。
大騒ぎになるの?!
以前同じ能力を持った女性がいた、それは
トゥルーの母親だということは予告を見て
知っていたのですが…。
能力のせいでいろんなことを犠牲にしてきた
トゥルーが苦しまないことを祈ります。

あとは、ルーク。
これでバイバイなのかと思っていましたが、
まだ望みはあるようです。
個人的にはいい人なら誰でもいいんだ、
トゥルーさんよ。

14話。
今回は重い回となりました。

父親、その後妻、カール、新聞記者、
ジャック…。
新しいメインの登場人物も出てくるように
なって、これからの展開がますます
楽しみです。

父親の本性は…やっぱり!と。
ただ、理由が分からない。
早く知りたいです。
トゥルーの父親だからいい人であって
ほしかったです。

大長今

October 10 [Mon], 2005, 19:12
チャングムの誓い(10〜12話)
以下反転


苦労しました…。
なんたって借りるのが!!
ズラリと並んでいたはずなのに、急に
貸し出し中ばかり!
誰借りたの?!(←と、言われても・笑)
いっぱい店に行きました。
見つけたときは目が血走っておりました。

さて今回はあらぬ疑いをかけられたチャングム。
チェ一族はなんと卑怯なのでしょう。
后が身篭っている子供を男から女にする
札をスラッカンに隠すとは。

そして両親のいいつけを守るため、潔白を
証明しないチャングム。
チェゴサングン様の計らいがなかったらと
考えると…。
ま、チェ一族はまだまだ消える存在では
ないと思っていましたが。

いつもこれでもかと言うくらいギリギリまで
追い詰められる主人公…応援してます。

今回借りられてすごく嬉しい!!
韓流で一番ハマった作品です。



チャングムの誓い(13〜15話)
以下反転


皇太子の手足しびれ事件をチャングムが解決。

ひとつ解決したと思ったら今度は味噌事件。
味噌の出来がこんなに大事だとは。
勉強になります。

しびれ事件は自分の体で試したため、
チャングムは料理人の命とも言える味覚を
失い、失意のどん底。

チェゴサングン様がチャングムを庇ったこと、
そして体調のことで、世代交代の時期が来て
しまいました…。

味覚は蜂の針で元に戻りました。
戻ったときは嬉しかったです。

チェ一族がチャングムの一挙一動にケチを
つけるので、早くギャフン(死語)と
言わせてほしいものです。

N○K応援@昨日から

October 09 [Sun], 2005, 23:53
プリティ・プリンセス2
以下反転


まさかディズニーの実写で、これだけ時間が
経って2が出るとは思いませんでした。
ヒーローも違うみたいであまり期待しないように
観ることにしました。

1に出ていた登場人物にあまり変わりはなく、
これだけの人を集めるのは大変だったと
思います。

ヒーローが違うのはいいとして…印象に残る
エピソードが少なく(矢くらい)感情移入
できませんでした。
ヒーローと結婚しなかったのは逆に
ほっとしました。

しかしただの恋愛ものではなく、
がんじがらめの王室の中での、進歩的な
女性の生き方、国への、そして周りの人々への
愛情などたくさんのことが描かれていました。

良かったことは素敵なインテリアやドレスや
主人公の美貌が見れたこと。
パット・ルーイに会えたこと。
やっぱり1が好きですが主人公の成長を
見ることができ収穫でした。



チャングムの誓い(7〜9話)
以下反転


金鶏はかなりハラハラしたなぁ…。
菜園を思ったよりも早く出られました。
ここで三年すごしてすごい知識を身につける
のかな?と思っていました。

ちゃんと試験が受けられて良かったです。
小麦粉を盗まれてピンチになりましたが、
めでたく女官になれて。
また、本を借りられるようになって、
自分のことのように嬉しいです。

おじさんとおばさんの掛け合いがとっても
好きです。
お互いにお互いを必要としているところが
イイ!!
2005年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ランキング参加中!
m(_ _)m

↑↑↑
励ます。


ウェブ拍手

メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rururu3
読者になる
Yapme!一覧
読者になる