コミック「鋼の錬金術師」荒川弘

2005年12月21日(水) 15時15分
作品link   Grading:イイカンジ!(^_^)b
最新12巻が先月でたので全体の感想をば。この作品で何がすばらしいかといえば、ひとつには作品世界を支配する「錬金術」の法則と、物語自体のテーマが見事にリンクしている点だろう。この世界での錬金術は「等価交換」の法則を持つ。「何かを得るためには、何かを犠牲にしなくてはならない」ということ。力を得るために相応のリスクがともなう、それは人生においても…というのが単純にいってしまえばこの作品のテーマでもあるのだ。これで思い出されるのはSF作家であるル・グウィンが描いたファンタジー文学の金字塔「ゲド戦記」(特に1巻である「影との戦い」にテーマは凝縮されている)である。ゲド〜の世界での魔法の正体は対象の「真の名」を呼ぶ、ということだった。この「魔法の法則」が、結局「人間自身の存在証明」という物語のテーマとも直結していて、そこが見事だったわけだが、「ハガレン」の世界もそういった意味で「異世界」設定と物語性・テーマ性とが結びついていて、この漫画に骨太な読み応えをもたらしてる。と、同時にあくまで「少年漫画」の王道たるケレン味、すなわち主人公の決めゼリフや大見得をきるシーン、手に汗にぎる戦闘シーンなども充実しているというところが、この漫画の離れ業というか、多くの人に支持される理由だろう。あと某ベルセルクとは違って「ちゃんと終わりそう」(イマドキ珍しい)だったり、小技のギャグが効いてたりと、そういう部分でも何かと漫画が達者であったりする。ということで「ボリューム感のある物語が読みたい」「少年漫画が好きだ」というヒトにはいま一番オススメの漫画だ。(ちなみにアニメのほうは…正直イマイチ…オリジナル色出しすぎ)
2005年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
■プロフィール&決まりゴト■
■じょに倉■
■70年代前半生まれ、男■
以下の評価はあくまで独断と偏見ね。
エクセレント!!(☆0☆)…最高評価。人生変わっちゃうかも?!な作品。
イイカンジ!(^_^)b …高評価。おもしれ〜〜作品。まあ大抵はこのあたりの感想かと。
ビミョー(-_-)…低〜中評価。ビミョーにツマラナイというかなんというかな作品。
ガックシ(x_x;)…最低評価。相当キッツイ作品。限りなく0点に近い。
最新コメント
アイコン画像じょ
» 映画「 リトル・ミス・サンシャイン」 (2007年01月20日)
アイコン画像じょ
» 映画「007 カジノ・ロワイヤル」 (2007年01月02日)
アイコン画像しずみん
» 映画「007 カジノ・ロワイヤル」 (2007年01月02日)
アイコン画像くまたん♪
» コミック「デスノート」大場つぐみ・小畑健   (2006年11月28日)
アイコン画像じょ
» 映画「デスノート THE LAST NAME」 (2006年11月28日)
アイコン画像暴走狼
» 映画「デスノート THE LAST NAME」 (2006年11月27日)
アイコン画像くまたん♪
» コミック「デスノート」大場つぐみ・小畑健   (2006年11月27日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rudykura
読者になる
Yapme!一覧
読者になる