お知らせ

April 05 [Fri], 2019, 20:23
-----------------------------------------------------------


誠に勝手ながら、明日4月6日(土)の営業は16:00頃〜になりそうです。。。

すみません。


-----------------------------------------------------------


そして、もうひとつのお知らせです。




気が付いている方もいらっしゃる思いますが、当店のブログはホームページへ移動しています。
ここ数回の記事は同じものをアップしましたが、今後はホームページへお越し下さいね。

http://rugs-ts.com/

宜しくお願いします!

入荷のお知らせ?

February 07 [Thu], 2019, 21:18
「入荷のお知らせ」ってタイトルを付けたかったのですが…
「入荷のお知らせ?」です。



実は入荷した絨毯を撮影するのが面倒(言っちゃった)なのです。
だって、全然実物の色が出ないんですもん。。。(言い訳)


だから、たった2枚の紹介になるので「入荷のお知らせ?」にしました。
まっ、そんな前置きはさておき…









おっ、ええね〜








ほう、イスファハンかい?





イラン・イスファハン・フェイゾッーラ・ハギーギー。
近作はご丁寧にアルファベット入りですが、これは古いタイプ。





そう、これは1970年代にルームオフされたものです。
そして未使用のまま保管されていたので、状態は抜群。


ハギギ工房の近作はウチ以外のお店でも扱っていますので
価格やクオリティーが比較しやすいかと。。。


サイズ:224cm x 150cm





次〜っ


前出とは逆、分かりにく〜い絨毯を一枚。







たまらん、ええ感じにアブラッシュが入り過ぎや〜




最近の、とある遊牧民の絨毯の
作為的な、わざとらしい、アブラッシュとは違い過ぎ。。。








少しだけケルマンのムードを持つヤズド(説明してたら朝までかかるので割愛)のアンティークピース。






実物の色はゾクッとするくらい透明感がある。
なのに、もう食べれませんっ、てくらい濃厚な満腹感もある。
どう表現したらいいのだろう?

もっとアカデミックに表現したいけど
ボキャブラリーがなくて、世俗的な表現しか出来ず、申し訳ございません。


でも、今のペルシャ絨毯では、この色や風合いは出せません。
これは事実。

サイズは234cm x 142cm。
(この縦横比もアンティーク感たっぷりなんです)




2枚の紹介だけで疲れたので、最近の納品事例を。



まず、場所。

wikiから


海岸ビルヂング、国の登録有形文化財です。
竣工が1911年(明治44年)アンティークですな。




ここへ最近オープンした「MARGE」さん。




ウエディングドレスのショップです。





ピエール・ジャンヌレのイージーアームチェアとのコーディネート。
ここは、あえてナイン6laでウェディング感を出し…







コチラ側はアルデビルのヴィンテージでキリッと締める。

築100年以上の内装は白に塗られ、床は無機質なモルタル。
そこへこの絨毯のセレクト、素晴らしい(自画自賛)。











何と水曜日と稀に土曜日だけの営業とのこと。

詳しくはHPへ http://marge-tokyo.jp/



まだまだ入荷した絨毯の紹介もあるし…
納品事例もあるけど…

ブログはボチボチ行きますね。

じれったい方は是非ともご来店頂下さいませ。
シャキシャキ〜っと喋って、ご説明差し上げま〜すっ!(笑)




































お知らせ

January 17 [Thu], 2019, 19:36
営業時間変更のお知らせです。

------------------------------------------------------------

1月19日(土)営業時間…10:00〜12:00 、14:00〜19:00
1月20日(日)営業時間…14:00〜19:00


要は両日12:00~14:00頃まで不在で、日曜日は午前中も開いてないって事です。
週末なのに誠に申し訳ございません。。。

------------------------------------------------------------

いつも通り、お知らせだけでは何なので…



とは言いつつ、閉店後の店を撮っただけでした。



でも、イイ絨毯ばっかりでしょ?





