ローテーションバトル入門の手引き

October 26 [Wed], 2011, 22:10
はじめに

 この文章はローテーションバトル、通称「ローテ」の人口拡大を目指して書くものです。ローテ未経験の方、また、手を付けてみたものの今一つ面白さが分からなくてやめてしまったという方に読んでもらうことで、ローテの考え方・面白みを知っていただき、ローテをやっていただければ。そのような思いで書いています。
 私自身、人様に偉そうにものを教えることができるような身分ではないのですが、これを読んで、少しでもローテに興味を持っていただけたら幸いです。書かれていることは私の主観を多分に含んでおりますのでそれをご了承のうえでご覧になってください。

 ローテーションバトルの仕様などは[こちら]でのらぱちさんがまとめてらっしゃるのでこれを参考にされるとよいかと思います。

 
第一章 ローテーション概論


・ローテはじゃんけんか?

 まず、ローテは他のルールの方に「じゃんけんゲー」・「択運ゲー」だと思われがちなのではないでしょうか。そして、それがローテをやる意欲をそがせる要因となっているのではないかと思います。
 しかし、僕はそうとは言えないと思っています。もちろんじゃんけんの要素が完全に消えるわけではありません。最終局面において択ゲーになることもしばしばです。しかし、ローテのいわゆる有名強者といわれるような方々がレートで勝率8割以上で安定していたり、大会でも安定して結果を残していたりすることからそのことは十分にうかがわれるのではないでしょうか。

 ローテの考え方は多くのローテ勢の方々の努力により確立されつつあり、おそらく強者といわれるような方たちはそれを実践しているものと思います。それを知ってすることによって、なんとなくではなくきちんとローテで勝てるようになるのではないか、それによってローテが楽しめるようになるのではないか。そのように思って、この記事を書かせていただいています。


・ローテは全抜きゲー

 僕個人の考えで言えば、ローテは全抜きゲーだと思います。丁寧に言うと、いかに相手のポケモンによる全抜きを防ぎつつ、自分のポケモンが全抜きをできる状況を形成するか、それがキモになるものと思っています。よく使われる言葉でいうと、相手の勝ち筋を防ぎつつ、自分の勝ち筋をとるためのゲームメイク、それが肝要です。

 ローテが一番近いルール、それは強いて言えばシングル66なのではないでしょうか。例えば、4世代の頃は、ステルスロックをまいておいて、珠ルカリオが剣の舞をすることにより、ガブリアスなどの一部以外のポケモン以外は全員一発にできるという戦術がありました。そのため、ルカリオでの全抜きを狙うには、いかにルカリオで倒せないポケモンを先に削り込み、ルカリオを展開するかということがキモになりました。このような考え方がローテでもなされていると思います。

 たとえば剣の舞ガブリアス+トルネロスの追い風による勝ち筋を狙うのであれば、単純な場合相手の鋼ポケモンを逆鱗圏内に入れてしまえば全抜きが可能です。殻を破ったパルシェンによる勝ち筋を狙うのであれば、相手を全員つららばり圏内に入れる、あるいはロックブラスト圏内に入れる、などができてしまえば全抜きができる状況になります。実際の状況はもっと複雑ですが、このように自分のポケモンのどれかが最終局面において全抜きを可能とする状況を作る、これがローテにおいて肝要なことだと思っています。

 上記で述べたような考え方は、シングルバトルの役割理論において間接破壊と呼ばれたようなものに近いのではないでしょうか。間接破壊とは、たとえばゲンガーを繰り出し、ハピナスを誘ってから大爆発をしてハピナスを瀕死にさせることにより、自分の後ろに控えたスターミーによる全抜きを狙ったりするような戦術です。このような間接破壊・追い風トリルなどの補助技などを組み合わせつつ、いかに自分が終盤における全抜きを達成するか。これをお互いに取り合うのがローテだと思っています。

 注意しておきたいのは、全抜きといっても1匹で3タテ4タテをするようなことは稀で、削れた一匹+もう一匹などを倒せるような状況を目指すことが多いことです。そうした場合の、「択状態を完全に脱した状態」を目指すことが全抜きを目指すということだと思います。

 これまでに述べてきたようなことは、リィズさんのブログでも同じようなことが書かれているのでそちらもぜひ参考にしてください。[こちら]