明けましておめでとうございます

January 03 [Thu], 2019, 19:18


本年もどうぞ宜しくお願いします。

例年通り、本日3日より通常営業しています。
皆様のお越しをお待ちしています。

今年もありがとうございました。

December 29 [Sat], 2018, 1:41
寒いですね。
今朝はうっすら雪が積もってました。





2018年の営業も今日で終わり。


本年も格別のご愛顧を賜り、どうもありがとうございました。
来年もどうか変わらぬお引き立てを賜りますよう宜しくお願いします。



お正月の営業は例年通り1/3日(木)10:00〜開店です。



まっ、お知らせだけでは愛想がないので最近の納品画像を。





デザインはヘリズですが、バリッとシャープなタブリーズの50ラージ。
その向こう側には以前にお求め頂いたビジャー。

ホントにイイ感じの取り合わせでしょ〜
年明けにはキッチンに敷く絨毯も合わせに行きます。



次はこちらのお宅…



なかなか個性的。
木目のデザインのタイル貼りフロアです。
ちなみにイタリア製。


建物も家具も拘りが半端ないところに普通の絨毯は合わせられません。


こちらも年明けにラウンジチェアなどが揃うので
絨毯の追加もあるかもです。




あと夏ごろに記事にしたトルクメンかアルデビルか…と悩まれて両方お求め頂いたお客様宅にお伺いしたのでトルクメンの納まり具合をパチリ。




当ブログではお馴染み、コジマアツシ氏の椅子とテーブルをセットされていました。


そしてこのトルクメンが敷いてある部屋とアルデビルを敷いてある部屋を繋ぐスペースには…



何がいいかな〜って考えられている図です。
実際はこれとは違うライオンラグになりました。



それでは、皆様どうぞよいお正月をお迎え下さいませ。


























11月17日(土) 開店時間のお知らせ

November 15 [Thu], 2018, 19:35
誠に勝手ながら


11月17日(土) 13:00頃〜 OPEN   


とさせて頂きます。
宜しくお願いします。



お知らせだけでは何なので…






でっかいメダリオン。








メダリオンの向こうが霞んでる?








ファダイ工房って知ってますか?
これも、先日のセイエド・ヘンディ工房みたいにあまり作品は出て来ないです。
実物を見ればわかりますが、素晴らしい仕事をしています。







おっきい〜っ!
左奥の永田良介商店のソファーが小さく見える…







マシャド産。
多分1940年代〜50年代頃のもの。

この頃のマシャドの絨毯の赤はコチニールを使っていて
独特の深い赤色をしているのが特徴的です。

それが見つかった時は厚さ6センチ?いやもっと?
ギャッベ3枚重ねどころではなかった。
ほぼシャーリングされていない状態で70年熟成。。。


それをやっと今、シャーリングしてもらい(もちろんハンドです。機械は使いません!)
飛行機へ載せれる程度?まで削いでもらいました。


大げさではなく、鳥肌ものです。
背筋がゾクっとする様な艶かしい赤。


画像でこの色は出ていないと思います。

眺めて
触って
踏んで

感じて下さいね。

本物は違いますよ。。。



でも、問題はこれを敷ける広さが必要ってことです。
(ちなみに3x4m弱の12u)








見せるべきか?隠すべきか?

November 13 [Tue], 2018, 20:08

シェイクスピアの「生きるべきか、死ぬべきか」ではないのですが…



入荷の度に悩む事は…
レアで美しく素晴らしい絨毯たちを展示すべきか?という事。


もし、私の店が普通のペルシャ絨毯屋であれば
そんな絨毯たちが手に入ったら迷わず隠すでしょうね。


だって邪魔ですよ、美しい絨毯は。
普通のペルシャ絨毯を霞ませてしまいますから…






でも今回もティーズは見せてます!

ほんとに見せたがりです!

そんなに見せていいのか〜っ?



じゃあ、どんな見せまくってる展示なのか
ざっくりと画像でご案内しましょう。




はい、いらっしゃいませ。入り口です。







左側のウインドウ。



今回入荷したカシュガイですよ〜っ!
細かいですよ〜っ!

1平方センチあたり10x9ノット。
当然、近作ではないです。
ホントに昔は良い仕事してるものがありました。
足掛け3年くらいかかったんじゃないですかね。。。

隠しとけよっ!って絨毯です。

右横のネイビーベースの細長い絨毯はビジャー。
これも画像では絶対伝わらない素晴らしい色合い。
溜息ものです。
重さも半端ない。ムッチムチです。

どれだけ叩き込んで作ってるねん!




店内右側の壁面。



これは今回の入荷分の展示ではないですが絶妙のセレクト
そしてセンス抜群。(自画自賛)


これも今回のではないですが
ナイン・ババジャマリとイスファハン・セラフィアン。



画像では全然色合い風合いは出てないです。。。






ではでは、向かい側のブースに…





右側ウインドウにはセイエド・ヘンディを展示しちゃいました。

革命前のイラン・ナショナル銀行(日本では日銀にあたる)に勤めながら
自らの絨毯をプロデュース。前回のブログでも紹介しましたね。
巻いて置いておこうか、とも思いましたが…

結局はこの通り、ウインドウに…


これを見て、当店の顧客の方がこんな感想を言われていました。


「この絨毯、浮世絵に例えると歌麿の描く美人ではなく
鳥文斎栄之の描く美人ですね。」と…



江戸時代後期の浮世絵師、旗本。
武家出身の浮世絵師らしく、清楚で慎ましやかな全身美人画で人気を博した。
(ウイキペディアより)

私は浮世絵には詳しくないですが、ググってみるとわかる気がします。





左のウインドウ、これは今回の入荷ではないですがケルマンラバー。





入っていくと…


右手にスポットライトを当てずに、
目立たぬように、



今回入荷の100年以上前に制作されたケルマンラバー。
こんなに露出させていいんですかね?


で、

奥から見ると…



止めときゃいいのに壁の左側の絨毯。
これまた100年以上前に制作されたカシャーン・シルク。



見せ過ぎ、見せ過ぎ。




ついでにぐるっと。。。







普通のペルシャ絨毯や遊牧民の絨毯に見飽きた方には、一見の価値ありです。

もちろん、普通のペルシャ絨毯や遊牧民の絨毯を知らない方も是非。
(遠回りをしないで済みます、笑)








いつの間にか…

November 03 [Sat], 2018, 17:30
いつの間にか11月になってた…
時の移ろいに付いて行けない、今日この頃の絨毯屋オーナーです。






昨日は閉店後にお客様宅へ。。。

このニャンコちゃんが、絨毯数枚にやらかしちゃったんですって。
そのクリーニングが出来上がったので、納品です。
(ちなみに前回のブログとは別のお客様です)


そして、お客様のマンションを出ると…



お〜っ、もうこんな季節かい?


早いんですね、ルミナリエの準備。
さっき11月になった事に気持ちが付いて行けないって話でしたが
もう年末な気分になって、意味もなく焦る感じがしました。




ところで、意味もなく焦る原因って何なんだろう?




と考えてみると…




そう、2週間も前に入荷した絨毯の紹介がブログで出来ていない!
これです、焦る原因は。。。







では、前フリはこのくらいにしてご覧頂きましょう!











とりあえず的なご紹介になりますが
まずはこんなところから…




コンテンポラリーなギャッベに席巻され
息も絶え絶えどころか絶滅状態のカシュガイたち。

1年以上かかって集めてもらったものですが(普通に探したら10年かけても無理かも〜)
ご縁があった上での、この枚数です。

20年以上前のこと、数年に渡って1枚のカシュガイを手に入れようと交渉して
やっとの思いで手に入れた記憶が蘇る。。。




今回もそれに匹敵する様なものが…(ウフフ)






次っ!





これまたレアなセイェド・ヘンディ。
ご存知でない方の為に…


彼はイランのナショナル銀行に勤務し、堅実に職務をこなしながら
自らのプロデュースで絨毯の制作に関わった人物と言われています。

1970年代末に没し、良質の絨毯作りに拘りつつ、佳品を残していますが
作品自体はそう多くはないため、目にする事は稀です。



さっさと次に行こう。いつまでたっても家に帰れん。。。。






これまたティーズのお得意分野!



今時の何だか分からないビジャー、とは違う
まともな時代の、まともなビジャーです。





え〜ですよ〜。



敷ける場所があれば…
持てる力があれば…



だって重いんですから…










このサイズなら持てる重さのドザールサイズ(約2mx1,4m)。






このサイズでこのボーダーですよん。


あと、



タブリーズ9u。

もちろん革命前のもの。
華やかで優しい配色の中に、存在感のある渋いメダリオン&コーナー。
そしてボーダー、サブボーダーにこの色を持って来るか?的な手練れた匙加減。
う〜ん、何とも言いあらわせない、この感じ。
(もちろん画像では伝わらないと思いますけど…スミマセン)


そして、古色も十分に出たかな?的な古いナインの6la。




サイズが変則的(200cmx118cm)でタペストリーとかベッドサイドに良いかも。




次、これも古いよ〜



でも、状態抜群。



ちなみに画像では絶対出ない色です。
実物は素晴らしく深〜い色合いです。

あっ、これは多分、ドロクシあたりで制作されたものと思われます。
マシャド辺りの町です。サイズはドザール。


これもデジカメ画像では絶対、表現出来ない発色のトルクメンシルク。




左端のはリバーシブルですよ。




あとはこんなんが…












ねっ!

