 ローテにおける概論は以上として、その他この章で触れておきたいことについて若干述べてから、次の章へ進みたいと思います。


・キルゲー

 まず、触れておきたいのが、「キルゲー」という戦術です。先に述べたような間接破壊は、安定感をとるために一撃では瀕死にされないようなポケモンが多く採用されています。一撃では倒せずとも、安定して相手を圏内に削りこんでいくようなポケモンが採用されます。しかし、それと対極の戦術としてキルゲーというものが存在します。

 キルゲーとは、いわゆる択ゲーを意図的に仕掛けていく戦術、さらに、択を当てることで勝ちが濃厚になり、外すことで負けが濃厚になるというような戦術です。例えば、ラティオス+バンギラスの並びは、相手の格闘にラティオスを合わせられたら一発で落とせる一方、格闘をバンギラスに合わされたら一発で落とされるというような状態を生みます。格闘を落としてしまえば多くの場合バンギラスがかなり一貫して強くなる一方、バンギラスが落とされてしまうことで相手のヒードランなどのポケモンが非常に重くなったりしてしまいます。

 もちろんローテーションバトルの性質上、いやな奴を合わされることによって有利をとられるのは避けえないのですが、キルゲーは、いやな奴を合わされたときに致命傷を負うリスクをとることで、逆に合わせたいやつを合わせたときに相手に致命傷を与えることを狙っていく戦術となります。
 しかしながら、このような戦術はまさしくじゃんけんになりやすく、相手の強弱をとわず勝率が安定しないと考えられているため、強者と呼ばれるような方々はあまり好んで使うところは見られません。

 ※ラティオス+バンギラスであれば必ずキルゲーというわけではないことに注意。ちゃんと練って考えられたパーティで安定した戦績を収められている方もいらっしゃいます。


・技による範囲・火力による一貫性

 かつての4世代シングルなどでは、ハイドロポンプ/サイコキネシス/冷凍ビーム/10万ボルトというような構成のスターミーや、大文字/インファイト/草結び/目覚めるパワー氷といった構成のゴウカザルなどは、非常に高い抜き性能を持ったポケモンとして、よく見られました。ですので、先ほど言ったように全抜きが重要視されるローテーションバトルでも注目すべき存在なのではないかと思われるかもしれません。しかし、これらのポケモンをローテで見ることはほぼないといってよいでしょう。これは、ローテの狙った相手に合わせられるかわからないという性質によります。
 先ほど挙げたようなポケモン達は、素早さも早く、範囲こそ広いものの、一つ一つの技の威力は抜群であてなければ火力が高いとは言えません。ですので、相手の特定のポケモンに特定の技をピンポイントであてなければならないことになります。しかし、ローテではそれが簡単ではないうえ、それを意図せぬ相手にあてた場合簡単にアドバンテージをとられてしまうことにつながります。

 ですので、ローテーションでは抜群を狙うのではなく、等倍以上の相手、ともすれば半減の相手でも受けきれないような高火力を叩き込むことでの全抜きの達成が狙われることが多いです。一貫性を火力により作り出す形です。これが可能なポケモンであるため、素の火力と素早さが高い竜やパルシェン、あるいはキングドラなどが、ローテでは非常にキーとなるポケモンとして扱われています。


第二章 構築


・勝ち筋

 これまでに述べてきたように、ローテでは全抜きを狙っていくことになるので、構築においてもそれを意識するべきでしょう。そのために、構築段階においてはまずどのポケモンによる全抜きを狙うのかを決めてからパーティを組んでいくことをお勧めします。そこでまずは勝ち筋となるポケモンとして代表的なポケモンをいかにあげていきたいと思います。

・ガブリアス
 高いAS、ドラゴン+地面というタイプによる範囲、逆鱗や地震など高火力命中100の技、ダブルチョップによる身代わり貫通、剣の舞など、エースとなるべく生まれてきたポケモン。剣の舞をした後、トルネロスやスイクンの追い風から全抜きを狙うようなパターン、相手を先にほかのポケモンで削り込んでからのスカーフで全抜きを狙うパターンなどが勝ち筋となる。
 また、場合によっては序盤から動かしていき削り役としての運用も可能であり、非常に柔軟な運用ができるため、最強のポケモンとされる。

・パルシェン
 殻を破るによるAS二段階上昇、命中100威力125・かつ連続技であることにより身代わり対策やココドラ対策が自然とできる氷柱針が非常に強力なポケモン。気合の襷を持たせて殻を破り、全抜きを狙っていくのが基本的な動かし方となる。王者のしるしを持たせて、光の壁や追い風などのサポートから動かしていく方法もあるが、あまりお勧めはしない。