8枚で20u…

September 11 [Tue], 2018, 18:18
8枚で面積にして約20u。

って何?



そう、クリーニングのご依頼です。



もちろん、当店から納品させて頂いた絨毯たちです。
これだけの面積があると、ちょっとした金額のお見積もりに…







もう納品して10年以上経つものも多いかな。。。


束の間の里帰り。
そしてイラン人の職人さんの元へ。。。

綺麗にしてもらって返ってくるんだよ〜

なんて言いながら、チェックしていると…
南向きの日当りの良い部屋にあったものは若干の日焼けが…


でも、大丈夫!


クリーニングついでにシャーリングしてもらいます。
それも日焼けした部分だけを狙って上手に…
ほんのコンマ数ミリ程度だけ、パイルを削いでもらうのですが
結果はスゴいですよ。




ところで…



このお預かりした絨毯を見て、私の頭に思い浮かんだ言葉なんですが…



「十年一昔」


この歳になると10年なんて少し前程度の認識しかないのですが
やっぱり、違うなぁ〜




こんなクオリティのバルーチ、今は全然出て来ないな。。。

この頃のダバリー、今の出来とは比較にならん。。。

ケルマンのフルージー工房はもう作ってないし。。。




まあ、私は現行のウールの産地のペルシャ絨毯には
全く期待はしてませんので、良いのですが
この頃はまだマシだったかな。。。



せっかっくなので、


・ケルマン産で

・ガリチェサイズで

・近作ではないモノからアンティークまで



に該当する在庫をアップしてみましょう。









最後は今の看板娘で…














達成感

August 31 [Fri], 2018, 19:00
今日で8月も終わり。
そして、今朝やっと終えたものが…




そう、子どもたちの夏休みの宿題の監督。
軽く達成感を味わいました。

まあ、来年は中学生になるので、きっと今年が最後でしょう。
そう思うと少し寂しい。





さてさて…





Facebookページは更新しているんですが、ブログ更新は久しぶりです。
楽しみにしている方がいらっしゃったら、スミマセン。






まずは先日の納品事例を…


まずは外観。



かなり閉鎖的な外観です。
窓は外からは見えるところにはないです。
車の奥の塀の向こうに見えるのは、窓ではなくて中庭っぽいもの。


お玄関は…





何だか隠れ家っぽくてワクワクしますね。





一歩入ると…明るい!
外観が閉鎖的だな〜と思っているから、なおさら明るく感じます。











で、リビングに





アルデビル産2mx3m。オールドピース。
ソファーは置かないとのことなので、絨毯がかなり重要な要素となります。







リビング側からダイニング側を見たらこんな感じ。



いいですね〜っ!






でも…
でも、ここは冷静に。慎重に。




他にも候補を考えましょう。




それで…




これも良いかも的な1枚。





サイズも絶妙な2.4m x 3m弱。
これ以上はないというサイズ感。





あ〜、これもええわ〜。。。
すごい悩む〜。



ってところで、無責任にも…私はこの2点をお預けして退散。





で、どうなったのかと。




両方ご購入頂きました。
ありがとうございます!


皆様、迷われたら両方ゲットしましょうね。






自宅にお持ちして、絨毯を見て頂いて、その場で納品するって事が多いのですが…
写真を撮る余裕がない事が多々あります。


次の納品事例は、再訪する予定があるので
次回はちゃんと撮影させてもらおうと思っています。



なので今回はちょい出しで。。。



まず…





永田良介商店のヴィンテージのテーブルに合わせてヤラメのヘシュティ。
部屋の大きさと雰囲気にテーブルと絨毯がバッチリ似合っていました。




次は…





3x4mもあるケルマン産。
デザイン的にはヘザルゴルに代表されるように
花で埋め尽くされた印象の強い産地ですが
このような斜めヘシュティっぽいものも良いでしょう?

モダーンなテイストのカッシーナのソファーにも全く違和感なく、というか溶け込み過ぎか?
というくらい自然なイメージでした。



ではでは、また来月。
(って、何回更新できるのでしょうね。期待せずにお待ち下さいませ〜)




















プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:rugsts
  • 性別:男性
  • 職業:自営業
読者になる
ペルシャ絨毯・遊牧民の絨毯の卸、小売に関わって早20年。
マニアックでリーズナブルな価格の絨毯やキリムを中心にセレクトしています。
時々仕事モードから離れた話題も…

2019年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/rugsts/index1_0.rdf