・カイリュー
 マルチスケイルという強力な特性から安定して竜の舞を積み、命の珠まで合わせた超火力で上から殴っていくパターンを狙う。鋼への役割破壊技として瓦割や地震などを持ち、相手の追い風や先制技などへの切り替えしとして神速を持っているため柔軟性が高い。ただし、できれば技を打ち分ける必要なくどれか一貫した技で連打できる状況を作れるようにしたい。

・キングドラ
 いうまでもなくすいすいハイドロポンプが強力である。火力速度を天候に依存している点が気になるか。

・ハッサム
 剣の舞+珠、バレットパンチと電光石火という二タイプの先制技による制圧力をもつ。一見バレットパンチの一貫性のなさ、電光石火の威力不足が気になるように思われるが、序盤から圏内に削り込むことを意識して立ち回れば、終盤という局面においてこいつを一貫させることは十分可能である。

・ラティオス
 高いCS。眼鏡竜波動など、非常にわかりやすい強さを持っている。

・ローブシン
 ビルドアップ・高耐久により相手の選出が物理に偏っていた場合の制圧力が高く、Sの低さからトリルでの制圧も狙えるのに加え、ビルドアップを積んだマッハパンチの制圧力なども高い。ドレインパンチもあるため回復によって場持ちするので、こいつに薄いパーティは簡単に制圧してしまったりする。

・ドリュウズ
 珠や鉢巻を持たせたり剣の舞をしたりして、重力をすることによって地震の一貫性で相手を倒していく。速度が天候に依存していること、地面以外の技の火力にかけるため重力などのサポートを必要とし展開が遅くなることなどが気になる。

・ランドロス
 砂の力によりドリュウズより火力が高く、鉢巻地震により通常のガブリアスも一撃で葬り去る。他のポケモンで凍える風などをしてから運用したい。また、命の珠を持たせてロックカットをしてから全抜きを狙う戦術もある。

・バシャーモ
 特性加速から命の珠を持ちとび膝蹴り・フレアドライブなどからの全抜きを狙う。とび膝蹴りをゴーストに合わせた際のリスクや外した際のリスクから安定感はやや低い。

・オノノクス
 高い火力・型破りと強力な要素を持っているが、他の竜より遅い点がネック。

・ジバコイル
 他のポケモンからの追い風の後、眼鏡C130からの圧倒的火力で制圧を仕掛ける。雨パに入れて終盤で追い風から雷連打をするのは非常に強力。


 その他にも全抜きが可能なポケモンは沢山いますが、全抜きを狙うメインの軸として置かれるポケモン達はだいたいこのあたりだと思います。これらのポケモンから一匹二匹、組み合わせによっては三匹などを選択し、そいつらの全抜きを可能とする削り役や補助役を採用していくのが基本的な構築となるでしょう。
 まぁ最初のうちは構築はなかなか難しいのでコピーパを使ってもいいかもしれません(


・取り巻き

 取り巻きについては、すでに優れたプレイヤーが非常にわかりやすい記事を書いておられるのでそれを紹介したいと思います。自分の勝ち筋を狙う上において、何が障害となるのか、[こちら]のリィズさんの記事で確認し、[こちら]の某バンギさんのブログにおけるA削り役やB補助役として紹介されているポケモンからパーティを構築していくとよいでしょう。僕のランク[こちら]で言えば、Bランクくらいのやつまでは、そいつに強いポケモンが二匹くらいはいるのが望ましいですし、そのランクくらいまでのポケモンで組むとよいと思います。ポケモンの個別の方については某バンギさんのブログやガラティンさんのブログなどを拝見するのがよろしいでしょう。

 その際にできれば選出したときによい並びができるようにしたいところです。よい並びというのは相手にとってノーリスクな安定手を生ませない並びです。できれば、相手の選出を縛ったうえで有利をとれる選出ができるパーティや、前の並びで相手を削って後ろのポケモンの圏内にいれやすい選出が狙えるパーティというのを組みたいところですが、なかなか難しいので、タイプの補完がきれいに取れている並びを最低一つ作れるようにしておきましょう。なれてきたら雨パにはこの並びで、ガブドランにはこの並びで、ガブジバコにはこの並びで、パルシェンモロバレルにはこの並びで、などとメジャーなパーティに対する選出パターンを考えて組めるとよいです。

 前に書いた記事もあるので[こちら]も参考程度にどうぞ。環境が若干違ったときのですし、参考程度に。


第三章 実戦


・選出

 実践面の第一段階として、まず選出を考えたいと思います。選出画面で見るべきポケモンは、
 @自分の勝ち筋の障害となるポケモンはどれか
 A相手の勝ち筋となるポケモンはどれか
です。これは他のルールと共通なのではないかと思います。

 これを見たうえで、自分の選出を考えるには
 @自分の勝ち筋となるポケモン
 A勝ち筋の弊害となるポケモンを間接的に破壊しうるポケモン・あるいは補助により勝ち筋を組み立てるポケモン
 B相手の勝ち筋を防ぐポケモン
 を選出していくことになるでしょう。

 この際、@やBが削られることで自分の全抜きが困難になるポケモン、あるいは相手の全抜きを防ぐことが困難になるポケモンであったりした場合は後ろにおいていくことになるでしょう。Bを後ろに置く場合、もう一匹相手の勝ち筋を防ぐ耐性のあるポケモンを最初の並びにしこんでおきたいところです。


・対戦

 対戦が始まったら、まず相手の並びを確認しましょう。それをした後にすべきことは、相手の後ろのポケモンを考えることです。「考える」といっても、それは後ろのポケモンを「推測」することではありません。考えるべきは、あるポケモンが後ろのポケモンとして置かれていたときに、自分のどのポケモンが死んだら・削られたら詰むのか、です。
例えば自分の選出がガブリアス ヒードラン サンダー 後ろユキノオー という選出で、相手のパーティにハッサムがいた場合、相手の選出した並びにハッサムがいないからと言ってヒードランを安易に動かして万一落としてしまうと、後ろから出てきたハッサムの電光石火などでの全抜きを容易に許してしまうことになります。

 上以外の例でも、自分の勝ち筋となるポケモンが落ちることにより詰むパターンはあり得ます。@勝ち筋となるポケモン、A間接破壊・補助技で勝ち筋のサポートをするポケモン、B相手の勝ち筋を防ぐポケモンのうち、どいつが落ちたら、あるいは削られたら自分が「詰む」のかこれを考えましょう。

 次に、今度は自分の勝利条件、勝ち筋を考えましょう。自分の勝ち筋を達成するには、相手のどのポケモンをどの程度削っておく必要があるか、落としておく必要があるか。どの補助技を必要とするか、などです。これを考えるときにも相手の後ろのポケモンを考えておく必要があります。ガブリアスでの全抜きを狙うような場合に相手の後ろのポケモンがスイクンであったりしたらそいつも削らなければならず、そのためにはそいつを削れるポケモンを残しておく必要がありますからね。
 逆に、役割を果たし終えて、先に述べたような役割を担わなくなったポケモンは積極的に切って言って構いません。万一そいつが相手に有効打を与えられたらアドバンテージですし、そうでなかったとしてもリスクは小さくて済みます。こちらからみると相手は動かすべきでないポケモンでも、相手にとっては後ろのポケモンが分からないので動かしてきて刺さったりしますしね。エース二匹選出などをしてる場合は、一匹を削り役として積極的に動かしていけたりしますね。

 このように、相手の並びだけでなく後ろのポケモンを考えて、自分の勝利条件・敗北条件を考えるのがまず肝要といえます。そして、それらの条件を吟味することによっていわゆる安定行動というものが生まれてくるのだと思います。ここまで述べてきたことでお分かりかと思いますが、安定行動とは単なるローリスクローリターンな行動ではありません。しかし、いかに致命的なリスクを負わずに、リターンを狙っていくことができる行動を見いだせるか、これが肝要になるのだと思います。トッププレイヤーの方々はこの辺を非常によく考えて行動されているので、フレ戦などをしてから感想戦をお願いすると参考になると思います。


おわりに


 お見苦しい長文に付き合って下さってありがとうございました。ここまでに書いてきたことは僕の主観にすぎませんが、この文を読んでいただいた皆さんにローテへの興味を持っていただいて、それによりローテを始めるきっかけとなればこれ以上の望みはありません。ぜひぜひ、ローテーションバトルを楽しんでみてください!
 僕より優れた方なんてたくさんいますし、もっときれいにまとまったブログもたくさんありますので、[こちら]のリィズさんのアンテナからも、ぜひいろいろ飛んでみて参考にしてください。参考になる記事が盛りだくさんなのですがあげだしたらきりがないのであげられませんでした(◞‸◟)
  • URL:https://yaplog.jp/rthomas/archive/33
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:とーます
読者になる
TN:とーます
twitterID:Thomas_rota
ニコニココミュhttp://com.nicovideo.jp/community/co1193068

にわかローテ勢やってます。四世代ではS66やってました。
たまにレートの放送をツイキャスでやってます。
2011年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31